日刊スポーツの競馬サイト

極ウマ・プレミアム

※楽天会員IDの新規登録もできます <【必読】決済方法別の契約期間の違い>

競馬

1番人気ゴールドアリュールが中央初制覇/G1復刻

<G1プレーバック:2003年フェブラリーS>

 プレーバック日刊スポーツ! 過去のフェブラリーSを紙面で振り返ります。2003年は、ゴールドアリュールが追いすがるビワシンセイキを首差抑え、JRAのG1初制覇と報じています。

◇ ◇ ◇

<フェブラリーS>◇2003年2月23日=中山◇G1◇ダート1800メートル◇4歳上◇出走16頭

 直線半ばで先頭に立った1番人気のゴールドアリュール(牡4、栗東・池江)が、追いすがるビワシンセイキを首差抑えて優勝した。昨年、統一G1を3勝して最優秀ダート馬に選ばれたが、JRAのG1は初制覇。武豊騎手(33)は16年連続でG1勝利を飾った。2頭出しの松田博きゅう舎勢は、ビワシンセイキ(牡5)が2着に健闘したが、2番人気のアドマイヤドンは2度の不利が響き11着に敗れた。

 直線半ばでゴールドアリュールが逃げるカネツフルーヴを捕らえた。ゴールまで200メートルだ。追撃してきたイーグルカフェは伸び切れない。だが、今度は横山典のビワシンセイキが1完歩ごとに外から差を詰めてきた。「我慢してくれ」。武豊が懸命に左ムチを打ち込む。それに応えたアリュールが首差こらえてゴールを切った。ステッキを持ったまま、左手を振りかざす派手なガッツポーズで喜びを爆発させた。

 「最後はいっぱいだった。よく我慢してくれた。身体能力が高い本当にいい馬」と、会心の勝利にユタカの口もとには笑みがこぼれた。最優秀ダート馬に選出されたが、昨秋のジャパンCダートではアドマイヤドンとの競り合いに敗れ5着に沈んだ。あれから3カ月。同じ舞台で雪辱を果たし、JRAのG1初優勝へ導いた。

 戦前からカネツとスマートボーイの逃げ争いが予想されていた。好スタートを切ったアリュールは3、4番手のインでピタリ折り合った。過去、3勝した統一G1は、すべてスピードの違いで逃げていた。「控える競馬で優勝できたのは今後の収穫。ここを勝ったのでドバイへ胸を張って行ける」とユタカ。さらに自身が続けているG1連続勝利を16年に更新し「立派ですね。続けることは難しい。自慢できると思う」と言葉に力を込めた。

 次ぎはいよいよ3月29日のドバイワールドC(G1、ダート2000メートル、UAE・ナドアルシバ競馬場)で世界の強豪に挑戦する。池江泰郎師(61)は「今日の勝ち方は収穫だが、もうひとつ力をつけないと世界に通用しない」とさらなるパワーアップを課題に挙げた。武は池江きゅう舎のトゥザヴィクトリーで01年に挑戦し2着に惜敗している。今度こその気持ちだろう。「昨秋よりも力をつけている。今日みたいな競馬ができればチャンスはある。日本一の次ぎは世界一を目指して頑張る」と力強く宣言した。ゴールドアリュールは今まさに伸び盛り。名手とのコンビなら世界制覇は決して夢ではない。

※記録と表記は当時のもの

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ

週末は予想に使えるLIVEサンプル

競馬ニュースランキング

  1. 写真あり 1番枠ダンビュライト1勝馬の奇跡を期待/ダービー
  2. 写真あり アルアイン僚馬といつも一緒で落ち着く/ダービー
  3. 写真あり スワーヴリチャード得意舞台で巻き返す/ダービー
  4. 写真あり アドミラブル前走と同様におとなしく到着/ダービー
  5. 写真あり 直前の雰囲気がいいカデナ目の輝きが違う/ダービー

おすすめ情報PR

コラム

週末は予想に使えるLIVEサンプル

有料コンテンツの一部を無料開放!更新は金曜夜!
週末は予想の参考に、平日はサンプルとしてご覧ください。

的中情報

2017年05月27日佐藤哲三が27日東京10Rで3連単9210円的中
◆新村明 新村明の新剣勝負 プラスα(27日東京11R・欅S=馬単2950円)
◆佐藤哲三 哲三塾(27日京都12R=馬連2970円、東京10R葉山特別=3連単9210円、東京12R=3連複6380円)
◆達人の方程式(27日東京11R欅S=3連複5840円)

お問い合わせ

03-3545-8173(平日10〜18時)

denden@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。