上へ戻る

日刊スポーツ for auウェブ

ランキング

日高正人がディナーショー「やじろべえ」など熱唱

ディナーショーで熱唱する日高正人

今年デビュー50周年を迎える歌手の日高正人が17日、毎年恒例となっているディナーショーの東京公演「日高正人ディナーショー2019~武道館への道~」を東京プリンスホテルで開催した。

公演は20年以上前に立ち上げた「いもづるの会」のステージからスタートし、その後に日高が登場。ピアノ1本による名曲「ダニー・ボーイ」のカバーで幕を開け、団塊の世代の応援歌としてロングセラーとなっている「やじろべえ」や最新曲「木守り望郷歌」など全12曲を熱唱し、会場に集まった大勢のファンを魅了した。また、友情出演として「さくらと一郎」のさくら、秋山涼子が登場し、ショーに花を添えた。

日高は83年に演歌歌謡曲系としては異例の単独武道館コンサートを開催し、約1万2000人を動員した“無名のスーパースター”。デビュー50周年を機に再び武道館公演の実現を目標に掲げ、精力的に活動している。終演後は「(武道館実現に)手応えを感じた」と満足そうだった。3月21日にはディナーショーの尼崎公演が予定されている。

ノンナと合コンした亜希が階段で… トレース7話

合コン帰りの沢口ノンナ(新木優子=左)、水沢英里(岡崎紗絵=中)、坂上亜希(木原実優)は男たちに絡まれる女性を見つける (C)フジテレビ

関ジャニ∞錦戸亮(34)が主演するフジテレビ系連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」(月曜午後9時)の第7話が、18日に放送される。

舞台となるのは科学捜査研究所。錦戸演じる科捜研法医研究員の真野礼二は、ある陰惨な過去を持っている。「鑑定結果こそが真実」と冷静沈着。主観や臆測を排除し、鑑定結果から得られる客観的な真実のみを信じ、亡くなった被害者の思いや無念を明らかにしていく。原作は累計40万部突破の人気コミック「トレース~科捜研法医研究員の追想~」。

科捜研の新人研究員、沢口ノンナを演じる新木優子(25)は「作品を見ていて感情移入しますね。私も人の相談に乗る時、一緒に辛くなってしまうところもあり似ている部分もあります。ノンナも何とかしてあげたいという気持ちを大切にしているので、そこはすてきだなと思っています。最近の私は、相談に対して少しは核心的なアドバイスができるようになったからか、『私はこう思う』って25年生きてきた中で自分の答えを押しつけていたかもしれません。ノンナは本当に被害者の方に寄り添ってるなと思うので、その気持ちを忘れちゃいけないなとちょっと反省しました」と話している。

第7話では、25年前に真野(錦戸)の家族が被害にあった「武蔵野一家殺人事件」の当時、殺された高校生の姉・仁美(夏子)が妊娠していたことを知る。真野は、兄の義一(倉悠貴)も通っていた高校の教師・早川(萩原聖人)に会い、姉に関する情報を求めた。

ノンナ(新木優子)は、同僚の水沢英里(岡崎紗絵)と科捜研物理科の坂上亜希(木原実優)に誘われ、合コンに参加する。その帰り道、ノンナたちは、公園で女性が男たちに絡まれているのを目撃し、助けに行く。男たちは、ノンナが科捜研の研究員だと知ると逃げ去ったが、そのときにはすでに女性の姿はなかった。

警視庁捜査一課刑事の虎丸良平(船越英一郎)は、捜査一課長の江波(篠井英介)から、都議会議員・伊集院和明(徳重聡)の秘書が起こした交通事故の捜査を手伝うよう命じられる。事故は、真夜中に徘徊(はいかい)していた認知症の高齢男性が、伊集院の秘書・住井葉子(河井青葉)が運転する車にはねられて死亡したというもので、車には伊集院も同乗していた。 所轄の刑事・柏原依子(宇野実彩子)とともに捜査を始めた虎丸は、真野たちに事故車の調査を依頼する。虎丸は、運転をしていたのは葉子ではなく、飲酒していた伊集院ではないかと疑っていた。実は、事故発生から通報までに約1時間のタイムラグがあったが、その間、伊集院と葉子は事故の衝撃で意識を失っていたというのだ。

そんな折、ノンナと一緒に合コンをした亜希が階段から突き落とされ、バッグを奪われるという事件が起きる。さらにそのすぐ後、今度は英里がひったくりに襲われる。

都議会議員・伊集院和明(徳重聡)は秘書の起こした交通事故について謝罪する(C)フジテレビ

「世界一かわいい子」/17日芸能社会ニュース

2月17日の芸能・社会ニュースをまとめて振り返ります。タレントりゅうちぇるが、都内で行われた「いいね! 地方の暮らしフェア」で、子育てをテーマにしたトークショーに出席し、親バカぶりを明かしました。

2月17日の芸能ニュース振り返り

りゅうちぇる親バカっぷり発揮「世界一かわいい子」

トークイベントに出席したりゅうちぇるは、赤ちゃんを抱っこするポーズ

48ブームの火付け役がSTUに注いだ最後の愛情

シングル「風を待つ」発売記念イベントを行ったSTU48(2019年2月13日撮影)

松本人志「折り返しみたいなもの」ベッキー結婚祝福

松本人志

マークパンサーの妻が緊急入院、翌日には娘がケガ

マーク・パンサー(2017年12月14日撮影)

福原遥「心に響いている作品」3年A組の秘話語る

作品への思いを語った福原遥

いじめられて教員退職のモデル、ミスコン全国大会へ

ミス・ジャパン神奈川大会でグランプリを獲得した西谷地利穂さん

山本彩がユニバーサルミュージック移籍、新曲も発表

ユニバーサルミュージックに移籍し、第1弾シングル「イチリンソウ」を発売することが決まった山本彩

劇団4ドル50セント安倍乙が「グッドワイフ」出演

ドラマ「グッドワイフ」に出演が決まった安倍乙

小池里奈2年ぶりグラビアは「たるたるだった」

「2年ぶりグラビア復帰&週プレ登場10周年記念イベント」を開催した小池里奈(撮影・遠藤尚子)

エビ中主演ドラマが4月開始 主題歌はエビ中の新曲

私立恵比寿中学のメンバーと川谷絵音(ABCテレビ提供)

小池里奈2年ぶりグラビアは「たるたるだった」

「2年ぶりグラビア復帰&週プレ登場10周年記念イベント」を開催した小池里奈(撮影・遠藤尚子)

女優でタレントの小池里奈(25)が17日、東京・新宿歌舞伎町の週プレ酒場で「2年ぶりグラビア復帰&週プレ10周年記念イベント」を開催した。

ニュージーランド留学、オーストラリアでのワーキングホリデーを経て、昨年10月に2年ぶりとなるグラビア復帰を果たした。この日、15歳で週刊プレイボーイに初登場してから10年目を記念したトークイベントを行い「2年間ファンの皆さんの前に出ていなかったので、緊張しています」とはにかんだ。

久しぶりのグラビア撮影を振り返り「2年間人前で水着になっていなかったので、鏡で自分の体を見てヤバイな、と。ジムやエステで頑張ったんですけど、たるたるだった」と苦笑い。「次はもっとナイスバディで臨みたい」と引き締めを誓った。

10年間を通した体の変化については「最初の頃は無駄がない。運動をしていたわけじゃないけれど、おなかがぺったんこ」。最新グラビアの見どころについては「にくにくしい感じが伝わると思います。波打っているお肉を見ていただけたら」と笑わせた。いつまでグラビアを? との質問には「できるところまでやりたい。ここまで来たら最長記録を」と意気込み、「アジアンビューティーっぽい、しっとりした大人っぽいグラビアをやってみたい」と話した。

ワーキングホリデー期間中は、レストランでウエートレスとして働いた。英語力については「文法も分からなかった」としたが、「そんなことを言ってたら何もできない。思っているほどハードルは高くなかったです」とたくましく語った。取材陣の求めに応じ、英語で注文を取る寸劇に挑戦すると「ヤバイヤバイ!緊張する!」と冷や汗をかきながらも、流ちょうな英語を披露していた。

「2年ぶりグラビア復帰&週プレ登場10周年記念イベント」を開催した小池里奈(撮影・遠藤尚子)

山本彩がユニバーサルミュージック移籍、新曲も発表

ユニバーサルミュージックに移籍し、第1弾シングル「イチリンソウ」を発売することが決まった山本彩

昨年11月にNMB48を卒業した山本彩(25)は、4月17日に初シングル「イチリンソウ」をリリースし、ソロシンガーとして第1歩を踏み出す。17日、所属事務所が発表した。レコード会社もユニバーサルミュージックへ移籍。本格的に、夢だったシンガー・ソングライターとして始動する。

山本はNMB48に在籍していた16年10月にアルバム「Rainbow」でソロデビュー。翌17年10月には2枚目アルバム「identity」を発売し、それぞれ、発売前後にソロツアーも敢行していた。

だが、かねて「やっぱり堂々とシンガーと言えるのは、シングルを出してから。早くシングルを出せるようになりたい」と言い、本格的にソロで勝負することを「シングル発売」と位置づけてきた。

昨秋は卒業を控えていたため、ソロ作品を発表せず、卒業後の歌手活動をみすえて創作活動に専念していた。初シングル「イチリンソウ」は、山本の作詞作曲。亀田誠治氏がプロデュースを担当した。

レコーディングのギター演奏も山本自らが手がけ「いつの日か枯れるのであれば強く生きたい」との強いメッセージを込めて制作したといい「別れや出会いが多くなる春の季節に寄り添うミディアムナンバー」に仕上げた。

カップリング2曲も山本が作詞・作曲。「君とフィルムカメラ」は寺岡呼人氏がプロデュース、もう1曲(タイトル未定)は、NMB48時代からのライブメンバーの「チームSY」でレコーディングに臨んだ。

山本は今後、23日の埼玉公演を皮切りに、6月2日の沖縄まで全国23都市26公演のツアーを控えている。

昨秋の卒業直前には「(48グループは)会いに行けるアイドルでしたが、卒業したら今度は、私の方からみんなに会いに行きたい」と話していた通り、有言実行で各地を回り、5月13、14日にはZepp Tokyo、同27、28日にはZepp Osakaでライブを行う。

大泉洋が池井戸潤氏の新作出演「5年越しの念願が」

7月期のTBS系ドラマ「ノーサイド」(仮題)に主演する大泉洋

大泉洋(45)がTBS系大ヒットドラマ「半沢直樹」「下町ロケットシリーズ」「陸王」などの原作者、池井戸潤氏の書き下ろし最新作で、同局の7月期放送のドラマ「ノーサイド(仮題)」(日曜午後9時)に主演することが17日、分かった。9月に日本で初開催されるラグビーW杯をドラマで盛り上げていく。

大泉が演じるのは、大手製造メーカー「トキワ発動機」の中堅サラリーマン・君嶋隼人。幹部候補だったが、上司の企業買収に異を唱え、地方の工場の総務部長に左遷される。

そこで、かつて強豪チームだったトキワ発動機ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネジャーも兼務することになる。左遷された男と低迷するラグビー部の再起をかけた戦いが描かれる。

大泉は以前から池井戸氏のファンだといい、「新作ドラマで、主演させていただくのはとてもうれしく、光栄であります」とコメント。さらに、「日本でラグビーのW杯が開催される年に書きおろされる池井戸さんのラグビーを題材にした新作を読者として、純粋に楽しみにしています」と期待を込めた。

一方で、大泉は所属する演劇ユニット「TEAM NACS」(森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉、音尾琢真)から池井戸作品に出演する最後のメンバーだ。池井戸ドラマを手掛ける伊与田英徳プロデューサーは「(北海道から)東京進出した時の舞台を見て以来『TEAM NACSというすごい集団といつか仕事をしたい』と思っていた」と明かし、「約5年越しの念願がかなって、ご一緒できることができてワクワクしております」と、待望の起用であると明かした。

無名のスーパースター日高正人、恒例ショーで熱唱

ディナーショーで熱唱する日高正人

今年デビュー50周年を迎える歌手の日高正人が17日、毎年恒例となっているディナーショーの東京公演「日高正人ディナーショー2019~武道館への道~」を東京プリンスホテルで開催した。

公演は20年以上前に立ち上げた「いもづるの会」のステージからスタートし、その後に日高が登場。ピアノ1本による名曲「ダニー・ボーイ」のカバーで幕を開け、団塊の世代の応援歌としてロングセラーとなっている「やじろべえ」や最新曲「木守り望郷歌」など全12曲を熱唱し、会場に集まった大勢のファンを魅了した。また、友情出演として「さくらと一郎」のさくら、秋山涼子が登場し、ショーに花を添えた。

日高は83年に演歌歌謡曲系としては異例の単独武道館コンサートを開催し、約1万2000人を動員した“無名のスーパースター”。デビュー50周年を機に再び武道館公演の実現を目標に掲げ、精力的に活動している。終演後は「(武道館実現に)手応えを感じた」と満足そうだった。3月21日にはディナーショーの尼崎公演が予定されている。

香取慎吾ら活動休止する嵐に言及「幸せになる道を」

ファンミーティングで熱唱する、左から香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛

稲垣吾郎(45)草なぎ剛(44)香取慎吾(42)が16日、東京・武蔵野の森スポーツプラザで、3人によるプロジェクト「新しい地図」として初のファンミーティング「NAKAMA to MEETING_vol.1」を開催した。

この日は2公演で1万6000人を動員。歌やダンスを披露し、ゲーム企画などでファンに感謝を伝える一方、公演後には、来年末で活動休止する嵐についても語った。

ファンミーティング後に取材に応じた3人は、活動休止を発表した嵐についてコメントした。香取は「僕らの仕事は支えてくれるファンが一番大事。皆さんの笑顔のために頑張って欲しい」、草なぎは「長い間活動できるのは、見てくれるお客さんがいるから。みんなが幸せになる道を選んで」、稲垣は「5人で決めたことなので、信じて頑張って」と、それぞれのメッセージを送った。

SMAPが解散し、3人が17年9月にジャニーズ事務所を退所後、「新しい地図」として初のファンミーティングだった。大歓声に迎えられると、稲垣は「この感じ久しぶり。出てきた時にウルッときちゃった」。香取は「こんなふうにみんなと会える時がくるとは、1年前は思いもしなかった」と感慨深げに語った。

イベントでは「雨あがりのステップ」などの楽曲を披露。ファンミーティングらしく壇上にファンを呼び込んでゲーム企画も行われた。ドームクラスを埋めてきた3人にとっては、新鮮な距離の近さ。客席からの声掛けに気軽に応じ、ファンとの交流を楽しんだ。

この日に向け、3人で企画を考えたという。ファンミーティングの想像がつかず、香取は「ネットで検索した」と笑った。大観衆を前に「普通に緊張した」という稲垣は「パワーをいただける、愛されてるなと実感が湧く場です」。3人でのコンサートは未定も、草なぎは「同じステージはない。感じる熱量に集中していきたい」と力を込めた。

終演後、3人は会場出口でファンを見送った。「新しい地図」の立ち上げから1年5カ月。香取は「僕らの全てがファンの皆さんで作られている。感謝の場が作れてうれしい」。今後は全国22公演で12万人以上を動員予定。 【遠藤尚子】

J・ロペス熱愛宣言、A・ロッドとの交際2周年祝う

ジェニファー・ロペス

ジェニファー・ロペス(49)が、ニューヨーク・ヤンキースの元選手アレックス・ロドリゲス(43)との交際2周年を祝うメッセージをインスタグラムに投稿。見つめ合い、ほほ笑みあう2人のラブラブ写真も公開し、その熱愛ぶりをうかがわせている。

ロペスはメッセージの中で、「2年間の笑い、楽しさ。真の関係について学び、成長する冒険をしてきました。愛あふれる2年間でした。変化し続ける人生の中で、あなたは私の世界をより美しく、安全な場所にしてくれる。まるで10代に戻ったように感じさせてくれる」とつづっている。

ともに恋多き人生だった2人は、2017年より交際をスタート。共にラテン出身であることや、離婚経験者であること、2人の子供たちの親であることなど共通点も多く、順調に関係を育んできた。

ロペスは2014年に離婚が成立した元夫マーク・アンソニーとの間に10歳の双子をもうけており、ロドリゲスも10歳と14歳の娘がいる。3度の離婚を経験しているロペスだが、ロドリゲスとの結婚については、「お互いに考えていますが、自然の流れでそうなればいいと思っています」と米誌インタビューで語っていた。(ニューヨーク=鹿目直子)

一部活動再開のキンプリ岩橋「心から感謝」コメ全文

岩橋玄樹からのメッセージ

パニック障害治療のため活動を休止しているKing&Prince岩橋玄樹(22)が、一部の活動を再開することが17日、分かった。ジャニーズ事務所が書面を通じて発表した。3月20日発売の3枚目シングル「君を待ってる」をもって一部再開する。書面に掲載された岩橋のコメント全文は以下の通り。

休養期間中は、ファンの皆さまや関係者の皆さまにご迷惑とご心配をおかけしているにもかかわらず、たくさんの温かいメッセージをいただきましてありがとうございます。

皆さまからのご声援を力に、現在、治療や課題に取り組んでおり、心身ともに快方に向かっています。

あらためて、3rdシングル「君を待ってる」より、一部活動を再開をすることになりました。まずは、今回、活動を再開することができたのは、待っていてくださるファンの皆さまや関係者の皆さまのおかげと心から感謝しています。

すべてを元通りのペースに戻すにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、徐々に現場に戻っていく中で、あらためて仕事ができる喜びを感じています。今は焦る時ではないと1日1日を大切に過ごしていますので、完全に活動を再開するまでお待ちいただけると幸いです。

今回の休養と一部活動再開において、メンバーの理解を欠かすことはできません。僕がいつでも戻れるように、いつもその場に僕がいるつもりで活動してくれている5人には感謝の気持ちでいっぱいです。5人でKing&Princeを守り続けているメンバーの思いに応えるためにも、僕は必ずパニック障害を克服して戻ってきます。

ファンの皆さま、いつも変わらぬご声援をいただき、ありがとうございます。これからもKing&Princeをよろしくお願いします。

2019年2月17日

King&Prince

岩橋玄樹