凱旋門賞G1

10月1日(日) 仏・シャンティイ競馬場
芝2400メートル 3歳以上 出走18頭 1着賞金285万700ユーロ(約3億7100万円)

 サトノダイヤモンド(牡4、池江)は重馬場で15着に終わった。またしても世界制覇はならなかった。僚馬サトノノブレス(牡7)も16着に敗れた。
 勝ったのは日本でも断然人気に支持された英国馬エネイブル(牝3)。スタートを決め、道中は3番手の好位につけると残り400メートル付近で危なげなく抜け出した。2着に2馬身半差をつける圧勝でG1・5連勝。名実ともに欧州最強馬の称号を得た。デットーリ騎手は同じゴスデン師とのコンビで臨んだ15年ゴールデンホーン以来の勝利で、凱旋門賞5勝目。通算勝利数で歴代単独トップに立った。

海外競馬海外競馬IPATはこちら

PDF成績

PDF出馬表

 海外競馬の馬券作戦を後押しするため、極ウマ・プレミアムでは、凱旋門賞のPDF出馬表を用意しました。過去のデータや記者予想など、馬券作戦にお役立て下さい。[有料]

PDF出馬表

出走外国馬コメントここをクリック

PARIS-TURF

凱旋門賞に出走する外国馬全頭のコメントを掲載します。予想の参考にどうぞ!(提供パリ・チュルフ)

コース紹介ここをクリック

 例年凱旋門賞が開催されているロンシャン競馬場ですが、昨年と今年は改修工事の関係でシャンティイ競馬場が舞台となります。そのコース形態や特徴などを紹介します。

データここをクリック

 過去の凱旋門賞からデータを取り、勝ち馬を探ります。データが導いた今年の勝ち馬とは?

2016年のVTR全成績はこちら

 4歳牝馬ファウンドが中団のインから抜け出して制した。世界NO・1のムーア騎手の好騎乗に導かれて、シャンティイ競馬場のレコードを更新する完勝をおさめた。2着にハイランドリール、3着にオーダーオブセントジョージが入り、アイルランドの名門オブライエン厩舎が、上位3頭を独占した。現地で1番人気のポストポンドは5着。日本から唯一の参戦となったマカヒキは、直線で早々に脱落して14着に敗れた。

凱旋門賞動画情報(1)

動画2

各馬が調教するコースとは!? シャンティイ競馬場に併設されているエーグル調教場の芝周回コースで、現地時間26日早朝に行われた調教の様子です。奥が日本でもおなじみのバルザローナ騎手騎乗のクロスオブスターズ。手前のタリスマニックと、仏ファーブル厩舎のフォワ賞2、3着馬併せ馬となりました。27日には日本馬のサトノダイヤモンドとサトノノブレスが直前の追い切りを行う予定です。動画を見る

凱旋門賞動画情報(2)

動画3

日本馬2頭併せ馬で最終追い 悲願の凱旋門賞制覇に挑む日本馬2頭、サトノダイヤモンドとサトノノブレスが、27日にシャンティイのエーグル調教場で追い切りを行いました。2頭で併せ馬を行い、日本だけでなく多くのマスコミが調教に注目していました。追い切り後にはルメール騎手の共同会見が行われました。動画を見る

凱旋門賞動画情報(3)

動画4

池江調教師インタビュー 凱旋門賞に挑むサトノダイヤモンドとサトノノブレスについて、管理する池江調教師に前走からの過程や状態面など、現地でじっくりとうかがいました。動画を見る

凱旋門賞動画情報(4)

動画5

太田記者のシャンティイ歩いてみた!凱旋門賞の「番記者」としてフランス滞在中の太田記者が、実際に凱旋門賞が行われるシャンティイ競馬場の芝コースを歩いてみました。芝の状況や仮柵の設置など、興味深い内容をレポートしてくれています。動画を見る

photo写真ニュース

週末は予想に使えるLIVEサンプル

フィーチャー

的中情報

佐藤哲三が14日東京11Rで3連単1万9390円的中

10月14、15日の的中実績

◆岡本光男 調教 この1頭(15日京都10R愛宕特別=単勝680円、馬連3020円)
◆松田直樹 松田直樹のウマい買い方(15日東京11R・オクトーバーS=馬連660円)

◆岡本光男 調教 この1頭(14日京都12R=単勝770円、馬連2250円)
◆新村明 新村明の新剣勝負 プラスα(14日東京11R府中牝馬S=馬単5020円)
◆栗田文人 確変の術(14日東京5R=3連単1万4710円)
◆木村有三 木村の張り手一発 (14日京都7R=3連単7780円)
◆堀内泰夫 競馬歴45年 堀内泰夫3番勝負(14日東京10R白秋S=馬単950円)
◆今西和弘 いまにし亭 雑学馬券(14日京都3R=3連単1万140円、3連複970円)
◆佐藤哲三 哲三塾(14日京都9R紫菊賞=馬単1790円、東京9Rプラタナス賞=3連単4550円、東京11R府中牝馬S=3連単1万9390円)
◆達人の方程式(14日東京11R府中牝馬S=3連複2440円)