力上位モアナで勝負/新潟9R

 新潟9R 14モアナで負けられない。1000万は1月の東雲賞でショウナンアンセムを競り落として勝っており、今回は降級戦になる。準オープンの錦Sは道悪に泣いたが、それでも3着と力を見せた。前走から3カ月空いたが、8日の坂路で50秒7-11秒9の速い時計が出たように仕上がりは上々。高橋文師は「トモがしっかりして軸ができてきた。坂路の動きも楽だったしね。コンディションは良さそう」と太鼓判を押す。ここはあっさり決める。単5000円。

 新潟10R 6ブライトンロックで勝負だ。前走から間隔を空けてリフレッシュ。追い切りの動きにも活気が戻った。田中勝騎手は「前走の1400メートルは短すぎた。ワンターンよりもコーナー4つの方が脚がたまる」と、新潟1800メートルで巻き返しを期す。単2000円、複3000円。(ここまでの収支 マイナス5万700円)