上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

村田破ったブラントが初防衛濃厚、どうなるミドル級トップ戦線

昨年10月、村田諒太(33=帝拳)を大差の12回判定で破ってWBA世界ミドル級王者になったロブ・ブラント(28=米)の初防衛戦が15日(日本時間16日)、同級8位のカーサン・バイサングロフ(21=露)を相手に米国ミネソタ州ヒンクリーで行われる。バイサングロフは17戦全勝(7KO)のホープだが、村田に勝って自信を増しているブラントの防衛が濃厚とみられる。

ブラントは村田戦では9対2のオッズで不利とみられていたが、試合では巧みな位置どりと手数でポイントをかき集めた。パンチの多くは軽打だったが、放った総数は1262発、ヒット数は356発だった。ミドル級の世界戦では12回まで戦った場合、600発前後が平均といわれるなか、いかにブラントが多くのパンチを繰り出したのかが分かるデータといえる。敗れた村田も774発を打ち、そのうち180発を当てたが及ばなかった。

村田戦後、新王者のブラント(25戦24勝16KO1敗)には、12年ロンドン・オリンピック(五輪)決勝で村田に惜敗したエスキーバ・ファルカン(29=ブラジル)との初防衛戦プランが浮上したが、これは見送りとなった。ブラントの地元での試合をファルカンが嫌ったためとも伝えられる。

代わりに挑戦することになったのがバイサングロフだ。このロシア出身の21歳は185センチの長身で、ガードを比較的高く上げた構えから左ジャブを突き、右フックや左ボディブローに繋げる攻撃パターンを持っている。機をみて左構えにスイッチすることもある。

ただ、41パーセントのKO率が示すようにパワーには欠ける。12対1というオッズが出ているように、ブラントが手数とテクニックで試合を支配したすえ中盤から終盤でストップする可能性が高そうだ。

試合以上に注目したいのは、ブラントとミドル級トップ戦線の今後である。現在、ミドル級ではWBAレギュラー王者(ブラント)の上にスーパー王座が設けられており、そこにサウル・カネロ・アルバレス(28=メキシコ)が君臨している。WBCには正王者アルバレスと暫定王者ジャモール・チャーロ(28=米)がおり、IBFではダニエル・ジェイコブス(32=米)、WBOではデメトリアス・アンドレイド(30=米)がそれぞれ王座に君臨している。このうちアルバレスとジェイコブスは5月に統一戦を行うことが決まっている。その勝者がアンドレイドとの4団体統一戦に向かうというプランがある。この3人はDAZNと試合放映の契約を交わしているため、マッチメークの面で壁が少ないのだ。

アルバレスと2度にわたって大接戦を演じた元3団体統一王者のゲンナディ・ゴロフキン(36=カザフスタン)も返り咲きを狙っている。そのゴロフキンにはDAZNがアンドレイド戦とアルバレスとの第3戦で合計約50億円という条件で契約を持ちかけており、その行方が注目されている。

一方、WBC暫定王者のチャーロと契約しているPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンシップ)もゴロフキンに条件提示をして接近していると伝えられる。また、村田とファルカンを擁するトップランク社&ESPNチームは、村田戦後にブラントと契約を交わして王座の一角を占めている。

ゴロフキンの例が示すように米国ではボクシングを放送する前出3グループがトップ選手の囲い込みに躍起になっており、契約下の選手同士でカードを組んでいく傾向が顕著になっている。したがって、たとえば「アルバレス対チャーロ」は、よほどのウルトラCがない限り実現は難しいのが現実だ。

リング外が巴戦の様相になっている現在、ブラントの今後の対戦候補は自ずと絞られてくる。したがって、再起戦で勝利を収めることが大前提になるが、村田が王座奪回を狙ってブラントと再び拳を交える可能性は決して低くはないのだ。そういった意味でも、まずは15日(日本時間16日)に行われるブラント対バイサングロフに要注目といえる。

平成の終わりと白鵬時代の潮目、若手台頭で変革の時

大相撲初場所13日日、貴景勝に突き落としで敗れた白鵬(2019年1月25日撮影)

「平成」の元号が終わりを告げる年、初場所で時代の潮目を感じた。担当歴2年弱の新米で、相撲のなんたるかもまだ分からんのですが、確かに感じるものはありました。

数年後に「あれが引き潮やったんか」と思うかもしれん出来事は、14日目に起こった。横綱白鵬の休場。驚いた。初日からの10連勝後、御嶽海、玉鷲、貴景勝に3連敗した翌朝、白鵬の朝稽古を見ようと訪れた宮城野部屋前で一報が入った。確かに玉鷲に1差リードを許したが、残り2日で逆転Vの可能性はあった。なのに休んだ。それまで途中休場は5場所あったけど、場所が最も押し迫ったタイミングは関脇やった05年名古屋場所の9日目。優勝争い最中の14日目の休場なんて初めてのことでした。

診断内容は「右膝血腫、左足関節炎で約1週間の加療を要する」。額面通りに受け取れば重症ではない。ただ、右膝は昨秋に骨片除去手術をして、昨年九州場所全休の要因になった箇所でもある。13日目の取組後、左膝の違和感を問われて「(初日から)ずっとだからね」とこぼしていた。

残り2日、無理を押して相撲をとって、症状が悪化する怖さがあったのかもしれない。白鵬も33歳。11年以上も横綱を張った者にしかわからない疲労や、体への不安もあるんでしょう。41度も賜杯を手にした、絶対的な強さは揺らいでいるのかもしれません。

逆に「あれが上げ潮やったんか」と思う現象は、やはり若手の台頭です。優勝は34歳の関脇玉鷲が手にしたものの、26歳の小結御嶽海が3横綱1大関を破り、途中4日も休みながら殊勲賞に輝いた。22歳の関脇貴景勝が、昨年九州場所初優勝の勢いを持続させ、千秋楽まで2場所連続優勝の可能性を残した。平幕で2桁白星を残したのは3人いたが、32歳の魁聖を除いて、残る2人は28歳遠藤と24歳阿炎でした。また9勝に終わったものの、26歳北勝富士が西前頭2枚目で9勝し、春場所の新三役を濃厚にした。

千秋楽に御嶽海はこう言いました。「時代が動いてるな、と感じますか?」と聞くと「時代は動いてますよね」。おうむ返しのようなやりとりですが、かみしめるような口調は印象的でした。

春場所は3月10日から始まります。貴景勝は自他ともに認める大関とり。御嶽海も自信を深め、体調を整えてくるはず。貴景勝の躍進に燃える同世代の阿武咲、阿炎もいれば、御嶽海をライバル視する同学年の北勝富士もいる。そんな20代の勢いを、白鵬が受け止められるのか。

平成最後の本場所は、まさに待ったなしです。【加藤裕一】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

大相撲初場所で殊勲賞と敢闘賞を受賞した玉鷲(中央)左は殊勲賞の御嶽海、右は技能賞の貴景勝(2019年1月27日撮影)

近藤明広5回KO負け 世界切符逃し33歳は引退も

近藤明広対アピヌン・コーンソーン 5回、アピヌン・コーンソーン(右)に右アッパーでダウンを奪われた近藤はそのままKO負けを喫する(撮影・小沢裕)

<ボクシングIBF世界スーパーライト級指名挑戦者決定戦>◇18日◇東京・後楽園ホール

同級4位近藤明広(33=一力)の世界挑戦権獲得はならなかった。同級6位アピヌン・コーンソーン(22=タイ)との指名挑戦者決定戦に、右アッパー1発で5回1分47秒KO負けを喫した。17年には米国で世界初挑戦。セルゲイ・リピネッツ(29=ロシア)との王座決定戦に判定負け以来となる、2度目の世界挑戦切符はつかめなかった。

14戦全勝(11KO)のホープに1、2回は有効打をもらった。3回には左ジャブが決まりだし、ペースをつかみだした。5回には踏み込んでいったところへ強烈な右アッパーももろにもらった。ものの見事にひっくり返って40戦目で初のダウン。「見えなかった。パンチは見えなかった」。立ち上がったものに10カウントされた。

相手は右アッパーを狙っていた。「映像も見ていたし、狙っているのは分かってた。リードを止めようと欲を出して、踏み込みすぎた。刺しにいきすぎた」と悔やんだが、後の祭りだった。「日本に呼んできてもらったのに申し訳ない。年齢も年齢なので真剣に考える」と引退の可能性も口にした。

近藤明広対アピヌン・コーンソーン 5回、アピヌン・コーンソーン(右)にKO負けを喫しコーナーで天を仰ぐ近藤(撮影・小沢裕)

石原“夜叉坊”暉仁、19年初戦へ「全てぶつける」

19年初戦に臨むUFCバンタム級の石原

UFCバンタム級ファイターの石原“夜叉坊”暉仁(27)が背水の陣で19年初戦に臨む。10日にオーストラリア・メルボルンで開催されるUFC234大会に参戦し、カン・ギョンホ(31=韓国)と同級5分3回で対戦する。9日には同地で前日計量に臨み、カンとともに136ポンド(約61・69キロ)でパス。計量後は額をくっつけるほどの勢いでフェースオフするなど、気合十分だった。

「世界と闘う準備はできた」と自信をみなぎらせる石原は昨年2戦2敗と勝てなかった。勝負の19年初戦に向け「ここでUFCとの契約更新ができないような試合をしてしまった場合には、もはやこの先、格闘技を続けるつもりはない、と言えるくらいの準備はできています」と強い決意を力強く宣言。格闘技キャリアのすべてをかけて挑む決戦と位置付け「自分を信じて、すべてをぶつけて戦います。自分の拳で人生変える瞬間を見てほしい。何かが伝わると思う」とUFCを通じてコメントしていた。

石原夜叉坊がUFC3連敗、裸絞めでギブアップ負け

カン・ギョンホ(左)にケージ際へと追い込まれる石原JeffBottari/ZuffaLLC/UFC

<UFC:234大会>◇10日◇オーストラリア・メルボルン・ロッド・レーバー・アリーナ

UFCバンタム級ファイター石原“夜叉坊”暉仁(27)が1回一本負けを喫した。

同級5分3回で、カン・ギョンホ(31=韓国)と対戦。開始直後から殴り合い、カウンター気味に得意の左をねじ込んでダウンを奪取。主導権を握るかと思われたが、立ち上がってきたカンのヒザ攻撃を浴びて劣勢に。打撃戦の末、テークダウンを許すと、背後を取られて裸絞め(リアネイキドチョーク)でギブアップ負けとなった。

昨年は2戦2敗。これでUFC3連敗となった石原は試合後、自らのツイッターを更新し「桜吹雪の如く舞い散った! ほんまに楽しかった!」と敗戦の弁をつづっていた。

カン・ギョンホ(右)と激しい打撃戦を展開する石原JeffBottari/ZuffaLLC/UFC
カン・ギョンホ(左)の右ストレートを浴びる石原JeffBottari/ZuffaLLC/UFC

完全復活アブドーラ小林が師匠ブッチャー襲撃を予告

アブドーラ・小林(15年1月23日撮影)

<大日本:新木場大会>◇18日◇新木場1stRING◇

右肩負傷で欠場していたアブドーラ小林(42)が3カ月ぶりに復帰した。

メインで宇藤純久、“黒天使”沼沢邪鬼と組み、高橋匡哉、佐久田俊行、伊東竜二組と蛍光灯デスマッチで対戦。序盤に集中攻撃を受けて大流血も、途中で右肩のサポーターを外して覚醒。最後は佐久田をダイビングバカチンガーエルボードロップで沈め、復帰戦を勝利で飾った。

リング上では「見ての通り右肩完全復活です!」と威勢良く雄たけびをあげたがバックステージでは「ところどころ痛いね」と本音も漏れた。試合前にズボンのスソをひっかけ、階段から転げ落ちるアクシデントもあったが、幸いケガはなし。無事試合を終え「とりあえずほっとしています。帰りの電車も遅延なしで、家に帰れればいいなと思っています」と表情を和らげた。

19日は両国国技館で行われるジャイアント馬場没20年追善興行に参戦。そこで、かつて付き人時代に「あらゆるハラスメントを受けた」という師匠アブドーラ・ザ・ブッチャー(78)の引退セレモニーも行われる。

約15年ぶりの再会となるが「その時の恨みを晴らしたい。ただの式典で終わらせないからな。俺を呼んじゃったことを後悔させてやる」と、師匠襲撃をあらためて予告した。

王座戦で1回4分…タイムキーパーを無期限資格停止

日本ボクシングコミッション(JBC)は18日、昨年12月24日に大阪・住吉区民センターで開催された東洋太平洋バンタム級王座決定12回戦で起こった1回4分などのタイム計測ミスについての謝罪と、関係者の処分を発表した。ストロング小林祐樹(六島)-栗原慶太(一力)による同決定戦は、5回終了後のインターバルが1分16秒(規定は1分)、6回が4分(規定は3分)、6回終了後のインターバルは2分20秒(規定は1分)という計測ミスをしていた事実を確認。JBCは秋山弘志理事長名で「公式試合管理業務の統括責任者として、本事案に関し出場選手、関係者、そしてファンの皆様に対しまして、心から反省の意を表するとともに、ここに謝罪をさせていただきます」とコメントした。

また同日に開かれたJBC倫理委員会で関係者の処分も決定。関西地区の事務局長を兼任している浦谷信彰本部事務局長が厳重注意処分、同試合のスーパーバイザーを務めた小池幸弘氏は当面の間の謹慎処分、タイムキーパーを務めていた越島二朗は無期限のライセンス停止処分としたことを発表した。

松本亮が計量パス「ばっちり」術後2戦目も体調万全

計量を終えて健闘を誓い合う坂本(左)と松本(撮影・阿部健吾)

 ボクシングの「フェニックスバトル59」(3月27日、東京・後楽園ホール)の前日計量が26日に都内のJBCで行われ、メインカードの56・0キロ契約10回戦に臨む元東洋太平洋スーパーフライ級王者で日本バンタム級4位松本亮(23=大橋)、同10位坂本英生(31=フジタ)ともに、リミットちょうどの56・0キロでパスした。

 松本は持病の副甲状腺機能亢進(こうしん)症の手術明け2試合目を迎える。昨年5月、吐き気などに苦しみ、5回TKOでビクトル・ロペス(メキシコ)に敗れた。その後、患部の摘出手術を受け、昨年末にはそのロペスに6回TKOで雪辱。再び飛躍を期す17年の初戦にもなる。

 手術前は追い込むと吐き気などの症状に襲われていたが、今はその不安も消えた。「ばっちりです」と体調は万全。ホルモンの分泌を制限していた症状がなくなり、身長も2センチ伸びて175センチになったという。「パンチの乗りが違う」と自慢の豪打に、さらなる自信も上積みされた。

 高校4冠、11年12月のプロデビューから17戦全勝(15KO)で駆け上ったホープ。世界の頂点が見えてきたところでの不運だったが、「病気のことは言い訳にしたくない。それも自分のせいなので」と潔い。プロボクサーにとって1度の黒星の重さは重々承知。だからこそ、「負ければ(昨年)5月みたいに振り出しに戻る」「倒せば評価は上がる」と語気を強めた。

大鵬孫の納谷「緊張」なじみ国技館でデビュー戦白星

DDT旗揚げ記念大会に参戦し、初めて両国国技館のマットに立った大鵬の孫、納谷幸男(撮影・高場泉穂)

<DDT:旗揚げ22周年記念大会>◇17日◇両国国技館

大相撲の大横綱大鵬の孫で元関脇貴闘力の長男納谷幸男(24=リアルジャパン)が国技館のマットに初めて立った。

6人タッグ戦でノアの潮崎豪、元関取の樋口和貞と組み、関本大介、大鷲透、飯野雄貴組と対戦。197センチ130キロの恵まれた体を生かし、タックルで飯野を倒すなど見せ場を作り、最後は飯野にチョークスラムを決め、樋口のドクターボムでの勝利につなげた。

国技館は父貴闘力の応援などで「小さい頃から来ていた」なじみの場所だが、プロレスラーとして初めて立ち、「緊張しました」。試合後は「僕はレベルでいったらこの人たちと比べて、その域に達していない。これから精進してこのレベルの人たちと試合ができるようにしていきます。これだけ大きい経験をさせていただいたDDTさん、潮崎選手、樋口選手、本当にありがとうございます」とこの機会に感謝した。17年9月にデビューし、1年半。自らのルーツの場所で刺激をもらい、さらなる飛躍を誓った。

塙英理加が初の世界王座ならず「倒さないと厳しい」

敵地メキシコでのプロボクシングWBC世界女子ライトフライ級タイトル戦で敗れた塙英理加

<プロボクシング:WBC世界女子ライトフライ級タイトル戦10回戦>◇16日◇メキシコ・カンクン

東洋太平洋ミニマム級王者の塙英理加(はなわ・えりか、28=UNITED)が、王者イセニア・ゴメス(23=メキシコ)に0-2の判定で敗れ、初の世界王座獲得はならなかった。

身長、リーチ差のある相手に果敢に攻めこみ、敵地ながら1人のジャッジは同点だった。この一戦に向け、200回近い出稽古でスタミナとパワーを強化してきた塙は「今まで練習してきた通りのことが出せた。初回から落ち着いて行くことができた」と納得しつつも、「手応えがあったが、やはり倒さないと(勝利は)厳しい。勝ってみなさんに恩返ししたかった」と悔しがった。