上へ戻る

ニッカンエンタメ・プレミアム

芸能新着コラム

映画この一本

ジャックマンなら許せる/グレイテスト・ショーマン(米)

 米国の興行師で、ショービジネスの原点を作った、P・T・バーナム(ヒュー・ジャックマン)の物語。心躍って、心震わせる楽曲、歌とダンスの連続に、冒頭からつかまれ...

乃木坂46寺田蘭世

乃木坂46寺田蘭世 同じ年の平野歩夢に心打たれる

2018年平昌オリンピックということで… いつかこの2018年も懐かしいと思う日がくるのかな。

今週は平昌オリンピックについて。 連日テレビでも、 インターネットでも取り上げられています。 日本選手がメダルを獲得すると 速報としてテレビの画面上に表示され...

舞台雑話

つか作品の底流に人を思う優しさ 弟子語る人となり

つかこうへい作「熱海殺人事件」に出演する左から石田明、味方良介、木崎ゆりあ

 故つかこうへいさんの代表作「熱海殺人事件」が東京・紀伊国屋ホールで、3月5日まで上演されている。木村伝兵衛部長刑事役に昨年に続いて味方良介、熊田刑事役はノン...

映画な生活

本当の自分とは…チリ女優が映画や高校生に問いかけ

西高でディスカッションに参加したダニエラ・ヴェガ

 南米チリで歌手、女優として活躍するダニエラ・ヴェガ(28)が来日し、インタビューする機会があった。  24日から日本公開される主演映画「ナチュラルウーマン」...

B面★梅ちゃんねる

「かっこいい」連発、新感覚すぎるスノボ解説の力

男子スロープスタイル決勝でジャンプする米国のレドモンド・ジェラルド(AP)

【先週の言葉】「かっこいいですね」「おしゃれですね」「しぶいですね」「スタイル入ってます」  平昌五輪スノーボード男子スロープスタイルの中継で、独特な表現がネッ...

顔パーツ占い

何てったって小泉今日子、奔放さと律儀さで振り回す

 今回は、先日所属事務所からの独立と自身の不倫を公表した小泉今日子さんの顔パーツを見ていきたいと思います。彼女の顔パーツを一言で表すと…「皆の憧れマイペースア...

映画この一本

綾瀬の多才っぷりに感服/今夜、ロマンス劇場で(日)

 映画監督志望の青年健司(坂口健太郎)の前に突如、モノクロ映画のお姫様、美雪(綾瀬はるか)が現れた! 白黒の美雪はカラフルな世界にびっくり(かわいい)。肌にフ...

舞台雑話

東京五輪に合わせ堂本光一「SHOCK」特別上演?

ミュージカル「Endless SHOCK」の開幕を前に写真に納まる、左から瀧本美織、中山優馬、堂本光一、久野綾希子(2018年2月3日撮影)

 堂本光一(39)が主演する舞台「Endless SHOCK」が東京・帝国劇場で上演中だ。00年に初演されて以降、公演のたびに進化し続けながら、3月末には通算...

映画な生活

自然光による淡色映像ににじむ女の怖さ、男の愚かさ

「ビガイルド」の1場面 (C)2017 Focus Features LLC All Rights Reserved

 パステルカラーのドレスは色あせているが、自然光に当たると美しい。そんな淡色の映像から女の怖さ、男の愚かさがにじみ出る。  「マリー・アントワネット」(06年...

乃木坂46寺田蘭世

乃木坂46寺田蘭世 台湾大地震、元気のお返しを

最近は海外ライブをすることが増えています。台湾でも日頃の感謝の思いを伝えればと思います

2月6日、台湾で発生した大地震。 翌日朝のニュースでこのことを知り、 自然が起こしたことで 仕方のないことではあるのですが 被害にあわれた方のことを思うと 心...

宝塚朗らかに

ファンと組子とともに走る神対応の貴公子/紅ゆずる

「うたかたの恋」で皇太子ルドルフを演じる紅ゆずる(撮影・渦原淳)

 星組トップ紅(くれない)ゆずるが、愛知・中日劇場でミュージカル・ロマン「うたかたの恋」、レビュー「ブーケ・ド・タカラヅカ」に臨んでいる。芝居は悲劇の皇太子ル...

B面★梅ちゃんねる

子育てと朝ドラ、安藤サクラを支える「働き方改革」

NHK連続テレビ小説「まんぷく」のヒロインに決まった安藤サクラ

【先週の言葉】「『働き方改革』ということで、ママにも優しい働き方になっている」  NHK連続テレビ小説「まんぷく」(10月1日スタート)のヒロインに決まった女優...

映画この一本

予想はるかに超えるどんでん返しの連続/スリー・ビルボード(英)

 作品全体を貫く「怒り」のボルテージが半端じゃない。怒りにまかせて暴走するヒロインは、「敵」をたたきつぶそうとする。容赦のない暴力描写に目を背けたくなる人もい...

乃木坂46寺田蘭世

乃木坂46寺田蘭世 インフルエンザに気をつけて

昨年のNHK紅白歌合戦本番直前の廊下にて撮影。乃木坂46キャプテン桜井玲香さんとたまたま隣にいたのですが、スタッフさんが撮ってくれました

先日、お買い物に行きまして とあるお洋服屋さんに入りました。 入った瞬間、ブンブンブン〜♪ 思わず、体が反応してしまいました。 「インフルエンサー」 踊らなき...

映画な生活

軽快かつ真摯、ユースケに見る高田純次との共通点

「泥棒役者」の1場面 (C)2017「泥棒役者」製作委員会

 若手芸人の中には「高田純次的生き方」に憧れる人が少なくないという。  ど真ん中に立つわけではないが、いるだけで独特な空気を醸し出す。でありながらひとつの色に...

舞台雑話

大竹しのぶ、温水洋一ら紀伊国屋演劇賞に思い出募る

紀伊国屋演劇賞の贈呈式であいさつする大竹しのぶ(2018年1月30日撮影)

 第52回紀伊国屋演劇賞の贈呈式が先日、東京・新宿の紀伊国屋ホールで行われた。1966年(昭41)の創立で、演劇賞としては最も古く、過去に多くの名優が受賞して...

映画この一本

40分の尋問 ヒリヒリする感覚/デトロイト(米)

 突きつけられた銃口の硬さ、鉄の冷たさ、引き金に指がかけられた恐怖…40分に及ぶ尋問シーンには、その場に居合わせたようなヒリヒリする感覚がある。  「ハート・...

乃木坂46寺田蘭世

乃木坂46寺田蘭世 冬になると増える火災に注意を

今どきの若い子達にとって自撮りは日常生活の1つ。でも、私はいまだに自撮りというものに慣れません…

1月が終わります。今年は体感時間が とても長い気がしていて、それだけ 濃ゆい日々を過ごせているのかなと… 先週18日、 神戸市の集合住宅が全焼するという 火災...

映画な生活

時代の流れを象徴 サーカスのタブーも描く

「グレイテスト・ショーマン」の1場面 (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

 「リングリング・サーカス」の日本公演が行われたのは88年9月のことだ。開催地は東京・汐留。電通や日本テレビが本社を構え、今やピカピカのスポットとなっているが...

舞台雑話

寄席盛り上がる1月に小蝠、志ん駒の悲しい知らせ

柳家小蝠さん(2014年4月28日撮影)

 今年に入って、2人の落語家が亡くなりました。柳家小蝠(やなぎや・こふく)さんが1月12日に42歳で、古今亭志ん駒(ここんてい・しんこま)さんは同18日に81...