上へ戻る

au版ニッカン★バトル

大相撲
初場所/取組速報
女子プロレス
工藤GM、藤本、世羅の記念撮影ほか/12.2超花火×アイスリボン写真集

新着ニュース

元朝青龍おい豊昇龍が初日 200キロ投げ倒す

<大相撲初場所>◇4日目◇16日◇東京・両国国技館元横綱朝青龍のおい、西幕下21枚目豊昇龍(19=立浪)が19年初白星を挙げ、1勝1敗とした。体重200キロ前後...

関連するニュースを読む

稀勢の里が「引退させてください」昨晩親方に話す

打ち出し後に部屋に戻った稀勢の里は詰め掛けた大勢の報道陣を前に車で引き揚げた(2019年1月15日撮影)

大相撲の横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)が、現役引退を決断した。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が初場所4日目の16日、東京・江戸川区の田子ノ浦部屋で発表した。...

関連するニュースを読む

最後の相手栃煌山「何とも言えない」稀勢の里引退

15日、栃煌山(右)に寄り切りで敗れる稀勢の里

稀勢の里の最後の取組相手となった東前頭筆頭栃煌山(31=春日野)は16日、都内の部屋で朝稽古を終えた後に引退の報を知った。「何とも言えない気持ちですね」と率直な...

関連するニュースを読む

稀勢兄弟子の西岩親方、引退に「残念、仕方ない」

稀勢の里の引退について質問される西岩親方(撮影・河田真司)

大相撲の横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)が引退を決断したことを受け、兄弟子の西岩親方(元関脇若の里)が16日、東京・両国国技館で「残念な気持ちと、仕方ないという気...

関連するニュースを読む

鈴木大地長官「ゆっくり休んで」稀勢の里引退

横綱稀勢の里

大相撲の第72代横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)が16日、現役を引退することが決まった。 鈴木大地・スポーツ庁長官の話 横綱としての成績に、ご自身が納得いかなかっ...

関連するニュースを読む

ランキング

新成人の幕下2枚目竜虎、勝ち越して新十両の祝杯を

貴ノ富士(左)を攻める竜虎(撮影・河田真司)

「成人の日」の14日、角界の新成人は土俵の上で黙々と戦っていた。 新成人で番付最高位の西幕下2枚目竜虎(20=尾上)は「自分が最初に関取になりたい」と、同学年の...

40歳の鉄人か、問題を起こす男か 興味深い世界戦

6階級制覇の実績を持つスーパースター、WBA世界ウエルター級王者のマニー・パッキャオ(40=比)が19日(日本時間20日)、米国ネバダ州ラスベガスで元4階級制覇...

稀勢兄弟子の西岩親方、引退に「残念、仕方ない」

稀勢の里の引退について質問される西岩親方(撮影・河田真司)

大相撲の横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)が引退を決断したことを受け、兄弟子の西岩親方(元関脇若の里)が16日、東京・両国国技館で「残念な気持ちと、仕方ないという気...

白鵬 稀勢の里の思い出「63連勝で止められた時」

横綱稀勢の里

稀勢の里の引退について、横綱白鵬(33=宮城野)が16日、都内の部屋での朝稽古後に心境を語った。一報は「朝、奥さんから聞いた」と言い、第一声は「さびしいって感じ...

やくみつるさん「愚直さに感情移入」稀勢の里引退

横綱稀勢の里

大相撲の第72代横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)が16日、現役を引退することが決まった。 漫画家のやくみつるさんの話 とっくに限界だった。けがの治療に専心する間、...

バトルコラム

大相撲裏話

新成人の幕下2枚目竜虎、勝ち越して新十両の祝杯を

貴ノ富士(左)を攻める竜虎(撮影・河田真司)

「成人の日」の14日、角界の新成人は土俵の上で黙々と戦っていた。 新成人で番付最高位の西幕下2枚目竜虎(20=尾上)は「自分が最初に関取になりたい」と、同学年の...

原功「BOX!」

40歳の鉄人か、問題を起こす男か 興味深い世界戦

6階級制覇の実績を持つスーパースター、WBA世界ウエルター級王者のマニー・パッキャオ(40=比)が19日(日本時間20日)、米国ネバダ州ラスベガスで元4階級制覇...

リングにかける男たち

那須川のボクシング転向期待 人気&動員力は魅力

メイウェザー対那須川 試合後、那須川(左)の手を上げ称えるメイウェザー(撮影・滝沢徹郎)

大みそかのRIZIN14大会はメディアの雰囲気が違った。普段はネットや専門誌が大半でスポーツ紙もいつも3紙程度だが、見慣れぬ一般紙や海外メディアの記者も詰めかけ...

大相撲裏話

モンゴル相撲協会25周年、次は音楽でも文化交流を

元旭鷲山のダワーギーン・バトバヤル氏

昨年12月、モンゴル相撲協会は創設から25周年を迎えた。会長を務めるのは、史上初のモンゴル出身力士、元小結旭鷲山のダバー・バトバヤル氏(45)。モンゴルでは英雄...

原功「BOX!」

どうなる? 19年世界を狙う日本のホープたち

2018年の日本のボクシング界は、WBA世界バンタム級王者、井上尚弥(25=大橋)の衝撃の連続1ラウンドKO勝ちと弟・拓真(23=大橋)の戴冠、田中恒成(23=...

女子プロ写真特集

工藤GM、藤本、世羅の記念撮影/12.2超花火×アイスリボン