上へ戻る

日刊スポーツ for auウェブ

ランキング

無名のスーパースター日高正人、恒例ショーで熱唱

ディナーショーで熱唱する日高正人

今年デビュー50周年を迎える歌手の日高正人が17日、毎年恒例となっているディナーショーの東京公演「日高正人ディナーショー2019~武道館への道~」を東京プリンスホテルで開催した。

公演は20年以上前に立ち上げた「いもづるの会」のステージからスタートし、その後に日高が登場。ピアノ1本による名曲「ダニー・ボーイ」のカバーで幕を開け、団塊の世代の応援歌としてロングセラーとなっている「やじろべえ」や最新曲「木守り望郷歌」など全12曲を熱唱し、会場に集まった大勢のファンを魅了した。また、友情出演として「さくらと一郎」のさくら、秋山涼子が登場し、ショーに花を添えた。

日高は83年に演歌歌謡曲系としては異例の単独武道館コンサートを開催し、約1万2000人を動員した“無名のスーパースター”。デビュー50周年を機に再び武道館公演の実現を目標に掲げ、精力的に活動している。終演後は「(武道館実現に)手応えを感じた」と満足そうだった。3月21日にはディナーショーの尼崎公演が予定されている。

日高正人がディナーショー「やじろべえ」など熱唱

ディナーショーで熱唱する日高正人

今年デビュー50周年を迎える歌手の日高正人が17日、毎年恒例となっているディナーショーの東京公演「日高正人ディナーショー2019~武道館への道~」を東京プリンスホテルで開催した。

公演は20年以上前に立ち上げた「いもづるの会」のステージからスタートし、その後に日高が登場。ピアノ1本による名曲「ダニー・ボーイ」のカバーで幕を開け、団塊の世代の応援歌としてロングセラーとなっている「やじろべえ」や最新曲「木守り望郷歌」など全12曲を熱唱し、会場に集まった大勢のファンを魅了した。また、友情出演として「さくらと一郎」のさくら、秋山涼子が登場し、ショーに花を添えた。

日高は83年に演歌歌謡曲系としては異例の単独武道館コンサートを開催し、約1万2000人を動員した“無名のスーパースター”。デビュー50周年を機に再び武道館公演の実現を目標に掲げ、精力的に活動している。終演後は「(武道館実現に)手応えを感じた」と満足そうだった。3月21日にはディナーショーの尼崎公演が予定されている。

山本彩がユニバーサルミュージック移籍、新曲も発表

ユニバーサルミュージックに移籍し、第1弾シングル「イチリンソウ」を発売することが決まった山本彩

昨年11月にNMB48を卒業した山本彩(25)は、4月17日に初シングル「イチリンソウ」をリリースし、ソロシンガーとして第1歩を踏み出す。17日、所属事務所が発表した。レコード会社もユニバーサルミュージックへ移籍。本格的に、夢だったシンガー・ソングライターとして始動する。

山本はNMB48に在籍していた16年10月にアルバム「Rainbow」でソロデビュー。翌17年10月には2枚目アルバム「identity」を発売し、それぞれ、発売前後にソロツアーも敢行していた。

だが、かねて「やっぱり堂々とシンガーと言えるのは、シングルを出してから。早くシングルを出せるようになりたい」と言い、本格的にソロで勝負することを「シングル発売」と位置づけてきた。

昨秋は卒業を控えていたため、ソロ作品を発表せず、卒業後の歌手活動をみすえて創作活動に専念していた。初シングル「イチリンソウ」は、山本の作詞作曲。亀田誠治氏がプロデュースを担当した。

レコーディングのギター演奏も山本自らが手がけ「いつの日か枯れるのであれば強く生きたい」との強いメッセージを込めて制作したといい「別れや出会いが多くなる春の季節に寄り添うミディアムナンバー」に仕上げた。

カップリング2曲も山本が作詞・作曲。「君とフィルムカメラ」は寺岡呼人氏がプロデュース、もう1曲(タイトル未定)は、NMB48時代からのライブメンバーの「チームSY」でレコーディングに臨んだ。

山本は今後、23日の埼玉公演を皮切りに、6月2日の沖縄まで全国23都市26公演のツアーを控えている。

昨秋の卒業直前には「(48グループは)会いに行けるアイドルでしたが、卒業したら今度は、私の方からみんなに会いに行きたい」と話していた通り、有言実行で各地を回り、5月13、14日にはZepp Tokyo、同27、28日にはZepp Osakaでライブを行う。

パニック障害治療のキンプリ岩橋玄樹が一部活動再開

岩橋玄樹からのメッセージ

パニック障害治療のため活動を休止しているKing&Prince岩橋玄樹(22)が、一部の活動を再開することが17日、分かった。ジャニーズ事務所が書面を通じて発表した。3月20日発売の3枚目シングル「君を待ってる」をもって一部再開する。

書面では、「サードシングル『君を待ってる』をもちまして、芸能活動を一部再開させていただきますことをご報告申し上げます」と伝えている。活動再開を一部に制限した理由については「岩橋の状態とパニック障害の性質を第一に考慮しましたこと、また、約3カ月間、完全に仕事を離れていたことから、段階を経て、心身の状態と仕事の内容を加味しながら、緩やかに活動を再開させることが岩橋の場合には最適ではないかとの見解を医師よりいただきましたため」と説明。引き続き、King&Princeが岩橋をのぞいた5人で活動する場面もあるという。

関係者によると、今月上旬までに、岩橋は「君を待ってる」のレコーディングやミュージック・ビデオ撮影、ジャケット撮影などを終えているという。シングルリリースに伴う音楽番組出演や、ファンの前に登場するライブやイベント出演に関しては、具体的には決まっていないという。

岩橋の現状について「おかげさまで岩橋の状態は良好で、順調に快方に向かっております」と明かし、「引き続き、岩橋はパニック障害と向き合い、克服するために治療や課題に取り組んでまいります」と伝えた。「すべての活動を再開するまで、今しばらくお待ちいただけますと幸甚に存じます」と呼びかけている。

書面では、岩橋のコメントも掲載された。ファンや関係者に感謝した上で、「皆さまからのご声援を力に、現在、治療や課題に取り組んでおり、心身ともに快方に向かっています」と伝えた。「君を待ってる」からの一部活動再開をあらためて報告し、「待ってくださっているファンの皆さまや関係者の皆さまのおかげと心から感謝しています」とつづった。

「すべてを元通りのペースに戻すにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、徐々に現場に戻っていく中で、あらためて仕事ができる喜びを感じています」と前向きにコメント。「今は焦る時ではないと1日1日を大切に過ごしていますので、完全に活動を再開するまでお待ちいただけると幸いです」と呼びかけた。

また、King&Princeのメンバーに向けての感謝もつづった。「今回の休養と一部活動再開において、メンバーの理解を欠かすことはできません。僕がいつでも戻れるように、いつもその場に僕がいるつもりで活動してくれている5人には感謝の気持ちでいっぱいです」。メンバーからの思いやりも踏まえた上で、「5人でKing&Princeを守り続けているメンバーの思いに応えるためにも、僕は必ずパニック障害を克服して戻ってきます」と力強く誓った。

岩橋は10年10月にジャニーズ事務所入り。昨年5月、King&Princeとして「シンデレラガール」でデビューした。昨年10月、パニック障害治療のため、11月初旬から一時活動休止することを発表していた。大みそかのNHK紅白歌合戦も欠場したが、出場したメンバーたちが岩橋のポジションをあえて空けてパフォーマンスする場面もあり、話題となっていた。

いじめられて教員退職のモデル、ミスコン全国大会へ

ミス・ジャパン神奈川大会でグランプリを獲得した西谷地利穂さん

ミス・ジャパン神奈川大会が17日、横浜市で行われ、モデル西谷地(にしやち)利穂さん(25)がグランプリに輝き、今夏に東京で行われる全国大会への出場権を手にした。

ファイナリスト9人(3人辞退)による最終選考で、西谷地さんは「コンプレックスが強く、自分が人と違うところを探しがちです」と弱みを告白した。他の参加者の水着姿を見て、「正直、自信がなくなりました。皆さん、体のラインがきれいで、私は線が細いので…」。

それでも、ステージに立つと人が変わったように自信にみちあふれた姿で、「成功とは、自分が自分らしくあること」と自己PR。審査員の心をつかんだ。

度重なる人生の試練を乗り越えての栄冠だった。福島県出身で、勉強もスポーツも人並み以上にできたというが、逆にいじめの標的になってしまったという。「小、中学校ではいじめを受けていました。(大学卒業後は)小学校の教員をしていたんですが、そこでもいじめを受け、退職せざるを得なくなってしまいました」。それでも、25歳という節目に「人生1度きりなのに、挑戦しないのはもったいない」と覚悟を決めて応募したという。

2位は川上もも香さん(19)、3位は西瀧理紗さん(26)だった。

ミス・ジャパン神奈川大会で入賞した、左から2位川上もも香さん、グランプリ西谷地利穂さん、3位西瀧理紗さん

大泉洋が池井戸潤氏の新作出演「5年越しの念願が」

7月期のTBS系ドラマ「ノーサイド」(仮題)に主演する大泉洋

大泉洋(45)がTBS系大ヒットドラマ「半沢直樹」「下町ロケットシリーズ」「陸王」などの原作者、池井戸潤氏の書き下ろし最新作で、同局の7月期放送のドラマ「ノーサイド(仮題)」(日曜午後9時)に主演することが17日、分かった。9月に日本で初開催されるラグビーW杯をドラマで盛り上げていく。

大泉が演じるのは、大手製造メーカー「トキワ発動機」の中堅サラリーマン・君嶋隼人。幹部候補だったが、上司の企業買収に異を唱え、地方の工場の総務部長に左遷される。

そこで、かつて強豪チームだったトキワ発動機ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネジャーも兼務することになる。左遷された男と低迷するラグビー部の再起をかけた戦いが描かれる。

大泉は以前から池井戸氏のファンだといい、「新作ドラマで、主演させていただくのはとてもうれしく、光栄であります」とコメント。さらに、「日本でラグビーのW杯が開催される年に書きおろされる池井戸さんのラグビーを題材にした新作を読者として、純粋に楽しみにしています」と期待を込めた。

一方で、大泉は所属する演劇ユニット「TEAM NACS」(森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉、音尾琢真)から池井戸作品に出演する最後のメンバーだ。池井戸ドラマを手掛ける伊与田英徳プロデューサーは「(北海道から)東京進出した時の舞台を見て以来『TEAM NACSというすごい集団といつか仕事をしたい』と思っていた」と明かし、「約5年越しの念願がかなって、ご一緒できることができてワクワクしております」と、待望の起用であると明かした。

水森かおり、北海道で開催予定のミニライブ中止

リハーサルを終え、笑顔を見せる水森かおり(撮影・足立雅史)

6日に北海道で発生したM6・7の地震の影響で、演歌歌手水森かおり(45)が9日に北海道・新千歳空港で行う予定だったミニライブが中心になったことが6日、分かった。

同空港が8、9両日のイベント「SKY&AUTUMN DREAM FESTA 2018」を中止したことに伴うもの。水森は9日に30分のミニライブを実施することになっていた。

水森は、新曲「水に咲く花・支笏湖へ」を歌唱している縁から今年5月、「千歳市観光PR大使」の第1号に任命されている。

ノンナと合コンした亜希が階段で… トレース7話

合コン帰りの沢口ノンナ(新木優子=左)、水沢英里(岡崎紗絵=中)、坂上亜希(木原実優)は男たちに絡まれる女性を見つける (C)フジテレビ

関ジャニ∞錦戸亮(34)が主演するフジテレビ系連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」(月曜午後9時)の第7話が、18日に放送される。

舞台となるのは科学捜査研究所。錦戸演じる科捜研法医研究員の真野礼二は、ある陰惨な過去を持っている。「鑑定結果こそが真実」と冷静沈着。主観や臆測を排除し、鑑定結果から得られる客観的な真実のみを信じ、亡くなった被害者の思いや無念を明らかにしていく。原作は累計40万部突破の人気コミック「トレース~科捜研法医研究員の追想~」。

科捜研の新人研究員、沢口ノンナを演じる新木優子(25)は「作品を見ていて感情移入しますね。私も人の相談に乗る時、一緒に辛くなってしまうところもあり似ている部分もあります。ノンナも何とかしてあげたいという気持ちを大切にしているので、そこはすてきだなと思っています。最近の私は、相談に対して少しは核心的なアドバイスができるようになったからか、『私はこう思う』って25年生きてきた中で自分の答えを押しつけていたかもしれません。ノンナは本当に被害者の方に寄り添ってるなと思うので、その気持ちを忘れちゃいけないなとちょっと反省しました」と話している。

第7話では、25年前に真野(錦戸)の家族が被害にあった「武蔵野一家殺人事件」の当時、殺された高校生の姉・仁美(夏子)が妊娠していたことを知る。真野は、兄の義一(倉悠貴)も通っていた高校の教師・早川(萩原聖人)に会い、姉に関する情報を求めた。

ノンナ(新木優子)は、同僚の水沢英里(岡崎紗絵)と科捜研物理科の坂上亜希(木原実優)に誘われ、合コンに参加する。その帰り道、ノンナたちは、公園で女性が男たちに絡まれているのを目撃し、助けに行く。男たちは、ノンナが科捜研の研究員だと知ると逃げ去ったが、そのときにはすでに女性の姿はなかった。

警視庁捜査一課刑事の虎丸良平(船越英一郎)は、捜査一課長の江波(篠井英介)から、都議会議員・伊集院和明(徳重聡)の秘書が起こした交通事故の捜査を手伝うよう命じられる。事故は、真夜中に徘徊(はいかい)していた認知症の高齢男性が、伊集院の秘書・住井葉子(河井青葉)が運転する車にはねられて死亡したというもので、車には伊集院も同乗していた。 所轄の刑事・柏原依子(宇野実彩子)とともに捜査を始めた虎丸は、真野たちに事故車の調査を依頼する。虎丸は、運転をしていたのは葉子ではなく、飲酒していた伊集院ではないかと疑っていた。実は、事故発生から通報までに約1時間のタイムラグがあったが、その間、伊集院と葉子は事故の衝撃で意識を失っていたというのだ。

そんな折、ノンナと一緒に合コンをした亜希が階段から突き落とされ、バッグを奪われるという事件が起きる。さらにそのすぐ後、今度は英里がひったくりに襲われる。

都議会議員・伊集院和明(徳重聡)は秘書の起こした交通事故について謝罪する(C)フジテレビ

氷川きよし「大丈夫でしたか」ファン交流で新曲PR

新曲「大丈夫」を歌う氷川きよし

演歌歌手山川豊(60)田川寿美(43)水森かおり(45)氷川きよし(41)辰巳ゆうと(21)が17日、東京・NHKホールで、「長良グループ 新春豪華歌の祭典2019」東京公演に出席した。

これまで「長良グループ演歌祭り」として開催してきたが、今年は名称を変えての開催となった。新しい試みとしては、山川らが歌いながら客席を周り、ファンの写真撮影を可能にした。氷川は「どんどん声をかけてください!」と呼びかけ、ステージに残った辰巳以外の4人が全4曲を歌いながらファンサービスに徹した。水森は「みなさんの笑顔がすてきでした」、田川は「自分以外のファンのみなさんが応援してくれてうれしいです」と満面の笑みで話した。山川は「NHKホールは広い」とバテ気味だったが、氷川は「みなさんちゃんと撮れましたか。『大丈夫』でしたか」と3月12日発売の新曲を、ちゃっかりPRした。

第1部はそれぞれの持ち歌をシャッフルした「オリジナルヒットメドレー」や昭和の名曲をカバーした「カバーコーナー」、第2部では客席を回る「ラウンドコーナー」と新曲などを披露する「新曲・代表曲コーナー」で構成された。新曲コーナーで氷川は「大丈夫」「最上の船頭」を着流しで、辰巳は3月27日発売の新曲「おとこの純情」を歌った。

この日、サプライズゲストでグッチ裕三(66)が出演。デビュー40周年記念で発売した三宅裕司作詞曲「最後のプロポーズ」などを歌った。「サプライズゲストだったので、グッズ販売ができなかったのが残念。メンチカツを売りたかった」と悔しさをにじませていた。

笑顔でファンサービスする氷川きよし
エンディングで美空ひばり「川の流れのように」を歌う、左から辰巳ゆうと、氷川きよし、山川豊、グッチ裕三、田川寿美、水森かおり
「長良グループ 新春豪華歌の祭典2019」東京公演に出席した、左から辰巳ゆうと、氷川きよし、山川豊、グッチ裕三、田川寿美、水森かおり