上へ戻る

日刊スポーツ for au

ランキング

村田破ったブラントが初防衛濃厚、どうなるミドル級トップ戦線

昨年10月、村田諒太(33=帝拳)を大差の12回判定で破ってWBA世界ミドル級王者になったロブ・ブラント(28=米)の初防衛戦が15日(日本時間16日)、同級8位のカーサン・バイサングロフ(21=露)を相手に米国ミネソタ州ヒンクリーで行われる。バイサングロフは17戦全勝(7KO)のホープだが、村田に勝って自信を増しているブラントの防衛が濃厚とみられる。

ブラントは村田戦では9対2のオッズで不利とみられていたが、試合では巧みな位置どりと手数でポイントをかき集めた。パンチの多くは軽打だったが、放った総数は1262発、ヒット数は356発だった。ミドル級の世界戦では12回まで戦った場合、600発前後が平均といわれるなか、いかにブラントが多くのパンチを繰り出したのかが分かるデータといえる。敗れた村田も774発を打ち、そのうち180発を当てたが及ばなかった。

村田戦後、新王者のブラント(25戦24勝16KO1敗)には、12年ロンドン・オリンピック(五輪)決勝で村田に惜敗したエスキーバ・ファルカン(29=ブラジル)との初防衛戦プランが浮上したが、これは見送りとなった。ブラントの地元での試合をファルカンが嫌ったためとも伝えられる。

代わりに挑戦することになったのがバイサングロフだ。このロシア出身の21歳は185センチの長身で、ガードを比較的高く上げた構えから左ジャブを突き、右フックや左ボディブローに繋げる攻撃パターンを持っている。機をみて左構えにスイッチすることもある。

ただ、41パーセントのKO率が示すようにパワーには欠ける。12対1というオッズが出ているように、ブラントが手数とテクニックで試合を支配したすえ中盤から終盤でストップする可能性が高そうだ。

試合以上に注目したいのは、ブラントとミドル級トップ戦線の今後である。現在、ミドル級ではWBAレギュラー王者(ブラント)の上にスーパー王座が設けられており、そこにサウル・カネロ・アルバレス(28=メキシコ)が君臨している。WBCには正王者アルバレスと暫定王者ジャモール・チャーロ(28=米)がおり、IBFではダニエル・ジェイコブス(32=米)、WBOではデメトリアス・アンドレイド(30=米)がそれぞれ王座に君臨している。このうちアルバレスとジェイコブスは5月に統一戦を行うことが決まっている。その勝者がアンドレイドとの4団体統一戦に向かうというプランがある。この3人はDAZNと試合放映の契約を交わしているため、マッチメークの面で壁が少ないのだ。

アルバレスと2度にわたって大接戦を演じた元3団体統一王者のゲンナディ・ゴロフキン(36=カザフスタン)も返り咲きを狙っている。そのゴロフキンにはDAZNがアンドレイド戦とアルバレスとの第3戦で合計約50億円という条件で契約を持ちかけており、その行方が注目されている。

一方、WBC暫定王者のチャーロと契約しているPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンシップ)もゴロフキンに条件提示をして接近していると伝えられる。また、村田とファルカンを擁するトップランク社&ESPNチームは、村田戦後にブラントと契約を交わして王座の一角を占めている。

ゴロフキンの例が示すように米国ではボクシングを放送する前出3グループがトップ選手の囲い込みに躍起になっており、契約下の選手同士でカードを組んでいく傾向が顕著になっている。したがって、たとえば「アルバレス対チャーロ」は、よほどのウルトラCがない限り実現は難しいのが現実だ。

リング外が巴戦の様相になっている現在、ブラントの今後の対戦候補は自ずと絞られてくる。したがって、再起戦で勝利を収めることが大前提になるが、村田が王座奪回を狙ってブラントと再び拳を交える可能性は決して低くはないのだ。そういった意味でも、まずは15日(日本時間16日)に行われるブラント対バイサングロフに要注目といえる。

平成の終わりと白鵬時代の潮目、若手台頭で変革の時

大相撲初場所13日日、貴景勝に突き落としで敗れた白鵬(2019年1月25日撮影)

「平成」の元号が終わりを告げる年、初場所で時代の潮目を感じた。担当歴2年弱の新米で、相撲のなんたるかもまだ分からんのですが、確かに感じるものはありました。

数年後に「あれが引き潮やったんか」と思うかもしれん出来事は、14日目に起こった。横綱白鵬の休場。驚いた。初日からの10連勝後、御嶽海、玉鷲、貴景勝に3連敗した翌朝、白鵬の朝稽古を見ようと訪れた宮城野部屋前で一報が入った。確かに玉鷲に1差リードを許したが、残り2日で逆転Vの可能性はあった。なのに休んだ。それまで途中休場は5場所あったけど、場所が最も押し迫ったタイミングは関脇やった05年名古屋場所の9日目。優勝争い最中の14日目の休場なんて初めてのことでした。

診断内容は「右膝血腫、左足関節炎で約1週間の加療を要する」。額面通りに受け取れば重症ではない。ただ、右膝は昨秋に骨片除去手術をして、昨年九州場所全休の要因になった箇所でもある。13日目の取組後、左膝の違和感を問われて「(初日から)ずっとだからね」とこぼしていた。

残り2日、無理を押して相撲をとって、症状が悪化する怖さがあったのかもしれない。白鵬も33歳。11年以上も横綱を張った者にしかわからない疲労や、体への不安もあるんでしょう。41度も賜杯を手にした、絶対的な強さは揺らいでいるのかもしれません。

逆に「あれが上げ潮やったんか」と思う現象は、やはり若手の台頭です。優勝は34歳の関脇玉鷲が手にしたものの、26歳の小結御嶽海が3横綱1大関を破り、途中4日も休みながら殊勲賞に輝いた。22歳の関脇貴景勝が、昨年九州場所初優勝の勢いを持続させ、千秋楽まで2場所連続優勝の可能性を残した。平幕で2桁白星を残したのは3人いたが、32歳の魁聖を除いて、残る2人は28歳遠藤と24歳阿炎でした。また9勝に終わったものの、26歳北勝富士が西前頭2枚目で9勝し、春場所の新三役を濃厚にした。

千秋楽に御嶽海はこう言いました。「時代が動いてるな、と感じますか?」と聞くと「時代は動いてますよね」。おうむ返しのようなやりとりですが、かみしめるような口調は印象的でした。

春場所は3月10日から始まります。貴景勝は自他ともに認める大関とり。御嶽海も自信を深め、体調を整えてくるはず。貴景勝の躍進に燃える同世代の阿武咲、阿炎もいれば、御嶽海をライバル視する同学年の北勝富士もいる。そんな20代の勢いを、白鵬が受け止められるのか。

平成最後の本場所は、まさに待ったなしです。【加藤裕一】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

大相撲初場所で殊勲賞と敢闘賞を受賞した玉鷲(中央)左は殊勲賞の御嶽海、右は技能賞の貴景勝(2019年1月27日撮影)

近藤明広5回KO負け 世界切符逃し33歳は引退も

近藤明広対アピヌン・コーンソーン 5回、アピヌン・コーンソーン(右)に右アッパーでダウンを奪われた近藤はそのままKO負けを喫する(撮影・小沢裕)

<ボクシングIBF世界スーパーライト級指名挑戦者決定戦>◇18日◇東京・後楽園ホール

同級4位近藤明広(33=一力)の世界挑戦権獲得はならなかった。同級6位アピヌン・コーンソーン(22=タイ)との指名挑戦者決定戦に、右アッパー1発で5回1分47秒KO負けを喫した。17年には米国で世界初挑戦。セルゲイ・リピネッツ(29=ロシア)との王座決定戦に判定負け以来となる、2度目の世界挑戦切符はつかめなかった。

14戦全勝(11KO)のホープに1、2回は有効打をもらった。3回には左ジャブが決まりだし、ペースをつかみだした。5回には踏み込んでいったところへ強烈な右アッパーももろにもらった。ものの見事にひっくり返って40戦目で初のダウン。「見えなかった。パンチは見えなかった」。立ち上がったものに10カウントされた。

相手は右アッパーを狙っていた。「映像も見ていたし、狙っているのは分かってた。リードを止めようと欲を出して、踏み込みすぎた。刺しにいきすぎた」と悔やんだが、後の祭りだった。「日本に呼んできてもらったのに申し訳ない。年齢も年齢なので真剣に考える」と引退の可能性も口にした。

近藤明広対アピヌン・コーンソーン 5回、アピヌン・コーンソーン(右)にKO負けを喫しコーナーで天を仰ぐ近藤(撮影・小沢裕)

なりふりかまわず次々求愛…長与千種に恋の花

マッド・ポーリーの手を引っ張る長与千種

<DDT:旗揚げ22周年記念大会>◇17日◇両国国技館

女子プロレスのレジェンド長与千種(54)に恋の花が咲いた。

この日はスペシャルハードコア6人タッグマッチに参戦。05年GAEA JAPAN時代以来14年ぶりとなる大日本伊東竜二、DDT高木三四郎とタッグを組み、DDTの高尾蒼馬、マッド・ポーリー、マーベラスの彩羽匠組と対戦。カラーボックス、テーブル、たらい等を使用した激戦の末、高木が高尾にダイビング・フットスタンプをくらい、敗れた。

前哨戦の1月27日後楽園大会で高尾から「ロートル」呼ばわりされた長与はこの日も「くそばばあ」などと挑発されて激高。だが、試合後マイクを持つと、高尾に「あなた私にしつこくしているけど、好きでしょ?くそばばあと言われても愛してるとしか聞こえない」と反撃。さらにポーリーをタイプと指名し、「きっとあなたも好きになる」とリング上で手つなぎ。レスラーから女性の顔に変わった。

バックステージでは「恋の花が咲きそうな気がします。プロレスラー同士の結婚がはやっているみたいなので、私にもトレンドがきたのかな」と、とまどいながらもうれしそうだった。

元WBAフライ級王者花形進氏が東日本協会会長に

花形進氏(2011年3月28日撮影)

東日本ボクシング協会会長に、元WBA世界フライ級王者の花形ジム花形進会長(72)が就任することが14日、明らかになった。

現会長のワタナベジム渡辺均会長(69)は1期で退任する。花形会長は28日の総会で承認を受け、13代目の日本プロボクシング協会会長も兼任する。任期は4月1日から3年。

15年までは原田政彦氏が6期、大橋秀行氏が3期会長を務めた。元世界王者をトップの看板にという意見が根強かった。そこで神奈川県内のジムで構成する拳志会を中心に、同会会長の気さくで温厚な花形会長擁立に動きだした。本人も恩返しと応えることを決断した。74年に国内最多5度目の挑戦で、日本人13人目の世界王者になった。プロデビューから約11年、62戦目で奪取と努力の人。85年にはジムを開き、00年には星野敬太郎が世界王座を獲得。日本では初めて師弟で世界王者となった。

渡辺会長は続投も視野にあったが、選挙は回避の考えから退任する。栃木から都内に移転して世界王者を3人育て、周囲の勧めで16年に会長となった。WBOアジア太平洋王座を公認して世界への道を広げ、プロアマ正常化などで役目は果たせたとしている。

◆花形進(はながた・すすむ)1947年(昭22)1月21日、横浜市生まれ。横浜協栄ジムに入門し、63年にプロデビュー。69、71、72、73年と大場政夫らに世界挑戦は失敗。74年にチャチャイ(タイ)に再挑戦で世界王座を獲得した。初防衛失敗後の75、76年にも世界挑戦するが失敗して引退。通算41勝(7KO)16敗8分け。

勅使河原、井上尚弥とスパー「ボッコボコ」も初防衛

初防衛に成功し、客席にチョコレートをまく勅使河原

<ボクシング:東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦>◇14日◇東京・後楽園ホール

王者勅使河原弘晶(28=輪島功一スポーツ)が同7位の入口裕貴(21=エスペランサ)を8回TKOで下し初防衛した。初回に右拳を負傷。ほとんど左ジャブ、ボディーだけで攻め、入口を追い詰めた。バレンタインにちなみ客席にチョコをまく華やかなパフォーマンスと裏腹に「パンチをもらうたびに、みじめで仕方なかった」ともらした。

1カ月前に井上尚弥とのスパーリングで「ボッコボコにやられた」。スランプに陥り、恐怖心と向き合いながらこの日を迎えた。少年院で過ごした時に夢見た世界王者へ。「伸びしろしかない」とあらためて自分を鼓舞した。

村田から王座奪取のブラント初防衛「真の王者だと」

ロブ・ブラント(18年10月17日撮影)

<プロボクシング:WBAミドル級タイトルマッチ12回戦>◇15日◇米ミネソタ州ヒンクリー

村田諒太(帝拳)から昨年10月に王座を奪った王者ロブ・ブラント(米国)が同級8位の挑戦者ハサン・バイサングロフ(ロシア)に11回TKO勝ちし、初防衛に成功した。

ブラントは「真のチャンピオンであることを示せた。自分の出来にも満足している」とコメントした。

また秒殺勝利か井上尚弥、発祥の地でモンスター対決

英国での試合開催を発表し拳を突き出すWBA世界バンタム級王者井上尚弥(撮影・中島郁夫)

5月18日に英グラスゴーでワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)準決勝に臨むWBA世界バンタム級王者井上尚弥(25=大橋)が16日、横浜市の所属ジムで会見に臨んだ。

IBF世界同級王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)と決勝進出を懸けて拳を交える。井上にとって初めての2団体統一戦。ボクシング発祥の地に初上陸となる。

「英国はボクシング熱が高いというイメージがある」と口にした井上は、WBSS1回戦のフアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦に続く、2試合連続秒殺勝利への意欲を問われ「ボクシングは真剣勝負の殴り合い。毎回、秒殺のイメージはないですが、何が起こる分からないですから」と自信の笑みを浮かべた。

昨年10月、井上は大橋秀行会長とともに米オーランドで開催されたWBSS1回戦となるロドリゲスの初防衛戦を視察した。試合後、リングに上がって判定勝ちを収めたロドリゲスと顔を合わせている。井上は「パッと目を合わせた時、気持ちの弱さを感じました。対戦相手としての威圧感がなかったですね」と精神的に優位に立てていたエピソードも明かした。

元WBA、WBC世界ミニマム級王者となる大橋会長は「ロドリゲスは無敗の王者。尚弥とは身長も距離感も同じで、いわば南米のモンスター。ボクシング発祥の地でモンスター同士が戦う、見応えある技術戦になる」と予測。井上の父真吾トレーナーも「どちらが先に1発を当てるかの試合ですね」と分析した。会見後には世界主要4団体で世界ランキング入りする元日本スーパーフライ級王者石田匠(27=井岡)と4回のスパーリングも公開。強烈な左フックや右ショートなどキレあるパンチを繰り出していた。

会見を行った左から井上真吾トレーナー、WBA世界バンタム級王者井上尚弥、大橋秀行会長(撮影・中島郁夫)
公開練習を行ったWBA世界バンタム級王者井上尚弥(撮影・中島郁夫)

井上尚弥「リフレッシュがてら追い込む」グアム合宿

走り込み合宿に臨むグアムに出発したWBA世界バンタム級王者井上尚弥

5月18日に英グラスゴーでワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)準決勝に臨むWBA世界バンタム級王者井上尚弥(25=大橋)が17日、成田空港でグアム合宿出発前に報道陣の取材に応じた。

IBF世界同級王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)とのWBSS準決勝に備えたフィジカルトレーニングのキャンプ。砂浜や坂道を走って下半身強化、体幹を鍛えるメニューを消化する予定で「この合宿から戻って(試合まで)残り3カ月。この合宿をメドにスイッチを入れたいですね」と気持ちの切り替えを強調した。

通常は熱海でフィジカルトレーニングを積んできたがWBSSのために15年8月以来、2度目となるグアム合宿に切り替えた。荷物にはチューブやラダー、コーン、土のうトレ用の袋、ランニングで持つ1キロのダンベルも2個が積み込まれた。井上は「リフレッシュがてら、追い込むことになる。この時期に暖かいところでのトレーニングは大きい」と意欲的。

井上のフィジカルを担当する高村淳也トレーナーは「(通常の)熱海合宿よりもきついメニューになる。負荷のかけ方とか厳しいものをやろうかなと思っています」と厳しいトレーニングになることを説明していた。

第1回WBSSクルーザー級王者はガシエフかウシクか

 WBA世界バンタム級王者、井上尚弥(25=大橋)が第2回大会に参戦することで日本でも注目を集め始めている高額賞金トーナメント、「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」。その第1回大会のクルーザー級決勝戦が21日(日本時間22日)、ロシアの首都モスクワで行われる。WBA王座とIBF王座を持つムラト・ガシエフ(24=露)と、WBC&WBO王者のオレクサンデル・ウシク(31=ウクライナ)が対戦するもので、勝者は4団体の統一王者になるとともに優勝賞金1000万ドル(約11億2000万円)を手にする。

 WBSSの第1回大会はスーパーミドル級とクルーザー級の2階級に各8選手、合計16選手が参加して昨年9月に開幕した。クルーザー級は主要4団体の4王者がエントリーし、いずれも初戦を突破。そのため準決勝2試合は王者同士の対決となり、ガシエフとウシクが激闘を制して決勝に駒を進めた。

 「アイアン(鉄人)」というニックネームを持つガシエフは27戦26勝(19KO)1無効試合という戦績を残している192センチの長身強打者で、WBSS初戦を3回KO、準決勝を12回TKOで勝ち上がってきた。特に22戦全勝(21KO)のWBA王者、ユニエル・ドルティコス(32=キューバ/米)を最終回で仕留めた試合はドラマチックで、自身の評価をアップさせるとともにロシアのファンの期待も大きく跳ね上げた。

 これに対し12年ロンドン・オリンピック(五輪)ヘビー級金メダリストのウシクはサウスポーの技巧派で、プロでは14戦全勝(11KO)の戦績を残している。WBSS初戦は元世界王者に10回TKO勝ち、準決勝では23戦全勝(18KO)のWBC王者、マイリス・ブリエディス(33=ラトビア)の地元に乗り込んで12回判定勝ちを収めている。大会開始時から本命とみられており、決勝まで順当に駒を進めてきたといえる。

 もともと決勝戦は5月にサウジアラビアで予定されていたが、ウシクが左腕を痛めたため延期され、開催地もロシア(モスクワ)に変更された経緯がある。そのためか、当初は7対3でウシク有利と出ていたオッズは徐々に接近。7月に入ってからはウシク有利の数字が5対4まで縮まっている。ちなみに自力で4団体王座の統一を果たした選手は、ミドル級のバーナード・ホプキンス(米)とスーパーライト級のテレンス・クロフォード(米)だけで、ガシエフ対ウシクの勝者が史上3人目となる。

 攻撃型のガシエフが前に出ながら圧力をかけ、技巧派サウスポーのウシクが迎撃する展開が予想される。総合力は接近しており、接戦になりそうだ。ただし、200ポンド(約90・7キロ)を体重リミットとするクルーザー級はヘビー級の次に重い階級だけに、一発でKOという可能性もある。

 ガシエフにはミドル級V20王者、ゲンナディ・ゴロフキン(36=カザフスタン/米)が師事するアベル・サンチェス・トレーナーがついており、一方のウシクには3階級制覇の天才、ワシル・ロマチェンコ(30=ウクライナ/米)の父親、アナトリー・ロマチェンコ・トレーナーがついている。選手個々の力量だけでなく、参謀の戦術、チーム力にも注目したい。

 なお、井上が参戦する第2回大会のエントリー選手と組み合わせ発表は、このガシエフ対ウシクの試合の前日、20日(日本時間21日)にモスクワで行われることになっている。