上へ戻る

ニッカン★バトル

ボクシングニュース

前世界王者・伊藤雅雪の再起第2戦中止、左腕痛める

伊藤雅雪(18年12月撮影)

ボクシング前WBO世界スーパーフェザー級王者伊藤雅雪(28=横浜光)が20日に左腕を痛め、2月2日の中国・海南島での再起第2戦が中止となった。 WBO世界ライト...

関連するニュースを読む

山中竜也さん妹菫がプロ挑戦 狙うは兄妹世界王者

20年の必勝祈願を行う真正ジムの所属ボクサーたち(撮影・加藤雄一)

ボクシングの元WBO世界ミニマム級王者山中竜也さん(25)の妹菫(相生学院高3年)がプロ挑戦を決めたことが21日、分かった。 真正ジムの山下正人会長(57)が明...

関連するニュースを読む

木村翔2・15再起戦は花形ジム所属、当日試合限定

木村翔(2019年5月14日撮影)

ボクシング前WBO世界フライ級王者木村翔(31)が、花形ジム所属で再起戦に臨むことになった。花形会長が20日に明らかにした。2月15日にフィリピン・マニラで、元...

関連するニュースを読む

チャオズ箕輪が世界王座逃す、3度目挑戦も判定負け

チャオズ箕輪(2016年9月21日撮影)

ボクシングWBC女子世界ライトフライ級暫定王座戦が18日にメキシコ・グアダラハラであり、チャオズ箕輪(32=ワタナベ)が3度目の世界挑戦も、王座獲得はならなかっ...

関連するニュースを読む

竹迫司登が大差判定で2冠王者「倒せず悔しい」

2冠王者となった竹迫司登

<ボクシング東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ12回戦>◇18日◇東京・後楽園ホール東洋太平洋ミドル級1位竹迫司登(28=ワールド)が王座を奪取し、日本との2冠王...

関連するニュースを読む

井上岳志が初防衛、序盤2度ダウン奪い相手が棄権

井上岳志

<プロボクシング:WBOアジアパシフィック・スーパーウエルター級タイトルマッチ12回戦>◇18日◇東京・後楽園ホールボクシングのWBOアジアパシフィック・スーパ...

関連するニュースを読む

井上尚弥-ドネア戦が全米記者協会の年間最高試合

ボクシングWBSS世界バンタム級トーナメント 決勝 井上尚弥対ノニト・ドネア 5回、ドネア(手前)を激しく攻める井上尚弥(2019年11月7日撮影)

全米ボクシング記者協会は17日、2019年の各賞を発表し、年間最高試合に井上尚弥(大橋)がノニト・ドネア(フィリピン)を判定で下した11月7日のワールド・ボクシ...

関連するニュースを読む

細川チャーリー忍、竹迫司登ともに前日計量クリア

計量をクリアした王者細川チャーリー忍(左)と挑戦者竹迫司登

ボクシングで今年最初のタイトル戦の前日計量が17日に都内で行われた。メインの東洋太平洋ミドル級は、王者細川チャーリー忍(35=金子)が72・3キロ、同級1位竹迫...

関連するニュースを読む

井上岳志が初防衛戦でKO狙う「調整はバッチリ」

アジア太平洋スーパーウエルター級王者の井上岳志

ボクシングで今年最初のタイトル戦の前日計量が17日に都内で行われた。セミのアジア太平洋スーパーウエルター級王者井上岳志(30=ワールド)は69・4キロ、同級4位...

関連するニュースを読む

井上尚弥いとこ浩樹、永田に負けたら漫画描きます

チャンピオンカーニバルで対戦する日本スーパーライト級王者井上浩樹(左)と永田大士

ボクシングの今年のチャンピオンカーニバル日程が16日、都内で発表された。 2月1日のウエルター級から始まり、13階級で日本王座を争う。3月16日の東京・後楽園ホ...

関連するニュースを読む

田中恒成がフライ級スーパー王者に WBOが認定

WBO世界フライ級タイトルマッチ 3回、田中(右)はトロハツに左アッパーを打ち込みKO勝ち(19年12月31日撮影)

WBOは13日、昨年末にフライ級で3度目の王座防衛を果たした田中恒成(畑中)をスーパー王者に認定すると発表。 抜群の実績を評価されたもので、世界的な知名度を誇る...

関連するニュースを読む

井上尚弥らボクシング最優秀選手賞候補 2・7発表

アリトロフィーを掲げる井上尚弥(2019年11月7日撮影

日本ボクシングコミッションと東京運動記者クラブのボクシング分科会が12日、都内で19年の年間表彰ノミネート選考会を開いた。 最優秀選手賞候補はワールド・ボクシン...

関連するニュースを読む

エスクエルド、賞金マッチ2試合110万円荒稼ぎ

内山高志氏(右)から賞金を受け取ったマービン・エスクエルド

<ボクシング:内山高志Presents KNOCK OUT DYNAMITE賞金マッチトーナメント決勝>◇12日◇東京・後楽園ホールKO期待の5回戦での賞金トー...

関連するニュースを読む

ボクシング強化負担金を高校生から不適切徴収 福岡

日本ボクシング連盟が各都道府県連盟から集める強化のための負担金に関し、福岡県連盟が高校生の選手らに負担を求めて理事の個人名義の振込口座を使うなど、不適切な対応を...

関連するニュースを読む

日本ミニマム級王者田中教仁、世界戦へ向け王座返上

田中教仁

ボクシング日本ミニマム級王者田中教仁(34=三迫)が10日、世界戦の準備のために王座を返上した。 昨年1月に日本王座を獲得し、6月に初防衛していた。世界ランクで...

関連するニュースを読む

体重超過で王座剥奪の比嘉大吾、再起戦へ「集中」

練習を公開した元WBC世界フライ級王者比嘉

ボクシングの元WBC世界フライ級王者で、18年4月の防衛戦で体重超過により王座を剥奪された比嘉大吾(24=白井・具志堅スポーツ)が10日、2月13日の再起戦(東...

関連するニュースを読む

村田諒太の対戦候補アルバレスが東京での試合に興味

WBA世界ミドル級選手権 村田諒太対スティーブン・バトラー 2回、バトラー(左)に強烈な右フックを食らわす村田(19年12月23日撮影)

スポーツ・イラストレーテッド誌(電子版)は6日、ボクシング界最強の評価もあるサウル・アルバレス(メキシコ)が東京での試合開催に興味を示したと報じた。 「カネロ」...

関連するニュースを読む

黒田雅之が現役続行を表明、3度目の世界挑戦目指す

現役続行を表明した黒田雅之(右)と新田会長

ボクシング前日本フライ級王者黒田雅之(32=川崎新田)が、3度目の世界挑戦を目指して現役を続行する。7日に川崎市内のジムで表明した。 昨年5月に6年ぶりで、IB...

関連するニュースを読む

井上尚弥の右目経過は良好、1月末から次戦へスパー

ジムワークを再開した井上尚弥(撮影・奥山将志)

ボクシングの2団体(WBAスーパー、IBF)統一バンタム級王者井上尚弥(26=大橋)が6日、横浜市内で20年最初のジムワークを行った。 弟の前WBC同級暫定王者...

関連するニュースを読む

井岡初防衛「ボクシングトリプル世界戦」9・4%

9回、井岡はシントロンに右ストレートを打ち込む(撮影・山崎安昭)

昨年12月31日にTBS系で生放送された「ボクシング トリプル世界戦」(午後5時)の視聴率が6・1%(関東地区)だったことが6日、ビデオリサーチ調べで分かった。...

関連するニュースを読む