上へ戻る

日刊スポーツ for au

ランキング

平成の終わりと白鵬時代の潮目、若手台頭で変革の時

大相撲初場所13日日、貴景勝に突き落としで敗れた白鵬(2019年1月25日撮影)

「平成」の元号が終わりを告げる年、初場所で時代の潮目を感じた。担当歴2年弱の新米で、相撲のなんたるかもまだ分からんのですが、確かに感じるものはありました。

数年後に「あれが引き潮やったんか」と思うかもしれん出来事は、14日目に起こった。横綱白鵬の休場。驚いた。初日からの10連勝後、御嶽海、玉鷲、貴景勝に3連敗した翌朝、白鵬の朝稽古を見ようと訪れた宮城野部屋前で一報が入った。確かに玉鷲に1差リードを許したが、残り2日で逆転Vの可能性はあった。なのに休んだ。それまで途中休場は5場所あったけど、場所が最も押し迫ったタイミングは関脇やった05年名古屋場所の9日目。優勝争い最中の14日目の休場なんて初めてのことでした。

診断内容は「右膝血腫、左足関節炎で約1週間の加療を要する」。額面通りに受け取れば重症ではない。ただ、右膝は昨秋に骨片除去手術をして、昨年九州場所全休の要因になった箇所でもある。13日目の取組後、左膝の違和感を問われて「(初日から)ずっとだからね」とこぼしていた。

残り2日、無理を押して相撲をとって、症状が悪化する怖さがあったのかもしれない。白鵬も33歳。11年以上も横綱を張った者にしかわからない疲労や、体への不安もあるんでしょう。41度も賜杯を手にした、絶対的な強さは揺らいでいるのかもしれません。

逆に「あれが上げ潮やったんか」と思う現象は、やはり若手の台頭です。優勝は34歳の関脇玉鷲が手にしたものの、26歳の小結御嶽海が3横綱1大関を破り、途中4日も休みながら殊勲賞に輝いた。22歳の関脇貴景勝が、昨年九州場所初優勝の勢いを持続させ、千秋楽まで2場所連続優勝の可能性を残した。平幕で2桁白星を残したのは3人いたが、32歳の魁聖を除いて、残る2人は28歳遠藤と24歳阿炎でした。また9勝に終わったものの、26歳北勝富士が西前頭2枚目で9勝し、春場所の新三役を濃厚にした。

千秋楽に御嶽海はこう言いました。「時代が動いてるな、と感じますか?」と聞くと「時代は動いてますよね」。おうむ返しのようなやりとりですが、かみしめるような口調は印象的でした。

春場所は3月10日から始まります。貴景勝は自他ともに認める大関とり。御嶽海も自信を深め、体調を整えてくるはず。貴景勝の躍進に燃える同世代の阿武咲、阿炎もいれば、御嶽海をライバル視する同学年の北勝富士もいる。そんな20代の勢いを、白鵬が受け止められるのか。

平成最後の本場所は、まさに待ったなしです。【加藤裕一】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

大相撲初場所で殊勲賞と敢闘賞を受賞した玉鷲(中央)左は殊勲賞の御嶽海、右は技能賞の貴景勝(2019年1月27日撮影)

初代WWE女子タッグ王者にバンクス、ベイリー組

初代WWE女子タッグ王座を獲得したサーシャ・バンクス(左)、ベイリー組 (C) 2019WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:PPV大会エリミネーション・チェンバー>◇17日(日本時間18日)◇米テキサス州ヒューストン・トヨタ・センター

新設された初代WWE女子タッグ王座にサーシャ・バンクス、ベイリー組が就いた。

初代女子タッグ王座を決めるエリミネーション・チェンバー戦が組まれ、ロウ、スマックダウンから各3組が出場する中、バンクス、ベイリー組がマンディ・ローズ、ソーニャ・デビル組と対戦。その後も5分ごとに小部屋が開放され、ライオット・スクワッド(リブ・モーガン、サラ・ローガン組)、アイコニックス(ペイトン・ロイス、ビリーケイ組)、ナオミ&カーメラ組、ナイア・ジャックス、タミーナも参戦し、大混戦となった。

先に体格とパワーに勝るナイア、タミーナ組がアイコニックスをダブルサモアンドロップ、ライオット・スクワッドをスプラッシュで撃破。勢い余って小部屋に誤爆したタミーナに対し、ベイリーがダイビング・エルボー、さらに4人がかりで3カウントを奪った。残りは最初に出た2組の激突となり、バンクスがデビルをバンク・ステートメントで仕留め、ギブアップ勝ち。バンクス、ベイリーの親友コンビが、初代王者となった。WWEの歴史の1ページを刻み、2人は歓喜の涙を流して喜んでいた。

黒田雅之が5・13世界戦「新元号初の世界王者に」

世界再挑戦へ向け笑顔で拳を突き出す黒田(撮影・横山健太)

ボクシングのIBF世界フライ級4位黒田雅之(32=川崎新田)が5月13日、東京・後楽園ホールで同級王者モルティ・ムザラネ(36=南アフリカ)に挑戦することが18日、発表された。黒田にとって13年2月、当時のWBA世界フライ級王者ファン・カルロス・レベコ(アルゼンチン)に挑戦して負けて以来、6年ぶり2度目の世界戦となる。

黒田は「6年前に負け、どん底から今回戻ってきた。昭和生まれで、5月からは新元号になるので、他の世界戦がどうなのかは分かりませんが、新元号初の世界王者になるために頑張りたいです」と意欲をみせた。所属ジムの新田渉世会長は黒田が初めてスパーリングした世界王者となる元WBC世界スーパーフライ級王者川嶋勝重氏から同氏の愛称「ラストサムライ」を継承したことを明かした。黒田はもともと剣道2段の腕前。同会長は「川嶋氏から『技術で負けても気持ちで負けないように』とエールを送られました」と明かした。

昨年大みそかにマカオで坂本真宏(六島)に10回TKO勝利し、初防衛に成功した王者ムザラネについて、黒田は「どっしり構えてガードが堅いが、お互いにかみ合う試合になります。十分に勝機があると思います」と説明。また川崎市のジム初の世界王者を目指し「年齢を重ね、自分なりには良くも悪くもしぶとくなれたかなと。自分なりに殴り合いは少しずつ分かってきたので、いろいろと生きると思う」と悲願の王座奪取への意欲を示した。

世界再挑戦へ向け笑顔でファイティングポーズをとる黒田(撮影・横山健太)

再起飾った岩佐亮佑「世界戦も米国かも」初の米合宿

セレス小林会長(右から2番目)らセコンド陣とともに帰国した前IBF世界スーパーバンタム級王者岩佐亮佑(中央)

プロボクシングの前IBF世界スーパーバンタム級王者で同級3位の岩佐亮佑(29=セレス)が年内の世界挑戦に備え、初の米修行に臨む。16日に米ロサンゼルスで臨んだ同級4位セザール・フアレス(27=メキシコ)とのIBF同級挑戦者決定戦で10回負傷判定勝ちした岩佐は18日、成田着の航空便で帰国。世界挑戦権を得たことを受け、セレス小林会長と約2週間のロサンゼルス合宿に行う計画を立てていることを明かした。

「次(世界戦)も米国になるかもしれない」と明かした岩佐は「向こうの選手とスパーリングできることがうれしいです。次が本番ですから、一から準備して気合をもう1度入れたい。今を上回る練習がしたいので」と米合宿を歓迎した。同会長も「オレ自身、(米国の)採点方法も含めて勉強し直さないといけない。それで自分の指導も指示も変わるから」と師弟で“米仕様”を意識した。

フアレス戦では7~8回に起こった2度目のバッティングでカットした右目上は6針も縫った。両目の周辺をカットしたのは初めてという岩佐は「相手が1回からガンガンきた。すごいプレッシャーでしたけれど、自分が5~6回ぐらいで足を使ってやられてもしようがないと思い、開き直って正面衝突した。後半でスタミナ勝負できたことが大きい」と手応えを口にした。

メキシコ系の観客も多くいるアウェーに近い会場で勝てた自信は大きかった。海外初勝利できた手応えも胸にある。岩佐は「気持ちは出せたと思います。試合内容はやりたいことをつぶされて出せなかったですが、気持ちを出せて勝てて良かった」と安堵(あんど)の笑み。セレス小林会長は「今回は70点以上のでき。次に(再び)世界を取れば100点です。まだ30点の伸びしろがあると思う」と期待を寄せていた。

岩佐は昨年8月の同級王座陥落後の初試合で、海外は15年に英国での世界初挑戦以来2試合目だった。2度目の防衛戦で敗れた相手のTJ・ドヘニー(アイルランド)が現在も王者。1月に高橋竜平(横浜光)を11回TKOで下した直後のリングで、WBA同級王者ダニエル・ローマン(28=米国)との統一戦をアピール。岩佐の王座返り咲きを狙う再挑戦は、時期も世界王者も流動的になっている。

米ロサンゼルスでIBF世界スーパーバンタム級指名挑戦者決定戦に勝利し、帰国した岩佐亮佑

近藤明広5回KO負け 世界切符逃し33歳は引退も

近藤明広対アピヌン・コーンソーン 5回、アピヌン・コーンソーン(右)に右アッパーでダウンを奪われた近藤はそのままKO負けを喫する(撮影・小沢裕)

<ボクシングIBF世界スーパーライト級指名挑戦者決定戦>◇18日◇東京・後楽園ホール

同級4位近藤明広(33=一力)の世界挑戦権獲得はならなかった。同級6位アピヌン・コーンソーン(22=タイ)との指名挑戦者決定戦に、右アッパー1発で5回1分47秒KO負けを喫した。17年には米国で世界初挑戦。セルゲイ・リピネッツ(29=ロシア)との王座決定戦に判定負け以来となる、2度目の世界挑戦切符はつかめなかった。

14戦全勝(11KO)のホープに1、2回は有効打をもらった。3回には左ジャブが決まりだし、ペースをつかみだした。5回には踏み込んでいったところへ強烈な右アッパーももろにもらった。ものの見事にひっくり返って40戦目で初のダウン。「見えなかった。パンチは見えなかった」。立ち上がったものに10カウントされた。

相手は右アッパーを狙っていた。「映像も見ていたし、狙っているのは分かってた。リードを止めようと欲を出して、踏み込みすぎた。刺しにいきすぎた」と悔やんだが、後の祭りだった。「日本に呼んできてもらったのに申し訳ない。年齢も年齢なので真剣に考える」と引退の可能性も口にした。

近藤明広対アピヌン・コーンソーン 5回、アピヌン・コーンソーン(右)にKO負けを喫しコーナーで天を仰ぐ近藤(撮影・小沢裕)

膝負傷で挑戦権剥奪のリンチが代役フレアー滅多打ち

ロウ女子王者ラウジー(奥)の目の前で、フレアー(左)を松葉づえで襲撃したリンチ(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:PPV大会エリミネーション・チェンバー>◇17日(日本時間18日)◇米テキサス州ヒューストン・トヨタ・センター

ロウ女子王者ロンダ・ラウジーが防衛に成功、次期挑戦者たちも大乱闘を繰り広げた。

ラウジーは挑戦者にルビー・ライオットを迎えた防衛戦に臨んだ。最大の祭典となる4月7日のPPV大会レッスルマニア35大会(米ニュージャージー州)で同王座に挑戦するシャーロット・フレアーが見守る中、王者は払い腰からのパイパーズ・ピットで投げ飛ばした。会場に設置されたレッスルマニアのマークを指さした後、必殺の腕ひしぎ逆十字固めでギブアップ勝利を挙げた。視察したフレアーもリングに上がって王座防衛したラウジーと火花を散らした。

すると、観客席から左ヒザを負傷し、松葉づえのベッキー・リンチが登場してリングイン。自らの次期王座挑戦権を剥奪したビンス・マクマホン会長から代役挑戦者に指名されたフレアーをめった打ち。さらに王者も背後から襲い、スタッフに止められるまで松葉づえで打ちのめしてしまった。

挑戦者ライオット(上)を持ち上げるロウ女子王者ラウジー(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

王者ブライアンが防衛、EC戦で5人の挑戦者退ける

エリミネーション・チェンバー形式のWWE王座戦でキングストン(左)をコーナーに追い詰めた王者ブライアン(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:PPV大会エリミネーション・チェンバー>◇17日(日本時間18日)◇米テキサス州ヒューストン・トヨタ・センター

WWEヘビー級王者ダニエル・ブライアンがエリミネーション・チェンバー(EC)形式の同王座戦を制し、王座防衛に成功した。

王者ブライアンに、AJスタイルズ、ジェフ・ハーディ、ランディ・オートン、サモア・ジョー、コフィ・キングストンの計5人の挑戦者が加わるEC形式マッチ。最初はブライアンがジョーを迎撃し、その後も5分ごとに小部屋からキングストン、AJスタイルズ、ハーディが入って乱戦となった。

AJスタイルズがフェノメナル・フォアアームでジョーを下し、ブライアンがハーディをニー・プラスで仕留め、最後に出てきたオートンは必殺RKOでAJスタイルズを撃破。ところが、キングストンがトラブル・イン・パラダイスでオートンを沈め、残った2人はブライアンとキングストン。イエスキックを連打したブライアンは相手得意のSOSを決められたものの、何とかフォールを回避。ニー・プラス、顔面ストンピングで痛めつけ、キングストンのトラブル・イン・パラダイスもしのぎ切ると、最後はこん身のニー・プラスでキングストンから3カウントを奪取した。

村田破ったブラントが初防衛濃厚、どうなるミドル級トップ戦線

昨年10月、村田諒太(33=帝拳)を大差の12回判定で破ってWBA世界ミドル級王者になったロブ・ブラント(28=米)の初防衛戦が15日(日本時間16日)、同級8位のカーサン・バイサングロフ(21=露)を相手に米国ミネソタ州ヒンクリーで行われる。バイサングロフは17戦全勝(7KO)のホープだが、村田に勝って自信を増しているブラントの防衛が濃厚とみられる。

ブラントは村田戦では9対2のオッズで不利とみられていたが、試合では巧みな位置どりと手数でポイントをかき集めた。パンチの多くは軽打だったが、放った総数は1262発、ヒット数は356発だった。ミドル級の世界戦では12回まで戦った場合、600発前後が平均といわれるなか、いかにブラントが多くのパンチを繰り出したのかが分かるデータといえる。敗れた村田も774発を打ち、そのうち180発を当てたが及ばなかった。

村田戦後、新王者のブラント(25戦24勝16KO1敗)には、12年ロンドン・オリンピック(五輪)決勝で村田に惜敗したエスキーバ・ファルカン(29=ブラジル)との初防衛戦プランが浮上したが、これは見送りとなった。ブラントの地元での試合をファルカンが嫌ったためとも伝えられる。

代わりに挑戦することになったのがバイサングロフだ。このロシア出身の21歳は185センチの長身で、ガードを比較的高く上げた構えから左ジャブを突き、右フックや左ボディブローに繋げる攻撃パターンを持っている。機をみて左構えにスイッチすることもある。

ただ、41パーセントのKO率が示すようにパワーには欠ける。12対1というオッズが出ているように、ブラントが手数とテクニックで試合を支配したすえ中盤から終盤でストップする可能性が高そうだ。

試合以上に注目したいのは、ブラントとミドル級トップ戦線の今後である。現在、ミドル級ではWBAレギュラー王者(ブラント)の上にスーパー王座が設けられており、そこにサウル・カネロ・アルバレス(28=メキシコ)が君臨している。WBCには正王者アルバレスと暫定王者ジャモール・チャーロ(28=米)がおり、IBFではダニエル・ジェイコブス(32=米)、WBOではデメトリアス・アンドレイド(30=米)がそれぞれ王座に君臨している。このうちアルバレスとジェイコブスは5月に統一戦を行うことが決まっている。その勝者がアンドレイドとの4団体統一戦に向かうというプランがある。この3人はDAZNと試合放映の契約を交わしているため、マッチメークの面で壁が少ないのだ。

アルバレスと2度にわたって大接戦を演じた元3団体統一王者のゲンナディ・ゴロフキン(36=カザフスタン)も返り咲きを狙っている。そのゴロフキンにはDAZNがアンドレイド戦とアルバレスとの第3戦で合計約50億円という条件で契約を持ちかけており、その行方が注目されている。

一方、WBC暫定王者のチャーロと契約しているPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンシップ)もゴロフキンに条件提示をして接近していると伝えられる。また、村田とファルカンを擁するトップランク社&ESPNチームは、村田戦後にブラントと契約を交わして王座の一角を占めている。

ゴロフキンの例が示すように米国ではボクシングを放送する前出3グループがトップ選手の囲い込みに躍起になっており、契約下の選手同士でカードを組んでいく傾向が顕著になっている。したがって、たとえば「アルバレス対チャーロ」は、よほどのウルトラCがない限り実現は難しいのが現実だ。

リング外が巴戦の様相になっている現在、ブラントの今後の対戦候補は自ずと絞られてくる。したがって、再起戦で勝利を収めることが大前提になるが、村田が王座奪回を狙ってブラントと再び拳を交える可能性は決して低くはないのだ。そういった意味でも、まずは15日(日本時間16日)に行われるブラント対バイサングロフに要注目といえる。

戸沢が王座返り咲き失敗、またもマーフィーに屈す

クルーザー級王者バディ・マーフィー(右)を関節技で追い込む戸沢陽(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:PPV大会エリミネーション・チェンバー>◇17日(日本時間18日)◇米テキサス州ヒューストン・トヨタ・センター

元クルーザー級王者戸沢陽(33)が王座返り咲きに失敗した。同級王者バディ・マーフィーに挑戦。17年8月以来の王座再獲得を目指して闘志むき出しの戸沢はスープレックスからシャイニング・ウィザードを仕掛けた。さらにコーナートップから雪崩式フランケンシュタイナーで投げ飛ばしたが2カウントで返された。

勢いに乗って打撃技の攻防からトペ・スイシーダ2発を成功させ、ロープに倒れ込んだ王者にダイビング・セントーンを決めた。必勝パターンに持ち込んでフォールを狙ったものの、これも3カウントを奪うことができなかった。押していたはずだったが、王者必殺のマーフィーズ・ロウを浴びて無念のフォール負け。善戦むなしく、約1年6カ月ぶりの王座獲得を逃した。

これで1月のPPV大会ロイヤルランブルでの4WAY形式王座戦に続き、PPV2大会連続での王座挑戦でベルト奪取できなかった。またも王者マーフィーに屈した戸沢は「負けてしまいました。でも、クルーザー級のベルトを取るという夢は絶対にあきらめない」と再起を誓っていた。