<追い斬り激論:ローズS>

 大物ファンディーナの取捨は? 秋華賞トライアルのローズS(G2、芝1800メートル、17日=阪神、1~3着に優先出走権)の追い切りが13日、栗東トレセンで行われた。調整遅れの焦点を「追い斬り激論」。太田記者が及第点の状態とみて地力を信頼する一方、柏山記者は仕上がり途上との見立てで、オークス2着のモズカッチャンを推した。

 柏山 今日の相手は“人気馬キラー”の太田さんですか。

 太田 なんやと!?

 柏山 春は「激論」で推した馬がことごとく・・・。

 太田 ぬれぎぬや。風評被害で訴えるで。

 柏山 そんな太田さんがファンディーナ推しということは・・・ですね。

 太田 待て。たしかに高野師は「前回からの回復は早かったけど、暑すぎて立ち上げが遅れた。もっと中間はビシバシやるべきところをやれていない。走れないシルエットではないけど、乗り込み量が不足している」って慎重や。いつも受け答えは誠実やし、ほぼ本音やと思う。でも、前哨戦の仕上がりとしては及第点やろ。追い切り見たか?

 柏山 ええ。坂路の2本目に4ハロン55秒0-12秒4と、当週に時計を出さないのはいつも通りでした。まあ、悪くは見えなかったんですけど、強調材料に欠けるというか「買いたい」という気にはなりませんでした。弾むような感じがないような・・・。

 太田 そうか? 併入したタイセイレガシー(3歳未勝利)と比べると、完歩の大きさの違いが歴然。大跳びで雄大なフットワークは良く見えた。1週前追い切りに乗った岩田騎手も「馬体がふっくらしてたし、落ち着いて走ってた」と。中3週続きで心身とも限界やった皐月賞からは、完全に立ち直った感じやわ。

 柏山 その1週前にしても、ちょっと軽かったですよね。坂路で4ハロン55秒3-13秒1。皐月賞の1週前は54秒1-12秒4、フラワーCの1週前なんかは50秒9-12秒2でしたから。

 太田 とはいえ、今や東西でも数少ない坂路2本追いで、日々しっかり負荷をかける厩舎やからね。それに、態勢が十分でなければ絶対に無理をさせないのが方針。春も登録直前まで状態を見極めてオークスを自重したし、ショウナンパンドラが有馬記念当週に回避したこともあった。出てくる以上は問題ないってことや。そもそも、牝馬同士なら地力が違う。春の3連勝を忘れたんか?

 柏山 いえいえ、太田さんの“キラー”ぶりともども覚えてますよ。素質は認めますけど、ここは本番へのたたき台でしょう。僕は他の馬で勝負したいです。

 太田 どの馬や?

 柏山 モズカッチャンです。この馬こそ、弾む走りでゴムまりのようでした。体も大きくなり、成長して筋肉がついた感じです。

 太田 オークスで大もうけした本命馬か。春の思い出ばっかり引きずりすぎちゃうか?

 柏山 太田さんにとっては、消したい過去ばかりですもんね・・・。

 太田 うるさいわ。おれもファンディーナも、ここから再出発や!

 ◆今春のファンディーナ デビューは1月22日京都で、9馬身差をつけて逃げ切り勝ち。以降は中3週のローテを続けた。つばき賞、フラワーCといずれも好位追走から楽に抜け出し、デビュー3連勝。底なしの内容で、次走には皐月賞を選択した。速い流れに好位で乗り体力を消耗、直線1度は先頭に立つも力つき7着で、69年ぶりの牝馬Vはならなかった。

  1. 極ウマくんの星占い
  2. 16年ぶりJRA女性ジョッキー藤田菜七子まとめ