香港クイーンエリザベス2世カップG1

4月30日(日) 香港・シャティン競馬場
第8レース 芝2000メートル 3歳以上

 単勝2番人気に推されたネオリアリズム(牡6、堀)が、2度目の海外遠征で悲願のG1を初制覇した。“マジックマン”の異名を持つJ・モレイラ騎手(33)が残り1000メートル地点で果敢に仕掛けて先頭に立ち、地元香港のパキスタンスターの猛追を首差振り切った。勝ちタイムは2分04秒59。
 日本馬は02、03年連覇のエイシンプレストン、12年ルーラーシップに続く4度目の優勝。15年の豪G1を制した兄リアルインパクトに続き、日本調教馬で初の兄弟海外G1制覇となった。

海外競馬海外競馬IPATはこちら

PDF成績

PDF出馬表

 海外競馬の馬券作戦を後押しするため、極ウマ・プレミアムでは、香港クイーンエリザベス2世カップのPDF出馬表を用意しました。過去のデータや記者予想など、馬券作戦にお役立て下さい。[有料]

PDF出馬表

コース紹介ここをクリック

 香港クイーンエリザベス2世カップが行われる香港・シャティン競馬場について解説します。

データここをクリック

 過去の香港クイーンエリザベス2世カップからデータを取り、勝ち馬を探ります。データが導いた今年の勝ち馬とは?

2016年のVTR全成績はこちら

 16年QE2世C・VTR スタート直後は隊列が定まらず、2角過ぎでようやくホースオブフォーチュンがハナに立った。3角では先頭から7、8馬身ほどの間に13頭が密集する展開。4角で逃げ馬が失速したと同時に、日本のラブリーデイが最内から先頭へ。押し切り態勢に入ろうとしたが、直後ろに控えた香港ダービー馬ワーザーが突き抜けた。中団外から伸びた2着ミリタリーアタックに4馬身半差をつける圧勝。3着にはブレイジングスピードが入った。
 3頭が参戦した日本馬はラブリーデイの4着が最高で、ヌーヴォレコルトは6着、サトノクラウンは12着に敗れた。

「教えて!池江先生」特別編

「教えて!池江先生」特別編

 香港クイーンエリザベス2世カップが行われるシャティン競馬場。池江師の実体験を含め、香港の芝についてその特徴をじっくりうかがいました。

※日刊スポーツの競馬有料サイト、極ウマ・プレミアムの「教えて!池江先生」では、このほかにも香港競馬について取り上げています。[有料]

photo写真ニュース

週末は予想に使えるLIVEサンプル

フィーチャー

的中情報

佐藤哲三が18日京都9Rで3連単8960円的中!

2月17、18日の的中実績

◆松田直樹 松田直樹のウマい買い方(18日京都11R大和S=馬連1710円)
◆辻敦子 ひみつのアツコちゃん(18日京都9R春日特別=馬連1180円)
◆堀内泰夫 競馬歴45年 堀内泰夫3番勝負(18日東京11RフェブラリーS=馬単3530円)
◆田中洋平 テクニカル6(18日小倉12R=単勝790円)
◆北斗の馬券(18日東京11RフェブラリーS=馬連1140円)
◆佐藤哲三 哲三塾(18日京都9R春日特別=3連単8960円、東京12R=馬連980円)

◆岡本光男 調教 この1頭(17日京都7R=単勝550円、馬連3460円)
◆新村明 新村明の新剣勝負 プラスα(17日東京11RダイヤモンドS=馬単1630円)
◆柏山自夢 京大柏山の勝ち馬講座(17日小倉4R=単勝530円、馬連1700円)
◆木村有三 木村の張り手一発(17日京都12R=3連複2940円)
◆佐藤哲三 哲三塾(17日京都9Rつばき賞=3連単8210円、東京9Rフリージア賞=3連単8350円)