日刊スポーツの競馬サイト

極ウマ・プレミアム

※楽天会員IDの新規登録もできます <【必読】決済方法別の契約期間の違い>

競馬

奥野庸介の海外競馬を知ろう

香港国際競走は地元勢が3勝

 香港国際競走も終わりましたね。みなさん、成績はいかがでしたか? 少ないとは思いますが、筆者の予想を参考にして買った方にはあらためておわびいたします。4打数1安打。運よく当たった香港カップも3連単を買っていたので3着のネオリアリズムと、4着ステファノスが入れ替われと念じましたが、そんな邪念は通ぜず。あれだけ折り合いを欠いても差を詰めてきたネオリアリズムの底力には脱帽です。

 そして、ネオリアリズム以外の馬たちにもお疲れさまでしたと申し上げます。特に香港ヴァーズのトーセンバジルは3着だったとはいえ、日本馬のレベルの高さを十分にアピールしてくれました。たぶん、2400メートル戦なら世界のどこへ行っても通用するはず。高い壁に向かって挑戦を続けてもらいたいと思います。

 話は香港に戻りますが、ヴァーズを除く3つの競走(スプリント、マイル、カップ)を制した地元勢の意気はぐんと上がったようです。

 それは香港の独自レーティングにも反映されています。

 スプリント優勝のミスタースタニングこそ130(香港国際競走出走時点の国際レーティングは121)で据え置きとなったものの、マイルのビューティージェネレーション(同112)は118から126へ8ポイントアップ。カップで逃げ切りを成功させたタイムワープ(同112)は一挙に11ポイントをプラスして126となって、次世代エースへの期待を担っています。

 香港ジョッキークラブ(HKJC)は来年から本格稼働する中国広州地区にあるツンファトレーニングセンターの使用開始が決まっており、「日本に追いつき追い越せ」と意気軒高。再来年は同地での競馬開催も発表されています。

 香港競馬の馬券売り上げはここ数年、右肩上がりですが、これは中国本土からギャンブルを楽しみにやってくる富裕層によって支えられたもの。中国と香港の関係は微妙ですが、こと競馬に関してはHKJCが近い将来に開放されるであろう中国本土での賭けを伴う競馬をコントロールしようと着々と布石を打っているように映ります。

 香港では春のG1クイーンエリザベス2世カップでネオリアリズムの2着したパキスタンスターが、内面の問題でお休み中。自分で競馬をやめてしまう悪癖矯正のために、「馬と話す男」として有名なモンティ・ロバーツ氏が呼ばれて、つきっきりで精神面の立て直しが図られていると聞きます。最後方から一気の逆転劇を得意とするユニークな馬で人気者だけに、こちらも早く復帰を実現させて再び競馬場を沸かす姿が見たいものです。

 今年は日本でも24日に有馬記念、28日にホープフルS、そして、29日には大井競馬場で東京大賞典と、競馬ファンからはうれしい悲鳴が聞こえてきそうですが、熱気冷めやらぬ香港や、マカオも年末年始は大忙し。個人的な実感はまったくありませんが、世間は景気が良いのか、お休みを使って海外に足を延ばす人たちも少なくないようです(うらやましい!)。

 余計なお世話かもしれませんが、年末から新年7日までの香港・マカオの競馬日程を記しておきます。

12月27日(水) 香港・ハッピーバレー競馬場 ナイター開催

12月30日(土) マカオ・タイパ競馬場 昼間開催

1月1日(月) 香港・シャティン競馬場 昼間開催

1月6日(土) マカオ・タイパ競馬場 昼間開催

1月7日(日) 香港・シャティン競馬場 昼間開催

 師走競馬でがっぽりもうけて飛行機に飛び乗れたら最高ですね(笑)。

(ターフライター・奥野庸介)

※競走成績等は2017年12月14日現在

東京駅の前にある KITTE東京 の中庭にあるツリー。刻々と色が変わって綺麗です

東京駅の前にある KITTE東京 の中庭にあるツリー。刻々と色が変わって綺麗です

 [2017年12月14日]

◆質問募集 海外競馬に関する質問や疑問をお寄せください。「フランスではどんな血統が主流なの?」「競馬のステータスはどの国も似たようなもの?」「調教時計を取るのは日本だけ?」「不況のイタリア競馬はどうなっているの?」など何でも構いません。

質問を送る

奥野庸介
奥野庸介
奥野庸介(おくの・ようすけ)1955年(昭30)北海道小樽市生まれ。79年に有限会社サラブレッド・インフォメーション・システムに入社。海外の競馬情報を日刊スポーツや週刊競馬ブックなどに提供している。現代表。

写真ニュース

週末は予想に使えるLIVEサンプル

有料コンテンツの一部を無料開放!更新は金曜夜!
週末は予想の参考に、平日はサンプルとしてご覧ください。

お問い合わせ

03-3545-8173(平日10〜18時)

denden@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。