上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

見てみたい…御嶽海が場所相撲で大関昇進するところ

稽古はうそをつかない。よく聞く言葉だ。その手のことで最近耳にしたのは、春日野親方(元関脇栃乃和歌)が大関栃ノ心を「稽古でここまできた力士」と表現した時か。横綱稀勢の里がその昔、朝から軽く正午すぎまで猛稽古を積んでいた、なんて逸話を聞いたりもする。

ジャンルが違っても「稽古」を「練習」に置き換えるだけ、格言に変わりはない。以前担当したゴルフは、暗くなるまでショット、パットの練習をしている一部の選手がいた。女子では少し古めで不動裕理、福嶋晃子、最近では鈴木愛に韓国勢。男子では松山英樹、石川遼ら。だいたい顔ぶれは決まっている。強い選手ほどよく練習する。彼女、彼らを抜かないといけない立場の者より、やる。

さて。相撲で今、稽古という言葉で連想するのは、関脇御嶽海だ。ただし、逆の意味だが。

18日の大阪・池田市巡業でのこと。御嶽海は稀勢の里に指名され、三番稽古で相手を務めた。巡業ではあまり土俵に上がらない、とされていた男。だから、ある記者が聞いた。

以前より稽古に熱が入ってませんか?

御嶽海 はい、それ! ダマされてます。記者さんたちが来てる時だけですよ。だいたい取材に来る時はわかるしね。

でも、以前よりは…。

御嶽海 変わらないっすよ。

しかし、秋場所は大関とりのプレッシャーもあったでしょうし、九州場所はそれもないし…。

御嶽海 いや、秋場所も特に重圧はなかったし。今まで通りですよ。

こっちが求める答えなんか、わかってると言わんばかりにニヤニヤして、おかしそうに答えていた。

親方、力士仲間が彼を語る時、決まって「場所相撲」という言葉を使う。稽古は全力を出さず、抜く部分は抜く。横綱鶴竜など「う~ん、もっと力入れてやった方がいいと思うけどなあ…。僕なんかは、そうだったし」と期待の裏返しのように、はっきり言う。

そういう声をぶつけられる時、御嶽海はハイそうですね、とは言わない。決まって、自分には自分のやり方がある、といった旨のことを強調する。そこはずっとブレない。

大関とりは秋場所こそ失敗したが、まだ終わった訳ではない。「ゆっくりでいい。ゆっくりいきます。1年前よりは、確実にベースは上がってますからね」。

きっと彼には彼なりの工夫がある。裏で、人目につかない場所で培っているものがある。ないわけがない。照れ隠し、彼なりの格好良さ。ただ、そんなことを聞いても、きっと「そんなのないですよ」と否定するだろう。

こっちも人間だから、見た目頑張っている人間を応援したくなるが、心のどこかで「そればっかりでもなあ…」と思う部分はある。多士済々の方が、楽しい。御嶽海が彼の流儀を貫き、大関を射止めれば…それはそれで、おもしろい。ぜひ見てみたい。【加藤裕一】

女子プロボウラーの右から名和秋、渡辺けあきが見守る中、ボウリングのフォームを披露した御嶽海

照ノ富士、春場所出場は「ぎりぎりまで考える」

照ノ富士(2015年3月20日撮影)

大相撲の前頭宝富士(31=伊勢ケ浜)が16日、都内のホテルで17年9月に結婚した英莉乃夫人(25)と挙式・披露宴を行った。

挙式・披露宴の会場に足を運んだ最高位大関の照ノ富士が「師匠と相談してぎりぎりまで考える」と、3月の春場所出場に慎重な姿勢を見せた。

左膝の負傷などで、昨年5月の夏場所から5場所連続で休場中。稽古は行っていないが、同部屋の幕下力士に胸を出して体を動かしているという。来場所は序二段まで番付を落とす見込みだが「(足の状態は)順調に良くなっている」と前向きに話した。

41代式守伊之助59歳 日課はスクワット100回

17日、初場所5日目の取り直しの一番で錦木(右)から土俵際に追い込まれた白鵬(中央)をよける行司の式守伊之助

波乱の多かった序盤戦も、心穏やかだった。立行司の41代式守伊之助(高田川)のことだ。3日目から3日連続で裁いた取組に物言いがついた。取り直しとなった5日目の結びの一番では、土俵外に落ちながら軍配を上げるドタバタ劇。それでも「見た目は必死でも中身は冷静です」と、心の平静を強調した。

今場所から行司の最高位、立行司に昇進した。40代式守伊之助が17年12月の巡業中、若手行司にセクハラ行為をした責任を取って退職。昨年12月25日付で式守勘太夫が41代として昇進することが、同9月の理事会で決まった。先代について「あの人は研究熱心で、今まで何度も行司としての教えを請いました」と振り返った。

59歳。「人間のバランスは体の中にある」と、日々の鍛錬で年齢を補う。朝1時間のウオーキングとスクワット100回が日課。土俵上の攻防に巻き込まれず、取組の細部を見渡せる好位置へ、最短距離で移動することが重要だ。「若くはないからこそ最低限のスピードが必要」と自覚している。力士でいえば、新横綱の地位。年齢を言い訳にせず、最高位として精進している。

【佐藤礼征】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

平成の終わりと白鵬時代の潮目、若手台頭で変革の時

大相撲初場所13日日、貴景勝に突き落としで敗れた白鵬(2019年1月25日撮影)

「平成」の元号が終わりを告げる年、初場所で時代の潮目を感じた。担当歴2年弱の新米で、相撲のなんたるかもまだ分からんのですが、確かに感じるものはありました。

数年後に「あれが引き潮やったんか」と思うかもしれん出来事は、14日目に起こった。横綱白鵬の休場。驚いた。初日からの10連勝後、御嶽海、玉鷲、貴景勝に3連敗した翌朝、白鵬の朝稽古を見ようと訪れた宮城野部屋前で一報が入った。確かに玉鷲に1差リードを許したが、残り2日で逆転Vの可能性はあった。なのに休んだ。それまで途中休場は5場所あったけど、場所が最も押し迫ったタイミングは関脇やった05年名古屋場所の9日目。優勝争い最中の14日目の休場なんて初めてのことでした。

診断内容は「右膝血腫、左足関節炎で約1週間の加療を要する」。額面通りに受け取れば重症ではない。ただ、右膝は昨秋に骨片除去手術をして、昨年九州場所全休の要因になった箇所でもある。13日目の取組後、左膝の違和感を問われて「(初日から)ずっとだからね」とこぼしていた。

残り2日、無理を押して相撲をとって、症状が悪化する怖さがあったのかもしれない。白鵬も33歳。11年以上も横綱を張った者にしかわからない疲労や、体への不安もあるんでしょう。41度も賜杯を手にした、絶対的な強さは揺らいでいるのかもしれません。

逆に「あれが上げ潮やったんか」と思う現象は、やはり若手の台頭です。優勝は34歳の関脇玉鷲が手にしたものの、26歳の小結御嶽海が3横綱1大関を破り、途中4日も休みながら殊勲賞に輝いた。22歳の関脇貴景勝が、昨年九州場所初優勝の勢いを持続させ、千秋楽まで2場所連続優勝の可能性を残した。平幕で2桁白星を残したのは3人いたが、32歳の魁聖を除いて、残る2人は28歳遠藤と24歳阿炎でした。また9勝に終わったものの、26歳北勝富士が西前頭2枚目で9勝し、春場所の新三役を濃厚にした。

千秋楽に御嶽海はこう言いました。「時代が動いてるな、と感じますか?」と聞くと「時代は動いてますよね」。おうむ返しのようなやりとりですが、かみしめるような口調は印象的でした。

春場所は3月10日から始まります。貴景勝は自他ともに認める大関とり。御嶽海も自信を深め、体調を整えてくるはず。貴景勝の躍進に燃える同世代の阿武咲、阿炎もいれば、御嶽海をライバル視する同学年の北勝富士もいる。そんな20代の勢いを、白鵬が受け止められるのか。

平成最後の本場所は、まさに待ったなしです。【加藤裕一】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

大相撲初場所で殊勲賞と敢闘賞を受賞した玉鷲(中央)左は殊勲賞の御嶽海、右は技能賞の貴景勝(2019年1月27日撮影)

なりふりかまわず次々求愛…長与千種に恋の花

マッド・ポーリーの手を引っ張る長与千種

<DDT:旗揚げ22周年記念大会>◇17日◇両国国技館

女子プロレスのレジェンド長与千種(54)に恋の花が咲いた。

この日はスペシャルハードコア6人タッグマッチに参戦。05年GAEA JAPAN時代以来14年ぶりとなる大日本伊東竜二、DDT高木三四郎とタッグを組み、DDTの高尾蒼馬、マッド・ポーリー、マーベラスの彩羽匠組と対戦。カラーボックス、テーブル、たらい等を使用した激戦の末、高木が高尾にダイビング・フットスタンプをくらい、敗れた。

前哨戦の1月27日後楽園大会で高尾から「ロートル」呼ばわりされた長与はこの日も「くそばばあ」などと挑発されて激高。だが、試合後マイクを持つと、高尾に「あなた私にしつこくしているけど、好きでしょ?くそばばあと言われても愛してるとしか聞こえない」と反撃。さらにポーリーをタイプと指名し、「きっとあなたも好きになる」とリング上で手つなぎ。レスラーから女性の顔に変わった。

バックステージでは「恋の花が咲きそうな気がします。プロレスラー同士の結婚がはやっているみたいなので、私にもトレンドがきたのかな」と、とまどいながらもうれしそうだった。

塙英理加が初の世界王座ならず「倒さないと厳しい」

敵地メキシコでのプロボクシングWBC世界女子ライトフライ級タイトル戦で敗れた塙英理加

<プロボクシング:WBC世界女子ライトフライ級タイトル戦10回戦>◇16日◇メキシコ・カンクン

東洋太平洋ミニマム級王者の塙英理加(はなわ・えりか、28=UNITED)が、王者イセニア・ゴメス(23=メキシコ)に0-2の判定で敗れ、初の世界王座獲得はならなかった。

身長、リーチ差のある相手に果敢に攻めこみ、敵地ながら1人のジャッジは同点だった。この一戦に向け、200回近い出稽古でスタミナとパワーを強化してきた塙は「今まで練習してきた通りのことが出せた。初回から落ち着いて行くことができた」と納得しつつも、「手応えがあったが、やはり倒さないと(勝利は)厳しい。勝ってみなさんに恩返ししたかった」と悔しがった。

DDT22周年大会で竹下が1年ぶり王者返り咲き

K-OD無差別級選手権となった竹下幸之介

DDTプロレスの旗揚げ22周年記念大会が17日、東京・両国国技館で行われ、メインのK-OD無差別級選手権で挑戦者の竹下幸之介(23)が、王者佐々木大輔(33)を破り、約1年ぶりに王者に返り咲いた。

32分の激闘の末、ジャーマンスープレックスホールドで勝利。21歳で史上最年少戴冠し、V11の最多防衛記録も持つ若きスターは「このベルト、タイトルマッチの価値をもっともっと上げて、みんなに見てもらいたい」と新たに地方でのタイトル戦、他団体選手との試合を公言した。「他団体の選手に僕が負けるようなことがあればそれはDDTの負け。いろんな選手と対戦したい。サプライズがないと面白くないんで」と自信に満ちた表情で展望を語った。

スターダム大江戸隊にアンドラス宮城が加入「最高」

新メンバーに元センダイガールスのアンドラス宮城(前列右)を加えた大江戸隊。前列左が花月

<スターダム:後楽園大会>◇17日◇後楽園ホール

スターダムの中でクイーンズ・クエストとともに人気のユニット、大江戸隊に新メンバーが加わった。

セミで大江戸隊のリーダー花月が、タッグ戦でパートナーとして引き連れてきたのは、前センダイガールズのアンドラス宮城だった。

宮城は、1月いっぱいで退団し、フリーとなった1日にカサンドラ宮城からアンドラス宮城に改名。仮面をかぶって入場し、試合開始前に花月から「新メンバーのXは、アンドラス宮城様じゃあ」と紹介された。

刀羅ナツコ、ジャングル叫女とのタッグ戦では、167センチの体を生かしたパワー全開。得意のスワントーン・ボムで刀羅を葬った。

宮城は「(スターダムは)今、日本で一番ホットなスポットなんじゃないか。最高だ!」とコメント。新メンバーを選抜するドラフトを控えたこの時期に宮城を加えたことに花月は「ドラフト前に新しいサプライズが来れば、もっと面白い。ドラフトでも新たなビッグサプライズがあるから、楽しみにして」と話していた。

V3の渡辺桃、林下詩美組、次期挑戦者に叫女指名

ゴッデス・オブ・スターダム選手権で岩谷、星輝組を下し3度目の防衛を果たした渡辺桃(右)、林下詩美(左)の王者組

<スターダム:後楽園大会>◇17日◇後楽園ホール

メインでゴッデス・オブ・スターダム選手権が行われ、渡辺桃、林下詩美の王者組が、挑戦者の岩谷麻優、星輝ありさ組を下し3度目の防衛を果たした。

序盤は、星輝の強烈な蹴りと、岩谷との絶妙なコンビに渡辺が捕まり苦戦した。しかし、キック力で上回る渡辺が、徐々に盛り返し、星輝を攻め立てる。

林下も、岩谷をうまく抑えサポートすると、最後は渡辺が星輝にピーチ・サンライズを決め勝利した。試合後、渡辺は自らが保持するワンダー・オブ・スターダム王座について「次の防衛で、防衛回数の新記録(11回)になるんですよ。その相手、私はもう決めています。ジャングル叫女。私はあなたに最初の防衛戦で勝ちました。その後、あなたも成長しているんじゃないかと思うので、次の防衛戦であなたに勝って新記録をつくりたい」と、次期挑戦者にジャングル叫女を指名。

叫女の地元名古屋で防衛戦を行うことを宣言した。同じクイーンズ・クエスト(QQ)の小波が、岩谷のアーティスト・オブ・スターダム王座への挑戦を表明。一方、林下は「これからQQはベルト総取りを目指す。自分たちもどんどん防衛していく」と話していた。

大鵬孫の納谷「緊張」なじみ国技館でデビュー戦白星

DDT旗揚げ記念大会に参戦し、初めて両国国技館のマットに立った大鵬の孫、納谷幸男(撮影・高場泉穂)

<DDT:旗揚げ22周年記念大会>◇17日◇両国国技館

大相撲の大横綱大鵬の孫で元関脇貴闘力の長男納谷幸男(24=リアルジャパン)が国技館のマットに初めて立った。

6人タッグ戦でノアの潮崎豪、元関取の樋口和貞と組み、関本大介、大鷲透、飯野雄貴組と対戦。197センチ130キロの恵まれた体を生かし、タックルで飯野を倒すなど見せ場を作り、最後は飯野にチョークスラムを決め、樋口のドクターボムでの勝利につなげた。

国技館は父貴闘力の応援などで「小さい頃から来ていた」なじみの場所だが、プロレスラーとして初めて立ち、「緊張しました」。試合後は「僕はレベルでいったらこの人たちと比べて、その域に達していない。これから精進してこのレベルの人たちと試合ができるようにしていきます。これだけ大きい経験をさせていただいたDDTさん、潮崎選手、樋口選手、本当にありがとうございます」とこの機会に感謝した。17年9月にデビューし、1年半。自らのルーツの場所で刺激をもらい、さらなる飛躍を誓った。