マイネルファンロン未勝利すぐ勝てる/土曜中山5R

 ◆先週の柴田大知◆

 土曜中山5R新馬のマイネルファンロンは、直線競り負けて2着。「スタートは速くなかったが、仕掛けていいポジションが取れました。ただ、3角で手応えが怪しくなって。最後は押して、押して、ようやく本気になってくれました。もう少しパワーがほしいですが、1度使って気持ちも入るでしょうし、これから徐々に良くなってくると思います」。血統的にも奥手で本格化は先だが、能力は高そう。未勝利はすぐに勝てるレベルだ。

 月曜中山12Rマイネルザウバアは、いいペースで逃げたが3着止まり。「休養して馬はすごく良くなってました。硬さがなくフットワークも伸びやかで、直線を向いた時は勝ったと思いましたが、上位2頭は性能が違いました。でも、力は見せてくれた。これからが楽しみです」。1、2着馬は強かったが、折り合いも良く、仕掛けてからの反応も上々。500万ならすぐに勝てる。【水島晴之】

 <16日コメント>

 中山1R・シガール(13着) 時計が速かったこともありますが、1200メートルは忙しいですね。脚がたまるところがありませんでした。

 中山6R・アサヒキリ(6着) ゲートで戸惑っていたし、砂をかぶって頭を上げていた。それでも直線は伸びている。レース慣れすればもっとやれます。

 中山9R・コスモヨハネ(1着) ゲートは出ませんでしたが、脚がたまった分、仕掛けてからの反応はすごく良かった。道中はリラックスさせた方が良さそうです。

 中山11R・マイネルラフレシア(10着) スタートが出ないし、反応もひと息でした。左回りの方がいいかもしれません。でも前走より雰囲気は良くなっていました。

 中山12R・マイネルツァイト(12着) 休み明けで中身ができてなかった感じです。反動がなければ次は良くなると思います。

 <17日コメント>

 中山2R・ゴールドシャッツ(5着) 外枠でも上手に競馬してましたが、周囲に気を使っていて、直線も並ばれたらそんな感じでした。チークを着けた方がいいかもしれません。

 中山3R・マイネルグリージョ(9着) 初戦よりは良かったが、まだ体をうまく使えない。流れが速くなったところで、ついて行けませんでした。

 中山6R・ウインエアリーズ(15着) 内に激しくモタれるので前に出していけなかった。あれでは競馬になりません。

 中山7R・サムワンライクユー(7着) 勝負どころで置かれたが、直線はジリジリ伸びてくれた。体が緩いので時計のかかる良馬場が理想ですね。馬は良くなっています。

 中山9R・アンネリース(7着) 仕掛けた時の反応は良かったが、坂で止まってしまった。休み明けの分でしょう。次は良くなると思います。

 中山10R・フローラルダンサー(13着) 芝だとスピードが足りない。ダート向きです。

 中山11R・コスモカナディアン(4着) 4角でぶつけられたが、ひるまずに伸びてくれた。やはり内で脚をためる形がいいですね。乾いた馬場なら、もうひと伸びできたかもしれません。

 <18日コメント>

 中山1R・コスモハーキュリー(14着) ダートは悪くありませんが、向正面で手応えがなかった。ちょっと分かりません。

 中山2R・コスモフェリーク(4着) メンコを外して気合が入っていた。ただ、ずっと左にもたれていて、それを直しながらの競馬。真っすぐ走っていたら3着はありました。

 中山7R・ウインウェルス(9着) ワンペースだし離されるとやめようとしていた。ブリンカーは着けた方がいいですね。

 中山8R・テンキセキ(4着) もまれて砂をかぶりながら頑張れたのは収穫です。次につながる競馬ができました。

 中山9R・マイネルユニブラン(7着) 道中は我慢して早めにスパートさせました。よく頑張ってますが、あそこまで上がりが速くなると厳しいです。