サラキア力さえ出し切ればチャンス/フローラS

 東京11R 1サラキアを狙う。チューリップ賞はラッキーライラック、マウレア、リリーノーブルに先着を許したが、上位馬は桜花賞でも2、5、3着のG1級。しかも前残りの競馬で出遅れ。かなりのロスがあった。それを考えれば強い競馬をしている。キャリア2戦で上積みはある。東京までの輸送で大幅に馬体が減ると不安だが、力さえ出し切ればチャンスだ。ここは頭で。単3000円。

 東京10R 6エニグマが巻き返す。前走は内枠からポジションを取りにいった分、本来の伸びがなかった。無理に出していかず脚がたまれば、しまいは確実に切れる。中8週と間隔は空いたが、得意の東京を目標に調整し、仕上がりは悪くない。高橋文師も「前回の休み明けに比べたら全然いい」と勝ち負けを意識する。単3000円、複4000円。(ここまでの収支 マイナス15万4800円)