上へ戻る

日刊スポーツ for auウェブ

新着芸能ニュース

SKE野島樺乃がAKBグループ歌唱力No・1に

AKB48グループ歌唱力No・1決定戦で優勝し、感無量の面持ちを見せるSKE48野島樺乃(中央)(撮影・森本隆)

AKB48グループが11日、都内で「歌唱力No・1決定戦」を初開催した。昨年、150人が出場した予選を勝ち抜いた20人が出演。タイトル通り歌唱力を競い、SKE48野島樺乃(17)が初代女王に輝いた。2位はAKB48矢作萌夏(16)3位はAKB48/STU48岡田奈々(21)だった。

48グループに新たなヒロインが誕生した。運にも、実績にも左右されない、歌声だけが頼りのステージで、誰よりも躍動したのが野島だった。8人が進めるファイナル出場権をかけた1回目。大好きなミュージカル「リトルマーメイド」の楽曲「パート・オブ・ユア・ワールド」で美声を披露し、せりふもパーフェクトにこなした。出番前には、同じSKE48の大場美奈(26)に「私は今日、人魚になる」と誓って臨んだ。有言実行で人魚になりきった。

ファイナルで歌った「春風」は、自己評価で「65点」とミスを悔やんだが、終盤にさしかかると伸びのある歌声にギアチェンジ。気持ちよさそうに歌いきった。「2位が発表された瞬間、もうだめだと思った」。思いがけない優勝に、「練習に付き合ってくれたお父さんとお母さんに感謝したい」と頭を下げた。終演後はSKE48の出演者らにハグで祝福されていた。

野島は小学校2年から合唱団に入り、劇団四季のボイストレーニングの先生からも指導を受けた経験があるという。15年にSKE48の7期生として加入。同期の後藤楽々、小畑優奈、末永桜花らに選抜入りは先を越されたが、実力で大きなチャンスをつかんだ。「今まで大きなことは言える立場じゃないと思っていたけど、いつかはソロ公演をやりたい」と夢を語り、第2回大会の可能性を問われると、「もちろんやりたいです。2冠とかをやってみたい」と無邪気に宣言した。

AKB48グループ歌唱力No・1決定戦で、熱唱するSKE48野島樺乃(撮影・森本隆)

関連するニュースを読む

Dream Ayaがメンバーの素顔に迫る連載開始

日刊スポーツの“特命記者”としてメンバーの素顔に迫るDream Aya

E-girlsらLDHのガールズプロジェクト「E.G.family」による全国ホールツアーが、今月22日に大阪・オリックス劇場で開幕します。

日刊スポーツでは、チーフ・クリエイティブ・マネージャーのDream Aya(31)を特命記者に任命! 「Dream Ayaのココだけの話」として、長くメンバーと接してきたAyaならではの視点で、メンバーの素顔に迫ります。

18日から紙面で連載するとともに、ニッカンコムでは紙面で載せきれなかったトークもお届け。さらに、ツイッターアカウント(@NIKKAN_LDH)ではチェキプレゼントの企画も実施します。お楽しみに!

◆E.G.family E-girls、Dream Ami(30)Shizuka(30)、Flower、Happiness、スダンナユズユリーによるガールズプロジェクト。初の全国ホールツアーは、22日の大阪・オリックス劇場公演を皮切りに、全国26都市で33公演行う。Ayaは17年7月にパフォーマーを卒業し、チーフ・クリエイティブ・マネージャーとして制作活動に専念。

関連するニュースを読む

草なぎ剛、主演映画が公開延期に「プラスの方向へ」

歌唱する草なぎ剛(左)と香取慎吾

稲垣吾郎(45)草なぎ剛(44)香取慎吾(42)が16日、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで、3人によるプロジェクト「新しい地図」として初のファンミーティング「NAKAMA to MEETING_vol.1」を開催した。

草なぎは、共演の新井浩文容疑者が強制性交容疑で逮捕されたことで、主演映画「台風家族」が公開延期になったことについてコメントした。「大変な状況ですが、ファンの方が期待してくれているのをSNSで見ているので、プラスの方向に向かって欲しい」と話した。

※草なぎのなぎは弓ヘンに前の旧字の下に刀

ファンミーティングで熱唱する、左から香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛

関連するニュースを読む

レディー・ガガが破局?指輪していなかった情報錯綜

レディー・ガガ

レディー・ガガ(32)が、婚約者のクリスチャン・カリノ氏(50)と破局したのではないか? との臆測が浮上している。

関係者は米情報サイトE!に、「2人は先週、破局したが、クリスチャンは必死で関係を復活させようとしている」と語っている。しかし、別の2人の関係者は、2人はまだ別れていないと話しているという。

ファンの間でも、2人が一緒にグラミー賞授賞式に出席しなかったことから、破局がうわさされているようだ。グラミー賞の受賞スピーチで、ガガがカリノ氏への感謝を示さなかったことや、ガガが授賞式でカリノ氏から贈られた婚約指輪を身につけていなかったことも、破局のうわさに拍車をかけている。

しかし、ある関係者は同サイトに、「彼女は演奏のために指輪を身につけなかっただけ。ガガが多忙のため、挙式のプランは保留になっているが、年内に結婚する予定でいる」と話している。

2人は1月に開かれたゴールデン・グローブ賞授賞式には一緒に出席しており、カリノ氏はインスタグラムでガガのベッドでの姿を投稿し、注目を集めた。ガガは昨年10月、2017年より交際をスタートしたタレント・エージェントのカリノ氏との婚約を発表した。(ニューヨーク=鹿目直子)

関連するニュースを読む

西田敏行「最高にうれしい」悪役で「必殺」初出演

テレビ朝日系スペシャルドラマ「必殺仕事人2019」で初共演する西田敏行(左)と東山紀之

西田敏行(71)がテレビ朝日系スペシャルドラマ「必殺仕事人2019」(3月10日午後9時放送)に出演することが16日、分かった。東山紀之(52)演じる渡辺小五郎と対立する極悪人、上総屋清右ヱ門(かずさや・せいえもん)を演じる。

実直に生きる若者をだますため、裏と表の顔を使い分けるずる賢い役だ。

「必殺」初出演で悪役を演じた西田は「時代劇はどちらかというと悪役を中心に見てきましたので、悪役ができるというのは、僕にとって最高にうれしいこと」と喜んでいる。

初共演の東山について、西田は「いろいろなことを学びたいと思わせてくれる、数少ない後輩の1人」。先輩の胸を借りた東山も「思い切ってやらせていただこうと臨みました。いつもより剣のスピードが早かったんじゃないかな(笑い)」と“成敗”の瞬間を振り返った。

関連するニュースを読む

キンタロー。めまい原因は/16日芸能社会ニュース

2月16日の芸能・社会ニュースをまとめて振り返ります。元欅坂46の今泉佑唯が、常盤貴子主演のTBS系連続ドラマ「グッドワイフ」(日曜午後9時)に出演することが、分かりました。17日放送の第7話に出演します。

2月16日の芸能ニュース振り返り

今泉佑唯「グッドワイフ」で欅坂卒業後初ドラマ出演

ドラマ「グッドワイフ」に出演が決まった今泉佑唯

村本大輔「最低な一言」浪江町なくなる発言で謝罪

ウーマンラッシュアワーの村本大輔

宇多田ヒカル“歌姫”疑問 DAW使い姫…すてき

宇多田ヒカル(2010年12月9日撮影)

キンタローめまい原因は左エラ部分への強烈パンチ?

キンタロー。

木村カエラ「子供の未来を奪わないで」虐待撲滅訴え

木村カエラ(2018年8月19日撮影)

羽生ゆずれない一般公募で改名へ「ご意見受け止め」

羽生ゆずれない

レディー・ガガ、婚約者と破局か 左手に指輪なし

レディー・ガガ

香取慎吾に密着4000時間 アート活動の軌跡放送

国内初個展を開催する香取慎吾

浅野忠信の長女SUMIRE、初主演映画で大学生役

映画「LAPSE」初日舞台あいさつに出席したSUMIRE

朝日杯連覇の藤井七段、賞金750万円「貯金して」

優勝カップを手に笑顔を見せる藤井七段(撮影・鈴木正人)

香取慎吾ら活動休止する嵐に言及「幸せになる道を」

ファンミーティングで熱唱する、左から香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛

稲垣吾郎(45)草なぎ剛(44)香取慎吾(42)が16日、東京・武蔵野の森スポーツプラザで、3人によるプロジェクト「新しい地図」として初のファンミーティング「NAKAMA to MEETING_vol.1」を開催した。

この日は2公演で1万6000人を動員。歌やダンスを披露し、ゲーム企画などでファンに感謝を伝える一方、公演後には、来年末で活動休止する嵐についても語った。

ファンミーティング後に取材に応じた3人は、活動休止を発表した嵐についてコメントした。香取は「僕らの仕事は支えてくれるファンが一番大事。皆さんの笑顔のために頑張って欲しい」、草なぎは「長い間活動できるのは、見てくれるお客さんがいるから。みんなが幸せになる道を選んで」、稲垣は「5人で決めたことなので、信じて頑張って」と、それぞれのメッセージを送った。

SMAPが解散し、3人が17年9月にジャニーズ事務所を退所後、「新しい地図」として初のファンミーティングだった。大歓声に迎えられると、稲垣は「この感じ久しぶり。出てきた時にウルッときちゃった」。香取は「こんなふうにみんなと会える時がくるとは、1年前は思いもしなかった」と感慨深げに語った。

イベントでは「雨あがりのステップ」などの楽曲を披露。ファンミーティングらしく壇上にファンを呼び込んでゲーム企画も行われた。ドームクラスを埋めてきた3人にとっては、新鮮な距離の近さ。客席からの声掛けに気軽に応じ、ファンとの交流を楽しんだ。

この日に向け、3人で企画を考えたという。ファンミーティングの想像がつかず、香取は「ネットで検索した」と笑った。大観衆を前に「普通に緊張した」という稲垣は「パワーをいただける、愛されてるなと実感が湧く場です」。3人でのコンサートは未定も、草なぎは「同じステージはない。感じる熱量に集中していきたい」と力を込めた。

終演後、3人は会場出口でファンを見送った。「新しい地図」の立ち上げから1年5カ月。香取は「僕らの全てがファンの皆さんで作られている。感謝の場が作れてうれしい」。今後は全国22公演で12万人以上を動員予定。 【遠藤尚子】

関連するニュースを読む

羽生ゆずれない一般公募で改名へ「ご意見受け止め」

羽生ゆずれない

フィギュアスケート羽生結弦(24=ANA)のものまねをすることで知られる、ものまねタレントの羽生ゆずれない(23)が16日、ツイッターで改名することを発表した。

発表によると、羽生ゆずれない本人と所属事務所で数カ月間に渡って話し合いを重ねたといい「応援してくださるファンの方々、関係者の方々からの温かいお言葉、お気持ち、そして他方面からの厳しいご意見を真摯(しんし)に受け止め、皆様を笑顔にする仕事という立場として、一番大切なことを考え、改名という結論に至りました」と経緯を明かした。

これまで「羽生」芸名から断ってきた仕事もあったといい、「今後は本来デビュー当初から志して参りました歌まねや声まねを初心から、そしてスポーツ関係などのさまざまな活動を幅広く、やらせていただく所存です」とし、新たな芸名は一般公募で決めることも発表した。

関連するニュースを読む

HIKARI監督作品がベルリン国際映画祭で観客賞

世界3大映画祭の1つ、第69回ベルリン国際映画祭で、大阪市出身のHIKARI監督(43)の「37 Seconds」が、特色ある作品を集めたパノラマ部門の観客賞に決まった。16日、映画祭事務局が発表した。

「37-」は、脳性まひの女性が、性への目覚めや人々との出会いを通じて成長する姿を描いた物語。実際に同じ障害のある一般女性が主演した。

同作は16日、映画祭の賞とは別に、外部団体が選ぶ国際アートシアター連盟賞も受賞。登壇したHIKARI監督は「日本社会では障害者を映画で描くことはとても大きな挑戦でした。ありがとう」と語った。

主に10代の若者向けの作品を集めた「ジェネレーション14プラス」部門では、長久允監督(34)の「ウィーアーリトルゾンビーズ」が、次点に当たる青少年審査員の特別表彰を受けた。

関連するニュースを読む

エルフリーデが単独ライブ メジャーデビューも発表

4月にメジャーデビューが決まったエルフリーデ

ガールズロックバンド、エルフリーデが16日、東京・表参道GROUNDで行った単独ライブで、4月24日にアルバム「real-Ize(リアライズ)」でメジャーデビューすることを発表した。

約1年3カ月ぶりのライブでの発表に、集まったファンからも大歓声が上がった。メジャーデビューの発表に合わせて、オフィシャルサイトでも最新ビジュアルが公開された。

同バンドは、17年8月に結成された、ボーカルの、みくる、ギターの山吹りょう、ベースの星野李奈、ドラムの、ゆーやんの4人組。キャッチーなメロディーを特徴とした力強さ、ポップさを兼ね備えたサウンドでファンを魅了してきた。

関連するニュースを読む

「ベルリン・天使の詩」B・ガンツ氏死去 77歳

ブルーノ・ガンツさん(AP)

スイス公共放送などによると、映画「ベルリン・天使の詩」などで知られるスイスの俳優ブルーノ・ガンツ氏が16日、チューリヒの自宅で死去した。77歳。大腸がんと診断されていた。

ドイツ語圏を代表する俳優として映画、舞台などで活躍。日本でもヒットした「ベルリン・天使の詩」(1987年)で主人公の天使を演じたことで世界的に名前を知られるようになった。(共同)

関連するニュースを読む

レディー・ガガ、婚約者と破局か 左手に指輪なし

レディー・ガガ

米歌手レディー・ガガ(32)に、婚約者のタレントエージェント、クリスチャン・カリーノ氏(50)との破局説が浮上した。

関係者がE!Newsに2人が先週破局したと明かしたもの。10日に行われたグラミー賞授賞式でガガの左手薬指に巨大なピンクサファイアの婚約指輪がなかったことも破局説裏付ける証拠だという。ガガは映画「アリー」の主題歌「シャロウ」で最優秀ポップ・デュオ賞を受賞したが、スピーチでカリーノ氏に感謝を述べることもなく、会場にも同氏の姿はなかった。2人は17年に交際が発覚し、昨年10月にガガが婚約を公表していた。(米ロサンゼルス=千歳香奈子通信員)

関連するニュースを読む

吉崎、岡田氏「宝塚名曲コンサート」6月梅田で開催

岡田敬二氏

昭和から平成の宝塚歌劇の名曲を歌い継ぐ「吉崎憲治&岡田敬二ロマンチックコンサート」が、6月1、2日に大阪・梅田芸術劇場で上演されることになり、16日、同劇場から発表された。

活動60年の吉崎憲治氏は宝塚歌劇一筋の作曲家で、作曲数は3000曲を超える。岡田敬二氏は、ロマンチック・レビューシリーズを手掛けた演出家で、活動55周年。両氏の活動を振り返り、宝塚歌劇団OGや現役生が多数出演する。

出演は瀬戸内美八、剣幸、紫苑ゆう、杜けあき、南風舞、こだま愛、涼風真世、姿月あさと、朝海ひかる、大和悠河、実咲凜音ら卒業生に加え、劇団現役生も出演。専科からは美穂圭子、悠真倫、愛月ひかるが特別出演する。

吉崎氏は「宝塚歌劇のショー・芝居はあくまでも『愛と夢とロマンの世界』。そこに流れる音楽は時にやさしく、甘く、強く、激しく、そして喜び、怒り、哀しみ、楽しさもすべて『清く正しく美しく』あるべきと、1音1符大切にメロディーを生み出してきた」とコメント。1曲1曲への思い、愛着も深く、今公演では作曲・編曲・音楽監督を務める。

また岡田氏も「尊敬する吉崎憲治先生の名曲をベースにしたロマンチック・コンサートを開催させていただく」とし、公演の構成・演出を担当。「宝塚の名曲の数々をお楽しみいただければ幸いです」と抱負を寄せた。

関連するニュースを読む

北島三郎「早く迎えに来ないで」船村徹さん三回忌

船村徹さんの三回忌であいさつをする北島三郎

「王将」「風雪ながれ旅」などを手がけた作曲家船村徹さん(享年84)の三回忌法要が16日、都内で行われた。2年前のこの日、心不全で亡くなった。

門下生の北島三郎(82)鳥羽一郎(66)走裕介(45)や音楽関係者ら約140人が集まり、5500曲以上を世に送り出した偉大な作曲家を悼んだ。

来賓あいさつで北島は「不思議ですな…。『月日がたつと、少しずつ寂しさが薄れる』と言いますが、師匠と1年前に亡くした大事な息子(次男)は思い出がよみがえるし、寂しさが込み上げる」と言葉を詰まらせた。最後には「人生はいっぺんです。おっ師匠さん、いつかは側に行くから、早く迎えに来ないで。見守っていてください。御願いします」と続けた。

献杯で五木ひろし(70)は「自分は門下生でも外弟子でもないが、ずっと応援をしてもらった」と感謝の言葉を続け、「船村メロディーに献杯」と声を張りあげた。

妻の福田佳子さん(79)は「家族と一緒にいると、今でも『これはお父さんの好きな番組だったわね』『お父さんの好きな料理ね』などと会話が出る。逝ってしまった実感が湧いていない毎日を送っています」と話した。また、内弟子の鳥羽、静太郎、天草二郎、走、村木弾が船村さんのヒット曲「師匠(おやじ)」を歌唱するシーンもあった。 祭壇は桜、チューリップ、菜の花など約500本の花で彩られた。また、スーツや帽子など120点が参加者に形見分けされた。

関連するニュースを読む

筧美和子TikTok初挑戦「大丈夫ですかね…」

日本初のTikTok公式オフ会に出席した筧美和子

タレント筧美和子(24)が16日、都内で、短編動画共有アプリ「TikTok」の日本初公式オフ会に出席した。

「みなさんが楽しんでいて、すごくすてきな空間」と感想を話した。「TikTokは初心者でなかなか難しいけど、つい見ちゃう。飽きずにずっと見ていられる。気軽に何かを作れるのがいいし、青春だなと思う。いろんなアイデアでいろんな動画を撮っていて、青春だなと思います」と話した。

ステージではTikTokの動画撮影に初挑戦した。抽選で選ばれたトップクリエーターと一緒に撮影する予定だったが、当選者が現れず、MCと撮影となった。「ダンス下手なんですけど大丈夫ですかね。バレエはやっていたけど、ダンスのセンスがなくて。だから憧れます。みんなうまいなって」。

日本テレビ「ぐるぐるナインティナイン」の「おもしろ荘」に出演しプチブレーク中の芸人、夢屋まさるの「パンケーキ食べたい」にはまっていることを明かし、そのフレーズで動画撮影に挑んだ。

撮影が終わると「楽しい! 楽しいですね」とほほ笑み、「踊れていたかわからないけど、楽しかった」と満足そうに話した。

この日、投稿された動画の中から一般投票で最強動画を決める「TikTok AWARD」表彰式も行われ、そのプレゼンターも務めた。

「TikTok AWARD」のプレゼンターを務めた筧美和子と受賞者たち

関連するニュースを読む

平尾昌晃さん三男「争い続く」ドロドロ遺産相続問題

平尾勇気(17年11月13日撮影)

作曲家平尾昌晃さん(享年79)の総額60億円ともいわれる遺産の相続問題で、三男の歌手平尾勇気(37)が16日、ブログを更新し、平尾昌晃音楽事務所社長を務める平尾さんの妻の「取締役の職務執行停止」を求めた仮処分申請が、東京地裁に却下されたことを報告した。

裁判所が申し立てを認めなかったことには「納得できません」。東京高裁へ不服を申し立てる抗告を実施するとし、今月25日に都内で記者会見を行うことも発表した。

記者会見では、裁判結果の詳報について報告をするほか、新たに判明したという妻の不正を公表するという。「音楽事務所では、まだ争いが続くことになります。さらに世間の皆さまをお騒がせすることになります」としている。

また、現在、活動を停止している音楽活動を3月から再開することも明かした。「平尾昌晃の2代目を継ぐためには音楽活動は不可欠と考えております」と決意をつづった。

関連するニュースを読む

韓国6人組GFRIEND、新曲は「FLOWER」

フリーライブを行ったGFRIENDの、左からソウォン、ウナ、イェリン、シンビ、オムジ、ユジュ

韓国の女性6人組グループ、GFRIENDが16日、都内でイベントを行い、3月13日発売のサードシングルのタイトルを「FLOWER」と発表した。

この日は、セカンドシングル「SUNRISE」の発売記念のフリーライブで、リーダーのソウォン(23)は「緊張しますが、皆さんと楽しい思い出を作りたいです」と話し、ダンスレクチャーや、メンバーが胸キュンワードを披露するなどした。3月には大阪、名古屋、東京でライブを行う。

関連するニュースを読む

生島ヒロシ、故郷・気仙沼の現状を伝える番組に出演

NHK「シリーズ平成 巨大津波の脅威~東日本大震災から8年~」の司会を務める森田美由紀アナウンサー(左)と生島ヒロシ

フリーアナウンサー生島ヒロシ(68)が、17日放送のNHK「あの日 あのとき あの番組▽シリーズ平成 巨大津波の脅威~東日本大震災から8年~」(午後1時50分)に出演する。

司会のNHK森田美由紀アナウンサー(59)と共に、東日本大震災の被災地となった故郷の宮城県気仙沼市の現状を伝える。

2万2000人を超える死者、行方不明者を出した11年3月11日の東日本大震災から8年。宮城県気仙沼市では巨大津波によって発生した津波火災が町を襲い、岩手県宮古市田老地区では巨大津波から守るための備えが思わぬ形で被害を拡大させた。

気仙沼市出身の生島は「今回訪れて、創造的復興の難しさを感じました。二度と津波に負けない街作りには、時間がかかります。その間に人びとの生きる力が損なわれないか心配ですが、一方で明日に向かってたくましく生きている気仙沼人に感動します」と話している。

生島は東日本大震災で気仙沼に住んでいた妹夫妻を亡くした。その1カ月前に、気仙沼で同居していた母親の美ち子さんが死去。妹夫妻は、その49日法要のために母の遺骨を持って、まさに3月11日に東京の生島の家に上京してくるはずだった。地震直後に生島夫人のところに「大きな地震があったから今日は東京に行けないと思う」と電話があった後に、妹夫妻は行方不明に。遺体が見つかったのは、半年後の妹夫妻の葬式当日だった。

生島は「人生の中で、こんな事が起きるのかという驚きと怖さ、日本の未来を危ぶみました。身内を無くし、人生の無常と1日1日を大切に悔いなく生きようと心に決めました」と、8年前を振り返った。

関連するニュースを読む

浅野忠信の長女SUMIRE、初主演映画で大学生役

舞台あいさつに出席した、左から柳俊太郎、SUMIRE、中村ゆりか

俳優浅野忠信(45)の長女で女優のSUMIRE(23)が16日、都内で、映画「LAPSE」の初日舞台あいさつに出席した。

同作は「SIN」「失敗人間ヒトシジュニア」「リンデン・バウム・ダンス」の3編で構成される未来を描いたオムニバス映画で、SUMIREは「リンデン-」で初主演を務めた。

「リンデン-」は、人間が人工知能(AI)に医療をゆだねる2038年の大学生ヨウを演じた。AIによる延命治療で10年間寝たきりの祖母との物語に、「自分のプライベートとつながる部分があったので、役としては入りやすかった。自分のおばあちゃんに対する気持ちと重なって、やりやすい映画でした」と話した。

印象的なシーンにボート上での線香花火をあげ、「落ちるタイミングが難しかった。カメラマンさんと2人だけで、何回やったかな」とほほ笑んだ。

「SIN」主演の柳俊太郎(27)は「はまっていた『ブラック・ミラー』に近く、近未来作品は今までになかったので楽しみでした」。「失敗人間ヒトシジュニア」主演の中村ゆりか(21)は「未来という想像の中で期待もあふれていたけど、一方で新しい機能に対して脅威や怖さも感じました」と話した。

映画「LAPSE」初日舞台あいさつに出席したSUMIRE

関連するニュースを読む

香取慎吾に密着4000時間 アート活動の軌跡放送

香取慎吾(18年5月撮影)

香取慎吾(42)のアート活動に迫るTBS系特番「サントリー オールフリー Presents BOUM! BOUM!香取慎吾NIPPON初個展SP 密着!4000時間 アーティスト香取慎吾2年間の軌跡」が、24日午後3時30分から放送されることが16日、分かった。

これまで2年間にわたり、香取のアート活動に密着してきた4000時間にもおよぶ映像を編集。

「パリ・ルーブル美術館」での初個展の様子や国内外での作品制作過程を追い、アートに対する熱い思いを本人が語る。

また、国内初個展の舞台となる360度回転劇場・ステージアラウンドで、自身が本個展への想像を膨らませながら、鑑賞方法を紹介するという。

関連するニュースを読む

中村勘九郎「走り続けます」スター手形顕彰式に参加

中村勘九郎の手形(撮影・松本久)

歌舞伎俳優中村勘九郎(37)中村七之助(35)、演歌歌手大月みやこ(72)、女優天海祐希(51)が16日、東京・台東区の浅草公会堂前で「スターの手形顕彰式」に参加した。

NHK大河ドラマ「いだてん」に主演している勘九郎はランニングをしながら登場。「ここ浅草は『いだてん』の大事な舞台。1年間走り続けます」とあいさつ。2人の祖父、父、おばも「スターの手形」に入っていると明かして、「一族郎党でありがとうございます」と話した。

七之助は16歳の時に、同所で初舞台を踏んだことを披露。「初日に客が5人しかいなかった。自分の実力はこんなものかと衝撃を受けた」と振り返った。そして、“スター”の仲間入りをしたことに「父に少しだけ恩返しができた気持ちです」と続けた。

大月は「今回は身に余る光栄です。55年歌ってきて今が一番幸せ。すべて、皆さんのおかげです」と感謝した。

天海は地元の台東区出身。「子どものころ、このあたりをウロウロしていた」と懐かしみながら「母がすごく喜んでいる。親孝行ができた」と話した。

タレント東貴博(49)は欠席。弟のタレント東朋宏(43)が代理出席で兄の手紙を読み上げた。「父の東八郎が、ここに手形を残したのが49歳。自分も今、49歳です。母に電話をしたら『パパは手形を残した3年後に死んじゃった。あなたも気を付けなさい』と言われた」と笑わせた。

多岐川裕美(68)も代理人が出席した。

台東区では、大衆芸能の振興に貢献した芸能人の功績をたたえ、1979年(昭54)から、浅草公会堂前に顕彰した人の手形をサインとともに設置。これまで、327人に達している。

「スターの手型」顕彰を受けた中村勘九郎(左)、中村七之助の兄弟=2019年2月16日
中村七之助の手形(撮影・松本久)
中村勘九郎ら6人が新たに加わった「スターの手形」(撮影・松本久)

関連するニュースを読む

Kペリー&Oブルーム、ツーショットで婚約指輪披露

ケイティ・ペリー(左)、オーランド・ブルーム

米歌手ケイティ・ペリー(34)が15日、インスタグラムでツーショット写真とともに婚約指輪を披露し、英俳優オーランド・ブルーム(42)と婚約したことが明らかになった。

ハートの風船と大きな指輪を披露したペリーは「満開よ(フル・ブルーム)」とのコメントと花をかたどった豪華な婚約指輪を披露。ブルームも「一生」とのコメントを添えた。ブルームは前妻のモデル、ミランダ・カーとの間に長男フリン君(8)がいるが、ペリーにとてもなついていると言われている。指輪は推定500万ドル(約5億5000万円)と伝えられている。(米ロサンゼルス=千歳香奈子通信員)

関連するニュースを読む

勸玄くん「団十郎になりたい」市川海老蔵明かす

市川海老蔵(41)が16日、東京・江東区の豊洲市場で行われた小池百合子東京都知事らとのトークイベントに出演した。

豊洲市場について海老蔵は「新鮮な魚河岸のイメージだけど、もっとワイワイガヤガヤとした活気がほしい。豊洲市場を中心に食を楽しめる文化が100年、200年と続いてほしい」と注文を付けた。

来年5月に13代目市川団十郎を襲名するが、同時に市川新之助を襲名する長男勸玄くん(5)について「『団十郎になりたい』と言うので、家では「『パパが新之助になるから、団十郎になってくれるかな』と冗談を言っている」と明かした。

成田屋は江戸時代から魚河岸と深い縁があることもあって「いつかここで舞台をさせていただけたら」と話した。

関連するニュースを読む

高杉真宙は歯科医院を楽しむ「麻酔がすごく好き」

公開記念舞台あいさつに出席した、左から佐藤藍子、高杉真宙、安田聖愛

高杉真宙(22)が16日、東京・イオンシネマシアタス調布で、主演映画「笑顔の向こうに」(榎本二郎監督)の公開記念舞台あいさつを行った。

歯科医療の現場を舞台にした作品で、歯科技工士を演じた。子供のころから歯科医院で怖い思いをしたことがないそうで、高杉は「麻酔がすごく好き。終わっても(感覚がなく)ずーっと(ほおを)触ってました。うがいをしてもだーっと垂れるのが好き」と、楽しんでいたことを振り返った。

若者たちの恋愛も描かれる同作。理想のデートについて高杉は「普通でおもしろくないかもしれないですけど、普通に遊園地デートとかしてみたいですね。絶叫(マシン)、大丈夫です。ジェットコースターも観覧車もベタでいいですね。王道でベタを進みたい!」。

ほかに安田聖愛(22)佐藤藍子(41)が出席。

関連するニュースを読む

木村カエラ「子供の未来を奪わないで」虐待撲滅訴え

木村カエラ(2018年8月19日撮影)

歌手の木村カエラ(34)が、各地で児童虐待が相次ぐ現状に、「子供の未来を奪わないでくれ」と訴えた。

2人の子どもを持つ母でもある木村は16日、インスタグラムで「子供の未来を奪わないでくれ」と書き出し、「子供はたくさん間違えて、失敗して、その先に見える道を知り、歩いていく。可能性のかたまりだ。その小さな手の中に、どんだけの夢や楽しみを抱きしめているか。それを分からないといけない」とつづった。

木村は俳優の瑛太と2010年9月に結婚を発表。同年10月に第1子男児、13年10月に第2子女児を出産した。

関連するニュースを読む

宇多田ヒカル“歌姫”疑問 DAW使い姫…すてき

宇多田ヒカル

シンガー・ソングライターの宇多田ヒカル(36)が、“歌姫”という表現に疑問を呈した。

11日に放送されたTBS系「歌のゴールデンヒット-昭和・平成の歴代歌姫ベスト100-」では、女性アーティストたちの歴代シングル総売上枚数ランキングを発表。1位に輝いたのはAKB48で、2位の浜崎あゆみに大差をつけてのトップだったが、メンバーが入れ替わるグループが1位となった結果に、ネット上では疑問の声もあがっていた。

宇多田も7位にランクインしていたが、15日更新のツイッターで「歌姫ってなんなん」と、“歌姫”という表現に違和感を抱いている様子。「『平成の歌人(かじん)』枠とか『平成のDAW使い姫』枠とかあったらすてき」とつづった。

関連するニュースを読む

長久監督の若者向け映画が特別表彰 ベルリン映画祭

世界3大映画祭の1つ、第69回ベルリン国際映画祭で15日(日本時間16日)、長久允監督(34)の「ウィーアーリトルゾンビーズ」が、主に10代の若者向けの映画部門「ジェネレーション14プラス」で、次点に当たる青少年審査員の特別表彰を受けた。

両親を亡くした中学生の男女4人が、失った感情を探して旅をする物語。授賞式に登壇した長久監督は「ティーンエージャーを救うために作った映画なので、とてもうれしい」と笑顔で語った。

日本では6月に公開予定。

関連するニュースを読む

キンタローめまい原因は左エラ部分への強烈パンチ?

キンタロー。

お笑いタレントのキンタロー。(37)が、2016年に出演した舞台でのアクシデントで強烈なパンチを顔面に受けて以来、めまいに悩まされていることを明かした。

キンタロー。は12日のブログで「首痛めてるからか?ここ数日間ずっとめまいするなぁ~」とつづっていたが、心配する声を受け、15日更新のブログで自身の症状を説明した。

過去に頸椎(けいつい)ヘルニアの手術を受け、日常生活は支障なく送れているが、何かの拍子に首を痛めることがあるらしく、「そんな時に決まってめまいがおきます」という。

また「さかのぼると2016年のリングリングリングと言うの劇で主演をさせて頂いた時に女子プロレスのお話だったのですがアクシデントで強烈パンチを左エラ部分にモロに食らってしまい めまいがそこから半年くらいめちゃくちゃ起きるようになってしまいました涙」と明かし、「だからやはり首を痛めたと言うのに関係があると思うんです」と、めまいの原因を推測した。

社交ダンスを踊るなどハードな活動をしても大丈夫だったことから「めまいなんて大した事ないとずっとその時からほっといちゃいました」とキンタロー。「でも解消されるなら病院行きたいかもって皆さんのコメント読んでてめんどくさい病が薄れて闘志が湧いてきました」とつづった。

関連するニュースを読む

村本大輔「最低な一言」浪江町なくなる発言で謝罪

ウーマンラッシュアワーの村本大輔

ウーマンラッシュアワーの村本大輔(38)が、東日本大震災により甚大な被害を受けた福島・浪江町を“なくなる町”と表現して炎上した騒動について謝罪した。

村本は11日のツイッターで、津波と原発事故により今も多くの人が帰還できていない浪江町を訪問し、地元の人たちからナマの話を聞きたいという思いから「福島の浪江町で21時以降の遅くまで空いてる飲み屋さんありますか?あと宿も。知ってる方いたらインスタのDMください。自分の町がなくなることへの話が聞きたい」とフォロワーに呼びかけたところ、「無くなる前提でしゃべるなよ」「こんな失礼な言い方あんの」といった批判の声が殺到していた。

批判を受けた村本は15日、「たしかに思いやりのない言葉でした。僕の地元が福井県のおおい町で、地震があったら、って考えたら、感情的になって思いやりのない言葉を使ってしまった。すいません」と謝罪した。

また、コンテンツ配信サービス「note」にも謝罪文をアップ。自身の発言を「最低な一言だった」とし、「自分が人としていかに欠けてるか、を思い知らされた。おれは思いやりが欠けてた。いや、欠けている。大反省しないと」と猛省した。

関連するニュースを読む

平尾昌晃さん60億円遺産相続問題、三男の訴え却下

平尾勇気(2018年9月25日撮影)

作曲家平尾昌晃さん(享年79)の総額60億円ともいわれる遺産の相続問題で、三男の歌手平尾勇気(37)が、平尾昌晃音楽事務所社長を務める平尾さんの妻の「取締役の職務執行停止」を求めた仮処分申請が、東京地裁に却下されたことが15日、分かった。

この日までに、原告と被告の双方に地裁判決が届いた。

関係者によると、勇気は高裁に抗告する方針。今月下旬に都内で記者会見を行う予定だという。

17年に死去した平尾さんの相続問題が表面化したのは昨年9月。平尾さんの残した会社2社の社長に就任した妻に対し、「就任の経緯に問題があった」「妻が遺産を不法に独占している」などと主張した勇気が、職務執行停止を求める仮処分を東京地裁に申請して受理された。

会見後に行われた株主総会で、音楽出版管理会社については、事実上、妻が社長の職を解かれて申し立ては取り下げられた。平尾さんの個人事務所「平尾昌晃音楽事務所」については「株主確定がされていない」として、妻が社長にとどまっていた。

妻はこれまでに「平尾昌晃は争いごとを好まなかった人だったので、このようなことになって残念なことだと思っています」などと文書でコメントしている。

◆争いの経緯 17年7月に急死した平尾さんに遺書はなく、音楽事務所には使途不明金があったとされる。生前の平尾さんにとって、会社は「個人商店」の意味合いが強く、正式な株主総会などの手続きはなく、話し合いによって物事を決めてきた経緯がある。遺産は60億円ともいわれる高額なため、平尾さんの死後に2社の社長に就任した妻について、勇気が「遺産を不法に独占している」などと不信感を表明。昨年9月、職務停止の仮処分申請を東京地裁に申請したことが騒動の発端になっている。

平尾家家族図

関連するニュースを読む

K・ペリー&O・ブルームがバレンタインデーに婚約

ケイティ・ペリー(左)、オーランド・ブルーム

米人気歌手ケイティ・ペリー(34)と米俳優オーランド・ブルーム(42)が婚約したことがわかった。

2人はバレンタインデーに、ルビーの婚約指輪の写真をそれぞれのインスタグラムで公開。写真には2人の顔が半分だけクローズアップで写っており、ペリーは「満開」、ブルームは「生涯」とメッセージを添えている。

ニューヨーク・ポスト紙によると、ペリーの母メアリーさんも婚約パーティーの写真を数枚、インスタグラムで公開し、「バレンタインデーに誰が婚約したか、見てちょうだい!」とメッセージ。

ブルームもパーティーの数時間後、「本当の愛とは、強さを持つ2人の間で築き上げられるもの。愛は、2人がお互いを見つめあうのではなく、一緒に同じ方向を見て前に進むこと」とメッセージした。

2人は2016年に交際をスタートしたが、2017年3月に破局。昨年春に復縁した後、モルディブなど世界中を一緒に旅している。ペリーは2010年から2012年にかけて、英コメディー俳優のラッセル・ブランドと結婚していた。ブルームは2010年から2013年まで、ミランダ・カーと結婚。8歳の息子をもうけている。(ニューヨーク=鹿目直子)

関連するニュースを読む