上へ戻る

ニッカン★バトル

ボクシングニュース

元アベジムの阿部徹会長が死去 昨年5月にジム休会

阿部徹氏(09年1月5日撮影)

元アベボクシングジムの阿部徹会長が脊髄硬膜外膿瘍(のうよう)のため、2月25日に死去した。62歳だった。日本プロボクシング協会が26日に発表した。故人及び遺族の...

関連するニュースを読む

井上尚弥ら5人出場の大橋ジムが500万円寄付

井上尚弥(2021年1月21日撮影)

東日本ボクシング協会総会が26日に都内であり、2月のスパーリングによるチャリティーイベントで、出場選手やジムから医療従事者らへの寄付金が集まっていることが報告さ...

関連するニュースを読む

日本ボクシング協会が5人の外部評議員設置

東日本ボクシング協会は26日に総会を開き、5人の外部評議員の設置を決めた。役員の選任、解任などをすることで透明性を高めるため。人選中で4月1日から施行される。 ...

関連するニュースを読む

開志学園・天井沢、小林、高木 大学でもボクシング

大学に進学する開志学園の左から小林、高木、天井沢

県高校ボクシング界の強豪・開志学園の3人の3年生が大学に進学してボクシングを続ける。女子ピン級の高木まりあは新潟医療福祉大、男子バンタム級の小林勇太は日大、同ミ...

五輪ボクシング、世界最終予選中止で出場権は絶望的

6月の東京オリンピック(五輪)ボクシング世界最終予選が新型コロナウイルスの影響で中止となったことを受け、同予選に臨む予定だった男子ライトヘビー級の梅村錬(岩手県...

関連するニュースを読む

元K1王者武居由樹が八重樫氏の“鬼指令”に悲鳴?

2週間後のボクシングデビュー戦を控え、八重樫トレーナー(右)の指導で下半身強化のメニューをこなす元K-1スーパーバンタム級王者の武居

K-1スーパーバンタム級王座を返上し、ボクシングに転向した武居由樹(24=大橋)が2週間後のデビュー戦に向け、コンビを組む元世界3階級制覇王者八重樫東トレーナー...

関連するニュースを読む

小原佳太の初防衛戦を発表 4・8坂井祥紀の挑戦

日本ウエルター級王座を獲得した小原佳太(2020年2月1日撮影)

三迫ボクシングジムが24日、日本ウエルター級王者小原佳太(34=三迫)の初防衛戦を発表した。 4月8日に東京・後楽園ホールで、同級6位坂井祥紀(30=横浜光)の...

関連するニュースを読む

亀田興毅氏がジム開設「3150ファイトクラブ」

亀田興毅氏(2019年6月21日撮影)

「浪速の闘拳」が大阪に帰ってくる。ボクシングの日本選手で初めて世界3階級制覇を果たした亀田興毅氏(34)が会長として、大阪市内にジムを開設することが22日、関係...

関連するニュースを読む

プロボクシング3月11日興行、スポーツ庁が視察へ

日本ボクシングコミッション(JBC)と日本プロボクシング協会は22日、新型コロナウイルス対策連絡協議会を開き、陽性者が出た場合への事前準備をよりしっかりするよう...

関連するニュースを読む

ライト級浦川が帝拳30人目新人王「知らなかった」

プロボクシング全日本新人王決勝戦のライト級を制した浦川(撮影・小沢裕)

<プロボクシング:全日本新人王決勝戦>◇21日◇東京・後楽園ホール◇ライト級◇無観客開催ライト級で、東軍の浦川大将(23=帝拳)が所属ジム通算30人目の新人王と...

関連するニュースを読む

奈良井翼が鮮やかTKOでボクシング新人王&MVP

プロボクシング全日本新人王決勝戦を制し記念撮影に臨む選手たち。左からミニマム級の小島、ライトフライ級の狩俣、フライ級の宝珠山、スーパーフライ級の久保、バンタム級の冨田、スーパーバンタム級の福永、フェザー級の平野、スーパーフェザー級の奈良井、ライト級の浦川、スーパーライト級の高畠、ウエルター級の山崎、ミドル級の中田(撮影・小沢裕)

<プロボクシング:全日本新人王決勝戦>◇21日◇東京・後楽園ホール◇スーパーフェザー級◇無観客開催スーパーフェザー級で、東軍の奈良井翼(21=RK蒲田)が鮮やか...

関連するニュースを読む

元東北大相撲部の中田勝浩が新人王 井岡弘樹ジム初

プロボクシング全日本新人王決勝戦のミドル級 4回、可兒(左)に右パンチを放つ中田(撮影・小沢裕)

<プロボクシング:全日本新人王決勝戦>◇21日◇東京・後楽園ホール◇ミドル級◇無観客開催ミドル級は元東北大相撲部という異色の経歴を持つ中田勝浩(29=井岡弘樹)...

関連するニュースを読む

サラリーマン能嶋宏弥が全日本新人王 ウエルター級

プロボクシング全日本新人王決勝戦のウエルター級 4回、山崎(左)に右パンチを放つ能嶋(撮影・小沢裕)

<プロボクシング:全日本新人王決勝戦>◇21日◇東京・後楽園ホール◇ウエルター級◇無観客開催ウエルター級は“サラリーマンボクサー”能嶋宏弥(25=薬師寺)が、明...

関連するニュースを読む

久保春平が喜界島初の全日本新人王 S・フライ級

プロボクシング全日本新人王決勝戦のスーパーフライ級を制した久保(撮影・小沢裕)

<プロボクシング:全日本新人王決勝戦>◇21日◇東京・後楽園ホール◇スーパーフライ級◇無観客開催スーパーフライ級で、東軍の久保春平(23=宮田)が4回TKO勝ち...

関連するニュースを読む

福永宇宙が四国ジム初の新人王 スーパーバンタム級

プロボクシング全日本新人王決勝戦のスーパーバンタム級を制した福永(撮影・小沢裕)

<プロボクシング:全日本新人王決勝戦>◇21日◇東京・後楽園ホール◇スーパーバンタム級◇無観客開催スーパーバンタム級は福永宇宙(23=黒潮)が矢斬佑季(29=花...

関連するニュースを読む

冨田風弥、強烈フックで業師の強敵倒しバンタム級V

プロボクシング全日本新人王決勝戦のバンタム級 3回、須藤(左)に右パンチを放つ冨田(撮影・小沢裕)

<プロボクシング:全日本新人王決勝戦>◇21日◇東京・後楽園ホール◇バンタム級◇無観客開催バンタム級は冨田風弥(22=伊豆)が3-0判定で須藤龍揮(21=RK蒲...

関連するニュースを読む

宝珠山晃がダウンも逆転でフライ級V「上を目指す」

プロボクシング全日本新人王決勝戦のフライ級を制した宝珠山(撮影・小沢裕)

<プロボクシング:全日本新人王決勝戦>◇21日◇東京・後楽園ホール◇フライ級◇無観客開催フライ級決勝は、東軍の宝珠山晃(24=三迫)が逆転勝ちで全日本新人王の称...

関連するニュースを読む

狩俣綾汰が宮古島出身初の新人王「前にいく事しか」

4回、木村(左)に右パンチを放つ狩俣(撮影・小沢裕)

<プロボクシング:全日本新人王決勝戦>◇21日◇東京・後楽園ホール◇ライトフライ級◇無観客開催ライトフライ級で、東軍の狩俣綾汰(25=三迫)が判定勝ちを収め、沖...

関連するニュースを読む

小島蓮、ジム初の全日本新人王「絶対勝ちたかった」

プロボクシング全日本新人王決勝戦のミニマム級を制した小島(撮影・小沢裕)

<プロボクシング:全日本新人王決勝戦>◇21日◇東京・後楽園ホール◇ミニマム級◇無観客開催ミニマム級は小島蓮(19=江見)が佐々木凌(26=レパード玉熊)を3-...

関連するニュースを読む

新人王決定戦出場2人がコロナ陽性で2階級試合中止

日本ボクシングコミッション(JBC)は20日、全日本新人王決勝戦(21日、東京・後楽園ホール)に出場する2選手が新型コロナウイルス検査で陽性判定を受けたと発表し...

関連するニュースを読む