上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

平成の終わりと白鵬時代の潮目、若手台頭で変革の時

大相撲初場所13日日、貴景勝に突き落としで敗れた白鵬(2019年1月25日撮影)

「平成」の元号が終わりを告げる年、初場所で時代の潮目を感じた。担当歴2年弱の新米で、相撲のなんたるかもまだ分からんのですが、確かに感じるものはありました。

数年後に「あれが引き潮やったんか」と思うかもしれん出来事は、14日目に起こった。横綱白鵬の休場。驚いた。初日からの10連勝後、御嶽海、玉鷲、貴景勝に3連敗した翌朝、白鵬の朝稽古を見ようと訪れた宮城野部屋前で一報が入った。確かに玉鷲に1差リードを許したが、残り2日で逆転Vの可能性はあった。なのに休んだ。それまで途中休場は5場所あったけど、場所が最も押し迫ったタイミングは関脇やった05年名古屋場所の9日目。優勝争い最中の14日目の休場なんて初めてのことでした。

診断内容は「右膝血腫、左足関節炎で約1週間の加療を要する」。額面通りに受け取れば重症ではない。ただ、右膝は昨秋に骨片除去手術をして、昨年九州場所全休の要因になった箇所でもある。13日目の取組後、左膝の違和感を問われて「(初日から)ずっとだからね」とこぼしていた。

残り2日、無理を押して相撲をとって、症状が悪化する怖さがあったのかもしれない。白鵬も33歳。11年以上も横綱を張った者にしかわからない疲労や、体への不安もあるんでしょう。41度も賜杯を手にした、絶対的な強さは揺らいでいるのかもしれません。

逆に「あれが上げ潮やったんか」と思う現象は、やはり若手の台頭です。優勝は34歳の関脇玉鷲が手にしたものの、26歳の小結御嶽海が3横綱1大関を破り、途中4日も休みながら殊勲賞に輝いた。22歳の関脇貴景勝が、昨年九州場所初優勝の勢いを持続させ、千秋楽まで2場所連続優勝の可能性を残した。平幕で2桁白星を残したのは3人いたが、32歳の魁聖を除いて、残る2人は28歳遠藤と24歳阿炎でした。また9勝に終わったものの、26歳北勝富士が西前頭2枚目で9勝し、春場所の新三役を濃厚にした。

千秋楽に御嶽海はこう言いました。「時代が動いてるな、と感じますか?」と聞くと「時代は動いてますよね」。おうむ返しのようなやりとりですが、かみしめるような口調は印象的でした。

春場所は3月10日から始まります。貴景勝は自他ともに認める大関とり。御嶽海も自信を深め、体調を整えてくるはず。貴景勝の躍進に燃える同世代の阿武咲、阿炎もいれば、御嶽海をライバル視する同学年の北勝富士もいる。そんな20代の勢いを、白鵬が受け止められるのか。

平成最後の本場所は、まさに待ったなしです。【加藤裕一】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

大相撲初場所で殊勲賞と敢闘賞を受賞した玉鷲(中央)左は殊勲賞の御嶽海、右は技能賞の貴景勝(2019年1月27日撮影)

宝富士デレデレ挙式・披露宴「今日はよりきれい」

披露宴でケーキ入刀する、左から宝富士、長男の慶丞くん、英莉乃夫人(撮影・佐藤礼征)

大相撲の前頭宝富士(31=伊勢ケ浜)が16日、都内のホテルで17年9月に結婚した英莉乃夫人(25)と挙式・披露宴を行った。

兄弟子の元横綱日馬富士、伊勢ケ浜一門の横綱白鵬ら約450人が出席。ウエディングドレスに身をつつんだ新婦に、宝富士は「いつもきれいだけど、今日はよりきれい」と目尻を下げた。昨年10月に誕生した第1子の慶丞(けいのすけ)ちゃんもお披露目。「家族を守っていけるように、まずは上位に戻って三役に返り咲きたい」と意気込んだ。

披露宴のケーキ入刀で笑顔を見せる宝富士、長男の慶丞くん、英莉乃夫人(撮影・佐藤礼征)

前田日明氏がセコンド登場 長州・藤波らの挑発に…

試合後、リングに上がった前田日明氏(右)に冗談でラリアットをしようとする長州力(左)(撮影・横山健太)

<プロレスリング・マスターズ:後楽園大会>◇15日◇後楽園ホール◇観衆1759人(超満員札止め)

かつて格闘王と呼ばれたレジェンド、前田日明氏(60)がセミファイナルの6人タッグにセコンドとして登場し、会場を沸かせた。前田氏は、6月に引退試合を控え、今回が最後の出場となる長州力組と対戦する藤原喜明組を青コーナー下でジーパンにジャケットのラフな姿で見守った。

試合中には、藤原が何度も前田氏にリングに上がるようけしかけた。対戦相手の藤波辰爾からも、リング上から盛んに挑発された。それでも、前田氏は動かなかった。終了後にはリングにあがり、マイクでファンにあいさつ。1度帰り掛けた長州力が、ロープに飛んでリキラリアットに入るポーズを見せるも、笑って受け流した。その長州とがっちり握手をかわすと、超満員の会場が大歓声に包まれた。

前田氏は「みんなよくやっているね。オレは引退試合をやったからダメですね」と参戦しなかった理由を説明。さらに「マスターズの試合は派手なロープワークも変わったリバース(返し)もない。それでも、長年やっている試合の経験と間でやっている。そういうキャリアの人たちの試合を見て、若い選手も考えてほしい」と、プロレス界に訴えた。

試合後、リングに上がり観客にメッセージを送る前田日明氏(右)。左から長州力、藤波辰爾(撮影・横山健太)
試合後、リングに上がった前田氏(右)と握手を交わす長州(撮影・横山健太)

照ノ富士、春場所出場は「ぎりぎりまで考える」

照ノ富士(2015年3月20日撮影)

大相撲の前頭宝富士(31=伊勢ケ浜)が16日、都内のホテルで17年9月に結婚した英莉乃夫人(25)と挙式・披露宴を行った。

挙式・披露宴の会場に足を運んだ最高位大関の照ノ富士が「師匠と相談してぎりぎりまで考える」と、3月の春場所出場に慎重な姿勢を見せた。

左膝の負傷などで、昨年5月の夏場所から5場所連続で休場中。稽古は行っていないが、同部屋の幕下力士に胸を出して体を動かしているという。来場所は序二段まで番付を落とす見込みだが「(足の状態は)順調に良くなっている」と前向きに話した。

ライガー3月にアイルランドのOTTレスリング参戦

獣神サンダー・ライガー(09年撮影)

世界で人気の高い新日本プロレスの獣神サンダー・ライガーが3月にアイルランドのOTTレスリングに急きょ参戦することになったと、15日(日本時間16日)に同団体が発表した。

ライガーは新日本のNEVER無差別級王者ウィル・オスプレイ(英国)の代わりに出場すると説明している。同団体は3月16日にダブリンのナショナル・スタジアムで開催する大会「スクラッパーマニア5」にレジェンドとして参加すると発表している。

対戦相手は後日発表される。ライガーは3月6日に石森太二のIWGPジュニア・ヘビー級王座に挑戦決定。王者としてアイルランド登場となるか注目の選手権戦となる。(デーブ・レイブル通信員)

ジミー・ウーソ王座戦前に逮捕… 警察官を挑発

17日のWWE・PPV大会でスマックダウン(SD)タッグ王座に挑戦するSDのジミー・ウーソ(33)が選手権戦を控え、警察に逮捕されていたことが16日までに分かった。

ジミーは14日米デトロイトで、妻で元SD女子王者ナオミ(31)の運転する車に同乗。一方通行を逆走したナオミが警察官に止められ、車の中にアルコール臭があったため、車から降りるよう指示された。ところが、ジミーが車から降りてジャケットを脱ぎ、警察官を挑発。乱暴、妨害行為とみなされ、逮捕されてしまった。その日のうちに保釈金を払い、解放されたという。

双子のジェイ(33)とともに17日のPPV大会でSDタッグ王座挑戦が決まっている。兄弟の父はWWE殿堂入りので来日経験のあるリキシ(53)である。(デーブ・レイブル通信員)

錣山部屋をしみけん見学「色んな名が…」交流つづる

AV男優のしみけんは、ツイッターで錣山部屋の朝稽古を見学したことを報告した

AV男優のしみけん(39)とゴールデンボンバーの歌広場淳(33)が11日、東京・江東区の錣山部屋で朝稽古を見学した。

2人は幕内力士の阿炎らと記念撮影し、ツイッターに投稿。しみけんは「気迫、迫力、精神力全てが弾けてて、"力士"の漢字の如く、本当に様々の"力"を頂戴しました。またちゃんこも美味しいんだ! ご馳走様でした!m(__)m」とつぶやき、「やっぱ興奮した時のツイートは「!」が多くなる!! 稽古後の皆さんは本当に温かく、そして色んな作品名や女優さんの名が…」と力士との交流をつづった。

歌広場淳は「じわじわと大相撲への興味が増しておりまして、ついに稽古を見学に行って参りました!錣山部屋(しころやまべや)の力士の皆さん、全く知らない世界だったけれども格好良くって迫力がすごくって、感動しました…!!!」と感想をつづった。

式守伊之助が襲名披露祝賀会「同体ない」覚悟の軍配

襲名披露祝賀会でデーモン閣下(右)とトークショーを行い、笑顔を見せる第41代式守伊之助

大相撲の立行司第41代式守伊之助(59=高田川)が11日、都内のホテルで襲名披露祝賀会を開いた。

尾車親方(元大関琴風)や大関高安、貴景勝と玉鷲の両関取ら二所ノ関一門の親方衆や関取衆ら約450人が出席。

途中、所属部屋の師匠である高田川親方(元関脇安芸乃島)から贈られた、金の部屋のロゴマークが入った濃紺の装束に着替えて再登場し、デーモン閣下とのトークショーで「同体はないと思って、どちらが勝っているか見極めて(軍配を)上げている」などと話し盛り上げた。1月の初場所で三役格から立行司に昇格したが「歴史に残る取組を演出する手伝いができれば」と意気込みを語った。

ノア斎藤彰俊「楽しんで」緑マット見納め清水大会

静岡支局を訪れた斎藤彰俊は、プロレスリング・ノアの清水大会をPR(撮影・柴田寛人)

プロレスリング・ノアの斎藤彰俊が14日、日刊スポーツ静岡支局を訪れ、3月3日に静岡市の清水マリンビルで行われる「Navig. For The Progress 2019」清水大会をPRした。

2000年(平12)に故三沢光晴さんが創設した同団体は、緑のイメージカラーを続けてきたが、この大会が最後。緑色のリングマットやロゴは見納めになる。斎藤は「正直に言えば寂しい。ただ、三沢さんの時代からの変化に対応しなければ、生き残れない。メジャー団体というプライドを取り戻して、ブランド力を高めて、選手に誇りを持ってもらいたい」と力説した。

食通でも知られ、清水産のかつおぶしには思い入れがある。「ラーメンのスープのだしに、よく使われている。日本中の家庭に届いている味が作られている場所。清水の海鮮を味わった後、プロレスを楽しんでほしい」と訴えた。

マサ斎藤よ永遠に…追悼大会でホーガンら哀悼の意

マサ斎藤追悼イベントでファン、関係者に感謝を述べる倫子夫人(撮影・加藤裕一)

昨年7月14日に他界したプロレスラー、マサ斎藤さん(享年75)の追悼大会「マサ斎藤メモリアル」が15日、大阪市の城東KADO-YAがもよんホールで行われた。元新日本の役員・上井文彦氏のプロデュースによるもので「もう1度リングに上がりたい」と斎藤さんが昨年6月に望み、企画した大会という。

場内にはハルク・ホーガンらの動画コメントが流され、斎藤さんの妻倫子さんがリングへ。「私がここにいて悔しい。本来いるべきなのはマサ斎藤なのに」と語り「皆さんの中に、少しでも長く“マサ斎藤”の名前をとどめておいてください」と訴えた。