上へ戻る

ニッカン★バトル

プロレスの月曜日

デビュー35周年 蝶野正洋に聞く「ヒール」の美学

プロレス界のレジェンド、蝶野正洋(56)が10月でデビュー35周年を迎えた。「黒のカリスマ」と呼ばれ、ヒール(悪役)のイメージを大きく変えた功労者でもある。悪の...

「100年に一人の逸材」棚橋弘至20年を振り返る

新日本プロレスのエース「100年に一人の逸材」棚橋弘至(42)が、10月10日にデビュー20周年を迎えた。ヤングライオン時代から、数々の故障を乗り越え復活した最...

新日本プロレスYOHの個展は「なぜトイレ?」

アーティストとしても活動する新日本プロレスYOH(31)の2度目の個展「YOHの部屋(風呂なし)」が10月26日まで東京・アートコンプレックスセンターで開かれて...

内藤哲也 相棒「内藤くん」と育む風景愛と写真愛

<プロレスラーの相棒>「相棒」シリーズ第4回は新日本プロレス内藤哲也(37)が登場です。国内外の巡業やプライベートの旅などどこでも行動とともにするミニチュア人形...

飯伏幸太がラグビーワールドカップ日本代表にエール

逃げない、負けない、諦めない! 元ラガーマンの新日本プロレス飯伏幸太(37)が、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に向け、日本代表へエールを送った。また、ベ...

「ヤングライオン杯」令和最初の最強若獅子は誰だ

新日本プロレス若手選手の登竜門「ヤングライオン杯」が9月4日の後楽園大会から開幕した。2年ぶり12度目の開催となる今回は新日本2、3年目の4人に加え、柴田勝頼が...

プロレスもコーヒーも「表現」三沢ファン妻と出会い

<私とプロレス>今年で25周年を迎える鎌倉の名店「カフェ・ヴィヴモン・ディモンシュ」の店主堀内隆志さん(51)は熱心なプロレスファンでもあります。WWE中邑真輔...

武藤敬司「引退?今はないよ」生涯プロレスLOVE

プロレス界で「天才」「プロレスリング・マスター」と呼ばれるレジェンド、武藤敬司(56)が、10月でデビュー35周年を迎える。9月1日にはW-1の横浜文化体育館大...

中島翔子 元吉本芸人「147センチの大怪獣」

<プロレスの女>プロレス界の輝く女性たちを紹介するコーナー4回目は、元吉本芸人の東京女子プロレス中島翔子(28)。この5月、デビュー7年目にして団体の顔といえる...

激突!? ノア清宮海斗vs日刊ジュニア記者

王者清宮がちびっこと格闘!? 8月4日のプロレスリングノア後楽園大会で日刊スポーツ新聞社主催「ジュニア記者教室」が開催された。試合後、小学校1年生から6年生まで...

モクスリー「真剣勝負の場」俺の原点/インタビュー

新日本G1クライマックス29に参戦中のジョン・モクスリー(撮影・高場泉穂)

元WWEのスーパースター、ディーン・アンブローズことジョン・モクスリー(33)が新日本のG1クライマックスに参戦し、輝きを放っている。初めて体験する新日本のリン...

全日本プロレス旗揚げ47年目 新体制で新たな歩み

旗揚げ47年目を迎える全日本プロレスが、新たな道を歩み出した。7月10日付でオーナーの福田剛紀氏(53)が社長に就任。秋山準前社長(49)は現場最高責任者のGM...

KENTA「充実しています」G1の夏に燃える

今年1月にWWEを退団したKENTA(38)が、新日本プロレスのG1クライマックスに初参戦している。4戦を終え、得意の打撃を武器に無傷の4連勝と好調。初体験の新...

デビュー20年、女性レフェリー李日韓の「流儀」

<プロレスの女>プロレス界の輝く女性たちを紹介するコーナー3回目は、フリーのレフェリー李日韓(44)。99年に大日本プロレスでデビューしてから今年で20年。唯一...

「大鵬3世」納谷幸男、プロレスラーとして生きる

未完の大器がいよいよ目覚めるか-。5月にリアルジャパンからDDTに移籍した「大鵬3世」納谷幸男(24)が、15日の大田区大会で因縁の鈴木秀樹(39=フリー)とシ...

識者に聞くG1クライマックス注目カードと見どころ

新日本プロレスの真夏の祭典「G1クライマックス」が6日(日本時間7日)に米ダラスで開幕する。今年は元WWEのジョン・モクスリーやKENTAら初出場が4人、ジュニ...

全日本「最高男」宮原健斗、入場は安室奈美恵参考に

<プロレスラーの相棒>「相棒」シリーズ第3回は全日本プロレスの「最高男」こと3冠ヘビー級王者宮原健斗(30)の入場曲「BREAK HEART」。派手で、やたら長...

あきらめんなよ!棚橋弘至がいるじゃないか

新日本プロレスのエース棚橋弘至(42)が13日、自身7冊目の著書『カウント2・9から立ち上がれ 逆境からの「復活力」』(マガジンハウス)を出版した。デビュー20...

益子寺かおりの人生を変えた飯塚高史と中邑真輔

<私とプロレス>プロレス大好きな「ベッド・イン」の益子寺かおり(撮影・酒井清司) 地下セクシーアイドルユニット「ベッド・イン」のボーカル益子寺かおり(33)は、...

ジェリコVSオカダ/ドミニオン19年大会展望

今年もドミニオンの季節がやってきた。新日本プロレスは6月9日、「DOMINION(ドミニオン)」こと大阪城ホール大会を行う。6月の同地での試合は年間前半の最大の...