上へ戻る

日刊スポーツ for au

ランキング

平成の終わりと白鵬時代の潮目、若手台頭で変革の時

大相撲初場所13日日、貴景勝に突き落としで敗れた白鵬(2019年1月25日撮影)

「平成」の元号が終わりを告げる年、初場所で時代の潮目を感じた。担当歴2年弱の新米で、相撲のなんたるかもまだ分からんのですが、確かに感じるものはありました。

数年後に「あれが引き潮やったんか」と思うかもしれん出来事は、14日目に起こった。横綱白鵬の休場。驚いた。初日からの10連勝後、御嶽海、玉鷲、貴景勝に3連敗した翌朝、白鵬の朝稽古を見ようと訪れた宮城野部屋前で一報が入った。確かに玉鷲に1差リードを許したが、残り2日で逆転Vの可能性はあった。なのに休んだ。それまで途中休場は5場所あったけど、場所が最も押し迫ったタイミングは関脇やった05年名古屋場所の9日目。優勝争い最中の14日目の休場なんて初めてのことでした。

診断内容は「右膝血腫、左足関節炎で約1週間の加療を要する」。額面通りに受け取れば重症ではない。ただ、右膝は昨秋に骨片除去手術をして、昨年九州場所全休の要因になった箇所でもある。13日目の取組後、左膝の違和感を問われて「(初日から)ずっとだからね」とこぼしていた。

残り2日、無理を押して相撲をとって、症状が悪化する怖さがあったのかもしれない。白鵬も33歳。11年以上も横綱を張った者にしかわからない疲労や、体への不安もあるんでしょう。41度も賜杯を手にした、絶対的な強さは揺らいでいるのかもしれません。

逆に「あれが上げ潮やったんか」と思う現象は、やはり若手の台頭です。優勝は34歳の関脇玉鷲が手にしたものの、26歳の小結御嶽海が3横綱1大関を破り、途中4日も休みながら殊勲賞に輝いた。22歳の関脇貴景勝が、昨年九州場所初優勝の勢いを持続させ、千秋楽まで2場所連続優勝の可能性を残した。平幕で2桁白星を残したのは3人いたが、32歳の魁聖を除いて、残る2人は28歳遠藤と24歳阿炎でした。また9勝に終わったものの、26歳北勝富士が西前頭2枚目で9勝し、春場所の新三役を濃厚にした。

千秋楽に御嶽海はこう言いました。「時代が動いてるな、と感じますか?」と聞くと「時代は動いてますよね」。おうむ返しのようなやりとりですが、かみしめるような口調は印象的でした。

春場所は3月10日から始まります。貴景勝は自他ともに認める大関とり。御嶽海も自信を深め、体調を整えてくるはず。貴景勝の躍進に燃える同世代の阿武咲、阿炎もいれば、御嶽海をライバル視する同学年の北勝富士もいる。そんな20代の勢いを、白鵬が受け止められるのか。

平成最後の本場所は、まさに待ったなしです。【加藤裕一】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

大相撲初場所で殊勲賞と敢闘賞を受賞した玉鷲(中央)左は殊勲賞の御嶽海、右は技能賞の貴景勝(2019年1月27日撮影)

村田破ったブラントが初防衛濃厚、どうなるミドル級トップ戦線

昨年10月、村田諒太(33=帝拳)を大差の12回判定で破ってWBA世界ミドル級王者になったロブ・ブラント(28=米)の初防衛戦が15日(日本時間16日)、同級8位のカーサン・バイサングロフ(21=露)を相手に米国ミネソタ州ヒンクリーで行われる。バイサングロフは17戦全勝(7KO)のホープだが、村田に勝って自信を増しているブラントの防衛が濃厚とみられる。

ブラントは村田戦では9対2のオッズで不利とみられていたが、試合では巧みな位置どりと手数でポイントをかき集めた。パンチの多くは軽打だったが、放った総数は1262発、ヒット数は356発だった。ミドル級の世界戦では12回まで戦った場合、600発前後が平均といわれるなか、いかにブラントが多くのパンチを繰り出したのかが分かるデータといえる。敗れた村田も774発を打ち、そのうち180発を当てたが及ばなかった。

村田戦後、新王者のブラント(25戦24勝16KO1敗)には、12年ロンドン・オリンピック(五輪)決勝で村田に惜敗したエスキーバ・ファルカン(29=ブラジル)との初防衛戦プランが浮上したが、これは見送りとなった。ブラントの地元での試合をファルカンが嫌ったためとも伝えられる。

代わりに挑戦することになったのがバイサングロフだ。このロシア出身の21歳は185センチの長身で、ガードを比較的高く上げた構えから左ジャブを突き、右フックや左ボディブローに繋げる攻撃パターンを持っている。機をみて左構えにスイッチすることもある。

ただ、41パーセントのKO率が示すようにパワーには欠ける。12対1というオッズが出ているように、ブラントが手数とテクニックで試合を支配したすえ中盤から終盤でストップする可能性が高そうだ。

試合以上に注目したいのは、ブラントとミドル級トップ戦線の今後である。現在、ミドル級ではWBAレギュラー王者(ブラント)の上にスーパー王座が設けられており、そこにサウル・カネロ・アルバレス(28=メキシコ)が君臨している。WBCには正王者アルバレスと暫定王者ジャモール・チャーロ(28=米)がおり、IBFではダニエル・ジェイコブス(32=米)、WBOではデメトリアス・アンドレイド(30=米)がそれぞれ王座に君臨している。このうちアルバレスとジェイコブスは5月に統一戦を行うことが決まっている。その勝者がアンドレイドとの4団体統一戦に向かうというプランがある。この3人はDAZNと試合放映の契約を交わしているため、マッチメークの面で壁が少ないのだ。

アルバレスと2度にわたって大接戦を演じた元3団体統一王者のゲンナディ・ゴロフキン(36=カザフスタン)も返り咲きを狙っている。そのゴロフキンにはDAZNがアンドレイド戦とアルバレスとの第3戦で合計約50億円という条件で契約を持ちかけており、その行方が注目されている。

一方、WBC暫定王者のチャーロと契約しているPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンシップ)もゴロフキンに条件提示をして接近していると伝えられる。また、村田とファルカンを擁するトップランク社&ESPNチームは、村田戦後にブラントと契約を交わして王座の一角を占めている。

ゴロフキンの例が示すように米国ではボクシングを放送する前出3グループがトップ選手の囲い込みに躍起になっており、契約下の選手同士でカードを組んでいく傾向が顕著になっている。したがって、たとえば「アルバレス対チャーロ」は、よほどのウルトラCがない限り実現は難しいのが現実だ。

リング外が巴戦の様相になっている現在、ブラントの今後の対戦候補は自ずと絞られてくる。したがって、再起戦で勝利を収めることが大前提になるが、村田が王座奪回を狙ってブラントと再び拳を交える可能性は決して低くはないのだ。そういった意味でも、まずは15日(日本時間16日)に行われるブラント対バイサングロフに要注目といえる。

ノア斎藤彰俊「楽しんで」緑マット見納め清水大会

静岡支局を訪れた斎藤彰俊は、プロレスリング・ノアの清水大会をPR(撮影・柴田寛人)

プロレスリング・ノアの斎藤彰俊が14日、日刊スポーツ静岡支局を訪れ、3月3日に静岡市の清水マリンビルで行われる「Navig. For The Progress 2019」清水大会をPRした。

2000年(平12)に故三沢光晴さんが創設した同団体は、緑のイメージカラーを続けてきたが、この大会が最後。緑色のリングマットやロゴは見納めになる。斎藤は「正直に言えば寂しい。ただ、三沢さんの時代からの変化に対応しなければ、生き残れない。メジャー団体というプライドを取り戻して、ブランド力を高めて、選手に誇りを持ってもらいたい」と力説した。

食通でも知られ、清水産のかつおぶしには思い入れがある。「ラーメンのスープのだしに、よく使われている。日本中の家庭に届いている味が作られている場所。清水の海鮮を味わった後、プロレスを楽しんでほしい」と訴えた。

マサ斎藤よ永遠に…追悼大会でホーガンら哀悼の意

マサ斎藤追悼イベントでファン、関係者に感謝を述べる倫子夫人(撮影・加藤裕一)

昨年7月14日に他界したプロレスラー、マサ斎藤さん(享年75)の追悼大会「マサ斎藤メモリアル」が15日、大阪市の城東KADO-YAがもよんホールで行われた。元新日本の役員・上井文彦氏のプロデュースによるもので「もう1度リングに上がりたい」と斎藤さんが昨年6月に望み、企画した大会という。

場内にはハルク・ホーガンらの動画コメントが流され、斎藤さんの妻倫子さんがリングへ。「私がここにいて悔しい。本来いるべきなのはマサ斎藤なのに」と語り「皆さんの中に、少しでも長く“マサ斎藤”の名前をとどめておいてください」と訴えた。

前田日明氏がセコンド登場 長州・藤波らの挑発に…

試合後、リングに上がった前田日明氏(右)に冗談でラリアットをしようとする長州力(左)(撮影・横山健太)

<プロレスリング・マスターズ:後楽園大会>◇15日◇後楽園ホール◇観衆1759人(超満員札止め)

かつて格闘王と呼ばれたレジェンド、前田日明氏(60)がセミファイナルの6人タッグにセコンドとして登場し、会場を沸かせた。前田氏は、6月に引退試合を控え、今回が最後の出場となる長州力組と対戦する藤原喜明組を青コーナー下でジーパンにジャケットのラフな姿で見守った。

試合中には、藤原が何度も前田氏にリングに上がるようけしかけた。対戦相手の藤波辰爾からも、リング上から盛んに挑発された。それでも、前田氏は動かなかった。終了後にはリングにあがり、マイクでファンにあいさつ。1度帰り掛けた長州力が、ロープに飛んでリキラリアットに入るポーズを見せるも、笑って受け流した。その長州とがっちり握手をかわすと、超満員の会場が大歓声に包まれた。

前田氏は「みんなよくやっているね。オレは引退試合をやったからダメですね」と参戦しなかった理由を説明。さらに「マスターズの試合は派手なロープワークも変わったリバース(返し)もない。それでも、長年やっている試合の経験と間でやっている。そういうキャリアの人たちの試合を見て、若い選手も考えてほしい」と、プロレス界に訴えた。

試合後、リングに上がり観客にメッセージを送る前田日明氏(右)。左から長州力、藤波辰爾(撮影・横山健太)
試合後、リングに上がった前田氏(右)と握手を交わす長州(撮影・横山健太)

フライ寝返るどんでん返し…武藤「夏にもう一発」

太陽ケアにケンカキックを決め会場を盛り上げる蝶野正洋(右)。左は武藤敬司(撮影・横山健太)

<プロレスリング・マスターズ:後楽園大会>◇15日◇後楽園ホール◇観衆1759人(超満員札止め)

メインの武藤敬司率いるBATTと、蝶野正洋率いるチーム2000の対決は、裏切りによる決着というどんでん返しの展開となった。BATTの太陽ケアが、終盤にチーム2000の小島聡を追い詰めると、蝶野がすかさずパイプイスを持って、リングに乱入。パイプイスで太陽ケアを殴打しようとした。

そこに止めに入ったBATTのドン・フライが蝶野からパイプイスを奪うと、何と仲間の太陽ケアに殴りかかった。フライの裏切りで、試合は小島がケアをラリアットで沈め勝利。蝶野は「ドンはもともと、チーム2000の立ち上げに参加したメンバーだったからな」とニヤリ。さらに「チーム2000は新日本の中で、いろんな選手に声を掛けてきたから、まだまだメンバーはたくさんいる。何かあれば、またマスターズに参加するよ」と話していた。敗れたBATTの武藤は、試合中、小島にシャイニングウィザードを決めるなど、昨年4月に手術した両ひざの状態も良くなっていることをアピール。敗れた原因については「たぶん、もしかしたら、オレの人望のなさかな。また、夏にもう一発やりたいと思っています」と、今年2度目のマスターズ興行に意欲を見せていた。

試合に勝利しポーズを決めるTEAM2000。前列左から蝶野正洋、ドン・フライ、後列左から小島聡、天山広吉、ヒロ斉藤、スーパーJ(撮影・横山健太)

グレート小鹿「発展途上」70代トリオ再結成誓う

青柳政司(左から2人目)にチョップを決める将軍KYワカマツ(同3人目)。左からタイガー戸口、2人おいてグレート小鹿(撮影・横山健太)

<プロレスリング・マスターズ:後楽園大会>◇15日◇後楽園ホール

70歳トリオのレジェンドマスターズが、平成維震軍相手に大暴れした。

第3試合に登場したのは、グレート小鹿(76)タイガー戸口(71)将軍KYワカマツ(77)の合計224歳トリオ。越中詩郎、斎藤彰俊、青柳政司の平成維震軍のメンバーと、年齢を感じさせないファイトを展開した。

小鹿、戸口の悪役コンビが軽妙なタッチワークで相手を翻弄(ほんろう)すると、コーナーから大声を張り上げていたワカマツも、リングに入り得意のチョップなどを繰り出した。最後はワカマツが斎藤の延髄切り2連発に沈んだが、会場のファンは大喜びだった。小鹿は試合後「3人で初めてタッグを組んだが、まだまだ発展途上。チャンスがあれば、またやります」と再結成を口にした。最年長だが他の2人よりプロレス経験の浅いワカマツは「先輩2人のタッチワーク、コミュニケーションは勉強になります。若い選手にも学んでほしい。今度は小鹿先輩のベルトに挑戦したい」と話していた。戸口は「60代の人が、落ちぶれたとかいうけど、オレたちを見たら、落ちぶれたなんて言っちゃいけない。60代の人ももっと頑張ってほしい」と下の年代にエールを送っていた。

トレードマークの拡声器とムチを手に入場する将軍KYワカマツ(撮影・横山健太)

栃煌山の披露宴に500人 藤井フミヤも歌で祝う

披露宴でウエディングケーキに入刀し、笑顔を見せる栃煌山(左)とせり夫人

大相撲の前頭栃煌山(31=春日野)が11日、都内の結婚式場でせり夫人(31)と挙式・披露宴を行った。

大関豪栄道ら出羽海一門の親方衆、関取衆ら約500人が出席。同部屋の大関栃ノ心が選んだ母国ジョージア産の赤と白のワイン、歌手藤井フミヤによるヒット曲「TRUE LOVE」の熱唱などで会場は盛り上がった。2人は14年から交際を始め、16年6月に婚姻届を提出。同年9月には長女禀ちゃんが誕生した。

栃煌山は「奥さんのためにも披露宴ができてよかった。よりいっそう家族のためにと思うようになったし、力士である以上、優勝を目指したい」と力を込めた。

披露宴で乾杯し、笑顔を見せる栃煌山(左)とせり夫人

40歳の鉄人か、問題を起こす男か 興味深い世界戦

6階級制覇の実績を持つスーパースター、WBA世界ウエルター級王者のマニー・パッキャオ(40=比)が19日(日本時間20日)、米国ネバダ州ラスベガスで元4階級制覇王者のエイドリアン・ブローナー(29=米)の挑戦を受ける。40歳になってもなお世界の頂点に君臨するサウスポーの鉄人が節目となるプロ70試合目を勝利で飾るのか、それとも「ザ・プロブレム(問題を起こす男)」と呼ばれるブローナーがパッキャオを混乱に陥れるのか。興味深いカードだ。

昨年12月17日、パッキャオは40歳の誕生日を迎えた。これによりパッキャオは19歳11カ月で初戴冠を果たしたのに始まり20代、30代、そして40代でも世界王座に君臨することになった。130年を超す近代ボクシングの歴史で初のことだ。誕生日に際しパッキャオは「アスリートとして、(フィリピンの)上院議員として、父親として成し遂げたいことはいっぱいある。人生は40歳から始まるんだ」と意欲的なコメントを残している。

今回の試合に向けパッキャオは1年前に訣別したフレディ・ローチ・トレーナーとのコンビを復活させた。階級とタイプの異なる相手とスパーリングを重ね、さらに自信を増したようだ。「40歳になったが気持ちと肉体は25歳のような感じ。でも若い時よりも経験から得た知恵が加わっている」と話している。

現王座を獲得した昨年7月の試合で14試合ぶりのKO勝ちを収めたこともあり、「久しぶりに倒してKOの感触を思い出した。今回も(KO勝ちを)狙って攻める」と珍しくKO宣言をしているほどだ。95年1月に16歳でプロデビューしてから24年、これが節目の70戦目となる(69戦60勝39KO7敗2分)。

一方のブローナーはアマチュアで319戦(300勝19敗)を経験後、08年5月にプロデビューした11年選手で、これまでにスーパーフェザー級、ライト級、スーパーライト級、ウエルター級の4階級で世界王座を獲得している。その実力と戦闘スタイルから一時は「フロイド・メイウェザー(米)の後継者」と期待されたが、直近の10戦は6勝(2KO)3敗1分と頭打ち状態になっている。リングの内外でトラブルが多いことでも知られ、世界戦では2度の体重オーバーを犯して王座を剥奪されている。私生活でもしばしば警察の厄介になっており、昨年12月にも短期間とはいえ身柄を拘束された。今回の試合に向けた調整を不安視する関係者もいるほどだ。戦績は38戦33勝(24KO)3敗1分1無効試合。

充実のパッキャオ、相変わらず問題の多いブローナー。こうした近況が反映されてかオッズは5対2で王者有利と出ている。サウスポーのパッキャオが鋭く踏み込んで左ストレートを直撃すれば、前戦に続く鮮やかなKO防衛も考えられる。その一方、柔軟な攻防スタイルを持つブローナーが的を絞らせずにベテラン王者を迷路に誘い込み、カウンターで王者を倒す可能性もある。序盤から目の離せない試合になりそうだ。

なお、前座ではラウシー・ウォーレン(31=米)対ノルディン・ウーバーリ(32=仏)のWBC世界バンタム級王座決定戦が組まれている。この試合の勝者は、昨年12月30日にひと足早く暫定王座を獲得している井上拓真(23=大橋)との団体内統一戦を行うことになる。五輪出場3度のウォーレン(19戦16勝4KO2敗1無効試合)、2度のウーバーリ(14戦全勝11KO)。このサウスポー対決にも要注目だ。

25年ぶり行橋巡業で貴ノ岩暴力事件が感動に水差す

行橋巡業で勧進元との記念撮影に納まる、左から栃ノ心、白鵬、1人おいて高安(2018年12月5日撮影)

元前頭貴ノ岩(28)が、付け人に暴力を振るって引退した。12月4日夜、翌朝から行われる福岡・行橋市に前泊した際の出来事だ。相撲ファンはもちろん、行橋市の人々も悲しませる出来事となった。

行橋。記者も含め、福岡県外出身だと、読み方さえ分からなかった人も多いかもしれないが、読み方は「ゆくはし」だ。博多から特急で約1時間。人口7万2283人(今年11月末現在)の、のどかな田園風景が広がる小さな町だ。

そんな町に大相撲の巡業がやってきたのは25年ぶり。前頭松鳳山の地元・築上町にほど近く、松鳳山も「行橋は自転車でよく来ていた」と懐かしみ、巡業当日は、ファンからサインを求められれば気さくに応じていた。

そんな中、朝稽古でひときわ大歓声を受けていたのが、地元の松鳳山ではなく、初場所で関脇に返り咲く玉鷲だった。玉鷲が土俵に上がると、2階席に陣取った地元の幼稚園児から「頑張れ~」の大合唱が起きた。玉鷲はモンゴル出身。何の縁もゆかりもないと思っていたが、稽古後の玉鷲に話を聞くと、実は「もう何年も前から、ここには来ているからね」と得意満面だった。

勧進元を務めた、一般社団法人行橋未来塾代表理事の江本満氏が、7年ほど前から片男波親方(元関脇玉春日)と交流があった縁で、その弟子の玉鷲も5年ほど前から毎年、行橋市の幼稚園などを訪れていた。江本氏は、25年前の巡業で力士らと交流した経験を、うれしそうに話す地元住民の話を聞くたびに「いつかまた、行橋で巡業を開きたい」と思い続けていた。

今年の開催に向けて、数年前から準備し、玉鷲らを招いて巡業招致への機運を高めた。そして、満を持して相撲協会に巡業を申し込んだ。今年の冬巡業は、同じ福岡県内だけでも直方市、久留米市、北九州市と3カ所も開催された。大企業や地方自治体が母体となって開催する多くのパターンとは異なり、地元企業や団体が中心。日本相撲協会の巡業部からは、集客などを心配されたが、江本氏は「家を売ってでも実現します」と成功を約束。当日は実際に満席で、札止めの大盛況だった。

近隣の市町から20軒を超える出店が並び、250人を超える親方衆や力士、行司、呼び出しら巡業参加者全員に、それぞれ500円分の食事券が配られた。江本氏は「食事券があることで、お相撲さんが出店に買いに来てくれたら、それだけ市民と触れ合う機会が増える。触れ合えば『またお相撲さんに会いたい』と思う子どもたちも増える。それが、次にまた行橋に巡業が来てほしいという思いにつながれば。自腹ですが、そのためなら食事券ぐらい安いものですよ」と笑った。

勧進元あいさつでも、江本氏は夢を実現させて、声を震わせていた。その姿を見て、多くのスタッフは涙を流して喜んだ。担当した先発の立田川親方(元小結豊真将)は「最初は『大丈夫かな』『お客さんは入るのかな』と思っていました。でも、思いの強さをひしひしと感じ、自分も引き込まれました。そして成功した。これこそが巡業のあるべき姿だと思いました。強い思いがあれば、多くの人が力になりたいと助けてくれる。感動しました」と話し、江本氏やスタッフらとがっちりと握手を交わしていた。玉鷲も「お客さんもいっぱい入って、みんな盛り上がってくれて本当によかった」と喜んだ。

そんな感動もつかの間、行橋市での巡業終了から約2時間30分後、貴ノ岩の暴力が相撲協会から発表された。さまざまな人に、後味の悪さを残すことになった。それを知るだけに、貴ノ岩が起こした問題は、一段と重いもののように感じている。【高田文太】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)