上へ戻る

au版ニッカン芸能!

新着芸能ニュース

憎み合えない木村佳乃と水野美紀「感情湧かない」

ドラマへの思いを語った木村佳乃(撮影・足立雅史)

木村佳乃(42)が2日、東京・六本木のテレビ朝日で主演ドラマ「あなたには渡さない」(10日スタート、土曜午後11時15分)のイベントに、共演の水野美紀(44)田中哲司(52)萩原聖人(47)と出席した。

夫の浮気により突然離婚を切り出された専業主婦(木村)が、夫の愛人と戦いながら、おかみとして稼業の料亭を立て直していく物語。

ドラマは男女4人の愛憎が渦巻く大人の群像劇。木村は「元気に明るくドロドロしたいと思います!」と笑顔でアピールした。

印象に残るセリフについて聞かれると「美紀さんを『この泥棒猫!』と言うところ。口に出したことがなくて、イントネーションが分からなかった」と苦笑い。夫を奪う愛人を演じる水野は、誰よりも大きな声で現場に入ってくる木村について「明るくて天真らんまんで、憎む感情が湧いてこない。そこに苦労してます」と笑った。

ドラマの内容は殺伐としているが、撮影中は子育てトークに花を咲かせている。水野は「(木村と)『今日の夕飯何する?』とか『あのレシピにみそを入れるとおいしい』とか話していて、“よーいスタート”であのモードに入るんです」。木村も「常に半分頭の中は子どものご飯」といい、母と女優の顔を瞬時に切り替えているという。

これを見ていた田中は「育児の話をしていて、変わる時の変わりようがすごい」と木村の変貌ぶりを称賛。自身も6月下旬に妻で女優の仲間由紀恵(39)との間に双子の男児をもうけており、「僕にとって2人は子育ての先輩なので、今も聞きたいことがあるくらい。いろいろ教えてもらっています」と新米パパらしさを見せていた。

ドラマ内容とは対照的に和やかなトークを披露した木村佳乃(右)と水野美紀(撮影・足立雅史)
笑顔を見せるドラマ「あなたには渡さない」の出演者たち。左から田中哲司、水野美紀、木村佳乃、萩原聖人(撮影・足立雅史)

関連するニュースを読む

「世界一かわいい子」/17日芸能社会ニュース

2月17日の芸能・社会ニュースをまとめて振り返ります。タレントりゅうちぇるが、都内で行われた「いいね! 地方の暮らしフェア」で、子育てをテーマにしたトークショーに出席し、親バカぶりを明かしました。

2月17日の芸能ニュース振り返り

りゅうちぇる親バカっぷり発揮「世界一かわいい子」

トークイベントに出席したりゅうちぇるは、赤ちゃんを抱っこするポーズ

48ブームの火付け役がSTUに注いだ最後の愛情

シングル「風を待つ」発売記念イベントを行ったSTU48(2019年2月13日撮影)

松本人志「折り返しみたいなもの」ベッキー結婚祝福

松本人志

マークパンサーの妻が緊急入院、翌日には娘がケガ

マーク・パンサー(2017年12月14日撮影)

福原遥「心に響いている作品」3年A組の秘話語る

作品への思いを語った福原遥

いじめられて教員退職のモデル、ミスコン全国大会へ

ミス・ジャパン神奈川大会でグランプリを獲得した西谷地利穂さん

山本彩がユニバーサルミュージック移籍、新曲も発表

ユニバーサルミュージックに移籍し、第1弾シングル「イチリンソウ」を発売することが決まった山本彩

劇団4ドル50セント安倍乙が「グッドワイフ」出演

ドラマ「グッドワイフ」に出演が決まった安倍乙

小池里奈2年ぶりグラビアは「たるたるだった」

「2年ぶりグラビア復帰&週プレ登場10周年記念イベント」を開催した小池里奈(撮影・遠藤尚子)

エビ中主演ドラマが4月開始 主題歌はエビ中の新曲

私立恵比寿中学のメンバーと川谷絵音(ABCテレビ提供)

大泉洋が池井戸潤氏の新作出演「5年越しの念願が」

7月期のTBS系ドラマ「ノーサイド」(仮題)に主演する大泉洋

大泉洋(45)がTBS系大ヒットドラマ「半沢直樹」「下町ロケットシリーズ」「陸王」などの原作者、池井戸潤氏の書き下ろし最新作で、同局の7月期放送のドラマ「ノーサイド(仮題)」(日曜午後9時)に主演することが17日、分かった。9月に日本で初開催されるラグビーW杯をドラマで盛り上げていく。

大泉が演じるのは、大手製造メーカー「トキワ発動機」の中堅サラリーマン・君嶋隼人。幹部候補だったが、上司の企業買収に異を唱え、地方の工場の総務部長に左遷される。

そこで、かつて強豪チームだったトキワ発動機ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネジャーも兼務することになる。左遷された男と低迷するラグビー部の再起をかけた戦いが描かれる。

大泉は以前から池井戸氏のファンだといい、「新作ドラマで、主演させていただくのはとてもうれしく、光栄であります」とコメント。さらに、「日本でラグビーのW杯が開催される年に書きおろされる池井戸さんのラグビーを題材にした新作を読者として、純粋に楽しみにしています」と期待を込めた。

一方で、大泉は所属する演劇ユニット「TEAM NACS」(森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉、音尾琢真)から池井戸作品に出演する最後のメンバーだ。池井戸ドラマを手掛ける伊与田英徳プロデューサーは「(北海道から)東京進出した時の舞台を見て以来『TEAM NACSというすごい集団といつか仕事をしたい』と思っていた」と明かし、「約5年越しの念願がかなって、ご一緒できることができてワクワクしております」と、待望の起用であると明かした。

関連するニュースを読む

岩ちゃん&NAOTOサプライズ登場!LDH結婚式

LDH wedding初プロデュース挙式であいさつするNAOTO(左)と岩田剛典(撮影・中島郁夫)

三代目J SOUL BROTHERS岩田剛典(29)NAOTO(35)が17日、横浜市内で行われた石野順之さん・彩花さん夫妻の結婚披露宴にサプライズ出演した。

所属事務所のウエディング事業「LDH wedding」がプロデュースする第1号の披露宴で、新郎が岩田、新婦がNAOTOファンとあって実現した。大歓声の中2人が登場し祝福すると、岩田が「末永く幸せになってください。乾杯!」と音頭をとった。新婦の彩花さんも「夢のようです」と声を震わせた。

18年始動のプロジェクト。今後はこの日のようなメンバーの出演は基本的にはないが、ライブの必須アイテム「名前入りフラッグ」が各席に毎回置かれる。また、高さ2・9メートルのウエディングケーキも用意される。これは14年のEXILEライブツアーのシンボルだった「願いの塔」をモチーフとしている。新郎のお色直しは、17年のNHK紅白歌合戦で山下健二郎(33)着用の本物の衣装が着られるように、LDH色が詰まった内容になっている。

初めての試みにNAOTOは「ライブと結婚式が直結することってたくさんあるんだと思いました」。岩田も「幸せをお裾分けしてもらいました」と笑顔。もし自分が結婚式を挙げるなら? との質問にNAOTOは「もちろんLDH weddingで。その時はメンバーを従えて、自分がボーカルをやります」。岩田は「自分のためにメンバーに集まってもらうことはなかなかない。全員にお祝いしていただく雰囲気の式が出来たら最高だなと思います」と話した。【大友陽平】

LDH wedding初プロデュース挙式をした石野順之さん(中央左)、彩花さん(同右)夫妻を祝福する岩田剛典(左端)とNAOTO(撮影・中島郁夫)
LDH wedding初プロデュース挙式で新郎新婦を祝福する右から岩田剛典とNAOTO(撮影・中島郁夫)
LDH wedding初プロデュース挙式に出席した岩田剛典(左)とNAOTO(撮影・中島郁夫)

関連するニュースを読む

ノンナと合コンした亜希が階段で… トレース7話

合コン帰りの沢口ノンナ(新木優子=左)、水沢英里(岡崎紗絵=中)、坂上亜希(木原実優)は男たちに絡まれる女性を見つける (C)フジテレビ

関ジャニ∞錦戸亮(34)が主演するフジテレビ系連続ドラマ「トレース~科捜研の男~」(月曜午後9時)の第7話が、18日に放送される。

舞台となるのは科学捜査研究所。錦戸演じる科捜研法医研究員の真野礼二は、ある陰惨な過去を持っている。「鑑定結果こそが真実」と冷静沈着。主観や臆測を排除し、鑑定結果から得られる客観的な真実のみを信じ、亡くなった被害者の思いや無念を明らかにしていく。原作は累計40万部突破の人気コミック「トレース~科捜研法医研究員の追想~」。

科捜研の新人研究員、沢口ノンナを演じる新木優子(25)は「作品を見ていて感情移入しますね。私も人の相談に乗る時、一緒に辛くなってしまうところもあり似ている部分もあります。ノンナも何とかしてあげたいという気持ちを大切にしているので、そこはすてきだなと思っています。最近の私は、相談に対して少しは核心的なアドバイスができるようになったからか、『私はこう思う』って25年生きてきた中で自分の答えを押しつけていたかもしれません。ノンナは本当に被害者の方に寄り添ってるなと思うので、その気持ちを忘れちゃいけないなとちょっと反省しました」と話している。

第7話では、25年前に真野(錦戸)の家族が被害にあった「武蔵野一家殺人事件」の当時、殺された高校生の姉・仁美(夏子)が妊娠していたことを知る。真野は、兄の義一(倉悠貴)も通っていた高校の教師・早川(萩原聖人)に会い、姉に関する情報を求めた。

ノンナ(新木優子)は、同僚の水沢英里(岡崎紗絵)と科捜研物理科の坂上亜希(木原実優)に誘われ、合コンに参加する。その帰り道、ノンナたちは、公園で女性が男たちに絡まれているのを目撃し、助けに行く。男たちは、ノンナが科捜研の研究員だと知ると逃げ去ったが、そのときにはすでに女性の姿はなかった。

警視庁捜査一課刑事の虎丸良平(船越英一郎)は、捜査一課長の江波(篠井英介)から、都議会議員・伊集院和明(徳重聡)の秘書が起こした交通事故の捜査を手伝うよう命じられる。事故は、真夜中に徘徊(はいかい)していた認知症の高齢男性が、伊集院の秘書・住井葉子(河井青葉)が運転する車にはねられて死亡したというもので、車には伊集院も同乗していた。 所轄の刑事・柏原依子(宇野実彩子)とともに捜査を始めた虎丸は、真野たちに事故車の調査を依頼する。虎丸は、運転をしていたのは葉子ではなく、飲酒していた伊集院ではないかと疑っていた。実は、事故発生から通報までに約1時間のタイムラグがあったが、その間、伊集院と葉子は事故の衝撃で意識を失っていたというのだ。

そんな折、ノンナと一緒に合コンをした亜希が階段から突き落とされ、バッグを奪われるという事件が起きる。さらにそのすぐ後、今度は英里がひったくりに襲われる。

都議会議員・伊集院和明(徳重聡)は秘書の起こした交通事故について謝罪する(C)フジテレビ

関連するニュースを読む

日高正人がディナーショー「やじろべえ」など熱唱

ディナーショーで熱唱する日高正人

今年デビュー50周年を迎える歌手の日高正人が17日、毎年恒例となっているディナーショーの東京公演「日高正人ディナーショー2019~武道館への道~」を東京プリンスホテルで開催した。

公演は20年以上前に立ち上げた「いもづるの会」のステージからスタートし、その後に日高が登場。ピアノ1本による名曲「ダニー・ボーイ」のカバーで幕を開け、団塊の世代の応援歌としてロングセラーとなっている「やじろべえ」や最新曲「木守り望郷歌」など全12曲を熱唱し、会場に集まった大勢のファンを魅了した。また、友情出演として「さくらと一郎」のさくら、秋山涼子が登場し、ショーに花を添えた。

日高は83年に演歌歌謡曲系としては異例の単独武道館コンサートを開催し、約1万2000人を動員した“無名のスーパースター”。デビュー50周年を機に再び武道館公演の実現を目標に掲げ、精力的に活動している。終演後は「(武道館実現に)手応えを感じた」と満足そうだった。3月21日にはディナーショーの尼崎公演が予定されている。

関連するニュースを読む

無名のスーパースター日高正人、恒例ショーで熱唱

ディナーショーで熱唱する日高正人

今年デビュー50周年を迎える歌手の日高正人が17日、毎年恒例となっているディナーショーの東京公演「日高正人ディナーショー2019~武道館への道~」を東京プリンスホテルで開催した。

公演は20年以上前に立ち上げた「いもづるの会」のステージからスタートし、その後に日高が登場。ピアノ1本による名曲「ダニー・ボーイ」のカバーで幕を開け、団塊の世代の応援歌としてロングセラーとなっている「やじろべえ」や最新曲「木守り望郷歌」など全12曲を熱唱し、会場に集まった大勢のファンを魅了した。また、友情出演として「さくらと一郎」のさくら、秋山涼子が登場し、ショーに花を添えた。

日高は83年に演歌歌謡曲系としては異例の単独武道館コンサートを開催し、約1万2000人を動員した“無名のスーパースター”。デビュー50周年を機に再び武道館公演の実現を目標に掲げ、精力的に活動している。終演後は「(武道館実現に)手応えを感じた」と満足そうだった。3月21日にはディナーショーの尼崎公演が予定されている。

関連するニュースを読む

いじめられて教員退職のモデル、ミスコン全国大会へ

ミス・ジャパン神奈川大会でグランプリを獲得した西谷地利穂さん

ミス・ジャパン神奈川大会が17日、横浜市で行われ、モデル西谷地(にしやち)利穂さん(25)がグランプリに輝き、今夏に東京で行われる全国大会への出場権を手にした。

ファイナリスト9人(3人辞退)による最終選考で、西谷地さんは「コンプレックスが強く、自分が人と違うところを探しがちです」と弱みを告白した。他の参加者の水着姿を見て、「正直、自信がなくなりました。皆さん、体のラインがきれいで、私は線が細いので…」。

それでも、ステージに立つと人が変わったように自信にみちあふれた姿で、「成功とは、自分が自分らしくあること」と自己PR。審査員の心をつかんだ。

度重なる人生の試練を乗り越えての栄冠だった。福島県出身で、勉強もスポーツも人並み以上にできたというが、逆にいじめの標的になってしまったという。「小、中学校ではいじめを受けていました。(大学卒業後は)小学校の教員をしていたんですが、そこでもいじめを受け、退職せざるを得なくなってしまいました」。それでも、25歳という節目に「人生1度きりなのに、挑戦しないのはもったいない」と覚悟を決めて応募したという。

2位は川上もも香さん(19)、3位は西瀧理紗さん(26)だった。

ミス・ジャパン神奈川大会で入賞した、左から2位川上もも香さん、グランプリ西谷地利穂さん、3位西瀧理紗さん

関連するニュースを読む

氷川きよし「大丈夫でしたか」ファン交流で新曲PR

新曲「大丈夫」を歌う氷川きよし

演歌歌手山川豊(60)田川寿美(43)水森かおり(45)氷川きよし(41)辰巳ゆうと(21)が17日、東京・NHKホールで、「長良グループ 新春豪華歌の祭典2019」東京公演に出席した。

これまで「長良グループ演歌祭り」として開催してきたが、今年は名称を変えての開催となった。新しい試みとしては、山川らが歌いながら客席を周り、ファンの写真撮影を可能にした。氷川は「どんどん声をかけてください!」と呼びかけ、ステージに残った辰巳以外の4人が全4曲を歌いながらファンサービスに徹した。水森は「みなさんの笑顔がすてきでした」、田川は「自分以外のファンのみなさんが応援してくれてうれしいです」と満面の笑みで話した。山川は「NHKホールは広い」とバテ気味だったが、氷川は「みなさんちゃんと撮れましたか。『大丈夫』でしたか」と3月12日発売の新曲を、ちゃっかりPRした。

第1部はそれぞれの持ち歌をシャッフルした「オリジナルヒットメドレー」や昭和の名曲をカバーした「カバーコーナー」、第2部では客席を回る「ラウンドコーナー」と新曲などを披露する「新曲・代表曲コーナー」で構成された。新曲コーナーで氷川は「大丈夫」「最上の船頭」を着流しで、辰巳は3月27日発売の新曲「おとこの純情」を歌った。

この日、サプライズゲストでグッチ裕三(66)が出演。デビュー40周年記念で発売した三宅裕司作詞曲「最後のプロポーズ」などを歌った。「サプライズゲストだったので、グッズ販売ができなかったのが残念。メンチカツを売りたかった」と悔しさをにじませていた。

笑顔でファンサービスする氷川きよし
エンディングで美空ひばり「川の流れのように」を歌う、左から辰巳ゆうと、氷川きよし、山川豊、グッチ裕三、田川寿美、水森かおり
「長良グループ 新春豪華歌の祭典2019」東京公演に出席した、左から辰巳ゆうと、氷川きよし、山川豊、グッチ裕三、田川寿美、水森かおり

関連するニュースを読む

大沢たかお「教えに恥じないよう」佐藤純弥さん悼む

大沢たかお

映画「敦煌」「男たちの大和/YAMATO」などで知られる映画監督の佐藤純弥氏が9日、多臓器不全による衰弱のため亡くなったことが17日、分かった。86歳だった。訃報を受け、遺作となった「桜田門外ノ変」で主演を務めた大沢たかお(50)がコメントを寄せた。

突然の訃報を先ほど京都太秦の東映京都撮影所で聞きました。佐藤監督とは映画「桜田門外ノ変」でご一緒させて頂き、その時もここ東映京都撮影所での撮影でした。現場で、佐藤監督から仕事への姿勢、情熱そして優しさ、俳優として一生の指針となるような沢山の経験をさせて頂きました。その時の教えが、今でも自分の作品への姿勢となっています。これからもその教えに恥じないよう精いっぱい頑張りますと、天国の佐藤監督に報告したいと思います。佐藤監督、沢山の素晴らしい作品をありがとうございます。そしてお疲れさまでした。心よりご冥福をお祈りいたします。

関連するニュースを読む

佐藤浩市「親子でお世話になり」佐藤純弥さん悼む

佐藤浩市(2019年2月2日撮影)

佐藤純弥監督(享年86)の訃報に接し、映画「敦煌」に出演した佐藤浩市(58)が17日、コメントした。佐藤は「およそ30年前、当時の中国での半年間に及ぶ苦しい撮影の中、佐藤純弥監督にはいろいろ教えていただきました。親子でお世話になりました」と感謝した。

同作は井上靖原作で、11世紀に滅びた都市国家、敦煌が舞台。官吏登用試験に失敗した青年が、戦乱から守るため石くつに仏典を埋めるまでの物語が、壮大な騎馬戦などを交え描かれた。

佐藤の父三国連太郎さんは、佐藤監督のデビュー作品「陸軍残虐物語」に主演したほか、「未完の対局」などに出演した。

関連するニュースを読む

中村勘九郎「想像を絶する」マラソン銀君原氏に感嘆

北九州マラソンのランナーを応援する中村勘九郎

歌舞伎俳優中村勘九郎(37)が17日、福岡県内で、68年のメキシコ五輪のマラソン銀メダリスト君原健二氏と北九州マラソンのトークイベントに参加した。勘九郎は現在放送中のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)で主演を務め、マラソンの父と呼ばれる日本人初の五輪マラソン選手金栗四三を演じている。

マラソン大会のイベント初経験の勘九郎は「金栗先生のお言葉『体力・気力・努力』で頑張ってください」と約1万人のランナーに熱いエールを送った。また、「見渡す限り人で埋まっていて地面が見えない光景に圧倒された」と感想も。

昨年夏には、ストックホルム五輪の撮影を実際にストックホルムで行った。勘九郎は「演じているだけでもすごいプレッシャーでした」と胸のうちを吐露。本当のオリンピックに出場した君原氏が受けたプレッシャーに「想像を絶する」と感嘆するばかり。さらに「君原さんにお会いでき、本物の金栗さんも、こういう芯の通った、でも、しなやかな方だったんだろうと確信しました」と感想を語った。

また、金栗の孫弟子に当たる君原氏から生前の金栗さんと食事した思い出や、秘蔵写真を見せてもらい感激していた。

関連するニュースを読む

三田佳子「一つの時代が終わった」佐藤純弥さん悼む

三田佳子(18年10月撮影)

映画監督の佐藤純弥氏が9日、多臓器不全による衰弱のため亡くなったことが17日、分かった。86歳だった。東映が発表した。

「廓育ち」(64年)「愛欲」(66年)「未完の対局」(82年)「敦煌」(88年)など数多くの佐藤監督作品に出演の女優三田佳子(77)が、所属事務所を通じてコメントを発表した。

三田は「突然のご訃報に驚いています。長い間に多くの作品でご一緒してきました。監督の旭日小綬章の受章を、東映の仲間たちとともに時間が尽きるまで喜び、祝った日が昨日の事の様です。最近は折に触れての手紙の添え書きが心に残っていました。一つの時代が終わったような何とも言えない寂しさを感じます。ご冥福を心よりお祈り致します」と故人を悼んだ。

関連するニュースを読む

パニック障害治療のキンプリ岩橋玄樹が一部活動再開

岩橋玄樹からのメッセージ

パニック障害治療のため活動を休止しているKing&Prince岩橋玄樹(22)が、一部の活動を再開することが17日、分かった。ジャニーズ事務所が書面を通じて発表した。3月20日発売の3枚目シングル「君を待ってる」をもって一部再開する。

書面では、「サードシングル『君を待ってる』をもちまして、芸能活動を一部再開させていただきますことをご報告申し上げます」と伝えている。活動再開を一部に制限した理由については「岩橋の状態とパニック障害の性質を第一に考慮しましたこと、また、約3カ月間、完全に仕事を離れていたことから、段階を経て、心身の状態と仕事の内容を加味しながら、緩やかに活動を再開させることが岩橋の場合には最適ではないかとの見解を医師よりいただきましたため」と説明。引き続き、King&Princeが岩橋をのぞいた5人で活動する場面もあるという。

関係者によると、今月上旬までに、岩橋は「君を待ってる」のレコーディングやミュージック・ビデオ撮影、ジャケット撮影などを終えているという。シングルリリースに伴う音楽番組出演や、ファンの前に登場するライブやイベント出演に関しては、具体的には決まっていないという。

岩橋の現状について「おかげさまで岩橋の状態は良好で、順調に快方に向かっております」と明かし、「引き続き、岩橋はパニック障害と向き合い、克服するために治療や課題に取り組んでまいります」と伝えた。「すべての活動を再開するまで、今しばらくお待ちいただけますと幸甚に存じます」と呼びかけている。

書面では、岩橋のコメントも掲載された。ファンや関係者に感謝した上で、「皆さまからのご声援を力に、現在、治療や課題に取り組んでおり、心身ともに快方に向かっています」と伝えた。「君を待ってる」からの一部活動再開をあらためて報告し、「待ってくださっているファンの皆さまや関係者の皆さまのおかげと心から感謝しています」とつづった。

「すべてを元通りのペースに戻すにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、徐々に現場に戻っていく中で、あらためて仕事ができる喜びを感じています」と前向きにコメント。「今は焦る時ではないと1日1日を大切に過ごしていますので、完全に活動を再開するまでお待ちいただけると幸いです」と呼びかけた。

また、King&Princeのメンバーに向けての感謝もつづった。「今回の休養と一部活動再開において、メンバーの理解を欠かすことはできません。僕がいつでも戻れるように、いつもその場に僕がいるつもりで活動してくれている5人には感謝の気持ちでいっぱいです」。メンバーからの思いやりも踏まえた上で、「5人でKing&Princeを守り続けているメンバーの思いに応えるためにも、僕は必ずパニック障害を克服して戻ってきます」と力強く誓った。

岩橋は10年10月にジャニーズ事務所入り。昨年5月、King&Princeとして「シンデレラガール」でデビューした。昨年10月、パニック障害治療のため、11月初旬から一時活動休止することを発表していた。大みそかのNHK紅白歌合戦も欠場したが、出場したメンバーたちが岩橋のポジションをあえて空けてパフォーマンスする場面もあり、話題となっていた。

関連するニュースを読む

一部活動再開のキンプリ岩橋「心から感謝」コメ全文

岩橋玄樹からのメッセージ

パニック障害治療のため活動を休止しているKing&Prince岩橋玄樹(22)が、一部の活動を再開することが17日、分かった。ジャニーズ事務所が書面を通じて発表した。3月20日発売の3枚目シングル「君を待ってる」をもって一部再開する。書面に掲載された岩橋のコメント全文は以下の通り。

休養期間中は、ファンの皆さまや関係者の皆さまにご迷惑とご心配をおかけしているにもかかわらず、たくさんの温かいメッセージをいただきましてありがとうございます。

皆さまからのご声援を力に、現在、治療や課題に取り組んでおり、心身ともに快方に向かっています。

あらためて、3rdシングル「君を待ってる」より、一部活動を再開をすることになりました。まずは、今回、活動を再開することができたのは、待っていてくださるファンの皆さまや関係者の皆さまのおかげと心から感謝しています。

すべてを元通りのペースに戻すにはもう少し時間がかかるかもしれませんが、徐々に現場に戻っていく中で、あらためて仕事ができる喜びを感じています。今は焦る時ではないと1日1日を大切に過ごしていますので、完全に活動を再開するまでお待ちいただけると幸いです。

今回の休養と一部活動再開において、メンバーの理解を欠かすことはできません。僕がいつでも戻れるように、いつもその場に僕がいるつもりで活動してくれている5人には感謝の気持ちでいっぱいです。5人でKing&Princeを守り続けているメンバーの思いに応えるためにも、僕は必ずパニック障害を克服して戻ってきます。

ファンの皆さま、いつも変わらぬご声援をいただき、ありがとうございます。これからもKing&Princeをよろしくお願いします。

2019年2月17日

King&Prince

岩橋玄樹

関連するニュースを読む

「幽かな彼女」で連ドラ初出演/キンプリ岩橋の略歴

岩橋玄樹からのメッセージ

パニック障害治療のため活動を休止しているKing&Prince岩橋玄樹(22)が、一部の活動を再開することが17日、分かった。ジャニーズ事務所が書面を通じて発表した。3月22日発売の3枚目シングル「君を待ってる」をもって一部再開する。

◆岩橋玄樹(いわはし・げんき)1996年(平8)12月17日、東京都生まれ。10年10月、ジャニーズ事務所入り。13年のフジテレビ系「幽かな彼女」で連続ドラマ初出演。昨年5月、King&Princeとして「シンデレラガール」でデビュー。同年10月期の日本テレビ系ドラマ「部活、好きじゃなきゃダメですか?」に高橋海人、神宮寺勇太とトリプル主演。165センチ。血液型O。

関連するニュースを読む

西田敏行「人望があり、学者肌」佐藤純弥監督悼む

西田敏行(2017年9月23日撮影)

映画「敦煌」「男たちの大和/YAMATO」などで知られる映画監督の佐藤純弥氏が9日、多臓器不全による衰弱のため亡くなったことが17日、分かった。86歳だった。訃報を受け、「植村直己物語」「敦煌」で主演を務めた西田敏行(71)がコメントを寄せた。

佐藤純彌監督が逝去されたと聞き、1985年に撮影した「植村直己物語」のことが思い出されました。ことに、北極での撮影ではスタッフ・キャストの命を守り、作品の成功に導かねばという、pressure(プレッシャー)と戦いながら、皆の前では穏やかな表情で監督指揮をしていた姿です。人望があり、学者肌の映画監督でした。ご冥福を祈ります。

関連するニュースを読む

山本彩がユニバーサルミュージック移籍、新曲も発表

ユニバーサルミュージックに移籍し、第1弾シングル「イチリンソウ」を発売することが決まった山本彩

昨年11月にNMB48を卒業した山本彩(25)は、4月17日に初シングル「イチリンソウ」をリリースし、ソロシンガーとして第1歩を踏み出す。17日、所属事務所が発表した。レコード会社もユニバーサルミュージックへ移籍。本格的に、夢だったシンガー・ソングライターとして始動する。

山本はNMB48に在籍していた16年10月にアルバム「Rainbow」でソロデビュー。翌17年10月には2枚目アルバム「identity」を発売し、それぞれ、発売前後にソロツアーも敢行していた。

だが、かねて「やっぱり堂々とシンガーと言えるのは、シングルを出してから。早くシングルを出せるようになりたい」と言い、本格的にソロで勝負することを「シングル発売」と位置づけてきた。

昨秋は卒業を控えていたため、ソロ作品を発表せず、卒業後の歌手活動をみすえて創作活動に専念していた。初シングル「イチリンソウ」は、山本の作詞作曲。亀田誠治氏がプロデュースを担当した。

レコーディングのギター演奏も山本自らが手がけ「いつの日か枯れるのであれば強く生きたい」との強いメッセージを込めて制作したといい「別れや出会いが多くなる春の季節に寄り添うミディアムナンバー」に仕上げた。

カップリング2曲も山本が作詞・作曲。「君とフィルムカメラ」は寺岡呼人氏がプロデュース、もう1曲(タイトル未定)は、NMB48時代からのライブメンバーの「チームSY」でレコーディングに臨んだ。

山本は今後、23日の埼玉公演を皮切りに、6月2日の沖縄まで全国23都市26公演のツアーを控えている。

昨秋の卒業直前には「(48グループは)会いに行けるアイドルでしたが、卒業したら今度は、私の方からみんなに会いに行きたい」と話していた通り、有言実行で各地を回り、5月13、14日にはZepp Tokyo、同27、28日にはZepp Osakaでライブを行う。

関連するニュースを読む

劇団4ドル50セント安倍乙が「グッドワイフ」出演

ドラマ「グッドワイフ」に出演が決まった安倍乙

秋元康氏が総合プロデュースを手がける劇団4ドル50セントの安倍乙(19)が、常盤貴子(46)主演のTBS系連続ドラマ「グッドワイフ」(日曜午後9時)に出演することが17日、分かった。今月24日放送の第7話にゲスト出演する。

7話では、浜野謙太(37)演じるカリスマIT社長が、ある映画をめぐる問題で弁護を依頼する。映画のプロデューサーを田中要次(55)が演じる。安倍は、問題となった映画の出演者で、お金持ちの彼女的な役どころを演じる。

撮影を終えて、安倍は「ドラマの現場はとても緊張しました。セリフを間違えてしまい、何テークも自分のせいで撮ることになったらどうしようと撮影前に不安が押し寄せてきましたが、現場の空気がとても温かく、共演した俳優の方も、優しく接して下さったので安心して現場にのぞめて、とても良い経験になりました」と振り返った。

同ドラマの原作は、リドリー・スコットが製作総指揮を務めて、09年から7年間アメリカで放送された「The Good Wife」。法廷ドラマを中心にしながら、政治と家庭の両面を鋭く描き、そのリアリティーと劇的な展開から全米で大人気を博した。常盤は同系「Beautiful Life~ふたりでいた日々~」以来、19年ぶりに日曜劇場の枠で主演を務める。常盤演じる16年ぶりに弁護士に復帰する蓮見が、困難に立ち向かう姿が描かれる。

関連するニュースを読む

剛力彩芽「思ったこと感じたこと素直に」SNS続行

剛力彩芽(2018年3月22日撮影)

女優の剛力彩芽(26)が、「自分のこと愛せないと周りの人のことも愛せないのかな?」と心のモヤモヤをつづったSNS記事で大きな反響を受け、ファンに感謝した。

剛力は16日、インスタグラムを更新。「前回の投稿でたくさんのコメント ありがとうございました!」と感謝し、「これからも思ったこと感じたこと素直に投稿していきたいと思います」と、SNSで発信を続ける思いをつづった。

剛力は6日のインスタグラムで「ふと、自分をスキになる。とか、自分を大切にする。ってなんだろう、どういうことだろう。ってずっとかんがえています。それが自信につながったりするのかな?自分のこと愛せないと周りの人のことも愛せないのかな?なんかモヤモヤしてる、難しいなぁ」とつづり、反響を呼んでいた。

なお、ZOZOの採用面接で面接官を務めていたとする一部週刊誌の報道については触れなかった。

関連するニュースを読む

小池里奈2年ぶりグラビアは「たるたるだった」

「2年ぶりグラビア復帰&週プレ登場10周年記念イベント」を開催した小池里奈(撮影・遠藤尚子)

女優でタレントの小池里奈(25)が17日、東京・新宿歌舞伎町の週プレ酒場で「2年ぶりグラビア復帰&週プレ10周年記念イベント」を開催した。

ニュージーランド留学、オーストラリアでのワーキングホリデーを経て、昨年10月に2年ぶりとなるグラビア復帰を果たした。この日、15歳で週刊プレイボーイに初登場してから10年目を記念したトークイベントを行い「2年間ファンの皆さんの前に出ていなかったので、緊張しています」とはにかんだ。

久しぶりのグラビア撮影を振り返り「2年間人前で水着になっていなかったので、鏡で自分の体を見てヤバイな、と。ジムやエステで頑張ったんですけど、たるたるだった」と苦笑い。「次はもっとナイスバディで臨みたい」と引き締めを誓った。

10年間を通した体の変化については「最初の頃は無駄がない。運動をしていたわけじゃないけれど、おなかがぺったんこ」。最新グラビアの見どころについては「にくにくしい感じが伝わると思います。波打っているお肉を見ていただけたら」と笑わせた。いつまでグラビアを? との質問には「できるところまでやりたい。ここまで来たら最長記録を」と意気込み、「アジアンビューティーっぽい、しっとりした大人っぽいグラビアをやってみたい」と話した。

ワーキングホリデー期間中は、レストランでウエートレスとして働いた。英語力については「文法も分からなかった」としたが、「そんなことを言ってたら何もできない。思っているほどハードルは高くなかったです」とたくましく語った。取材陣の求めに応じ、英語で注文を取る寸劇に挑戦すると「ヤバイヤバイ!緊張する!」と冷や汗をかきながらも、流ちょうな英語を披露していた。

「2年ぶりグラビア復帰&週プレ登場10周年記念イベント」を開催した小池里奈(撮影・遠藤尚子)

関連するニュースを読む

エビ中主演ドラマが4月開始 主題歌はエビ中の新曲

私立恵比寿中学のメンバーと川谷絵音(ABCテレビ提供)

アイドルグループ、私立恵比寿中学(通称エビ中)のメンバー6人が主演するテレビ朝日系のドラマ「神ちゅーんず」(仮)が4月からスタートする。

エビ中のメンバーが女子高校生に扮(ふん)し、友情や恋、家族と衝突しながら世界に通じる「神曲」をつくるという夢に向かって突き進む青春音楽群像劇。

劇中でメンバーが生み出す音楽はロックバンド、ゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音(30)が完全プロデュースする。ドラマの主題歌は川谷の作詞・作曲によるエビ中の新曲「トレンディガール」に決定。川谷は本人役でドラマにも出演する。

主人公の十倉凜役の柏木ひなたは「このドラマのテーマは音楽です。普段、音楽に触れることが多いですが、ドラマを通じて音楽の深さを知ることができ、音楽の力をあらためてたくさん感じています。見ている方にも音楽の素晴らしさをお伝えできるよう精いっぱい頑張ります」とコメント。

川谷は「好きなように作らせていただきましたが、すごくエビ中にとっても僕にとっても新しい挑戦ができたかなと思います。本人役としても少し出演させていただいていますが、本人役の響きが新鮮すぎて撮影の記憶があまりないです」と振り返った。

関西地区は毎週日曜午後11時35分放送、4月7日スタート。関東地区は毎週土曜深夜2時30分放送、4月6日スタート。全10話。

関連するニュースを読む

「敦煌」「人間の証明」佐藤純弥監督が死去86歳

佐藤純弥監督(2006年11月30日撮影)

「敦煌」「人間の証明」「男たちの大和/YAMATO」などを手がけた映画監督の佐藤純弥(さとう・じゅんや)さんが9日午後11時、都内の自宅で亡くなっていたことが17日、分かった。多臓器不全による衰弱死だった。享年86。通夜・告別式は都内斎場で、喪主を務めた長男の東弥(とうや)氏ら親族のみですでに営んだことを東映が発表した。

佐藤さんは家族に見守られながら旅立った。3年前に、消化器系の疾患により医師から入院を勧められていたが、本人が拒否し、自宅で療養生活を送っていた。先月19日には、東映東京撮影所OBによる恒例のマージャン大会にも参加し、元気な姿を見せていた。

新幹線を舞台にしたパニック映画「新幹線大爆破」(75年)で注目を集め、松田優作さんらが出演する「人間の証明」などを手掛けた。中国で大規模ロケを行った「敦煌」(88年)など、大作を手堅くまとめる手腕に定評があり、「植村直己物語」の北極や「おろしや国酔夢譚(すいむたん)」のシベリアなど困難な海外ロケも敢行、極地監督とも呼ばれた。

高倉健さん主演の「君よ憤怒の河を渉れ」が中国で大ヒットして話題に。日中合作「未完の対局」はモントリオール世界映画祭でグランプリに輝いた。

昨年11月、自らの映画人生を振り返ったインタビュー本「映画監督 佐藤純弥 映画よ憤怒の河を渉れ」が刊行され、特集上映が行われたばかりだった。タイトルとなった作品は中国で大ヒット。「体制による暴力と個人の相対」をテーマにした作品だが、デビュー作品「陸軍残虐物語」(63年)などの戦争映画や「組織暴力」(67年)に始まるヤクザ映画など、扱うテーマは違っても、根底は変わることがなかった。幼少時代、戦争による疎開でいじめにあったことが原点だ。

フィリピンのルバング島からの帰還兵小野田寛郎さんを描いた「ルバング島の奇跡 陸軍中野学校」(74年)「男たちの大和/YAMATO」(05年)で、訴えたかったことは反戦だった。「小野田さんを英雄視すれば戦争礼賛映画になりかねない。小野田さんが受けた戦争教育がルバング島で純粋培養された現象でしかない」としていた。

徹底した取材にこだわることでも有名だった。その真面目さが、時には「超能力者 未知への旅人」(94年)「北京原人 Who are you?」(97年)のような怪作をも生み出すこともあった。

壮大なスケールの映像にヒューマニズムなメッセージを込め、職人気質で淡々と撮影を続けた。

◆佐藤純弥(さとう・じゅんや) 1932年(昭7)11月6日、東京生まれ。東京大学卒業後、58年東映東京撮影所に助監督として入社。63年「陸軍残虐物語」で監督デビュー、68年にフリー。遺作は10年の「桜田門外ノ変」。08年、旭日小綬章。

関連するニュースを読む

J・アニストン誕生日記念旅行のはずが緊急着陸

米女優ジェニファー・アニストン(50)が搭乗したプライベートジェット機が15日に、ロサンゼルス郊外のオンタリオ空港に緊急着陸した。

11日に50歳の誕生日を迎えたアニストンは、ドラマ「フレンズ」で共演した親友の女優コートニー・コックスら友人たちとメキシコのリゾート地に誕生日旅行に向かう予定だったという。

米NBCテレビなどによると、アニストンの乗った飛行機は離陸の際にタイヤを失い、パイロットはそのまま飛行を続けて現地に到着するよりも近郊の空港に緊急着陸することを選択した。アニストンら乗客にけがはなかったという。(ロサンゼルス=千歳香奈子通信員)

関連するニュースを読む

「スター・ウォーズ エピソード9」の撮影終了

J・J・エイブラムス監督(2015年12月11日)

J・J・エイブラムス監督が、「スター・ウォーズ エピソード9」の撮影が終了したことをツイッターで発表した。

主演のレイ役のデイジー・リドリーやフィン役のジョン・ボイエガ、ポー・ダメロン役のオスカー・アイザックが撮影現場で抱き合う写真を公開。「魔法のようなすてきなクルーとキャストに感謝の気持ちでいっぱい」とコメントしている。

同作は「フォースの覚醒」(15年)から始まった3部作の最終章となる。当初はコリン・トレボロウ監督がメガホンを取る予定だったが途中で降板。「フォースの覚醒」でメガホンを取ったエイブラムス監督が後任に決まり、公開日が今年12月20日に延期されていた。

関連するニュースを読む

ジェニファー・ロペス、A・ロッドと甘~い2周年

ジェニファー・ロペス

米歌手で女優のジェニファー・ロペス(49)が、交際2周年を迎えた元ニューヨーク・ヤンキースの主砲アレックス・ロドリゲス(43)とすてきなバレンタインデーを過ごしたことをインスタグラムで報告した。

フロリダ州にあるロドリゲスの自宅で互いの子供たちも交えてロマンチックなひと時を過ごしたようで、ベッドの上に横たわる仲むつまじい姿やビーチで抱擁する後ろ姿などを公開している。ロドリゲスもインスタグラムでロペスから贈られた高級腕時計を披露し、「ありがとう、ベイビー」とメッセージを添えている。ロペスが贈ったのは2万4300ドル相当のロイヤルオーク クロノグラフだったようだ。

ロペス自身は今年のバレンタインデーには何をプレゼントされたのか明かしていないが、2年前には定期公演のために滞在していたラスベガスのホテルにチョコレートとケーキ、花などが贈られたことを以前のインタビューで語っていた。「もう2年たったなんて信じられないわ。たった730日だけど、もうずっと一緒にいるような気がしている」と交際2周年を記念した甘いメッセージをSNSでつづっていた2人は、ゴールインも近いかもしれない。(ロサンゼルス=千歳香奈子)

関連するニュースを読む

福原遥「心に響いている作品」3年A組の秘話語る

作品への思いを語った福原遥

菅田将暉(25)主演の日本テレビ系連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です」(日曜午後10時30分)に出演中の福原遥(20)が、作品への思いや収録秘話などを語った。

菅田演じる主人公の高校美術教師が、生徒29人を人質にして教室に立てこもり、かつて自殺した生徒の死の真相に迫るという異色の学園ドラマ。生徒たちは、時に団結し、時に反目しながら、教師に向き合っていく姿が印象的だ。福原は、謎の死を遂げた生徒とともに水泳部員だった水越涼音を演じている。

収録現場の雰囲気を聞くと「すごく熱い現場です」と即答した。同世代の共演者たちによる演技の意見を交わし合うにぎやかな雰囲気を想像したが、「みんな芝居が好きで、この作品をいいものにしようと思っている人ばかり。例えば、前室でスマホを持っているような人は誰もいません。物語の性格もあるので、普段は仲がいいのに、現場では仲良しグループみたいに集まることはなく、教室に入ったらみんな一切、話しません。集中しています。真剣に芝居に取り組んでいます。それぞれが汗水流しながら切磋琢磨(せっさたくま)している感じ」。そこになれ合いはなく、演技者として、最大限のものを表現しようとする真剣勝負の場のようだ。

菅田とは、怒鳴り声を交えながら魂の激しいぶつかり合いとも言える迫力の演技を見せて、視聴者を引きつけている。「涼音は頑張り屋で努力家。いろんなことがあって心が乱れている設定。(ドラマは)間違った方向に行ったのを先生が正しくしてくれる内容。先生に全部を見られているというか、演じていても、心の奥にたくさん響くものがあります」。

熱演が話題になっている菅田の存在や演技をどのように感じているのか。「菅田さんは、役とかじゃなくて、伝えたいことが本当にある方。それを真っ正面にぶつけてくれました。その気持ちを受け取ったという感じでした」と強い刺激を受けている。

この作品を通じ、女優として、人として、何を感じているのか。「(菅田演じる)先生は、1人の生徒を叱っていても『みんなに言っている』と、いつも言っていますが、生徒役だけでなく、見ている方にも絶対に響いている作品だと思っています。例えば『うわべだけで物事を決めるな』『失敗をおそれて失敗しない人生なんて成功しない。失敗して、もがいて、もがいて、頑張って、また戻って、また頑張ることが正解』という趣旨のセリフは本当に心に響きました。先生の言葉1つ1つに、本当に重みがあって、見ている人の人生も変えるような言葉ばかり。私も自分を見つめ直す、きっかけになっています」。

多くの作品に出演してきたが、今回強く感じていることがある。「視聴者に思いを伝えたいというパワーは、これまで感じたことのないほどの強さ。どストレートに伝える作品。共演者みんな『芝居でこんなに心拍数の上がることはない』と言っています。緊張もするし、みんなでいいものを作ろうという強さが本当にある現場。今まで以上に、お芝居が好きになりました」。女優として転機を迎えている。【中野由喜】

◆福原遥(ふくはら・はるか)1998年(平10)8月28日、埼玉県生まれ。09年NHK・Eテレ「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」のほか、16年日本テレビ系ドラマ「レンタル救世主」などに出演。18年テレビ朝日系「声ガール!」で主演。映画は17年「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」のほか、17年「女々演」、19年4月公開「4月の君、スピカ。」に主演。血液型A。

◆「3年A組-今から皆さんは、人質です」 遺書もなく突然亡くなった学園のスター生徒の死をめぐり、美術教師が生徒29人を人質にとり、亡くなった生徒の死の真相を探り、同時に人質の生徒たちに人として生きる上で大切なことを懸命に教える姿を描く。

関連するニュースを読む

りゅうちぇる親バカっぷり発揮「世界一かわいい子」

トークイベントに出席したりゅうちぇるは、赤ちゃんを抱っこするポーズ

タレントりゅうちぇる(23)が17日、都内で行われた「いいね! 地方の暮らしフェア」で、子育てをテーマにしたトークショーに出席し、親バカぶりを明かした。妻のモデルぺこ(23)との間に昨年7月、男児が誕生。まだ7カ月の乳児だが、息子の就学が早くも気になるようで、「まだ1歳にもなっていないけど、今から情報を調べています」と語った。

イベント後の囲み取材で、親バカエピソードについて聞かれると、「単純に、リアルに世界一かわいいと思うんです」と満面の笑みで答えた。「夜泣きとか大変だけど、親バカにならないと、大変な時に頑張れない。『つらいけど、世界一かわいい子のためなら』って頑張れる。ぺこりんとか、僕の服より、クローゼットの中は子供の服の方が多くなったり」。

今は離乳食を食べさせる時期に入っているという。「僕の家は、年越しそばがスパゲティだった。おじいちゃんがアメリカ人なので、納豆とかも給食で初めて見たし、朝食もパン、ピザ大好きでした。だから、離乳食はにんじんとか大根を食べさせるんだって思いました。子供は和食で育てたいなと思います」と誓った。

第2子の計画もあるようで、「僕は5人きょうだいで、にぎやかで楽しかったので、きょうだいは作ってあげられたらなと思います」と明かした。

この日は各地方自治体の知事たちに、地方での子育てについて意見を聞いた。沖縄出身のりゅうちぇるも、子供のころから三線を授業で習っていたといい、「地域の伝統、自然とか環境は小さいときから学んでいました。そういうものって、大人になっても忘れないし、帰る場所があるという誇りや余裕につながる」と力説していた。

トークイベントに出席後、客席に手を振るりゅうちぇる

関連するニュースを読む

マークパンサーの妻が緊急入院、翌日には娘がケガ

マーク・パンサー(2017年12月14日撮影)

globeのマーク・パンサー(48)が、元モデルの妻、酒井薫子さんが緊急入院したことを明かした。

パンサーは15日のツイッターで、「本日、朝から妻の調子が悪く、高熱が出てて、病院に連れて行き点滴打って、家で様子を見てたが下がらない…救急にまた連れて行き、MRI、いろんなスキャン、血液、尿も検査したら…即入院…」と報告。病院のベッドに横たわる妻を見舞った写真をアップし、「我慢強い妻…我慢は良くない、痛い時は痛いと言わないと大変な事になる…」とつづった。

さらに16日には、「面会を終え、家に帰ると、今度はサッカーで怪我をした娘がコタツで唸ってた…スパイクで突っ込まれたみたい。傷が残らないように応急処置をして、明日の朝、病院だな」と、娘も負傷したことを報告した。

関連するニュースを読む

松本人志「折り返しみたいなもの」ベッキー結婚祝福

松本人志

ダウンタウンの松本人志(55)が17日、フジテレビ系「ワイドナショー」(日曜午前10時)で巨人片岡治大(やすゆき)2軍内野守備走塁コーチ(35)と結婚したベッキー(34)について「結婚で状況変わる、折り返しみたいなもの」とコメントし祝福した。

松本は「ベッキーとは直接、連絡先は知らないですけど、宮川大輔通じて、数日前にわざわざ報告をもらった。わざわざありがたいなと。『松本さんがベッキー早く結婚した方がいいよ』と騒動の直後ぐらいに言ってくれたこともあってとメールに書いてあった。まったく覚えていない」と報告を受けていたことを明かし、「結婚で状況変わるといいますし、折り返しみたいなものじゃないですか」と話した。そして相手の片岡コーチの話題になり「すごく格好いい人なんでしょ。あまり知らないですけど。すごくもてるんでしょ」とMCの東野幸治に話題を振ると「関西の番組ですけど、ベッキーさんとこの方が熱愛だと聞いて、率直な話、ベッキーだまされてるなと思った。結婚していなくて、男前でもてて、これ大丈夫?」と心配していたこと明かした。そして松本は「こんな格好いい人だから、世の中全部が祝福してない感じで」と、ボケると周りから「してます、してます」と総ツッコミされ、松本は「僕はめちゃめちゃしてますよ」と笑いながら祝福した。

ベッキーが出演した2016年10月の放送では、ゲスの極み乙女。のボーカル川谷絵音との不倫騒動で地上波のレギュラー番組を休演中だったベッキーが、ゲストコメンテーターで出演し、「もうドキドキが。今日のワイドナショーに向けて、本当に緊張していて、食欲なくて」と話し、松本から「よく分からないんやけど、詳しく説明してもらっていいですか」と言われ「知ってるでしょ」と突っ込まれていた。

関連するニュースを読む

Dream Ayaがメンバーの素顔に迫る連載開始

日刊スポーツの“特命記者”としてメンバーの素顔に迫るDream Aya

E-girlsらLDHのガールズプロジェクト「E.G.family」による全国ホールツアーが、今月22日に大阪・オリックス劇場で開幕します。

日刊スポーツでは、チーフ・クリエイティブ・マネージャーのDream Aya(31)を特命記者に任命! 「Dream Ayaのココだけの話」として、長くメンバーと接してきたAyaならではの視点で、メンバーの素顔に迫ります。

18日から紙面で連載するとともに、ニッカンコムでは紙面で載せきれなかったトークもお届け。さらに、ツイッターアカウント(@NIKKAN_LDH)ではチェキプレゼントの企画も実施します。お楽しみに!

◆E.G.family E-girls、Dream Ami(30)Shizuka(30)、Flower、Happiness、スダンナユズユリーによるガールズプロジェクト。初の全国ホールツアーは、22日の大阪・オリックス劇場公演を皮切りに、全国26都市で33公演行う。Ayaは17年7月にパフォーマーを卒業し、チーフ・クリエイティブ・マネージャーとして制作活動に専念。

関連するニュースを読む