上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

世界に挑んだ2人のボクサー、熱い会長とこれからも

高橋竜平

モンスター井上尚弥がいよいよ5月にボクシング発祥の地英国に初上陸する。海外は17年の米国以来2試合目。初の団体統一戦で19年の黄金カード第1弾となる。井上に限らず日本勢の海外進出はどんどん増えそうだ。今年もここまでの世界戦は米国での2試合。2人とも壁にはね返されたが、印象に残るボクサーで熱い会長だった。

横浜光ジムの高橋竜平は11回TKO負けした。東洋大ではレギュラーにも入れず、12年のプロデビューも初回TKO負け。そこから米ニューヨークにある格闘技の殿堂マディソンスクエアガーデンにたどり着いた。試合の正式決定は1週間前も、石井一太郎会長は「可能性は0%でない」と迷うことなく受けた。

会長は明大時代にボクシングを始め、日本、東洋太平洋王座を獲得した。宮川会長から勧められてトレーナーに転身したが、2年後にその会長が急逝した。元々は会長が会社経営のかたわら開設。存亡危機となったが12年に跡を継ぎ、世界王者を3人育てたジムの歴史をつないだ。

現役時に海外修行経験もあり、積極的に海外での試合もマッチメークする。高橋も17、18年とタイでの試合で成長させ、世界ランクを上げたのが世界戦に結び付いた。選手指導は基本的にトレーナーに任せて「選手をリングに上げるのが仕事」と話す。

14年には動画配信サイトも立ち上げた。裏話や臆せず物言う専門誌の連載コラムも評判だ。36歳とこの業界では若く革新的会長だ。

ワールドスポーツジムの井上岳志は、斉田竜也会長と同じ駿台学園、法大を経て入門した。米ヒューストンでNBAロケッツがホームのトヨタセンターで世界挑戦。判定は2人がフルマークも、全勝のスター候補王者にひけをとらず「偉大なファイター」と言わせた。

斉田会長は国体と全日本を制したトップアマだった。卒業後はダイエーに入社も1年半で退社。「ボクシングの世界が恋しくなって」と、ジム開設を前提に国際ジムでトレーナーに転身した。足立区の若手経営者を支援する無利子で資金を貸すシステムを利用。05年に東京・竹の塚のビルを買い取ってジムを開いた。

1年以上かけて、昨年5月にリニューアルオープンした。3、4階が練習場で、6、7階は合宿所。更衣室のある2階には整骨院も併設され、会員は割引料金という。さらに5階には銭湯とサウナがあり、会員は無料で利用できる。

「合宿希望者は断っている」という状況から、現在は整骨院を1階に移し、2階も合宿所にする工事が進んでいる。実に豪華で近代的な日本初の銭湯付きジム。やり手の会長の下へ今後も有望選手が集まりそうだ。

高橋も井上も世界への思いはより強くなり、再挑戦を期す。二人三脚の歩みはまだ続く。【河合香】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「リングにかける男たち」)

井上岳志

キュートな22歳リー、2階級制覇でスター街道歩む

3月31日のONE日本大会で2階級制覇に挑む女子アトム級王者アンジェラ・リー

3月31日、日本で初開催される格闘技興行ONEチャンピオンシップで、キュートな22歳の女子王者が2階級同時制覇を狙っている。ONE女子アトム級王者アンジェラ・リー(シンガポール)が王座を保持したまま、1階級上の王座、女子ストロー級王者ション・ジンナン(31=中国)に挑む。両親がテコンドーなど格闘技をしていた影響で幼少時代からグラップリング、柔術、テコンドー、柔道、レスリング、キックボクシングと学んでいたという生まれながらのファイターだ。

ONEイベントのために来日した女子アトム級王者アンジェラ・リー

プロ戦績9戦全勝、19歳でONEアトム級王座を獲得している。輝かしいファイト戦績とは対照的に、普段はスイーツ好きな女子。「戦っている時は真剣な表情になってしまうので、普段はスマイルを意識しています」。米総合格闘技UFCではロンダ・ラウジー(現WWEロウ女子王者)が初代バンタム級王者として人気を博し、映画出演など女優としても活躍していた姿にも刺激を受けている。「タレント活動にも、すごく興味があります。将来的にスーパーヒロイン系の役柄で出演できたらうれしいです。日本で試合することで、日本からそんなオファーが来たらいいなと思いますね」と期待感を口にした。

パンクラチオンの世界選手権出場のため、16歳の時はギリシャ、17歳でクロアチアに遠征した。スイーツや旅行が趣味で「世界各国に行くことができて、世界のフードも味わえる。この時、格闘技は天職だと考えました」とプロファイターを志した。1年間だけサッカーのGKを務めたスポーツ歴はあるものの「まったく上達しなかったのです。格闘技向きなのが分かりました。家族やコーチを残念がらせたくなくて試合が怖いと思うことはあっても、対戦相手を怖いと思ったことはないですし」と自信に満ちた表情を浮かべた。

1月に都内で開催されたONEのファン公開ワークアウトに参加した女子アトム級王者アンジェラ・リー

17年11月に拠点の米ハワイで自動車運転中に交通事故に見舞われた。奇跡的に大けがはせず、すぐに退院できたことを契機に「すべてを当たり前と思わず、感謝すること」を再認識したという。今回の2階級制覇挑戦の舞台も故障が原因で昨年11月に中止となっていた。「ONEが完治するまで待つと言ってくれて。今回、日本で同じカードが組まれて運命的なものを感じます。日本で2階級同時制覇をしたいと思います」。

3月の王座戦後は1週間ほど日本に滞在予定。「桜の季節と聞いていて楽しみ。日本の観光地やスイーツが本当に楽しみ。でも今は2階級制覇に集中しています」と隙をみせない22歳のリー。王者対決は両国で注目されるカードの1つ。日本で2階級制覇を成し遂げれば、スター街道へのスピードが加速しそうだ。【藤中栄二】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「リングにかける男たち」)

◆アンジェラ・リー 1996年7月8日、カナダ・バンクーバー生まれ。テコンドーなどをたしなむ両親の影響で、3歳から格闘技を開始。2度世界パンクラチオン王者に。15年5月にONEチャンピオンシップ27大会でプロデビュー。父の生まれ故郷シンガポールを拠点とするイボルブ・ファイト・チームに加入。16年5月、ONE女子アトム級王座決定戦で山口芽生を下し、19歳で王者に就いた。プロ戦績9勝無敗。米ハワイが生活拠点。弟クリスチャン・リーも格闘家として活躍。家族は両親と弟2人と妹。犬のピットブルがペット。163センチ、52キロ。

平成の終わりと白鵬時代の潮目、若手台頭で変革の時

大相撲初場所13日日、貴景勝に突き落としで敗れた白鵬(2019年1月25日撮影)

「平成」の元号が終わりを告げる年、初場所で時代の潮目を感じた。担当歴2年弱の新米で、相撲のなんたるかもまだ分からんのですが、確かに感じるものはありました。

数年後に「あれが引き潮やったんか」と思うかもしれん出来事は、14日目に起こった。横綱白鵬の休場。驚いた。初日からの10連勝後、御嶽海、玉鷲、貴景勝に3連敗した翌朝、白鵬の朝稽古を見ようと訪れた宮城野部屋前で一報が入った。確かに玉鷲に1差リードを許したが、残り2日で逆転Vの可能性はあった。なのに休んだ。それまで途中休場は5場所あったけど、場所が最も押し迫ったタイミングは関脇やった05年名古屋場所の9日目。優勝争い最中の14日目の休場なんて初めてのことでした。

診断内容は「右膝血腫、左足関節炎で約1週間の加療を要する」。額面通りに受け取れば重症ではない。ただ、右膝は昨秋に骨片除去手術をして、昨年九州場所全休の要因になった箇所でもある。13日目の取組後、左膝の違和感を問われて「(初日から)ずっとだからね」とこぼしていた。

残り2日、無理を押して相撲をとって、症状が悪化する怖さがあったのかもしれない。白鵬も33歳。11年以上も横綱を張った者にしかわからない疲労や、体への不安もあるんでしょう。41度も賜杯を手にした、絶対的な強さは揺らいでいるのかもしれません。

逆に「あれが上げ潮やったんか」と思う現象は、やはり若手の台頭です。優勝は34歳の関脇玉鷲が手にしたものの、26歳の小結御嶽海が3横綱1大関を破り、途中4日も休みながら殊勲賞に輝いた。22歳の関脇貴景勝が、昨年九州場所初優勝の勢いを持続させ、千秋楽まで2場所連続優勝の可能性を残した。平幕で2桁白星を残したのは3人いたが、32歳の魁聖を除いて、残る2人は28歳遠藤と24歳阿炎でした。また9勝に終わったものの、26歳北勝富士が西前頭2枚目で9勝し、春場所の新三役を濃厚にした。

千秋楽に御嶽海はこう言いました。「時代が動いてるな、と感じますか?」と聞くと「時代は動いてますよね」。おうむ返しのようなやりとりですが、かみしめるような口調は印象的でした。

春場所は3月10日から始まります。貴景勝は自他ともに認める大関とり。御嶽海も自信を深め、体調を整えてくるはず。貴景勝の躍進に燃える同世代の阿武咲、阿炎もいれば、御嶽海をライバル視する同学年の北勝富士もいる。そんな20代の勢いを、白鵬が受け止められるのか。

平成最後の本場所は、まさに待ったなしです。【加藤裕一】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

大相撲初場所で殊勲賞と敢闘賞を受賞した玉鷲(中央)左は殊勲賞の御嶽海、右は技能賞の貴景勝(2019年1月27日撮影)

棚橋が宮原に「僕を超える素材」関本にもラブコール

コーナーに上ってポーズを決めた棚橋弘至(右)に宮原健人も同じポーズで返す(撮影・河田真司)

<ジャイアント馬場没20年追善興行>◇19日◇両国国技館

団体の垣根を越えた夢のタッグマッチが馬場さん追善興行のメインを飾った。

新日本のエース棚橋弘至(42)がヨシタツ(41)と組み、5年前の幻のタッグチーム「ザ・ワールド」を再結成。対するのは3冠ヘビー級王者で全日本エースの宮原健斗(29)、かつて馬場さんも巻いた世界タッグ王者で大日本の顔、関本大介(38)。

65年前、日本で初めて本格的な興行が行われた「プロレスの日」に、各団体のトップが激突した。20分超の激闘を制したのは宮原。ヨシタツをシャットダウン式スープレックスホールドで沈め「ありがとう両国!」と絶叫した。試合後は「プロレスは最高ですかー」と観客をあおり、棚橋とともに「プロレスを最高に、愛してまーす」と叫んで、締めくくった。

試合後、棚橋は初対戦の宮原、関本を絶賛した。宮原を「宝」と表現し「人間が持っているハートの部分で屈託がない。明るい光を放っている。昔の棚橋、いや僕を超える素材」とほめちぎった。関本についてもラリアット、逆水平などの技術をたたえ、「関本選手対新日本プロレスの選手、ぜひまた何らかの形でつながっていけたら」とラブコールを送った。

かねて棚橋をリスペクトしてきた宮原はこの日の輝きでは「負けてない」と胸を張りながらも「やっぱりカリスマ性が違う」とすごさを実感。「僕としては唯一追いかけたい背中。今日当たれたことに何かプロレスの神様が与えてくれた意味があると思う」と語った。棚橋から対抗戦の誘いを受けた関本は「大日本をもっと大きくしたい気持ちがあるので、チャンスがあれば殴り込みたい」と対決実現に意欲をみせた。

閉会セレモニーでジャイアント馬場さんの写真とともに記念撮影する棚橋ら(撮影・河田真司)

呪術師ブッチャーさん78歳引退式典に感動と寂しさ

アブドーラ・ザ・ブッチャーさん(中央)引退セレモニーで記念撮影する、左から坂口征二、武藤敬司、2人置いてドリー・ファンク、スタン・ハンセン(撮影・河田真司)

<ジャイアント馬場没20年追善興行>◇19日◇両国国技館

呪術師アブドーラ・ザ・ブッチャーさん(78)の引退セレモニーが、第3試合の後に行われた。

全日本、新日本で活躍し12年に引退表明したブッチャーさんは車椅子でリング上に登場。ミル・マスカラス、初代タイガーマスク、武藤敬司、スタン・ハンセンらレジェンドから花束を贈られた。ブッチャーさんは「ここにジャイアント馬場さんがいてくれたら完璧だった。若い人には親を大切にしろと言いたい」と日本のファンに最後のあいさつをし、満足そうに、10カウントゴングを聞いた。

セレモニーを終えたブッチャーさんは「最高でした」。同時に「昔のレジェンドでもういない人もいる」とさみしさも痛感した様子だった。長年の付き合いのマネジャーと親友を亡くしたばかりで、悲しみの中にいるが「みんないつかはあの世にいく。近い将来はいやです。もうちょっといたいです」と長生きを望んだ。「リングでも言いましたが自分の親を施設にぶち込まず、最後まで親の面倒を見てください」とファンに親孝行するよう念押しでメッセージを送った。

アブドーラ・ザ・ブッチャーさん(左)引退セレモニーで花束を渡す武藤敬司(撮影・河田真司)

棚橋が幻のタッグ復活で競演、馬場さん得意技で追善

棚橋弘至(右)は宮原健斗にランニングネックブリーカードロップを浴びせる(撮影・河田真司)

<ジャイアント馬場没20年追善興行>◇19日◇両国国技館

馬場さん追善だからこそ実現した夢のタッグマッチがメインを飾った。

新日本のエース棚橋弘至(42)がヨシタツ(41)と組み、5年前の幻のチーム「ザ・ワールド」が復活。対するのは全日本のエースで三冠ヘビー級王者の宮原健斗(29)と、かつて馬場さんも巻いた世界タッグ王者で大日本のエース関本大介(38)。宮原は馬場さんの親族に頼み、三冠統一される前の3つの旧ベルトを含めた4本を巻いて登場。棚橋は馬場さんの得意技ランニングネックブリーカードロップを宮原に決めるなど、随所にリスペクトが込められた。

20分超の激闘は、宮原がヨシタツをシャットダウン式スープレックスホールドで沈めて勝利。初対戦した棚橋から「宝」と絶賛された宮原は「きょうは棚橋さんと輝きたいというのがテーマだった。帰ったら、どっちが輝いていたかチェックしたい。負けてないんじゃないかな」と胸を張った。

棚橋弘至(左)は関本大介からドロップキックを浴びる(撮影・河田真司)
棚橋弘至(左)は関本大介から強烈なチョップを浴びる(撮影・河田真司)

力道山の息子・百田光雄がV「1試合1試合楽しむ」

井上(手前)に必死で技をかけに行く百田(撮影・浅見桂子)

<ジャイアント馬場没20年追善興行>◇19日◇両国国技館

力道山の息子で、かつて全日本で馬場さんと「ファミリー軍団」を組んでいた百田光雄(70)が、第1試合の13人バトルロイヤルに出場。井上雅央をサムソンクラッチで沈め、優勝した。

大先輩のために力を振り絞った百田は「ちょっとでも頑張れればと思っているけど、70歳になったから厳しいよね。いつ試合ができなくなるか分からないから1試合1試合楽しむ以外ないね」と語り、天国の馬場さんに向けて「馬場さんより10年も長くやってます。少しでも長くやりたいと思っているので、見守ってください」と呼びかけた。

井上に勝利し、握手で喜ぶ百田(撮影・浅見桂子)

馬場さんの付け人務めた大仁田厚「愛してましたー」

第3試合 勝利の雄たけびを上げる大仁田(撮影・河田真司)

<ジャイアント馬場没20年追善興行>◇19日◇両国国技館

かつて馬場さんの付け人を務めた大仁田厚(61)がデスマッチで馬場さんへの愛を表現した。

黒い革ジャンを着て登場し、76歳のグレート小鹿をパイプイスで殴打し、佐藤を机にたたきつけるなど大暴れ。有刺鉄線ボードに投げられ流血し、巨人石川に持ち上げられピンチになったが、すかさず仕込んでいた赤い毒霧を噴射し応戦。最後は仲間の鈴木が勝利をおさめ、リング上で「社長を愛してましたー!」と叫んだ。

73年に全日本に入門。歴代5代目の馬場さんの付け人を3年半務めた。「ろくでもない付け人だったが、かわいがってもらった」とプロレスだけでなく生き方すべてを学んだ師匠に感謝の言葉を連ねた。けがを繰り返してきた両膝は限界で、今日20日人工関節を入れる手術を受ける。「これで悔いなく手術台にのれる」と、この1戦に力を出し尽くした。

第3試合 グレート小鹿(右)にパイプイスで攻める大仁田(撮影・河田真司)

猪木氏が終生のライバル馬場さんに捧げる「ダー!」

ジャイアント馬場没20年追善興行のオープニングであいさつに登場したアントニオ猪木氏は会場と一緒に「1、2、3、ダー!」(撮影・河田真司)

<ジャイアント馬場没20年追善興行>◇19日◇両国国技館

アントニオ猪木氏(76)が、終生のライバル、馬場さんの没20年追善興行に「1、2、3、ダー!」で花を添えた。オープニングセレモニーに登場すると、ジョークを交えた軽妙なあいさつで健在をアピール。最後は得意のパフォーマンスで、主要11団体が集結した平成最後のオールスター戦を盛り上げた。試合終了後には追悼セレモニーも行われ、馬場さんをしのんで10カウントゴングも鳴らされた。

   ◇   ◇   ◇

馬場さんの全日本と、猪木の新日本が、同じ会場でファンを盛り上げた。全日本のテーマ曲に続き、オープニングセレモニーで登場したのは猪木だった。リングにはあえて上がらず「元気ですかー!」と声を張り上げた。8800人の超満員の観衆に「20年ぐらいになると忘れられる人が多いが、今日は会場にたくさんの方に来ていただいて、ジャイアント馬場に成り代わりお礼を申し上げます」と、終生のライバルに代わって頭を下げた。

猪木は、60年4月に力道山にスカウトされて入門。道場には、プロ野球巨人から先に入門していた馬場さんがいた。同年11月の同日に2人はデビュー。若手時代は、1杯のラーメンを2人で分け合い、年上の馬場さんから背広をプレゼントされたこともあった。そんな2人が全日本と新日本に別れ、ともに経営者としてしのぎを削った。

「ある日ホテルですれ違ったとき『お前はいいなあ』と馬場さんに言われました。私がいつも挑戦し続けたので、馬場さんも困っていた。馬場さんには、さんずの川で待っているという手紙をもらいました」と、ジョーク交じりに馬場さんをしのんだ。

昨年8月に腰の手術を受け、一時は車いすに乗っていたが、今年1月4日にはパラオで始動。懸命なリハビリを続け元気な姿でリングに戻ってきた。動と静、攻めと守りの興行、長年の2人の関係を「合わせ鏡」と表現した猪木は、馬場さんの没20周年記念興行が決まると、出席のため日程を調整した。

猪木の“開会宣言”でスタートした興行は、11団体61人が熱戦を繰り広げ、平成最後のオールスター戦を彩った。メインイベントの後には、出場全選手に、国内外からのレジェンドが加わり、リングに集結した。新日本の坂口征二相談役が「馬場さんも天国からこの大会を喜んでいると思います」とファンに語りかけ、追悼の10カウントが鳴らされた。【桝田朗】

ジャイアント馬場没20年追善興行のオープニングであいさつに登場したアントニオ猪木(撮影・河田真司)

馬場さん最後の弟子、丸藤正道が壮絶打撃戦で存在感

勝利を決めガッツポーズする、新崎人生(左)と丸藤正道(右)(撮影・河田真司)

<ジャイアント馬場没20年追善興行>◇19日◇両国国技館

ジャイアント馬場さんの最後の弟子、丸藤正道(39=ノア)が、馬場さんにゆかりのある新崎人生(52)とのコンビで、存在感を見せつけた。ドラゴンゲートの望月成晃と、逆水平チョップとキックの壮絶な打撃戦を展開。守勢に回りながら、一瞬のスキをついた完璧首固めで勝利を奪った。

「ジャイアント馬場の最後の弟子というのは誰にも代われない。試合ですべてを出し尽くすことを心掛けた」と話した。馬場さんが亡くなる2年前に初めてタッグを組み、その後の対戦で馬場さんに拝み渡りを決めた人生は「馬場さんに拝み渡りを決めたいという念願がかなって本当にうれしかったことを思い出します」としみじみと話していた。