上へ戻る

ニッカン★バトル

大相撲
九州場所 全取組詳細
女子プロレス
10・25CMLL-REINAフォトギャラ

新着ニュース

モンゴル出身水戸龍が新十両「入れ替え戦」照強下す

<大相撲九州場所>◇14日目◇25日◇福岡国際センター  東幕下4枚目の水戸龍(23=錦戸)が、来年初場所(1月14日初日、東京・両国国技館)での新十両昇進を確...

関連するニュースを読む

妙義龍が休場、左膝半月板損傷 幕内合計9人

19日、魁聖(右)に押し出しで勝利する妙義龍

 日本相撲協会は九州場所14日目の25日、西前頭15枚目の妙義龍(31=境川)の休場を発表した。  「左膝半月板損傷」との24日付の診断書も公表し、2週間の安...

関連するニュースを読む

隠岐の海「稽古しない」と言われた男が変わったワケ

栃ノ心(左)を下手投げで破る隠岐の海(撮影・栗木一考)

<大相撲九州場所>◇13日目◇24日◇福岡国際センター  八角部屋コンビが2敗を守った。東前頭12枚目の隠岐の海(32=八角)は西前頭6枚目の栃ノ心に上手を引か...

関連するニュースを読む

ビール瓶論争に新証言 貴ノ岩流血…シャンパン瓶も

「ビール瓶」を巡る発言(敬称略)

 10月下旬に鳥取市内で起きた横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)による、平幕貴ノ岩(27)への暴行問題で、暴行された直後の26日未明、貴ノ岩が同市内の病院で応急処...

関連するニュースを読む

北勝富士「普通の人じゃない」願い届かず白鵬勝利

嘉風(左)を寄り切り2敗を守った北勝富士(撮影・岡本肇)

<大相撲九州場所>◇13日目◇24日◇福岡国際センター  平幕北勝富士(25=八角)が関脇嘉風を寄り切り、自己最多の11勝。辛くも1敗を守った横綱白鵬を1差で追...

関連するニュースを読む

ランキング

うっかり振分親方の予約忘れにファインプレーの声も

振分親方

 日馬富士の暴行問題に揺れる九州場所9日目に、さらなる“激震”が走ったのは打ち出し後だった。高砂一門の一門会中止-。八角理事長(元横綱北勝海)らが所属する一門...

名ばかりの4横綱時代 直接対決2場所連続なし

大相撲九州場所、日馬富士などの休場を知らせる貼り紙(17年11月19日撮影)

 白鵬が10日目まで全勝で後続に2差をつけ、独走Vを決めるかに思われたが、前日11日目に敗れて1差に接近。土俵外の話題が先行した場所が、ようやく熱気を取り戻し...

3横綱にファン厳しい声も「僕が横審なら引退勧告」

土俵入りする横綱稀勢の里(2017年10月4日撮影)

 4横綱のうち3人が、またいなくなった。全休の鶴竜、3日目からの日馬富士に続き、稀勢の里。3横綱休場は2場所連続だ。最初に4横綱がそろったのは1917年(大6...

懸賞金はひょんなつながり、安美錦と高須クリニック

高須クリニックの懸賞幕(17年9月11日、撮影・小沢裕)

 今年の大相撲を象徴する1つに「懸賞」がある。何と言っても数の多さ。とうとう、9日目で初めて年間の懸賞総本数が1万本を超えた。土俵上で直接手渡される手取りだけ...

振分親方本当はサインしたいけど…

振分親方(17年3月20日撮影)

 角界の人気者、振分親方(41=元小結高見盛)が、もどかしい思いで日々を過ごしている。日馬富士の暴行が発覚し、土俵外が注目される。そんな中、取組中に2階席の通...

バトルコラム

大相撲裏話

名ばかりの4横綱時代 直接対決2場所連続なし

大相撲九州場所、日馬富士などの休場を知らせる貼り紙(17年11月19日撮影)

 白鵬が10日目まで全勝で後続に2差をつけ、独走Vを決めるかに思われたが、前日11日目に敗れて1差に接近。土俵外の話題が先行した場所が、ようやく熱気を取り戻し...

大相撲裏話

うっかり振分親方の予約忘れにファインプレーの声も

振分親方

 日馬富士の暴行問題に揺れる九州場所9日目に、さらなる“激震”が走ったのは打ち出し後だった。高砂一門の一門会中止-。八角理事長(元横綱北勝海)らが所属する一門...

大相撲裏話

3横綱にファン厳しい声も「僕が横審なら引退勧告」

土俵入りする横綱稀勢の里(2017年10月4日撮影)

 4横綱のうち3人が、またいなくなった。全休の鶴竜、3日目からの日馬富士に続き、稀勢の里。3横綱休場は2場所連続だ。最初に4横綱がそろったのは1917年(大6...

原功「BOX!」

4階級制覇のコットが引退へ、有終の美を飾れるか

 4階級制覇の実績を持つWBO世界スーパーウエルター級王者、ミゲール・コット(37=プエルトリコ)が12月2日(日本時間3日)、米国ニューヨークのマジソン・ス...

大相撲裏話

懸賞金はひょんなつながり、安美錦と高須クリニック

高須クリニックの懸賞幕(17年9月11日、撮影・小沢裕)

 今年の大相撲を象徴する1つに「懸賞」がある。何と言っても数の多さ。とうとう、9日目で初めて年間の懸賞総本数が1万本を超えた。土俵上で直接手渡される手取りだけ...

女子プロ写真特集

参加した選手で記念撮影

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。