上へ戻る

日刊スポーツ for auウェブ

ランキング

金児憲史70年代のベテラン演歌歌手役でドラマ出演

スペシャルドラマ「約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~」で歌手を演じた金児憲史。70年代の衣装にも注目だ

昨年、石原裕次郎さんのヒット曲「夜霧よ今夜も有難う」で歌手デビューした俳優金児憲史(のりひと=40)が、歌手役で日本テレビ系スペシャルドラマ「約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~」(22日午後9時放送)に出演していることが20日、分かった。

金児は「俳優として歌を歌うというのはすごく難しかったですが、勉強になりました! これからも歌の幅を広げていきたい」と、充実した撮影を振り返った。

同作は70年代に放送されたオーディション番組「全日本歌謡選手権」をモチーフにした物語で、土屋太鳳、ももいろクローバーZの百田夏菜子がダブル主演。読売テレビ開局60年記念で制作された。

金児が演じたのは、ベテラン演歌歌手。クラブなどで地道に活動しているが、スターを目指して番組に応募する役だ。金児は「去年7月にデビューして、下半期は歌の仕事が多かったんです。今回の作品のオファーをいただいて、お芝居ができる! とうれしかったんですが、また歌手だった」と笑った。

歌手として歌うのと、役として歌うのはまったく違っていた。「歌い姿も勉強になりましたし、裕次郎さん以外の曲を歌うこともなかったので、それも勉強になりました」。撮影では「夜霧よ-」のほかに、尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」、五木ひろしの「よこはま・たそがれ」を歌った。

また同作には、審査員役で五木ひろし、八代亜紀、天童よしみらが出演している。「全日本歌謡選手権」が輩出したスターたちだ。金児は大物歌手の前で歌を披露したことについて「緊張はもちろんしますし、みなさんのすごみが伝わってくるので、ビビりました」と振り返った。特に、五木本人の目の前で「よこはま・たそがれ」を歌った時に、緊張はピークに達したそうで「いやあ、つらかったです…」。それでも撮影中、撮影後、八代に「うまいじゃない」「いい声してる」と褒めてもらったと喜んだ。

70年代が背景のため、当時の衣装や髪形にも注目だ。大きなえりのシャツ、スリーピースのスーツ、尾崎紀世彦さんを思わせるようなもみあげなど、外見から役を作り上げた。衣装はフルオーダーで3パターンあり「自前のスーツが一番合わなかった」と笑わせた。

今後は歌はもちろん、俳優としての活躍も誓う。「目標は徳重(聡)さんです。冗談です」と、活躍中の同期の名前を挙げ笑うと「どんな役をやりたいというよりも、いろんな監督と一緒に仕事をして、その監督の色に染まって、作品の一員になりたい。今回の佐々部清監督の作品は、温かくて人情味があって、役柄みんなに意味がある。大好きな監督なのですごく出演できてうれしかった。これからもっと勉強して、また佐々部監督の作品に出られるようにしたいです」と話した。

スペシャルドラマ「約束のステージ~時を駆けるふたりの歌~」で歌手を演じた金児憲史

佐々木すみ江さん死去、90歳「篤姫」名台詞が話題

佐々木すみ江さん

TBS系ドラマ「ふぞろいの林檎たち」など、脇役として活躍した女優佐々木すみ江(ささき・すみえ、本名青木すみ江=あおき・すみえ)さんが今月17日に亡くなったことが19日、分かった。90歳だった。所属事務所は20日夕方に死因など詳細を発表するという。

佐々木さんは1月30日に行われた女優角替和枝さんのお別れ会に参列し、今月13日放送のテレビ東京系ドラマ「さすらい温泉 遠藤憲一」に出演した。

劇団民芸1期生として入団し、51年に初舞台。71年の退団後も、蜷川幸雄演出「にごり江」などに出演した。映画「ツィゴイネルワイゼン」に出演し、ドラマ「ふぞろい-」で中井貴一ふんする主人公の母親役を演じ、NHK大河ドラマ「篤姫」では篤姫(宮崎あおい)の厳格な養育係で、「女の道は一本道でございます」のせりふが話題となった。NHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」でヒロインを支える貸本屋のしゅうとめを演じるなど、存在感が光る名脇役だった。夫は産経新聞編集局長を務めた筑波大名誉教授の故青木彰氏。

「花の82年組」堀ちえみ公表前に連絡網で情報共有

80年代アイドル女子会を行った左から松本伊代、堀ちえみ、早見優(2016年10月28日撮影)

がんを公表した堀に対し、「花の82年組」の早見優(52)松本伊代ら(53)がエールを送った。18日に堀から早見に連絡が入り、同期の“戦友”たちに連絡網で伝わったという。

また、80年代の人気ドラマ「スチュワーデス物語」に教官役で共演した風間杜夫(69)も「今は、あなたが人生の教官です。病と闘って、必ず克服してほしい」と激励した。

   ◇   ◇   ◇

堀と高校も同じだった早見は所属事務所を通じてコメントした。前日18日に病気について堀から報告があったことを明かした。

「昨夜、電話で話した時、病気と闘ってくるね! と元気な声で話してくれました。みんな(同期の仲間)にご迷惑かけるかもしれない。ごめんね、といつも周りのことを気にかけてくれるちえみちゃん。そんなこと気にしなくても大丈夫だよ!。いつものちえみちゃんらしく、前向きに頑張って!!」とエールを送った。

「花の82年組」は今も連絡を取り合っているといい、堀の公表前に早見は元シブがき隊の薬丸裕英に伝え、薬丸は布川敏和ら同期に伝えたことを報告した。その幹事役が早見だった。デビューから三十数年がたつが、仲のよさをみせた。

早見と堀は今月3日にイベントで共演。早見は「本番前も、ジョークを飛ばしてみんなを笑わせてくれていました。きっと体調はつらかったと思います」と気遣った。

堀からは手術後、同期会の開催を依頼されたという。早見は「幹事役、お願いね、と託されました」と、回復を信じていた。

風間は「突然のことに驚きショックを受けました」とショックを隠さなかった。共演から35年たつが、今も毎年のように会っている。「あなたは今までもさまざまな試練と闘ってきましたね。そしてそのどんな時に会っても、変わらない優しい瞳と笑顔で、明るく接してくれました。ブログには、あなたの冷静な判断や、ご家族への想い、病への闘志が満ちています。いつの間にこんなに成長したのかと思うほど立派なあなたの姿に、涙が止まりません。今は、あなたが人生の教官です。病と闘って、必ず克服してほしい。強く負けないちえみちゃんを、僕に見せてほしい。元気になったら、また笑顔で会いましょう」と回復を祈った。

◆花の82年組アイドル アイドル全盛時代と呼ばれる80年代の中でも、特に82年にデビューをしたアイドルたちが隆盛を極めた。親しみのあるキャラクターの堀ちえみ(52)、突出したボーカル力が魅力の中森明菜(53)、「アイドル宣言」で世間を驚かせた小泉今日子(53)、帰国子女の早見優(52)ら個性派ぞろいで、ほかに三田寛子(53)石川秀美(52)シブがき隊らがいる。松本伊代(53)は81年末デビューだが、82年組とされている。

伊藤かずえ、同世代の堀ちえみへ激励「打ち勝って」

伊藤かずえ(2017年6月9日撮影)

口腔(こうくう)がんであることを発表したタレント堀ちえみ(52)とドラマ「花嫁衣装は誰が着る」で共演以降、友人関係の伊藤かずえ(52)が19日、所属事務所を通じてコメントを発表した。

「同じ世代、10代から芸能界で戦ってきたので、病気にも必ず打ち勝てるはずです! 打ち勝って、同じ病気で戦っている人たちにエールを送ってください」。

宮崎あおい「言葉にできない」佐々木すみ江さん悼む

宮崎あおい(18年5月7日撮影)

宮崎あおい(33) 突然のことで、うまく言葉にできません。ただ、佐々木さんの優しいまなざしと大きな笑顔に沢山のことを学ばせていただきました。ご冥福をお祈り申し上げます。