上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

猪木氏が終生のライバル馬場さんに捧げる「ダー!」

ジャイアント馬場没20年追善興行のオープニングであいさつに登場したアントニオ猪木氏は会場と一緒に「1、2、3、ダー!」(撮影・河田真司)

<ジャイアント馬場没20年追善興行>◇19日◇両国国技館

アントニオ猪木氏(76)が、終生のライバル、馬場さんの没20年追善興行に「1、2、3、ダー!」で花を添えた。オープニングセレモニーに登場すると、ジョークを交えた軽妙なあいさつで健在をアピール。最後は得意のパフォーマンスで、主要11団体が集結した平成最後のオールスター戦を盛り上げた。試合終了後には追悼セレモニーも行われ、馬場さんをしのんで10カウントゴングも鳴らされた。

   ◇   ◇   ◇

馬場さんの全日本と、猪木の新日本が、同じ会場でファンを盛り上げた。全日本のテーマ曲に続き、オープニングセレモニーで登場したのは猪木だった。リングにはあえて上がらず「元気ですかー!」と声を張り上げた。8800人の超満員の観衆に「20年ぐらいになると忘れられる人が多いが、今日は会場にたくさんの方に来ていただいて、ジャイアント馬場に成り代わりお礼を申し上げます」と、終生のライバルに代わって頭を下げた。

猪木は、60年4月に力道山にスカウトされて入門。道場には、プロ野球巨人から先に入門していた馬場さんがいた。同年11月の同日に2人はデビュー。若手時代は、1杯のラーメンを2人で分け合い、年上の馬場さんから背広をプレゼントされたこともあった。そんな2人が全日本と新日本に別れ、ともに経営者としてしのぎを削った。

「ある日ホテルですれ違ったとき『お前はいいなあ』と馬場さんに言われました。私がいつも挑戦し続けたので、馬場さんも困っていた。馬場さんには、さんずの川で待っているという手紙をもらいました」と、ジョーク交じりに馬場さんをしのんだ。

昨年8月に腰の手術を受け、一時は車いすに乗っていたが、今年1月4日にはパラオで始動。懸命なリハビリを続け元気な姿でリングに戻ってきた。動と静、攻めと守りの興行、長年の2人の関係を「合わせ鏡」と表現した猪木は、馬場さんの没20周年記念興行が決まると、出席のため日程を調整した。

猪木の“開会宣言”でスタートした興行は、11団体61人が熱戦を繰り広げ、平成最後のオールスター戦を彩った。メインイベントの後には、出場全選手に、国内外からのレジェンドが加わり、リングに集結した。新日本の坂口征二相談役が「馬場さんも天国からこの大会を喜んでいると思います」とファンに語りかけ、追悼の10カウントが鳴らされた。【桝田朗】

ジャイアント馬場没20年追善興行のオープニングであいさつに登場したアントニオ猪木(撮影・河田真司)

棚橋が幻のタッグ復活で競演、馬場さん得意技で追善

棚橋弘至(右)は宮原健斗にランニングネックブリーカードロップを浴びせる(撮影・河田真司)

<ジャイアント馬場没20年追善興行>◇19日◇両国国技館

馬場さん追善だからこそ実現した夢のタッグマッチがメインを飾った。

新日本のエース棚橋弘至(42)がヨシタツ(41)と組み、5年前の幻のチーム「ザ・ワールド」が復活。対するのは全日本のエースで三冠ヘビー級王者の宮原健斗(29)と、かつて馬場さんも巻いた世界タッグ王者で大日本のエース関本大介(38)。宮原は馬場さんの親族に頼み、三冠統一される前の3つの旧ベルトを含めた4本を巻いて登場。棚橋は馬場さんの得意技ランニングネックブリーカードロップを宮原に決めるなど、随所にリスペクトが込められた。

20分超の激闘は、宮原がヨシタツをシャットダウン式スープレックスホールドで沈めて勝利。初対戦した棚橋から「宝」と絶賛された宮原は「きょうは棚橋さんと輝きたいというのがテーマだった。帰ったら、どっちが輝いていたかチェックしたい。負けてないんじゃないかな」と胸を張った。

棚橋弘至(左)は関本大介からドロップキックを浴びる(撮影・河田真司)
棚橋弘至(左)は関本大介から強烈なチョップを浴びる(撮影・河田真司)

アブドーラ小林、師匠ブッチャーさんの襲撃できず

アブドーラ小林はフォークを懐に仕込んで師匠アブドーラ・ザ・ブッチャーさんの襲撃を計画していたが失敗(撮影・高場泉穂)

<ジャイアント馬場没20年追善興行>◇19日◇両国国技館

アブドーラ小林(42=大日本)が、師匠アブドーラ・ザ・ブッチャーさん(78)の襲撃に失敗した。

99年から大日本に参戦したブッチャーさんの付け人を務めたのは約1年間。短いが、小林にとっては今でも忘れられない濃密な時間。「セクハラ以外のハラスメントを受けた。その時の恨みを晴らしたい」と襲撃を予告していた。

第1試合のメモリアルバトルロイヤルに出場した後、第3試合後に行われたブッチャーさんの引退セレモニーで付添人として、車いすを押した。腹部に2本フォークをしのばせ、背部からの急襲を狙ったが初代タイガーマスク、武藤敬司、スタン・ハンセンら花束贈呈のためリングに上がるレジェンドの姿を見て、たちまち弱気に。「こんな厳かな式になるとは…」。フォークを出す機を逸し、ブッチャーさんをかいがいしく、お世話するだけに終わった。

付け人時代は、しょっちゅうケンタッキーフライドチキンを買いに行かされ、外国人の集まる六本木の名物バー「ガスパニック」への送迎も毎回させられていた。小林は、自身の3カ月ぶりの復帰戦の際となった前日18日にもブッチャーさんについて「酔うと金払わないというのはよくありましたね。ほんとです。ガスパニックに行くと、六本木なんで駐車場料金が1万円近くするんですよ。だから車で寝て待ってました。あの人、昔のスターじゃないですか。でも、若い女性からしたら分からないわけですよ。意外ともてなかった、というのはかわいそうでした」と知られざるエピソードも明かしていた。

この日ブッチャーさんに約15年ぶりに再会した小林は、その時のリベンジどころか「偉大さが身に染みました。記憶の片隅でも覚えててもらえたのがうれしい」と感動した様子。「20万円ぐらい立て替えていましたが、チャラになりました」とすがすがしい表情で話した。【高場泉穂】

引退セレモニー後、ブッチャーさんの車いすを押すアブドーラ小林(撮影・高場泉穂)

棚橋が宮原に「僕を超える素材」関本にもラブコール

コーナーに上ってポーズを決めた棚橋弘至(右)に宮原健人も同じポーズで返す(撮影・河田真司)

<ジャイアント馬場没20年追善興行>◇19日◇両国国技館

団体の垣根を越えた夢のタッグマッチが馬場さん追善興行のメインを飾った。

新日本のエース棚橋弘至(42)がヨシタツ(41)と組み、5年前の幻のタッグチーム「ザ・ワールド」を再結成。対するのは3冠ヘビー級王者で全日本エースの宮原健斗(29)、かつて馬場さんも巻いた世界タッグ王者で大日本の顔、関本大介(38)。

65年前、日本で初めて本格的な興行が行われた「プロレスの日」に、各団体のトップが激突した。20分超の激闘を制したのは宮原。ヨシタツをシャットダウン式スープレックスホールドで沈め「ありがとう両国!」と絶叫した。試合後は「プロレスは最高ですかー」と観客をあおり、棚橋とともに「プロレスを最高に、愛してまーす」と叫んで、締めくくった。

試合後、棚橋は初対戦の宮原、関本を絶賛した。宮原を「宝」と表現し「人間が持っているハートの部分で屈託がない。明るい光を放っている。昔の棚橋、いや僕を超える素材」とほめちぎった。関本についてもラリアット、逆水平などの技術をたたえ、「関本選手対新日本プロレスの選手、ぜひまた何らかの形でつながっていけたら」とラブコールを送った。

かねて棚橋をリスペクトしてきた宮原はこの日の輝きでは「負けてない」と胸を張りながらも「やっぱりカリスマ性が違う」とすごさを実感。「僕としては唯一追いかけたい背中。今日当たれたことに何かプロレスの神様が与えてくれた意味があると思う」と語った。棚橋から対抗戦の誘いを受けた関本は「大日本をもっと大きくしたい気持ちがあるので、チャンスがあれば殴り込みたい」と対決実現に意欲をみせた。

閉会セレモニーでジャイアント馬場さんの写真とともに記念撮影する棚橋ら(撮影・河田真司)

キングストン大番狂わせでブライアンへの挑戦権獲得

ユニット「ニュー・デイ」のビッグE(左端)、ウッズ(右端)と勝利を喜ぶキングストン(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:スマックダウン大会>◇19日(日本時間20日)◇米ルイジアナ州ニューオーリンズ・スムージー・キング・センター

愉快な3人組ユニット「ニュー・デイ」に所属するコフィ・キングストンがWWEヘビー級王座の次期挑戦権を獲得した。

メインイベントでAJスタイルズ、ジェフ・ハーディと組み、同級王者ダニエル・ブライアン、サモア・ジョー、ランディ・オートン組との6人タッグ戦に出場。ブライアンから馬乗りパンチ連打を食らい「オレがWWE王者だ」と叫ばれ、オートンにもテーブルにたたきつけられた。

この日ばかりは良いところなしで終わるかとみられたが、AJスタイルズにカーフ・クラッシャーを決められて苦悩の表情を浮かべたブライアンに向け、キングストンはダイブ攻撃からのトラブル・イン・パラダイスを成功させて3カウントを奪った。

王者からフォールを奪う大番狂わせを起こすとニュー・デイの3人で一緒に大喜び。17日のPPV大会でのエリミネーション・チェンバー形式WWEヘビー級王座戦などでも活躍したばかりのキングストンは観衆から大きな声援を受けた。すると、ステージに登場したシェイン・マクマホン・コミッショナーが、3月10日のPPV大会ファストレーン(米オハイオ州クリーブランド)で王者ブライアンに挑戦するのはキングストンになったと発表。PPV舞台での王座挑戦が決定した。

WWEヘビー級王者ブライアン(下)から3カウントを奪ったキングストン(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

王者アスカ不覚、ローズの策略にはまりフォール負け

マンディ・ローズ(下)を攻め込むスマックダウン女子王者アスカ(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:スマックダウン大会>◇19日(日本時間20日)◇米ルイジアナ州ニューオーリンズ・スムージー・キング・センター

スマックダウン女子王者アスカが格下相手に不覚を取った。

ライバルとなるベッキー・リンチやシャーロット・フレアーがロウ女子王者ロンダ・ラウジーとの抗争を繰り広げ、自ら保持するベルトの次期挑戦者が浮上してこないのが現状。まずリング上でインタビューを受けたアスカは「シャーロットとベッキーは既に倒しているから興味がない。興味があるのは、誰が私と対戦する準備ができているか」と王者の風格を漂わせた。

するとマンディ・ローズ、ソーニャ・デビルの2人が姿を見せ「誰にも相手にされないかわいそうなアスカ! でも私はあなたと対戦する準備ができてるわよ」と挑発してきたローズとのノンタイトル戦が決まった。試合途中に入場してきたレイシー・エバンスに気を取られたアスカは背後からローズの攻撃を許した。何とか気合を入れ直し、スライディング・ニーから顔面にヒザをたたき込んだ。 完全に追い詰めた展開だったが、ローズから目を痛めたとのアピールがあり、レフェリーに距離を置くよう指示されたアスカ。しかし、その隙を突かれ、丸め込まれてフォール負け。格下となるローズの策略にはまり、まさかの3カウントを許し、悔しがった。

ノンタイトル戦で、マンディ・ローズ(上)に丸め込まれてフォールされるスマックダウン女子王者アスカ(C)2019WWE,Inc.AllRightsReserved

諏訪魔「このままじゃだめだと」3冠戦へ秘策完成

3冠ヘビー級選手権の前哨戦に快勝し、場外に倒れた王者宮原へ向かい、勝利を誇示する挑戦者の諏訪魔

<全日本:新木場大会>◇20日◇新木場1st RING

諏訪魔(42)が、3冠ヘビー級王座どりに秘策を完成させた。

全日本の新木場大会が20日行われ、諏訪魔へメインで24日の横浜大会でタイトル挑戦する3冠ヘビー級王者宮原健斗と6人タッグで対戦。

諏訪魔は戦いの中で、宮原にブリッジを効かせた滞空時間の長いジャーマンスープレックスを2度決めた。試合は宮原組のヨシタツをラストライドに沈め快勝。「博多で宮原にKOされてこのままじゃだめだと考えた」と、ひそかにブリッジの強化に取り組み「ブリッヂを効かせた速いジャーマン」(諏訪魔)を完成させた。「3冠戦はジャーマンがオレにとっての武器になる。回数をこなせた、今日で手応えは十分。オレの良いところを出して3冠を取る」と宣言した。

「ハイフライヤー」リコシェ2連勝、必殺技さく裂

エリック・ヤング(下)にコーナートップから630度スプラッシュを狙うリコシェ (C) 2019WWE,Inc.AllRightsReserved

<WWE:スマックダウン大会>◇19日(日本時間20日)◇米ルイジアナ州ニューオーリンズ・スムージー・キング・センター

ドラゴンゲートや新日本プロレスで活躍した「ハイフライヤー」リコシェがWWE2大ブランドで2日連続の勝利を挙げた。18日のロウ大会に続き、同日のスマックダウン大会にも登場。エリック・ヤングとのシングル戦に挑んだ。

ハリケーン・ラナからドロップキックを決めて先制したリコシェは敵セコンドとなるアレクサンダー・ウルフ、キリアン・デインの挑発に気を取られた隙を突かれ、ヤングから強烈なパンチを食らった。劣勢の展開になってしまったものの、ヤングのコーナーポストへの誤爆を誘発させて流れを変えると、アッパーカットからのスタンディング・シューティングスタープレス、さらにひねりをいれたトペ・コンヒーロで追い込んだ。

会場の熱狂ムードを全身に浴びながら、コーナートップから必殺の630度スプラッシュをさく裂させて3カウントを奪った。ロウ、スマックダウンのWWE2大ブランドをまたぎ、2日連続デビューを白星で飾ってみせた。

2日連続のWWE登場で勝利を飾ったリコシェ (C) 2019WWE,Inc.AllRightsReserved

井上尚弥「リフレッシュがてら追い込む」グアム合宿

走り込み合宿に臨むグアムに出発したWBA世界バンタム級王者井上尚弥

5月18日に英グラスゴーでワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)準決勝に臨むWBA世界バンタム級王者井上尚弥(25=大橋)が17日、成田空港でグアム合宿出発前に報道陣の取材に応じた。

IBF世界同級王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)とのWBSS準決勝に備えたフィジカルトレーニングのキャンプ。砂浜や坂道を走って下半身強化、体幹を鍛えるメニューを消化する予定で「この合宿から戻って(試合まで)残り3カ月。この合宿をメドにスイッチを入れたいですね」と気持ちの切り替えを強調した。

通常は熱海でフィジカルトレーニングを積んできたがWBSSのために15年8月以来、2度目となるグアム合宿に切り替えた。荷物にはチューブやラダー、コーン、土のうトレ用の袋、ランニングで持つ1キロのダンベルも2個が積み込まれた。井上は「リフレッシュがてら、追い込むことになる。この時期に暖かいところでのトレーニングは大きい」と意欲的。

井上のフィジカルを担当する高村淳也トレーナーは「(通常の)熱海合宿よりもきついメニューになる。負荷のかけ方とか厳しいものをやろうかなと思っています」と厳しいトレーニングになることを説明していた。