日刊スポーツの競馬サイト

極ウマ・プレミアム

※楽天会員IDの新規登録もできます <【必読】決済方法別の契約期間の違い>

競馬

海外競馬

メルボルンカップ特集

メルボルンカップ特集

<メルボルンカップ>◇1日=豪フレミントン◇G1◇芝3200メートル◇3歳上ハンデ◇出走24頭

 オーストラリア伝統の一戦は、地元のアルマンダン(せん6)が優勝した。

 地元のアルマンダンが、ハートブレークシティーとのたたき合いを制した。「陣営がよく準備してくれて、10月になって(馬が)すごくよくなった」とマカヴォイ騎手。JRAのオッズで単勝8番人気。2着ハートブレークシティーが12番人気、3着ハートネルが1番人気の決着で3連単は21万円超の好配当だった。

海外競馬海外競馬IPATはこちら

PDF成績

PDF出馬表

 海外競馬の馬券作戦を後押しするため、極ウマ・プレミアムでは、メルボルンCのPDF出馬表を用意しました。過去のデータや記者予想など、馬券作戦にお役立て下さい。[有料]

PDF出馬表

メルボルンカップのコースを紹介ここをクリック

 メルボルンCが行われるオーストラリア・フレミントン競馬場について解説します。

メルボルンカップのデータとは!?ここをクリック

 過去のメルボルンCからデータを取り、勝ち馬を探ります。データが導いた今年のメルボルンC勝ち馬とは?

2015年のVTR全成績はこちら

 ◆昨年VTR 24頭立ての馬群は2〜3列縦隊で淡々と進んだ。先頭から最後方までは約15馬身。4コーナーで馬群が大きく横に広がり直線へ。中団で脚をためていた23番人気の地元馬プリンスオブペンザンス(53キロ)が、前がガラリと開いた瞬間に馬群から抜け出すと、そのまま後続の追撃を抑えてゴールした。女性騎手のM・ペイン騎乗で、勝ち時計は3分23秒15。2着には中団のインから直線で強引に外に出したL・デットーリ騎乗のマックスダイナマイト(55キロ=アイルランド)が半馬身差で入った。3着は地元のクライテリオン(57・5キロ)。マイペースで逃げたビッグオレンジ(55・5キロ)は5着。日本から参戦したフェイムゲーム(57キロ)は1番人気に推されたが、後方から差を詰めただけの13着。ホッコーブレーヴ(55・5キロ)は直線でマックスダイナマイトの斜行のあおりを受け、17着に終わった。

「教えて!池江先生」特別編

「教えて!池江先生」特別編

 昨年ワールドエースでオーストラリアに遠征した池江調教師が、オーストラリアの競馬について教えてくれました。言葉のどこかにヒントが隠れているかも・・・必見です![有料]

海外競馬ニュース

海外競馬特集

写真ニュース

週末は予想に使えるLIVEサンプル

有料コンテンツの一部を無料開放!更新は金曜夜!
週末は予想の参考に、平日はサンプルとしてご覧ください。

お問い合わせ

03-3545-8173(平日10〜18時)

denden@nikkansports.co.jp

◆ご注意 メールでお問い合わせの方は上記アドレスからのメールを受信できる設定にしてください。回答の返信メールが届かないケースが多く発生しております。ご注意ください。