上へ戻る

日刊スポーツ for au

記事検索

再起飾った岩佐亮佑「世界戦も米国かも」初の米合宿

セレス小林会長(右から2番目)らセコンド陣とともに帰国した前IBF世界スーパーバンタム級王者岩佐亮佑(中央)

プロボクシングの前IBF世界スーパーバンタム級王者で同級3位の岩佐亮佑(29=セレス)が年内の世界挑戦に備え、初の米修行に臨む。16日に米ロサンゼルスで臨んだ同級4位セザール・フアレス(27=メキシコ)とのIBF同級挑戦者決定戦で10回負傷判定勝ちした岩佐は18日、成田着の航空便で帰国。世界挑戦権を得たことを受け、セレス小林会長と約2週間のロサンゼルス合宿に行う計画を立てていることを明かした。

「次(世界戦)も米国になるかもしれない」と明かした岩佐は「向こうの選手とスパーリングできることがうれしいです。次が本番ですから、一から準備して気合をもう1度入れたい。今を上回る練習がしたいので」と米合宿を歓迎した。同会長も「オレ自身、(米国の)採点方法も含めて勉強し直さないといけない。それで自分の指導も指示も変わるから」と師弟で“米仕様”を意識した。

フアレス戦では7~8回に起こった2度目のバッティングでカットした右目上は6針も縫った。両目の周辺をカットしたのは初めてという岩佐は「相手が1回からガンガンきた。すごいプレッシャーでしたけれど、自分が5~6回ぐらいで足を使ってやられてもしようがないと思い、開き直って正面衝突した。後半でスタミナ勝負できたことが大きい」と手応えを口にした。

メキシコ系の観客も多くいるアウェーに近い会場で勝てた自信は大きかった。海外初勝利できた手応えも胸にある。岩佐は「気持ちは出せたと思います。試合内容はやりたいことをつぶされて出せなかったですが、気持ちを出せて勝てて良かった」と安堵(あんど)の笑み。セレス小林会長は「今回は70点以上のでき。次に(再び)世界を取れば100点です。まだ30点の伸びしろがあると思う」と期待を寄せていた。

岩佐は昨年8月の同級王座陥落後の初試合で、海外は15年に英国での世界初挑戦以来2試合目だった。2度目の防衛戦で敗れた相手のTJ・ドヘニー(アイルランド)が現在も王者。1月に高橋竜平(横浜光)を11回TKOで下した直後のリングで、WBA同級王者ダニエル・ローマン(28=米国)との統一戦をアピール。岩佐の王座返り咲きを狙う再挑戦は、時期も世界王者も流動的になっている。

米ロサンゼルスでIBF世界スーパーバンタム級指名挑戦者決定戦に勝利し、帰国した岩佐亮佑

関連するニュースを読む

岩佐亮佑が負傷判定勝ちで世界戦切符「自信になる」

前IBF世界スーパーバンタム級王者岩佐亮佑

<プロボクシング:IBF世界スーパーバンタム級挑戦者決定12回戦>◇16日◇米ロサンゼルス

前同級王者の同級3位岩佐亮佑(29=セレス)が、再起戦で世界戦切符をつかんだ。同級4位セザール・フアレス(27=メキシコ)との一戦に、10回負傷判定勝ちした。判定は98-92、97-93、95-95の2-0だった。

岩佐は昨年8月の同級王座陥落後の初試合で、海外は15年に英国での世界初挑戦以来2試合目。米国では初の試合だったが積極的に打ち合った。フアレスの偶然のバッティングによる傷が深くなり、10回判定に持ち込まれた。岩佐も右まぶたをカットしたが「足を止めてパワーのある選手に勝てたのは自信になる。相手が誰でもどんな形でも必ず王者に返り咲く」と話した。

V2に失敗した相手のTJドヘニー(32=アイルランド)が現在も王者で、1月には高橋竜平(29=横浜光)に11回TKOで初防衛している。試合後にはWBA同級王者ダニエル・ローマン(28=米国)との統一戦を両者がアピールした。このため、岩佐の王座返り咲きを狙う再挑戦は、時期も相手も流動的だ。

関連するニュースを読む

岩佐亮祐、指名挑戦決定戦が浮上 フアレス明かす

前IBF世界スーパーバンタム級王者岩佐亮祐

ボクシングの前IBF世界スーパーバンタム級王者で同級3位の岩佐亮祐(29=セレス)が2月16日、米ロサンゼルスで同級指名挑戦者決定戦に臨む可能性が出てきた。

同級5位にランクされるセザール・フアレス(27=メキシコ)が29日(日本時間30日)、自らのツイッターで岩佐と2月16日、ロサンゼルスのマイクロソフトシアターで同級指名挑戦者決定戦に臨むと報告した。正式に決まれば岩佐にとって昨年8月の同王座陥落後の再起戦。現在のランキングでは1位、2位は空位で、4位には和気慎吾(FLARE山上)がつけている。

同級王者となるT・Jドヘニー(アイルランド)は1月19日、米ニューヨークで高橋竜平(横浜光)を判定で下し、初防衛に成功している。

関連するニュースを読む

高橋竜平、ぶっつけ本番も新潟県勢初世界王者ならず

<ボクシング:IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦>◇18日(日本時間19日)◇米ニューヨーク・マディソンスクエアガーデンシアター

新潟県勢初の世界王者誕生はならなかった。加茂市出身の挑戦者、IBF世界スーパーバンタム級10位・高橋竜平(28=横浜光、加茂暁星高)は、同級王者TJ・ドヘニー(32=アイルランド)に11回2分18秒TKOで敗れた。

高橋は2回に眉間を切って出血。3回には左の連打をもらってダウンを喫した。その後は打たれても前に出る粘りを見せた。だが、11回、連打されたところでレフェリーがストップ。試合決定が1週間前と、ほとんどぶっつけ本番の状態だった。敗れはしたが、最後まであきらめない、気迫に満ちた試合だった。

高橋は加茂暁星高でボクシングを始めた。同校にボクシング部がないため、加茂市ボクシング教室、加茂ボクシングクラブなどで練習した。加茂ボクシングクラブの坪谷信頼・元代表(69)は「不器用だが、人の何十倍も努力する子だった。これを1つの経験として頑張ってほしい」と言う。県ボクシング連盟の仁多見史隆・副理事長(44)は「選手生命のピークはまだ見えていない。今までのように努力を続ければ、次のチャンスは十分ある」と、ともに今後に期待した。

関連するニュースを読む

高橋竜平、日本人初のMSG世界戦もTKO負け

高橋竜平(2017年4月19日)

<ボクシング:IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦>◇18日(日本時間19日)◇米ニューヨーク・マディソンスクエアガーデンシアター

IBF世界スーパーバンタム級10位高橋竜平(28=横浜光)が聖地で世界初挑戦に失敗した。3回に同級王者TJ・ドヘニー(32=アイルランド)の連打にダウンを喫する。中盤から反撃も流れは変わらずレフェリーにストップされ、11回2分18秒TKO負け。マディソンスクエアガーデンで日本人初の世界戦も壁は厚かった。

高橋は初回でペースを握られ、2回はバッティングで両者が眉間から流血した。3回には右ストレートを浴びてクリンチも、左フック3連発にダウンした。石井会長の「スロースタートで3回までがカギ」の懸念が的中してしまった。

中盤から運動量を生かし、スイッチも駆使した。手数も出すが王者のうまさに空転し、的確なパンチをもらう展開は変わらず。「きりないくらい課題が残った。不細工な試合で、完璧に実力の差」と苦笑いした。

昨年12月の米国合宿中にオファーされたが、正式決定は1週間前だった。東洋大ではレギュラー外でプロデビューは1回TKO負け。日本や東洋太平洋王座挑戦もない無名から、日本人として9年ぶりの聖地での試合。「もう1度立ちたい」という世界戦は日本人初の晴れ舞台も、番狂わせは起こせなかった。

関連するニュースを読む

世界戦失敗の高橋竜平「不細工な…完璧に実力の差」

高橋竜平(2017年4月19日)

<ボクシングIBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦>◇18日◇米ニューヨーク

IBF世界スーパーバンダム級10位高橋竜平(28=横浜光)が聖地で世界初挑戦に失敗した。3回に同級王者TJ・ドヘニー(32=アイルランド)の連打にダウンを喫する。中盤から反撃も流れは変わらずレフェリーにストップされ、11回2分18秒TKO負け。マディソンスクエアガーデンで日本人初の世界戦も壁は厚かった。昨年に岩佐(セレス)から王座奪取のドヘニーは初防衛となった。

  ◇    ◇    ◇

高橋は初回でペースを握られ、2回はバッティングで両者が眉間から流血した。3回には右ストレートを浴びてクリンチも、左フック3連発にダウンした。石井会長の「スロースタートで3回までがカギ」の懸念が的中してしまった。

中盤から運動量を生かし、スイッチも駆使した。手数も出すが王者のうまさに空転し、的確なパンチをもらう展開は変わらず。ついに試合を止められた。「きりないくらい課題が残った。不細工な試合で、完璧に実力の差」と苦笑いした。

昨年12月の米国合宿中にオファーされたが、正式決定は1週間前だった。東洋大ではレギュラー外でプロデビューは1回TKO負け。日本や東洋太平洋王座挑戦もない無名から、日本人として9年ぶりの聖地での試合。「もう1度立ちたい」という世界戦は日本人初の晴れ舞台も、番狂わせは起こせなかった。

関連するニュースを読む

高橋竜平TKO負け、新潟初の世界王者誕生ならず

<ボクシング:IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦>◇18日◇米ニューヨーク・マディソンスクエアガーデンシアター

新潟県勢初の世界王者誕生はならなかった。加茂市出身の挑戦者、IBF世界スーパーバンタム級10位・高橋竜平(28=横浜光、加茂暁星高)は、同級王者T・Jドヘニー(32=アイルランド)に11回2分18秒TKOで敗れた。

高橋は2回に眉間を切って出血。3回には左の連打をもらってダウンを喫した。その後は打たれても前に出る粘りを見せた。だが、11回、連打されたところでレフェリーがストップ。試合決定が1週間前と、ほとんどぶっつけ本番の状態だった。敗れはしたが、最後まであきらめない、気迫に満ちた試合だった。

高橋は加茂暁星高でボクシングを始めた。同校にボクシング部がないため、加茂市ボクシング教室、加茂ボクシングクラブなどで練習した。加茂ボクシングクラブの坪谷信頼・元代表(69)は「不器用だが、人の何十倍も努力する子だった。これを1つの経験として頑張ってほしい」と言う。県ボクシング連盟の仁多見史隆・副理事長(44)は「選手生命のピークはまだ見えていない。今までのように努力を続ければ、次のチャンスは十分ある」と、ともに今後に期待した。

関連するニュースを読む

高橋竜平TKO負け壁厚かった日本人初の聖地世界戦

<ボクシングIBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦>◇18日◇米ニューヨーク・マディソンスクエアガーデンシアター

同級10位高橋竜平(28=横浜光)が聖地で世界初挑戦も11回TKOで失敗した。

3回に同級王者T・Jドヘニー(32=アイルランド)の連打でダウン。中盤から前に出て手数を出したが、的確なパンチを浴びて劣勢は変わらず。レフェリーにストップされ、11回2分18秒TKO負けした。昨年に岩佐(セレス)から王座奪取のドヘニーは初防衛となった。

初回からジャブにボディーで流れをつかまれた。2回にバッティングで、両者とも眉間をカットして流血。3回には左ボディーに続く右ストレートを浴びる。クリンチで逃げようとしたが、さらに左フックの3連発を食らってダウン。スロースターターの上にリードを奪われた。

中盤からようやく本来の運動量を生かして前に出て、スイッチもして手数も多くなった。アマ経験も豊富な試合巧者の王者。高橋のパンチをかわし、上下に打ち分けもよく、的確な力強いパンチで差を広げていった。この展開は変わらず、8回にはドクターチェックも入り、11回には王者に連打で攻め込まれてレフェリーに試合を止められた。

昨年12月に米ロサンゼルスで初めてスパー合宿した。ヘビー級世界戦も観戦した際に王者陣営からオファーを受けた。その後連絡がなく、1月から2月9日の2番目の候補日になると判断し、3日間休養に充てた。直後の7日に契約書が届き、1週間前の11日にビザが下りて、やっと正式決定した経緯があった。

漫画「はじめの一歩」を読んで、中3で地元新潟加茂市のボクシング教室に通い始めた。東洋大に進学もレギュラーになれずにアマでは10勝(3KO)7敗止まり。12年12月にプロデビューも1回KO負けし、次戦も引き分けだった。

16年にオーストラリアで初の10回戦も判定負け、17年にはフィリピンへ単身修行。17年にタイで日本未公認のIBFパンパシフィック王座を獲得し、昨年タイで初防衛して世界10位に浮上でチャンスをつかんだ。

日本や東洋太平洋王座にも挑戦経験のない無名から、聖地マディソン-のリングに上がった。日本人では戦前にノックアウトQの異名で1回KOで初勝利の木村久、日本初の世界ランカー徐廷権がいる。戦後では元アマ全日本王者の岡田隆志が、10年に元アマ世界王者アローヨ(プエルトリコ)に4回判定勝ちした。

世界戦ではベネズエラ出身のWBAライト級王者ホルヘ・リナレス(帝拳)が、昨年にワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)からプロ初ダウンを奪うも10回TKO負けの激闘を演じていた。高橋は日本人としては初の世界戦出場だったが、実力差はあり、世界の壁は厚かった。

関連するニュースを読む

高橋竜平、敵地で打撃戦もTKO負けで世界挑戦失敗

計量をクリアした高橋竜平(右)と王者TJドヘニー

<ボクシング:IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦>◇18日◇米ニューヨーク・マディソンスクエアガーデンシアター

同級10位高橋竜平(28=横浜光)の世界初挑戦は、11回TKO負けで失敗した。

同級王者T・Jドヘニー(32=アイルランド)に対し、3回に右ボディーからの連打でダウンを喫した。中盤から前に出て手数を出したが、的確なパンチを浴びて劣勢は変わらず。11回に守勢となったところで、レフェリーにストップされた。ドヘニーは昨年8月に岩佐(セレス)から王座奪取後の初防衛に成功した。

試合が正式に決まったのが11日。それから2日で渡米。1週間で試合とバタバタだったが「なんでこんなやつ連れてくるんだよ、と後悔させたい」と世界を驚かせる決意を見せていた。流血戦でダウンを奪われても最後まであきらめず、前に出たが、敵地での世界の壁は高かった。

関連するニュースを読む

高橋竜平11回TKO負け/IBF世界Sバンタム戦

<プロボクシング:IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦>◇18日◇米ニューヨーク

ボクシングIBF世界スーパーバンタム級10位高橋竜平(28=横浜光)が18日、米ニューヨークで同級王者T・Jドヘニー(アイルランド)に挑戦し11回TKO負けし、世界王座奪取とはならなかった。

◆IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦

ドヘニー11R
TKO
×高橋竜平

計量をクリアした高橋竜平(右)と王者TJドヘニー

【11回】 高橋のパンチに対応したドヘニーは、左右の連打で高橋を攻める。2分過ぎ、高橋はドヘニーの連打を食らいレフリーが試合を止め、敗れた。

【10回】 高橋の右がヒットするが、王者もボディ打ちで反撃する。終了間際にドヘニーのパンチがあたる。

【9回】 ドヘニーは的を絞らせないように体を左右に振ったり前後に移動、たまにカウンターやアッパーで高橋のパンチに対応する。1分40秒過ぎ、ドヘニーの左ストレート、ボディと打ち分けたパンチがヒットする

【8回】 高橋は右の構えを左に変えたりしながら、前に詰めてパンチを繰り出すが空を切る。対しドヘニーは的確にボディやテンプルへのパンチをヒットさせる。

【7回】 高橋は前進して距離を縮めてパンチを繰り出す。終了間際にドヘニーのボディがヒットするがラウンド終了

【6回】 開始早々、高橋の右ストレートが顔面にヒット。1分30秒ころドヘニーの左ストレートがクリーンヒット。その後はともに決定打なく6回終了

【5回】 中盤を迎え、高橋は前に出てパンチを繰り出す。そこにドヘニーはボディやアッパーで迎撃する展開が続く。2分30秒過ぎ、高橋の右ストレートがヒットする

【4回】 両者、出血は止まった模様。高橋がパンチを繰り出すと、ドヘニーがカウンターから連打を繰り出す展開。高橋は右のジャブから左を出し、いくどかヒットする

【3回】 高橋は手数を増やして試合を作る。しかしドへニーもステップかわす。2分すぎドヘニーの左の連打で高橋がダウン。攻撃を緩めないドへニーに対し、高橋はクリンチで逃れる。

【2回】 高橋は左ジャブで試合を作ろうとするが、ドヘニーのボディが入る。1分すぎ、両者の顔どうしが当たるバッティングで高橋の眉間から出血。ドヘニーも眉間から出血した。

【1回】 ドヘニーは右ジャブで間合いを詰め左ストレートをボディに。高橋は右ジャブから左ストレートを狙うもヒットせず。ドヘニーの左が高橋の顔面にヒットしていく

【試合前】 笑顔でリングイン。

関連するニュースを読む

高橋竜平が前日計量「気持ちでは負けたくない」

計量をクリアした高橋竜平(右)と王者TJドヘニー

ボクシングIBF世界スーパーバンタム級10位高橋竜平(28=横浜光)が17日、米ニューヨークで世界初挑戦の前日計量を一発クリアした。18日に初防衛戦の同級王者T・Jドヘニー(32=アイルランド)とともに、リミットより100グラム軽い55・2キロでパスした。

高橋は「これから体を回復させて明日までにしっかり仕上げていきたい。気持ちでは負けたくない」と話した。写真撮影のフェイスオフでは額をつけ合うほど接近。リラックスしていた表情から一転して気合十分だった。

4階級制覇へWBC世界スーパーライト級挑戦者決定戦に出場する同級2位ホルヘ・リナレス(33=帝拳)は、リミットより400グラム軽い63・1キロでパスした。

計量をクリアし、笑顔をみせる高橋竜平

関連するニュースを読む

高橋竜平が英語で王者宣言、日本人初の世界戦出場

高橋竜平

ボクシングIBF世界スーパーバンタム級10位高橋竜平(28=横浜光)が16日、米ニューヨークで世界初挑戦を控えて記者会見に臨んだ。

18日に同級王者T・Jドヘニー(32=アイルランド)に挑戦する。高橋は「マジソン・スクエア・ガーデンで試合の機会を与えてくれて感謝している。いいファイトを見せて世界王者になる」と堂々と英語であいさつした。日本人がマジソン-での世界戦に出場するのは初めて。写真撮影ではフェイスオフもしたが「自分より少し小さいと思ったがさすがにオーラがあった」と話した。試合の模様はDAZNで中継される。

メインはWBO世界ミドル級王者デメトゥリアス・アンドラーデ(30米国)が同級8位アルツール・アカボフ(31=ロシア)の挑戦を受ける。セミでは4階級制覇を狙うWBC世界スーパーライト級2位ホルヘ・リナレス(33=帝拳)が、パブロ・セサール・カノ(29=メキシコ)と挑戦者決定戦を行う。

関連するニュースを読む

高橋竜平 初の世界戦へ「聖地の雰囲気楽しみたい」

13日、初の世界挑戦に向け、米国へ出発した高橋竜平(撮影・高場泉穂)

国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級タイトルマッチ(18日・ニューヨーク)で初の世界戦に臨む同級10位の高橋竜平(横浜光)が16日、ニューヨークで記者会見し、英語で「マディソンスクエアガーデンで闘えることに感謝する。世界チャンピオンになるため、ハードに闘う」と覚悟を口にした。

急きょ決まった世界戦で、舞台はニューヨークの中心部だが「ボクシングの聖地と言われているところだから、そういった雰囲気も全部楽しみたい」と動じる様子はない。初防衛戦となる対戦相手のTJ・ドヘニー(アイルランド)については「戦闘モードに近いというか、オーラを感じた」と冷静に話した。

関連するニュースを読む

MSGで番狂わせだ「平成の竜馬」高橋竜平が出発

初の世界挑戦に向け、米国へ出発した高橋竜平(撮影・高場泉穂)

「平成の竜馬」が世界を驚かせる。ボクシングIBF世界スーパーバンタム級10位高橋竜平(28=横浜光)が12日、同級王者T・Jドヘニー(32=アイルランド)との世界戦に向け、成田空港から出発した。

平成の竜馬になるようにと、両親に竜平の名をもらった高橋は「ドヘニーは手ごろな相手と思っていると思うが、なんでこんなやつ連れてくるんだよ、と後悔させたい」。ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンの大舞台で番狂わせを起こし、その名を世界にアピールするつもりだ。

空港で記者10人に囲まれると「こんなに来てくれるとは…。1人が最高です」と初々しく取材に応えた。ボクシング部のない新潟・加茂暁星高1年から競技を始め、東洋大では準レギュラー。12年のプロデビューもKOと光の当たらないボクサー人生を歩んできた。転機は昨年10月。IBFのランキングが14位から10位に上がったことで「世界をイメージするようになった」。昨年12月はじめに世界戦の話が届き、正式決定したのは試合1週間前の今月11日。急きょ時差調整を行うなど準備はバタバタしたが、心構えをしていただけにコンディションは万全という。持ち前の予測不能の動きで「引っかき回して、“高橋ワールド”にしたい」と自信たっぷりに語った。

昨年9月に結婚したばかりの妻沙也さん(25)も応援に駆けつける。昨年11月末から12月にかけて行った2週間の米国・ロサンゼルス合宿では、最後の3日間を新婚旅行とする予定だったが、この世界戦の話が舞い込んだため、急きょキャンセルとなった。「勝ったらハネムーンします」と、妻とのV旅行を思い描いた。

関連するニュースを読む

高橋竜平「海外の方が気楽」18日NYで世界初挑戦

高橋竜平

ボクシングIBF世界スーパーバンタム級10位高橋竜平(28=横浜光)の世界初挑戦が決まった。石井会長が11日に明らかにした。18日に米ニューヨークで同級王者T・Jドヘニー(32=アイルランド)に挑戦する。ドヘニーは昨年8月に岩佐(セレス)から王座奪取後の初防衛戦となる。

高橋は昨年12月に米ロサンゼルスで初めてスパー合宿した。ヘビー級世界戦も観戦した際に王者陣営から話を持ち掛けられた。1度はあきらめたが7日に契約書が届き、この日ビザも下りたことで正式決定した。マディソンスクエアガーデンの大舞台にも、高橋は「後楽園ホールより海外の方が気楽」と意気込む。

東洋大では準レギュラーで、12年のプロデビュー戦は1回KO負け。昨年IBFパンパシフィック王座を初防衛で世界ランク入りしてチャンスをつかんだ。石井会長は「体力を生かして手数と攻勢で勝負」と、海外奪取を期待した。

関連するニュースを読む

高橋竜平が急きょ世界初挑戦濃厚に 18日NYで

高橋竜平

ボクシングのIBF世界スーパーバンタム級10位高橋竜平(28=横浜光)が1月18日(日本時間19日)、米ニューヨークのマディソンスクエアガーデンで同級王者T・Jドヘニー(32=アイルランド)に挑戦することが9日、濃厚となった。

8日(日本時間9日)に米メディアが報じたもので、横浜光ジムの石井一太郎会長も自らのブログで「ビザ申請が間に合えば」との条件付きで開催を認めている。正式決定すれば、高橋は世界初挑戦となる。

ドヘニーは昨年8月、当時の王者岩佐亮祐(セレス)に判定勝利し、高橋戦が決まれば初防衛戦となる。

関連するニュースを読む

金子vs仲村 元日本、東洋王者の注目ランカー対決

 ボクシングの横浜光ジムは9日、都内で会見を行い、日本スーパーフェザー級2位金子大樹(26=横浜光)が、8月21日に東京・後楽園ホールで同級10位仲村正男(27=渥美)と対戦すると発表した。

 注目のランカー対決に、元日本同級王者の金子は「鬱憤(うっぷん)がたまっている。久しぶりの日本人対決で燃えている。6回以内には倒す」。元東洋太平洋同級王者の仲村は「十分な準備をして、ベストパフォーマンスを見せたい。自分の実力を再確認できる戦いだと思って挑みたい」と意気込みを話した。

 同興行で、日本バンタム級15位高橋竜平(横浜光)が、久保賢司(角海老宝石)と対戦することも発表された。

関連するニュースを読む