上へ戻る

ニッカン★バトル

新着ニュース

湯場忠志氏の長男海樹TKO勝ち「ホッとしてる」

湯場は勝利後に父忠志さん(右)とポーズ

 プロボクシングで初めて国内5階級制覇の湯場忠志氏(38)の長男海樹(かいき、18=都城レオ)が28日、東京・後楽園ホールの62・0キロ契約6回戦でデビューし、...

関連するニュースを読む

閉じる

新日本「ニュージャパン・カップ」組み合わせ決定

 新日本プロレスの春のシングルNO・1決定戦「ニュージャパン・カップ2017」の組み合わせが28日決定した。  大会はIWGPヘビー級王者オカダ、同インターコン...

関連するニュースを読む

閉じる

高山勝成、独身のまま高校卒業 次は大学で婚活だ

卒業式後に教室でクラスメートとの時間を過ごす高山勝成(撮影・松本航)

 結婚はまだ先です…。プロボクシングのWBO世界ミニマム級王者高山勝成(33=仲里)が28日、愛知・菊華高(名古屋市守山区)の卒業式に出席した。  15年12月...

関連するニュースを読む

閉じる

豪栄道、負傷後初の立ち合い確認 相撲は今週末から

力士会に訪れた大関豪栄道

 大相撲初場所12日目の遠藤戦で右足首を負傷して休場した大関豪栄道(30=境川)が28日、春場所(3月12日初日)が行われるエディオンアリーナ大阪で開かれた力士...

関連するニュースを読む

閉じる

石浦「ちびっこギャング」元関脇鷲羽山への憧れ語る

トークショーを行った石浦(撮影・木村有三)

 西前頭11枚目の石浦(27=宮城野)が28日、大阪市内でトークショーを行った。「ちびっこギャング」と言われ175センチ、110キロの体で活躍した元関脇鷲羽山へ...

関連するニュースを読む

閉じる

ランキング

「気は長く、腹は立てず」土俵の鬼の教えが染みる

「土俵の鬼」の初代若乃花の花田勝治さんが記した字

 残念ながら、お目にかかったことも、話を聞いたこともない。「土俵の鬼」と呼ばれた初代横綱若乃花であり、元二子山理事長の花田勝治さんに。  周りの人からは「厳しか...

閉じる

内藤哲也自戒の言葉「トランキーロ」新日でブレーク

内藤哲也(写真は2017年1月4日)

 2016年のプロレス界の流行語大賞を選ぶなら、おそらく「トランキーロ」で決まりだろう。新日本プロレスで大ブレークした内藤哲也(36)の決めぜりふだ。15年5月...

閉じる

湯場忠志氏の長男海樹TKO勝ち「ホッとしてる」

湯場は勝利後に父忠志さん(右)とポーズ

 プロボクシングで初めて国内5階級制覇の湯場忠志氏(38)の長男海樹(かいき、18=都城レオ)が28日、東京・後楽園ホールの62・0キロ契約6回戦でデビューし、...

閉じる

後藤洋央紀が2度目の防衛「知らない相手だった」

NEVER無差別級王座の2度目の防衛に成功した後藤洋央紀

<新日本:後楽園大会>◇27日◇後楽園ホール NEVER無差別級王者後藤洋央紀(37)が挑戦者のパニッシャー・マルティネス(ROH)を下し、2度目の防衛を果たし...

閉じる

メキシコ遠征中の新日本ヨシタツ、異例のメイン

 新日本プロレスと提携するメキシコCMLLは26日(日本時間27日)、同団体に遠征中の新日本のヨシタツ(39)が3月3日(同4日)のアレナメヒコ大会のメインでシ...

閉じる

コラム

原功「BOX!」

ワイルダー5度目防衛戦は異色の経歴のワシントンと

 08年にプロデビューしてから37戦全勝(36KO)という驚異的なレコードを残しているWBC世界ヘビー級王者、デオンタイ・ワイルダー(31=米)の5度目の防衛戦...

閉じる

リングにかける男たち

内藤哲也自戒の言葉「トランキーロ」新日でブレーク

内藤哲也(写真は2017年1月4日)

 2016年のプロレス界の流行語大賞を選ぶなら、おそらく「トランキーロ」で決まりだろう。新日本プロレスで大ブレークした内藤哲也(36)の決めぜりふだ。15年5月...

閉じる

大相撲裏話

「気は長く、腹は立てず」土俵の鬼の教えが染みる

「土俵の鬼」の初代若乃花の花田勝治さんが記した字

 残念ながら、お目にかかったことも、話を聞いたこともない。「土俵の鬼」と呼ばれた初代横綱若乃花であり、元二子山理事長の花田勝治さんに。  周りの人からは「厳しか...

閉じる

推しメシ!!

大島親方も心休まる「華木綿」絶品ソルロンタン

「てんぷら」…まずはししとうのてんぷら、干しイカの和え物からスタート

 暑い名古屋といえば、ウナギ…と言いたいところだが、大島親方(元関脇旭天鵬)のイチオシは韓国料理だ。 大島親方  愛知・海部郡にある「華木綿(はなもめん)」は、...

閉じる

女子プロ写真特集

デビュー1周年で初勝利の桃野

当サイトに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。