上へ戻る

ニッカン★バトル

新着

大相撲裏話

トランプ大統領の千秋楽観戦備え気をもむ角界関係者

満員御礼となった両国国技館

千秋楽にトランプ米大統領が観戦に訪れるため、角界関係者が気をもんでいる。 相撲愛好会の1つ、溜会(たまりかい)は夏場所中日に会議を開き、「千秋楽は臨時で誰かに座...

プロレスの月曜日

新日通訳小池さん伝える外国人レスラーのストーリー

<プロレスの女>プロレス界の輝く女性たちを紹介する企画第2弾は、新日本プロレスで外国人レスラーの通訳を務める小池水須香(みずか)さん(43)。各レスラーのキャラ...

大相撲裏話

ビデオ判定導入50年 きっかけとなった一番とは

69年3月10日、45連勝中の横綱大鵬は戸田に敗れて連勝が止まった。しかし戸田の足が先に出ていたのがビデオで確認されて、勝負判定にビデオを参考にするきっかけとなった

大相撲にビデオ判定が導入されてから、夏場所で50年になる。 導入のきっかけとなった一番は、1969年(昭44)春場所2日目の大鵬-戸田戦。戸田が大鵬を押し出した...

大相撲裏話

まわしの「下がり」に個性、白鵬15連勝願い15本

夏場所初日、懸賞金を手に土俵から引き揚げる炎鵬

下がり。まわしから垂れている複数のひもである。 日本相撲協会監修の相撲大辞典(現代書館)などによれば、土俵で前を隠すためにあるようだ。江戸時代は化粧まわしで相撲...

原功「BOX!」

井上尚弥、英国でロドリゲス戦 不吉なジンクス覆せ

WBA世界バンタム級王者の井上尚弥(26=大橋)が18日(日本時間19日)、英国スコットランドのグラスゴーでIBF同級王者のエマヌエル・ロドリゲス(26=プエル...

大相撲裏話

199場所目の「昭和の男」華吹、現役を続けるワケ

松ケ島(手前)を上手投げで破る華吹(撮影・河田真司)

現役唯一の昭和入門、史上最多199場所目を迎えた西序ノ口4枚目華吹(はなかぜ、48=立浪)が、3つ目の元号となる令和の土俵に上がった。年齢が3分の1の16歳松ケ...

リングにかける男たち

平成はボクシング熱引いた時代…令和はどんな時代に

平成が終わり、令和が始まった。日常に何ら変わりはないが、私は平成が始まる前年の1988年(昭63)入社。平成=社会人暮らし、つまりスポーツ新聞勤務やった。そこで...

プロレスの月曜日

黒潮“イケメン”二郎はジャケット脱いでもイケメン

<プロレスラーの相棒>黒潮“イケメン”二郎(26)は、トレードマークのジャケットを脱ぐこともいとわない。3月いっぱいで武藤敬司が起こしたW-1を退団したイケメン...

大相撲裏話

胸痛む黒ネクタイ取材…故人の人柄にじむ数々の言葉

4月30日に亡くなった大相撲の元特等床山、床寿の日向端隆寿さんの祭壇(2019年5月5日撮影)

黒ネクタイ着用の取材が続いた。4月中旬から先日まで、鬼籍に入られた4人の通夜、葬儀の取材は23日間で8日にも及んだ。元十両彩豪さんに始まり、シドニーオリンピック...

原功「BOX!」

3強が相次いで登場 ヘビー級も目が離せない

最重量級のヘビー級トップ戦線が再び熱くなってきた。「3強」といわれる3団体統一王者のアンソニー・ジョシュア(29=英)、WBC王者のデオンタイ・ワイルダー(33...

リングにかける男たち

77歳グレート小鹿の衰えぬ情熱 目標はギネス認定

グレート小鹿(08年12月撮影)

日本人最年長の現役プロレスラー、グレート小鹿が、4月28日の新潟プロレスの東区プラザホール大会で同団体の初代タッグ王座を獲得した。 この日は、77歳の喜寿の誕生...

プロレスの月曜日

BUSHIの魂 NO MASK NO LIFE

自慢のマスクを披露する新日本プロレスBUSHI

<プロレスラーの相棒>NO MASK NO LIFE-。「相棒」シリーズ第2回は新日本プロレスのユニット「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」メンバーのBUS...

大相撲裏話

けがに腐らずコツコツ志摩ノ海7年がかり令和新入幕

新入幕会見で自身のしこ名が載った番付表を指さす志摩ノ海(撮影・佐藤礼征)

平成元年生まれの苦労人が、令和初の新入幕を果たした。東前頭12枚目志摩ノ海(29=木瀬、本名・浜口航洋)は、12年夏場所の初土俵から7年かけて、幕内の座を勝ち取...

原功「BOX!」

ミドル級トップ戦線に再び熱 目が離せない状況続く

4日(日本時間5日)、米国ネバダ州ラスベガスでミドル級の世界王座統一戦が行われる。WBAスーパー王座とWBC王座を持つサウル・カネロ・アルバレス(28=メキシコ...

リングにかける男たち

いまだいない親子世界王者、令和初の快挙達成は…

辰吉寿以輝

日本のボクシングが本格的に始まったのは大正時代とされ、4つ目の時代となる令和に突入する。実際に定着したのは昭和から。プロは昭和6年に全日本プロ拳闘協会が設立され...

プロレスの月曜日

山田邦子ファン歴30年 若手応援が生き甲斐

<私とプロレス>「私とプロレス」と題し、プロレス好きの著名人が登場します。初回は芸能界屈指のプロレス好きで知られる山田邦子(58)。全国構わず足を運ぶプロレス観...

大相撲裏話

夏場所、みんなが見たいのは「怪力相撲の栃ノ心」

栃ノ心(2019年4月4日撮影)

夏場所の話題は何でしょう? 世間の注目は、新大関貴景勝がどうなるか、かな。平成最後の場所を制した横綱白鵬が“有言実行”で新元号最初の場所でも優勝するか、というの...

原功「BOX!」

WBSSバンタム級決勝に進むのはテテかドネアか

井上尚弥(26=大橋)が参戦している階級最強決定トーナメント、「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」のバンタム級準決勝第1試合、WBAスーパー...

リングにかける男たち

パッキャオにメイウェザー妄想かき立てるRIZIN

RIZINのリングに上がりあいさつするマニー・パッキャオ(2019年4月21日撮影) 横浜アリーナに、WOWOWのボクシング中継「エキサイトマッチ」のテーマ曲の...

プロレスの月曜日

里村明衣子のプロレス愛「仙女」を世界一の団体に

<プロレスの女>プロレス界の選手、レフェリー、スタッフら輝く女性たちの姿に迫る企画の第1弾は、センダイガールズプロレス(仙女)代表の里村明衣子(39)。経営者兼...