上へ戻る

au版ニッカン★バトル

大相撲
夏場所取組速報
女子プロレス
ビヨンドシングルを防衛した高橋ほか/3.20シードリング後楽園写真集

新着ニュース

久保隼2年ぶり世界挑戦はTKO負け/世界戦詳細

<プロボクシング:WBA世界フェザー級王座戦12回戦>◇26日◇中国江西省撫州市ボクシングWBA世界フェザー級10位久保隼(29=真正)が中国・撫州市で同級王者...

関連するニュースを読む

木村翔がホーム中国で2階級制覇ならず/世界戦詳細

<プロボクシング:WBA世界ライトフライ級級王座戦12回戦>◇26日◇中国江西省撫州市ボクシングWBA世界ライトフライ級2位木村翔(30=青木)が中国・撫州市で...

朝乃山「うれしい」富山のから世界のアサノヤマに

トランプ米大統領(左)と握手を交わす朝乃山(撮影・河田真司)

<大相撲夏場所>◇千秋楽◇26日◇東京・両国国技館初優勝を果たした前頭8枚目の朝乃山(25=高砂)が、世界の「アサノヤマ」になった。優勝は前日14日目に決めてい...

関連するニュースを読む

木村翔が世界再挑戦に失敗 ホーム中国で偉業ならず

木村翔(19年5月14日撮影)

<プロボクシング:WBA世界ライトフライ級級王座戦12回戦>◇26日◇中国江西省撫州市WBA世界ライトフライ級2位木村翔(30=青木)が、ホームの中国で世界再挑...

関連するニュースを読む

久保隼2階級制覇ならず ジム後輩の悔しさ晴らせず

久保隼(17年撮影)

<プロボクシング:WBA世界フェザー級王座戦12回戦>◇26日◇中国・撫州WBA世界フェザー級10位久保隼(29=真正)が敵地中国で王者徐燦(25=中国)に6回...

関連するニュースを読む

ランキング

富山県出身の朝乃山と横綱太刀山…どちらも温厚

優勝を決め関係者に拍手され鯛を持つ朝乃山、前列右は高砂親方(撮影・鈴木正人)

103年前、富山県出身力士で最後に優勝を果たした第22代横綱の太刀山(1941年、63歳没)は明治初期から大正初めまで「無敵の名をほしいままにしてきた」と、相撲...

横綱DNA持つ琴鎌谷、重圧から逃げず新十両に前進

支度部屋へ引き揚げる琴鎌谷(撮影・河田真司)

横綱のDNAを持つ逸材が、新十両へ前進した。東幕下2枚目琴鎌谷(21=佐渡ケ嶽)が7番相撲で勝ち越しを決めて4勝3敗。3連勝から3連敗したが「師匠に『十両とか考...

木村翔がホーム中国で2階級制覇ならず/世界戦詳細

<プロボクシング:WBA世界ライトフライ級級王座戦12回戦>◇26日◇中国江西省撫州市ボクシングWBA世界ライトフライ級2位木村翔(30=青木)が中国・撫州市で...

トランプ大統領の千秋楽観戦備え気をもむ角界関係者

満員御礼となった両国国技館

千秋楽にトランプ米大統領が観戦に訪れるため、角界関係者が気をもんでいる。 相撲愛好会の1つ、溜会(たまりかい)は夏場所中日に会議を開き、「千秋楽は臨時で誰かに座...

199場所目の「昭和の男」華吹、現役を続けるワケ

松ケ島(手前)を上手投げで破る華吹(撮影・河田真司)

現役唯一の昭和入門、史上最多199場所目を迎えた西序ノ口4枚目華吹(はなかぜ、48=立浪)が、3つ目の元号となる令和の土俵に上がった。年齢が3分の1の16歳松ケ...

バトルコラム

大相撲裏話

富山県出身の朝乃山と横綱太刀山…どちらも温厚

優勝を決め関係者に拍手され鯛を持つ朝乃山、前列右は高砂親方(撮影・鈴木正人)

103年前、富山県出身力士で最後に優勝を果たした第22代横綱の太刀山(1941年、63歳没)は明治初期から大正初めまで「無敵の名をほしいままにしてきた」と、相撲...

大相撲裏話

横綱DNA持つ琴鎌谷、重圧から逃げず新十両に前進

支度部屋へ引き揚げる琴鎌谷(撮影・河田真司)

横綱のDNAを持つ逸材が、新十両へ前進した。東幕下2枚目琴鎌谷(21=佐渡ケ嶽)が7番相撲で勝ち越しを決めて4勝3敗。3連勝から3連敗したが「師匠に『十両とか考...

大相撲裏話

幕内初の「送り掛け」決まり手係も必要なプロの判断

大相撲夏場所9日目 照強は送り掛けで千代丸を下す(2019年5月20日撮影)

快挙の裏で、動揺も走っていた。9日目に照強が決めた「送り掛け」。01年初場所で決まり手として導入されて以降、十両以上では初めて飛び出した。 場内アナウンスを担当...

原功「BOX!」

伊藤雅雪、日本人初「米国で王座獲得&防衛」なるか

WBO世界スーパー・フェザー級王者の伊藤雅雪(28=伴流)が25日(日本時間26日)、米国フロリダ州キシミーで2度目の防衛戦に臨む。挑戦者は同級9位のジャメル・...

リングにかける男たち

エロとボケで…いつのまにか藤原組長ペース

インタビュー中、笑顔を見せる藤原喜明(撮影・垰建太)

下ネタは会話の潤滑油であるといわれるが、その日は油どころか、ほぼメインだった。先日、インタビューしたのは藤原組長ことプロレスラーの藤原喜明(70)。著書「刷新藤...

女子プロ写真特集

ビヨンドシングルを防衛した高橋/3.20シードリング