上へ戻る

au版ニッカン★バトル

ランキング

村田破ったブラントが初防衛濃厚、どうなるミドル級トップ戦線

昨年10月、村田諒太(33=帝拳)を大差の12回判定で破ってWBA世界ミドル級王者になったロブ・ブラント(28=米)の初防衛戦が15日(日本時間16日)、同級8位のカーサン・バイサングロフ(21=露)を相手に米国ミネソタ州ヒンクリーで行われる。バイサングロフは17戦全勝(7KO)のホープだが、村田に勝って自信を増しているブラントの防衛が濃厚とみられる。

ブラントは村田戦では9対2のオッズで不利とみられていたが、試合では巧みな位置どりと手数でポイントをかき集めた。パンチの多くは軽打だったが、放った総数は1262発、ヒット数は356発だった。ミドル級の世界戦では12回まで戦った場合、600発前後が平均といわれるなか、いかにブラントが多くのパンチを繰り出したのかが分かるデータといえる。敗れた村田も774発を打ち、そのうち180発を当てたが及ばなかった。

村田戦後、新王者のブラント(25戦24勝16KO1敗)には、12年ロンドン・オリンピック(五輪)決勝で村田に惜敗したエスキーバ・ファルカン(29=ブラジル)との初防衛戦プランが浮上したが、これは見送りとなった。ブラントの地元での試合をファルカンが嫌ったためとも伝えられる。

代わりに挑戦することになったのがバイサングロフだ。このロシア出身の21歳は185センチの長身で、ガードを比較的高く上げた構えから左ジャブを突き、右フックや左ボディブローに繋げる攻撃パターンを持っている。機をみて左構えにスイッチすることもある。

ただ、41パーセントのKO率が示すようにパワーには欠ける。12対1というオッズが出ているように、ブラントが手数とテクニックで試合を支配したすえ中盤から終盤でストップする可能性が高そうだ。

試合以上に注目したいのは、ブラントとミドル級トップ戦線の今後である。現在、ミドル級ではWBAレギュラー王者(ブラント)の上にスーパー王座が設けられており、そこにサウル・カネロ・アルバレス(28=メキシコ)が君臨している。WBCには正王者アルバレスと暫定王者ジャモール・チャーロ(28=米)がおり、IBFではダニエル・ジェイコブス(32=米)、WBOではデメトリアス・アンドレイド(30=米)がそれぞれ王座に君臨している。このうちアルバレスとジェイコブスは5月に統一戦を行うことが決まっている。その勝者がアンドレイドとの4団体統一戦に向かうというプランがある。この3人はDAZNと試合放映の契約を交わしているため、マッチメークの面で壁が少ないのだ。

アルバレスと2度にわたって大接戦を演じた元3団体統一王者のゲンナディ・ゴロフキン(36=カザフスタン)も返り咲きを狙っている。そのゴロフキンにはDAZNがアンドレイド戦とアルバレスとの第3戦で合計約50億円という条件で契約を持ちかけており、その行方が注目されている。

一方、WBC暫定王者のチャーロと契約しているPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンシップ)もゴロフキンに条件提示をして接近していると伝えられる。また、村田とファルカンを擁するトップランク社&ESPNチームは、村田戦後にブラントと契約を交わして王座の一角を占めている。

ゴロフキンの例が示すように米国ではボクシングを放送する前出3グループがトップ選手の囲い込みに躍起になっており、契約下の選手同士でカードを組んでいく傾向が顕著になっている。したがって、たとえば「アルバレス対チャーロ」は、よほどのウルトラCがない限り実現は難しいのが現実だ。

リング外が巴戦の様相になっている現在、ブラントの今後の対戦候補は自ずと絞られてくる。したがって、再起戦で勝利を収めることが大前提になるが、村田が王座奪回を狙ってブラントと再び拳を交える可能性は決して低くはないのだ。そういった意味でも、まずは15日(日本時間16日)に行われるブラント対バイサングロフに要注目といえる。

平成の終わりと白鵬時代の潮目、若手台頭で変革の時

大相撲初場所13日日、貴景勝に突き落としで敗れた白鵬(2019年1月25日撮影)

「平成」の元号が終わりを告げる年、初場所で時代の潮目を感じた。担当歴2年弱の新米で、相撲のなんたるかもまだ分からんのですが、確かに感じるものはありました。

数年後に「あれが引き潮やったんか」と思うかもしれん出来事は、14日目に起こった。横綱白鵬の休場。驚いた。初日からの10連勝後、御嶽海、玉鷲、貴景勝に3連敗した翌朝、白鵬の朝稽古を見ようと訪れた宮城野部屋前で一報が入った。確かに玉鷲に1差リードを許したが、残り2日で逆転Vの可能性はあった。なのに休んだ。それまで途中休場は5場所あったけど、場所が最も押し迫ったタイミングは関脇やった05年名古屋場所の9日目。優勝争い最中の14日目の休場なんて初めてのことでした。

診断内容は「右膝血腫、左足関節炎で約1週間の加療を要する」。額面通りに受け取れば重症ではない。ただ、右膝は昨秋に骨片除去手術をして、昨年九州場所全休の要因になった箇所でもある。13日目の取組後、左膝の違和感を問われて「(初日から)ずっとだからね」とこぼしていた。

残り2日、無理を押して相撲をとって、症状が悪化する怖さがあったのかもしれない。白鵬も33歳。11年以上も横綱を張った者にしかわからない疲労や、体への不安もあるんでしょう。41度も賜杯を手にした、絶対的な強さは揺らいでいるのかもしれません。

逆に「あれが上げ潮やったんか」と思う現象は、やはり若手の台頭です。優勝は34歳の関脇玉鷲が手にしたものの、26歳の小結御嶽海が3横綱1大関を破り、途中4日も休みながら殊勲賞に輝いた。22歳の関脇貴景勝が、昨年九州場所初優勝の勢いを持続させ、千秋楽まで2場所連続優勝の可能性を残した。平幕で2桁白星を残したのは3人いたが、32歳の魁聖を除いて、残る2人は28歳遠藤と24歳阿炎でした。また9勝に終わったものの、26歳北勝富士が西前頭2枚目で9勝し、春場所の新三役を濃厚にした。

千秋楽に御嶽海はこう言いました。「時代が動いてるな、と感じますか?」と聞くと「時代は動いてますよね」。おうむ返しのようなやりとりですが、かみしめるような口調は印象的でした。

春場所は3月10日から始まります。貴景勝は自他ともに認める大関とり。御嶽海も自信を深め、体調を整えてくるはず。貴景勝の躍進に燃える同世代の阿武咲、阿炎もいれば、御嶽海をライバル視する同学年の北勝富士もいる。そんな20代の勢いを、白鵬が受け止められるのか。

平成最後の本場所は、まさに待ったなしです。【加藤裕一】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

大相撲初場所で殊勲賞と敢闘賞を受賞した玉鷲(中央)左は殊勲賞の御嶽海、右は技能賞の貴景勝(2019年1月27日撮影)

悩める納谷 幕下の壁

花道を引き揚げる納谷(2018年9月21日撮影)

元横綱大鵬の孫、東幕下60枚目納谷(18=大嶽)が幕下の壁にはね返された。3勝4敗と初土俵以来、初めての負け越しを経験。来場所は再び三段目に陥落することが濃厚だ。

今場所の六番相撲で3勝目を挙げ、星を五分に戻しても「今場所はずっとモヤモヤした気持ちがある」。四つにならず立ち合いで突き放して前に出る相撲。三段目までは通過できたが、幕下力士の踏み込みには圧力があった。勢いを止められ、今場所は勝ち負けにかかわらず「2歩目、3歩目が出なかった」と何度も反省を口にした。

師匠の大嶽親方(元十両大竜)は、悩める弟子を場所前から不安視していた。「何か変だったんだよね。迷いなのかな。本人は『全然大丈夫です』と言うんだけど」。稽古でもあっさり負けてしまう場面が目立っていたという。ただ「こっちからガミガミ言っても仕方ないから」と、求めるのは自主性。小手先の技術もいつか必要になるが「今はガムシャラに前へ出続けて欲しい」と多くは求めず、温かく見守る姿勢だ。

「元横綱の孫」という代名詞がのし掛かるが「気負うことなく頑張りたい」と納谷。大器はゆっくりと階段を上るつもりだ。【佐藤礼征】

(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

世界へ“追試”の岡田、復活期す岩佐に重要な一戦

2月10日(日本時間11日)と16日(日本時間17日)、日本のトップ選手が米国カリフォルニア州で相次いで“準世界戦”のリングに上がる。まず10日、主要4団体すべてで10位内にランクされるスーパー・ライト級の岡田博喜(29=角海老宝石)がフレズノで元WBO世界ライト級王者のレイムンド・ベルトラン(37=メキシコ)と対戦。16日には前IBF世界スーパー・バンタム級王者の岩佐亮佑(29=セレス)がロサンゼルスで同級5位のセサール・フアレス(27=メキシコ)と拳を交える。岡田と岩佐にとって、勝てば近い将来に世界戦が具体化する重要な一戦だ。

日本スーパー・ライト級王座を6度防衛後、WBOアジアパシフィック王座も獲得した実績を持つ岡田は昨年、米国の大手プロモーター、トップランク社と契約。9月には標的とするWBC世界同級タイトル戦の前座に出場してアルゼンチンの選手に10回判定勝ち、戦績を19戦全勝(13KO)に伸ばした。しかし、最終回にはダウンを喫するなど不本意な内容だった。そのため即世界挑戦とはいかず、今回のベルトラン戦がセットされた経緯がある。岡田にとっては“追試”の意味がある試合だが、極めてリスクの高いカードといえる。

ベルトランは20年のプロキャリアで45戦35勝(21KO)8敗1分1無効試合の戦績を残しているベテラン強打者で、かつて6階級制覇王者のマニー・パッキャオ(40=比:現WBA世界ウェルター級王者)のスパーリング・パートナーを務めていたこともある猛者だ。昨年8月に世界王座を失ったあと引退宣言をしたが翻意。岡田を倒せば2階級制覇の展望が開けるだけに、こちらも高いモチベーションを抱いているものと思われる。

17対2でベルトラン有利というオッズが出ているが、体格で勝る岡田が得意の左ジャブを突いて攻めれば勝機は広がりそうだ。

岩佐対フアレスはIBF世界スーパー・バンタム級挑戦者決定戦として行われる。昨年8月、TJドヘニー(32=アイルランド/豪)に12回判定負けで王座を失った岩佐にとっては、返り咲きのために通過しなければならない関門といえる。相手のフアレスは過去に2度の世界挑戦を経験している攻撃型の選手で、IBF5位のほかWBA3位、WBC12位、WBO7位と主要4団体すべてで挑戦圏内にいる実力者だ。

再起戦でもあるサウスポーの岩佐は、スピードとテクニックを駆使してフアレスの接近を阻みたいところだ。そのうえでチャンスには一気に攻めてジャッジと観客にアピールしたい。岡田同様、岩佐にとって楽な展開は予想しにくいカードだが、ドヘニーとの再戦に繋げるためにも奮起を期待したい。戦績は岩佐が28戦25勝(16KO)3敗、フアレスが29戦23勝(17KO)6敗。

「与之吉さんは大丈夫ですか?」両陛下が驚きの質問

大相撲初場所8日目をご観戦に訪れ取組後に拍手をされる天皇、皇后両陛下。後方は八角理事長(撮影・小沢裕)

この日は平成では23回目にして最後の天覧相撲。ロイヤルシートに着席された天皇陛下は、説明役の八角理事長(元横綱北勝海)に「今日はありがとう」と切り出され、皇后陛下は「お元気でしたか」と声をかけられた。この言葉に同理事長は「頭の中が真っ白になりました」。昨年は不祥事もありご招待を取り下げ。2年の空白を皇后陛下の温かなお言葉が埋めてくれた。さらに両陛下の、関心の高さをうかがわせる質問に驚いた。「与之吉さんは大丈夫ですか?」。神経疾患のギラン・バレー症候群で5場所連続休場し、昨年11月の九州場所で復帰した幕内格行司の式守与之吉の病状さえも把握されていた。

御嶽海や鶴竜ら休場中の力士のケガを案じ、外国人力士の出身地も熟知され、一番一番に拍手を送られた両陛下。元横綱稀勢の里の荒磯親方についても「今後はどうするのですか」「お元気ですか」と興味を示され同理事長から「今年中に断髪式をして(将来的に)部屋を興すと思います」と説明された。結びのふれで立行司の式守伊之助が敬語を使う意味で「この相撲一番にて本日の結びにござります」と発した。藤島審判長(元大関武双山)は「感激しながらやらせていただいた」と感無量の様子。江戸時代に徳川将軍が観戦した上覧相撲が始まりとされ、昭和天皇は51回のご観覧があった天覧相撲。新元号になっても国技大相撲には、切っても切り離せない行事として存続するだろう。

式守与之吉 えっ! 陛下が気にしてくださったんですか? ありがたいです。びっくりですね。光栄で…、今日は眠れないですよ。

八角理事長(元横綱北勝海) (両陛下は)ひじょうに楽しまれていた感じを受けました。力士のケガ、健康面を心配してくださるのは本当にありがたい。来ていただいて本当に感謝しています。力士は緊張からか熱戦よりアッサリした相撲が多かった。

式守与之吉

天山広吉「地獄落としたる」飯塚との友情タッグ断念

天山(下)へのパイプ椅子攻撃で反則負けを喫した飯塚(撮影・宮崎幸一)

<新日本:大阪大会>◇11日◇エディオンアリーナ大阪

天山広吉(47)が飯塚高史(52)との“友情タッグ”再結成を断念した。

飯塚の引退試合(21日、東京・後楽園ホール)前最後の機会となった6人タッグで飯塚と対戦。タッグ結成時のTシャツを持ち込み、再合体を訴えたが、イス攻撃を食らっての反則勝ち。天山は「もう友情タッグなんかクソ食らえ。最後に地獄落としたる」と、逆に飯塚の引退試合の対戦相手に名乗りを上げた。

元相棒にかけた天山の情けが、怒りに変わった。反則勝ちの試合後、ほえた。「何回言うたらわかんねん? 飯塚、脳みそ入っとんか? これ見ても思い出さんか?」-。08年の友情タッグ結成時に作ったTシャツを着てリングインし、ゴング前にマイクで訴えた。「飯塚よ、このTシャツ見ろ。友情タッグや。もう1回…」-。しかし、そこまでだった。

友情タッグは11年前、飯塚が自分を助け、結成され、直後に飯塚が裏切って崩壊した。その因縁の大阪で、飯塚はこの日、自分だけでなく小島、ライガーにもかみつき攻撃を繰り返した。関節技、スープレックスを駆使する正統派で鳴らした男が、頭をそり上げた狂乱ファイターは変貌し、今に至る。この日は一瞬だけ、元に戻りそうになった。天山を守るように、イスを振り上げて、鈴木に向けた。しかし、結局はイスで天山を殴打、試合終了のゴングが打ち鳴らされた。

21日に行われる飯塚の引退試合前最後の試合だった。「友情タッグ、もうええわ。飯塚には引退の花道を作ってやりたかったけど。情けない言うか、どうしようもない」。何度手を差し伸べても、それをつかもうとしない元相棒に愛想を尽かした。「こうなったら後楽園(ホール)で無理やりカード組んでもろて、地獄落としたる。友情なんかクソ食らえや。最後にがっちり地獄に落としたる」。飯塚の花道に、と願い続けた引退試合で、天山は自分なりのケジメをつけることを予告した。【加藤裕一】

天山広吉(下)をパイプ椅子で殴打し反則負けとなった飯塚高史(撮影・宮崎幸一)

オカダ、内藤でもない…新星ホワイト金星で王座強奪

IWGPヘビー級新チャンピオンとなりベルトを掲げるジェイ・ホワイト(撮影・宮崎幸一)

<新日本:プロレス大阪大会>◇11日◇エディオンアリーナ大阪

ジェイ・ホワイト(26)が初挑戦でIWGPヘビー級王座の強奪に成功した。

王者棚橋弘至(42)をブレードランナー(顔面砕き)で仕留め、30分を超える死闘を制した。7年前にオカダ・カズチカが棚橋を破り初戴冠した“レインメーカーショック”と同会場、冬の大阪で起きた王者交代劇。プロレス歴わずか5年5カ月の超新星の大金星で新日本に激震が走った。

ホワイトは一瞬を待っていた。試合時間30分超。コーナーポストからハイフライフローを狙った棚橋を受け止め、カウンターのように必殺ブレードランナーを決めた。電撃の3カウント。王者交代劇と思えぬ静寂が場内を支配すると、ホワイトはマイクでファンに罵声を浴びせた。

「俺は2年半前、大阪城ホール(の壮行試合)で“大阪はきっと俺のホームになる”と思ったけど、もうそうじゃない。おまえたちは俺のファミリーじゃねえ!」。17年11月に約1年半の米国武者修行から「切り裂きジャック」の異名で凱旋(がいせん)。ニュージーランドで生まれ、英国でデビュー。プロレス歴5年5カ月と思えぬヒールが、時代を切り裂いた。

死闘だった。棚橋の右膝を痛めつけたが、逆に低空のドラゴンスクリューを何度も両膝に食った。そんな窮地を186センチ、100キロのジュニアヘビー戦士のような体で脱した。7年前にオカダに敗れ、初戴冠を許した同じ舞台で苦杯をなめた棚橋は試合後、廊下で大の字になり「…もう無理…」とうめいた。ホワイトは愛称のスイッチ・ブレード(バタフライナイフ)らしく、冷たく棚橋を葬った。

「スイッチ・ブレードショーを見たか? プロレスを始めて6年、ニュージャパンに来て4年で最高の栄誉だ。オカダも倒した。棚橋も倒した。俺こそが真のチャンプ。俺は天才だ」。「26歳4カ月」のIWGPヘビー級王座奪取は、中邑真輔(23歳9カ月)オカダ(24歳3カ月)に次ぐ史上3位の年少記録。棚橋でもオカダでも内藤でもない。ホワイトの時代が始まった。【加藤裕一】

ジェイ・ホワイト(後方)はブレードランナーから片エビ固めで棚橋を下しIWGPヘビー級新チャンピオンとなる(撮影・宮崎幸一)
ジェイ・ホワイト(左)は棚橋を下しIWGPヘビー級新チャンピオンとなる(撮影・宮崎幸一)

飯塚高史は目覚めるか、引退試合は元相棒の天山組と

天山広吉(下)をパイプ椅子で殴打し反則負けとなった飯塚高史(2019年2月11日撮影)

新日本プロレスの鈴木軍に所属する飯塚高史(52)が自らの引退試合で元パートナーと6人タッグで対決することが決まった。

飯塚高史引退記念大会(2月21日、東京・後楽園ホール)のカードが12日、発表され、飯塚は鈴木みのる、タイチと組み、矢野通、天山広吉、オカダ・カズチカ組と対戦することが決定した。08年にGBHから襲撃を受けた天山を飯塚が助けて“友情タッグ”を結成。矢野とはCHAOS時代に組み、IWGPタッグ王座に輝いていた。 前日11日の大阪大会で、飯塚はTAKAみちのく、鈴木と組み、獣神サンダー・ライガー、小島聡、天山組と対戦。友情タッグのTシャツを着用した天山から「目を覚ませ」と訴えられた。先に鈴木がイス攻撃を天山に仕掛けようとした際、飯塚が止めたものの、その直後に自ら天山にイスで襲いかかって反則負けを喫していた。

天山広吉(右)の友情Tシャツを破り振り回す飯塚高史(2019年2月11日撮影)

また秒殺勝利か井上尚弥、発祥の地でモンスター対決

英国での試合開催を発表し拳を突き出すWBA世界バンタム級王者井上尚弥(撮影・中島郁夫)

5月18日に英グラスゴーでワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)準決勝に臨むWBA世界バンタム級王者井上尚弥(25=大橋)が16日、横浜市の所属ジムで会見に臨んだ。

IBF世界同級王者エマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)と決勝進出を懸けて拳を交える。井上にとって初めての2団体統一戦。ボクシング発祥の地に初上陸となる。

「英国はボクシング熱が高いというイメージがある」と口にした井上は、WBSS1回戦のフアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦に続く、2試合連続秒殺勝利への意欲を問われ「ボクシングは真剣勝負の殴り合い。毎回、秒殺のイメージはないですが、何が起こる分からないですから」と自信の笑みを浮かべた。

昨年10月、井上は大橋秀行会長とともに米オーランドで開催されたWBSS1回戦となるロドリゲスの初防衛戦を視察した。試合後、リングに上がって判定勝ちを収めたロドリゲスと顔を合わせている。井上は「パッと目を合わせた時、気持ちの弱さを感じました。対戦相手としての威圧感がなかったですね」と精神的に優位に立てていたエピソードも明かした。

元WBA、WBC世界ミニマム級王者となる大橋会長は「ロドリゲスは無敗の王者。尚弥とは身長も距離感も同じで、いわば南米のモンスター。ボクシング発祥の地でモンスター同士が戦う、見応えある技術戦になる」と予測。井上の父真吾トレーナーも「どちらが先に1発を当てるかの試合ですね」と分析した。会見後には世界主要4団体で世界ランキング入りする元日本スーパーフライ級王者石田匠(27=井岡)と4回のスパーリングも公開。強烈な左フックや右ショートなどキレあるパンチを繰り出していた。

会見を行った左から井上真吾トレーナー、WBA世界バンタム級王者井上尚弥、大橋秀行会長(撮影・中島郁夫)
公開練習を行ったWBA世界バンタム級王者井上尚弥(撮影・中島郁夫)

照ノ富士、春場所出場は「ぎりぎりまで考える」

照ノ富士(2015年3月20日撮影)

大相撲の前頭宝富士(31=伊勢ケ浜)が16日、都内のホテルで17年9月に結婚した英莉乃夫人(25)と挙式・披露宴を行った。

挙式・披露宴の会場に足を運んだ最高位大関の照ノ富士が「師匠と相談してぎりぎりまで考える」と、3月の春場所出場に慎重な姿勢を見せた。

左膝の負傷などで、昨年5月の夏場所から5場所連続で休場中。稽古は行っていないが、同部屋の幕下力士に胸を出して体を動かしているという。来場所は序二段まで番付を落とす見込みだが「(足の状態は)順調に良くなっている」と前向きに話した。