上へ戻る

日刊スポーツ for au

ランキング

世界に挑んだ2人のボクサー、熱い会長とこれからも

高橋竜平

モンスター井上尚弥がいよいよ5月にボクシング発祥の地英国に初上陸する。海外は17年の米国以来2試合目。初の団体統一戦で19年の黄金カード第1弾となる。井上に限らず日本勢の海外進出はどんどん増えそうだ。今年もここまでの世界戦は米国での2試合。2人とも壁にはね返されたが、印象に残るボクサーで熱い会長だった。

横浜光ジムの高橋竜平は11回TKO負けした。東洋大ではレギュラーにも入れず、12年のプロデビューも初回TKO負け。そこから米ニューヨークにある格闘技の殿堂マディソンスクエアガーデンにたどり着いた。試合の正式決定は1週間前も、石井一太郎会長は「可能性は0%でない」と迷うことなく受けた。

会長は明大時代にボクシングを始め、日本、東洋太平洋王座を獲得した。宮川会長から勧められてトレーナーに転身したが、2年後にその会長が急逝した。元々は会長が会社経営のかたわら開設。存亡危機となったが12年に跡を継ぎ、世界王者を3人育てたジムの歴史をつないだ。

現役時に海外修行経験もあり、積極的に海外での試合もマッチメークする。高橋も17、18年とタイでの試合で成長させ、世界ランクを上げたのが世界戦に結び付いた。選手指導は基本的にトレーナーに任せて「選手をリングに上げるのが仕事」と話す。

14年には動画配信サイトも立ち上げた。裏話や臆せず物言う専門誌の連載コラムも評判だ。36歳とこの業界では若く革新的会長だ。

ワールドスポーツジムの井上岳志は、斉田竜也会長と同じ駿台学園、法大を経て入門した。米ヒューストンでNBAロケッツがホームのトヨタセンターで世界挑戦。判定は2人がフルマークも、全勝のスター候補王者にひけをとらず「偉大なファイター」と言わせた。

斉田会長は国体と全日本を制したトップアマだった。卒業後はダイエーに入社も1年半で退社。「ボクシングの世界が恋しくなって」と、ジム開設を前提に国際ジムでトレーナーに転身した。足立区の若手経営者を支援する無利子で資金を貸すシステムを利用。05年に東京・竹の塚のビルを買い取ってジムを開いた。

1年以上かけて、昨年5月にリニューアルオープンした。3、4階が練習場で、6、7階は合宿所。更衣室のある2階には整骨院も併設され、会員は割引料金という。さらに5階には銭湯とサウナがあり、会員は無料で利用できる。

「合宿希望者は断っている」という状況から、現在は整骨院を1階に移し、2階も合宿所にする工事が進んでいる。実に豪華で近代的な日本初の銭湯付きジム。やり手の会長の下へ今後も有望選手が集まりそうだ。

高橋も井上も世界への思いはより強くなり、再挑戦を期す。二人三脚の歩みはまだ続く。【河合香】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「リングにかける男たち」)

井上岳志

棚橋が宮原に「僕を超える素材」関本にもラブコール

コーナーに上ってポーズを決めた棚橋弘至(右)に宮原健人も同じポーズで返す(撮影・河田真司)

<ジャイアント馬場没20年追善興行>◇19日◇両国国技館

団体の垣根を越えた夢のタッグマッチが馬場さん追善興行のメインを飾った。

新日本のエース棚橋弘至(42)がヨシタツ(41)と組み、5年前の幻のタッグチーム「ザ・ワールド」を再結成。対するのは3冠ヘビー級王者で全日本エースの宮原健斗(29)、かつて馬場さんも巻いた世界タッグ王者で大日本の顔、関本大介(38)。

65年前、日本で初めて本格的な興行が行われた「プロレスの日」に、各団体のトップが激突した。20分超の激闘を制したのは宮原。ヨシタツをシャットダウン式スープレックスホールドで沈め「ありがとう両国!」と絶叫した。試合後は「プロレスは最高ですかー」と観客をあおり、棚橋とともに「プロレスを最高に、愛してまーす」と叫んで、締めくくった。

試合後、棚橋は初対戦の宮原、関本を絶賛した。宮原を「宝」と表現し「人間が持っているハートの部分で屈託がない。明るい光を放っている。昔の棚橋、いや僕を超える素材」とほめちぎった。関本についてもラリアット、逆水平などの技術をたたえ、「関本選手対新日本プロレスの選手、ぜひまた何らかの形でつながっていけたら」とラブコールを送った。

かねて棚橋をリスペクトしてきた宮原はこの日の輝きでは「負けてない」と胸を張りながらも「やっぱりカリスマ性が違う」とすごさを実感。「僕としては唯一追いかけたい背中。今日当たれたことに何かプロレスの神様が与えてくれた意味があると思う」と語った。棚橋から対抗戦の誘いを受けた関本は「大日本をもっと大きくしたい気持ちがあるので、チャンスがあれば殴り込みたい」と対決実現に意欲をみせた。

閉会セレモニーでジャイアント馬場さんの写真とともに記念撮影する棚橋ら(撮影・河田真司)

猪木氏が終生のライバル馬場さんに捧げる「ダー!」

ジャイアント馬場没20年追善興行のオープニングであいさつに登場したアントニオ猪木氏は会場と一緒に「1、2、3、ダー!」(撮影・河田真司)

<ジャイアント馬場没20年追善興行>◇19日◇両国国技館

アントニオ猪木氏(76)が、終生のライバル、馬場さんの没20年追善興行に「1、2、3、ダー!」で花を添えた。オープニングセレモニーに登場すると、ジョークを交えた軽妙なあいさつで健在をアピール。最後は得意のパフォーマンスで、主要11団体が集結した平成最後のオールスター戦を盛り上げた。試合終了後には追悼セレモニーも行われ、馬場さんをしのんで10カウントゴングも鳴らされた。

   ◇   ◇   ◇

馬場さんの全日本と、猪木の新日本が、同じ会場でファンを盛り上げた。全日本のテーマ曲に続き、オープニングセレモニーで登場したのは猪木だった。リングにはあえて上がらず「元気ですかー!」と声を張り上げた。8800人の超満員の観衆に「20年ぐらいになると忘れられる人が多いが、今日は会場にたくさんの方に来ていただいて、ジャイアント馬場に成り代わりお礼を申し上げます」と、終生のライバルに代わって頭を下げた。

猪木は、60年4月に力道山にスカウトされて入門。道場には、プロ野球巨人から先に入門していた馬場さんがいた。同年11月の同日に2人はデビュー。若手時代は、1杯のラーメンを2人で分け合い、年上の馬場さんから背広をプレゼントされたこともあった。そんな2人が全日本と新日本に別れ、ともに経営者としてしのぎを削った。

「ある日ホテルですれ違ったとき『お前はいいなあ』と馬場さんに言われました。私がいつも挑戦し続けたので、馬場さんも困っていた。馬場さんには、さんずの川で待っているという手紙をもらいました」と、ジョーク交じりに馬場さんをしのんだ。

昨年8月に腰の手術を受け、一時は車いすに乗っていたが、今年1月4日にはパラオで始動。懸命なリハビリを続け元気な姿でリングに戻ってきた。動と静、攻めと守りの興行、長年の2人の関係を「合わせ鏡」と表現した猪木は、馬場さんの没20周年記念興行が決まると、出席のため日程を調整した。

猪木の“開会宣言”でスタートした興行は、11団体61人が熱戦を繰り広げ、平成最後のオールスター戦を彩った。メインイベントの後には、出場全選手に、国内外からのレジェンドが加わり、リングに集結した。新日本の坂口征二相談役が「馬場さんも天国からこの大会を喜んでいると思います」とファンに語りかけ、追悼の10カウントが鳴らされた。【桝田朗】

ジャイアント馬場没20年追善興行のオープニングであいさつに登場したアントニオ猪木(撮影・河田真司)

呪術師ブッチャーさん78歳引退式典に感動と寂しさ

アブドーラ・ザ・ブッチャーさん(中央)引退セレモニーで記念撮影する、左から坂口征二、武藤敬司、2人置いてドリー・ファンク、スタン・ハンセン(撮影・河田真司)

<ジャイアント馬場没20年追善興行>◇19日◇両国国技館

呪術師アブドーラ・ザ・ブッチャーさん(78)の引退セレモニーが、第3試合の後に行われた。

全日本、新日本で活躍し12年に引退表明したブッチャーさんは車椅子でリング上に登場。ミル・マスカラス、初代タイガーマスク、武藤敬司、スタン・ハンセンらレジェンドから花束を贈られた。ブッチャーさんは「ここにジャイアント馬場さんがいてくれたら完璧だった。若い人には親を大切にしろと言いたい」と日本のファンに最後のあいさつをし、満足そうに、10カウントゴングを聞いた。

セレモニーを終えたブッチャーさんは「最高でした」。同時に「昔のレジェンドでもういない人もいる」とさみしさも痛感した様子だった。長年の付き合いのマネジャーと親友を亡くしたばかりで、悲しみの中にいるが「みんないつかはあの世にいく。近い将来はいやです。もうちょっといたいです」と長生きを望んだ。「リングでも言いましたが自分の親を施設にぶち込まず、最後まで親の面倒を見てください」とファンに親孝行するよう念押しでメッセージを送った。

アブドーラ・ザ・ブッチャーさん(左)引退セレモニーで花束を渡す武藤敬司(撮影・河田真司)

棚橋が幻のタッグ復活で競演、馬場さん得意技で追善

棚橋弘至(右)は宮原健斗にランニングネックブリーカードロップを浴びせる(撮影・河田真司)

<ジャイアント馬場没20年追善興行>◇19日◇両国国技館

馬場さん追善だからこそ実現した夢のタッグマッチがメインを飾った。

新日本のエース棚橋弘至(42)がヨシタツ(41)と組み、5年前の幻のチーム「ザ・ワールド」が復活。対するのは全日本のエースで三冠ヘビー級王者の宮原健斗(29)と、かつて馬場さんも巻いた世界タッグ王者で大日本のエース関本大介(38)。宮原は馬場さんの親族に頼み、三冠統一される前の3つの旧ベルトを含めた4本を巻いて登場。棚橋は馬場さんの得意技ランニングネックブリーカードロップを宮原に決めるなど、随所にリスペクトが込められた。

20分超の激闘は、宮原がヨシタツをシャットダウン式スープレックスホールドで沈めて勝利。初対戦した棚橋から「宝」と絶賛された宮原は「きょうは棚橋さんと輝きたいというのがテーマだった。帰ったら、どっちが輝いていたかチェックしたい。負けてないんじゃないかな」と胸を張った。

棚橋弘至(左)は関本大介からドロップキックを浴びる(撮影・河田真司)
棚橋弘至(左)は関本大介から強烈なチョップを浴びる(撮影・河田真司)

力道山の息子・百田光雄がV「1試合1試合楽しむ」

井上(手前)に必死で技をかけに行く百田(撮影・浅見桂子)

<ジャイアント馬場没20年追善興行>◇19日◇両国国技館

力道山の息子で、かつて全日本で馬場さんと「ファミリー軍団」を組んでいた百田光雄(70)が、第1試合の13人バトルロイヤルに出場。井上雅央をサムソンクラッチで沈め、優勝した。

大先輩のために力を振り絞った百田は「ちょっとでも頑張れればと思っているけど、70歳になったから厳しいよね。いつ試合ができなくなるか分からないから1試合1試合楽しむ以外ないね」と語り、天国の馬場さんに向けて「馬場さんより10年も長くやってます。少しでも長くやりたいと思っているので、見守ってください」と呼びかけた。

井上に勝利し、握手で喜ぶ百田(撮影・浅見桂子)

馬場さんの付け人務めた大仁田厚「愛してましたー」

第3試合 勝利の雄たけびを上げる大仁田(撮影・河田真司)

<ジャイアント馬場没20年追善興行>◇19日◇両国国技館

かつて馬場さんの付け人を務めた大仁田厚(61)がデスマッチで馬場さんへの愛を表現した。

黒い革ジャンを着て登場し、76歳のグレート小鹿をパイプイスで殴打し、佐藤を机にたたきつけるなど大暴れ。有刺鉄線ボードに投げられ流血し、巨人石川に持ち上げられピンチになったが、すかさず仕込んでいた赤い毒霧を噴射し応戦。最後は仲間の鈴木が勝利をおさめ、リング上で「社長を愛してましたー!」と叫んだ。

73年に全日本に入門。歴代5代目の馬場さんの付け人を3年半務めた。「ろくでもない付け人だったが、かわいがってもらった」とプロレスだけでなく生き方すべてを学んだ師匠に感謝の言葉を連ねた。けがを繰り返してきた両膝は限界で、今日20日人工関節を入れる手術を受ける。「これで悔いなく手術台にのれる」と、この1戦に力を出し尽くした。

第3試合 グレート小鹿(右)にパイプイスで攻める大仁田(撮影・河田真司)

画びょう34万個、ファンとともに作ったデスマッチ

画鋲をリングにまく高橋匡哉(2019年1月14日撮影)

その晩、後楽園ホールの6メートル四方のリングは金色の海と化した。

1月14日に行われた大日本プロレスのBJW認定デスマッチヘビー級選手権。この日のために集められた画びょうの数は史上最多の34万4440個。ファンの愛がこもったその海の上で、王者高橋匡哉(32)と挑戦者伊東竜二(42)が、画びょうを用いてあの手この手で技をかけ合う。

その度に飛び散る画びょうに照明の光が反射し、きらきらと輝いた。両者の体も徐々に血の赤で染まっていく。加えて凶器に使われた蛍光灯の白い破片も彩りを添えた。激しいデスマッチでありながら、あまりに美しいその試合はその後もずっと筆者の頭から離れなかった。

SNSなどを通じ、34万もの画びょうが集まったその事象自体も非常に興味深かった。歴史に残るこの一戦について、2月頭、高橋、伊東の2人にあらためて話を聞いた。

「挑戦しないとだめ。飽きさせないのが仕事」と語る高橋匡哉(撮影・高場泉穂)

高橋 あの画びょう1つ1つがお客さんの気持ち。お客さんがいなかったら成立しませんでした。感謝しています。

異常な金色の舞台を作り上げたのは大日本の熱烈なファンだった。きっかけは1月2日。高橋がタイトルを初防衛した直後、次戦で戦う伊東のデビュー20周年にかけ、画びょう2万個マッチを提案。すると伊東が「全然足りない」と、これまでの最大5万個を超える20万個を要求した。

しかし、14日の試合までわずか12日間。提案した伊東でさえ「10万個でも集まればいいかな」と思っていたが、ファンの熱は伊東らの予想をはるかに超えていた。募集開始から2日後の1月4日。新木場での試合で、さっそく持ち込みがあった。

高橋 お客さんが僕のところに来て、「ネット通販で画びょう買い占めました。売り切れにしました」と。そのすぐ後に来たお客さんは「すいません、高橋さん。サイトで画びょう探したんですが、売り切れていました」と。買い占めた人そこにいるよと(笑い)。とんでもないことになるなと思いました。

そこから毎日のように横浜にある道場に郵送で画びょうが届いた。1週間もしないうちに数は軽く10万個を超え、試合前日と当日の持ち込みで34万個に達した。

「いい意味で、この人たちはイカれているなと思った」と高橋。画びょうが満杯につまった大型バケツ4個がリングの上に置かれ、それを2人がまくところから試合は始まった。

「20年、30年たってもデスマッチの中心にいたい」と語る伊東竜二(撮影・高場泉穂)

伊東 あんだけの量があったので、全部使わなきゃだめだろう、と。そんなつもりでした。まこうとしてバケツに手をかけた瞬間、重たいなぁ、と。何十キロとかあったと思います。

白いマットに画びょうが敷き詰められたが、それはただの敷物ではない。2人は画びょうをさまざまな方法で使った。特にベテラン伊東のアイデアが光った。

試合序盤に持ち込んだのは、粘着テープを巻き付けたバット。それに衣のように画びょうをまぶして、高橋を殴打した。凶器制作のきっかけはその数日前。大のプロレス好きで知られる芸人、東京03の豊本明長とテレビで共演。その際にアドバイスをもらったという。

伊東 豊本さんが(バットに)マグネットをつけてやったらどうだと提案をくれたんです。でも、マグネットだとふる度にいろんなところに飛んでいっちゃうので、粘着テープを購入しました。

高橋をあおむけに寝かせ、その上にスコップで画びょうをふりかけて、たたく。砂遊びのような攻めも披露した。

伊東 片付け用にスコップを使うといっていたので、試合後に使うぐらいなら試合中に使ってやろう、と。今までの画びょうマッチでは使ったことはなかったです。

趣味の読書や釣り、普段の生活のあらゆる場面で「プロレスに使えないかなと思って生きている」という伊東のひらめきがさえた。

試合は王者高橋が伊東をブレーンバスターで投げ、最後は蛍光灯の上にたたきつけて2度目の防衛に成功。試合後、会場は湿度のある熱気と、幸福感さえ漂う不思議な雰囲気に包まれた。

やぼな質問だと思いながら2人に聞いたが、画びょうはやっぱり相当痛いらしい。それでもデスマッチファイターは戦うことをやめない。「2度とやらなくていいかなと思いながら、50万個ぐらいでもいけるんじゃないかな、と思う気持ちもあります」と伊東は笑った。

凶器を用いるデスマッチは決してメジャーな形式ではない。流血を嫌う人も少なくないだろう。ただ、そこには体だけでは表現できない奥行きがある。大日本の登坂栄児社長はその魅力を「身近なものでお客様も同様に痛みを共有できる。戦うことが、生きているということを感じるものだと共感できる一つの試合形式ではないか」と語る。

今後も大日本プロレスでは観客とともに作り上げるデスマッチを続けるという。常軌を逸した企画に期待したい。【高場泉穂】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「リングにかける男たち」)

34万個画鋲デスマッチを終え、リングに転がる伊東竜二(奥)と高橋匡哉(2019年1月14日撮影)

元幕内力士、時津洋葬儀「ゆっくり休んでくれよ」

99年5月、夏場所での時津洋

14日に心不全のため49歳で死去した大相撲の元幕内力士、時津洋の吉岡宏典(よしおか・ひろのり)さんの葬儀・告別式が19日午後、東京・江東区内の葬儀所で営まれた。

式には、吉岡さんの入門時の師匠で理事長も務めた先々代時津風の内田勝男さん(81=元大関豊山)、吉岡さんと同部屋同期入門の枝川親方(49=元前頭蒼樹山)らが参列した。

中学時代、陸上の砲丸投げの選手だった吉岡さんは、徳島県内の中学を卒業後、85年春場所で初土俵。“阿波の怪童”の異名を取り、90年秋場所で新十両、92年夏場所で新入幕を果たし、最高位は93年名古屋場所の東前頭4枚目。188センチの長身を生かした四つ相撲で幕内を通算19場所務めた。95年九州場所から22場所は陥落した十両で取ったが、幕下陥落2場所目で最後に番付が載った99年秋場所を最後に引退した。

引退後は、準年寄「時津洋」として協会に残り、時津風部屋の部屋付き親方として後進を指導。01年9月に退職後はタレント、荒汐部屋のマネジャーなどを務める一方、都内やシンガポールでも、ちゃんこ店を経営していた。

愛弟子だった吉岡さんの若すぎる他界に、内田さんは「こんなに早く逝かなくてもいいものを…。ただ若かったけど、引退後もしっかり生きてくれた。豪放磊落(らいらく)な性格そのままに、相撲も真っ正面から正々堂々と取っていた。それは後の人生においても同じ。人知れず思いやりがあり温かい子でした」と悼んだ。

同期入門の枝川親方は昨年、会ったのが最後で「元気そうだね」と言葉を交わしたという。その時の吉岡さんは、現役時代と比べて痩せていたというが「健康的に痩せていたんだろうと思っていたから、うらやましかった。人を気遣うから自分の体のことはひと言も言わなかった。ひと言ぐらい言ってくれていたら」と悔しそうに話した。棺に向かって「ゆっくり休んでくれよ」と心の中で語りかけた枝川親方は「コイツには負けたくない、と思える存在でした。彼がいてくれたから、今の自分がある」と目を真っ赤に腫らしながら故人を見送った。

元稀勢の里が銅像に?地元の牛久市長が継続支援誓う

地元茨城・牛久市で行われた「激励会・感謝のつどい」に参加し、笑顔で花束を受け取る荒磯親方(右)

元横綱稀勢の里の荒磯親方(32)が銅像になる!?

18日、地元茨城・牛久市で行われた郷土後援会による「激励会・感謝のつどい」に参加。1月の初場所中に引退後、地元に戻るのは初めてで、約400人の参加者に大歓声で迎えられた。

2年前の同日に、初優勝と横綱昇進を祝うパレードを実施した同市での人気は依然として絶大。郷土後援会長代理で、同市の根本洋治市長(66)は「現役中は難しかった銅像やミュージアムを作りたい。牛久の誇りですから」と力説した。

同市が運営する同後援会は、新規会員は募集しておらず、9月29日の引退相撲で活動を終える。発足から15年で今回が最後の会合。相撲協会の取り決めで、1年以上は田子ノ浦部屋の部屋付き親方として活動するが、根本市長は「荒磯部屋が立ち上げられたら、また新たな後援会を発足させたい」と継続支援の構えだ。

現在は市内の小中学校に1つもないが「学校に土俵を作って部屋の合宿でも利用してほしい」と計画する。

JR牛久駅前に手形があり、市役所には横綱の綱やのぼりを飾るなど同市は相撲色が強い。この日、荒磯親方は弟弟子の大関高安と、16日に約15番の三番稽古を行ったと明かし「一皮むけた」と語った。また「次の世代の力士を育てることが使命」と力説。地元の継続支援に応えるように、指導者として尽力することを誓っていた。【高田文太】

地元茨城・牛久市で行われた「激励会・感謝のつどい」に参加し、乾杯する荒磯親方(中央)