コンピ指数を独自の目線で分析、レースを6分類して、レースの傾向からそれに合わせたコンピ馬券術を公開しています。

【阪神10R/淀屋橋S】

 このレースのコンピ指数順位1~3位の指数合計は73+70+63=206。一覧表から波乱傾向はパターン1。このパターンはコンピ指数上位が弱く、1~6位くらいまでが横並びの人気となる事が多い。データが示す通り、このパターンの場合は配当的に妙味のあるコンピ6~8位あたりが狙い目となる。

 コンピ6~8位の中から一番期待できそうなのは、コンピ6位(57)のワキノヒビキ。阪神芝1200メートルは一度経験して0.7秒差の6着という微妙な成績だが、前が止まらない展開の中、上がり2位の脚で追い込んで捕まえ切れなかったことが原因。コース適正の有無ではないので問題ないだろう。また0.1秒差の5着だった前走は非常にレベルが高く、上位に入線した馬は次走以降でのきなみ好走している。この相手関係ならアッサリ勝利してもおかしくないだろう。

 続いてコンピ7位(56)のコウエイタケルを推す。好走と凡走を交互に繰り返すタイプで、アテにされずノーマークになることが多い馬。しかし凡走しているレースをよく見ると、ダート戦であったり、馬場コンディションが極端に悪かったりと敗因がハッキリしている。また2ケタ着順でも着差はそれほど開いていないレースが多く、クラス上位の能力を持つダークホースだ。スムーズに走れれば、上位争いに加わってくるだろう。

 最後はコンピ8位(55)のフルールシチー。当該コースはこれまで5戦して14,2,3,12,13着という極端な成績。ただ馬券圏内に2度も入っていることを考えると、凡走理由はコース適正が原因ではないとみる。ここは十分こなせるだろう。準オープンに昇級してからは掲示板前後をウロウロとしていて、能力はあるがピリッとしない成績。笠松競馬のエース、佐藤友則騎手に替わって一変を期待したい。

 今回は(1)(2)(16)の単勝を狙う。馬連なら(6)-(1)(2)(16)の3点。