欧米は夏競馬本番 凱旋門賞の動向を占うレースも

 こんにちは。今週から新潟、札幌、小倉に舞台が移り、夏競馬が大いに盛り上がる時期になります。秋のG1戦線の主役級はまだまだ始動しないので、この間を利用し、力をつけてきた夏の上がり馬たちが活躍する時期でもあります。そして秋に向け、2歳競馬も盛り上がります。

 では、海外競馬はというと、香港競馬は暑さの影響でこの時期はオフシーズンになります。逆に、ヨーロッパやアメリカはスターホースが多く登場し、競馬が最高潮に盛り上がる時期になっています。特にヨーロッパでは大レースが多く開催されます。結果次第で、秋の凱旋門賞を目指すのかブリーダーズカップを目指すのか。その方向性に大きな影響を与えるので、どのレースも非常に白熱したものとなります。

 今週末の29日(現地時間)にイギリスのアスコット競馬場で、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスが行われます。このレースは凱旋門賞に大きく影響するレースで、凱旋門賞を目指す陣営が大いに注目しているレースでもあります。

 現時点で出否は未定ですが、私は3歳2冠牝馬のイネーブルに注目しています。馬主は、先週惨敗はしましたが、世界最強馬アロゲートを所有し、フランケルの持ち主でもある、ジュドモントファームです。イネーブルの父親はナサニエルという馬で、イネーブルと同じ厩舎出身で、親子2代で同じ厩舎から同じレースを同じ年齢で挑戦と、何とも記録のにおいがする感じとなっています(笑い)。ちなみに父のナサニエルですが、3歳で制したキングジョージは、日本でおなじみの種牡馬ワークフォースを破っての勝利でした。

 近い将来、日本馬がヨーロッパの夏競馬に挑戦する時が来れば、日本で馬券が販売されるので、その時が待ち遠しい限りです。ぜひ、さまざまな動画サイトなどでヨーロッパの夏競馬を観戦してみてください。競馬場の広大さに驚かれると思います(笑い)。

 最後に、日本の夏競馬は競馬場でさまざまなイベントが行われるので、ぜひ現地に行き、生観戦してください。皆さま、暑さに負けず夏競馬で盛り上がりましょう!!

(レースホースコーディネーター)

先日行ってきた、英国のサンダウン競馬場です。日本の競馬場とはまた違う、非常に雄大なコースです
先日行ってきた、英国のサンダウン競馬場です。日本の競馬場とはまた違う、非常に雄大なコースです