au版ニッカンプロ野球

新着ニュース

ヤクルト勝利 渡辺が逆転満塁弾/練習試合詳細

<練習試合:ヤクルト5-3韓国・KIA>◇11日◇沖縄・浦添

ヤクルトが今季初の対外試合で韓国・KIAと対戦。0-3の7回裏、4年目の渡辺大樹内野手(21)が逆転満塁弾を放ち5-3で勝った。

チーム

【ヤ】寺島、大下、田川、蔵本、梅野

【本】渡辺(満塁弾)

試合経過

<1回表:投手寺島>

1番 一ゴロ

2番 一ゴロ

3番 四球

4番 左安

5番 空振り三振

<1回裏>

1番塩見 四球

2番太田 二ゴロ

3番西浦 左飛

4番村上 投ゴロ

<2回表:投手寺島>

6番 中安

7番 133キロの直球を捉えられ、左越え二塁打

8番 中犠飛で先制を許す

9番 空振り三振

1番 空振り三振

※寺島の最速136キロ

<2回裏>

5番荒木 遊ゴロ

6番奥村 空振り三振

7番広岡 146キロの直球に空振り三振

<3回表:投手寺島>

2番 四球

3番 投併殺

4番 左飛

寺島の最速は138キロ

<3回裏>

8番西田 左邪飛

9番山崎 四球

1番塩見 空振り三振。3球目に一塁走者の山崎が二盗を決め、2死二塁

2番太田 空振り三振

<4回表:投手大下>

寺島に代わり投手大下

5番 見逃し三振

6番 三ゴロ

7番 147キロの直球で空振り三振

<4回裏>

3番西浦 初球を捉え、左安。代走に吉田

4番村上 見逃し三振

5番荒木 一直。一塁走者吉田が戻りきれず、併殺

<5回表:投手大下>

8番 中飛

9番 空振り三振

1番 右安

2番 空振り三振

※大下の最速は147キロ

<5回裏>

6番奥村 遊ゴロ

7番広岡 初球を芯で捉えるも、左飛

8番西田 三ゴロ

<6回表:投手田川>

大下に代わり投手田川

3番 二ゴロ

4番 一ゴロ

5番 遊ゴロ

<6回裏>

9番山崎 二ゴロ

1番塩見 左飛

2番渡辺 右飛。2回連続の3者凡退

<7回表:投手田川>

6番 145キロの直球で空振り三振

7番 投安。田川がはじいた打球を遊撃広岡がカバーするも間に合わず

8番 中飛

9番 四球

1番 一塁強襲安打。二塁走者が生還し、0-2。2死一、三塁

2番 3球目に一塁走者が盗塁。二塁送球時に本塁を狙った三塁走者を三本間で挟殺

※田川の最速は144キロ

<7回裏>

3番吉田 変化球を見逃し三振

4番村上 遊ゴロ

5番代打宮本 139キロの高めの直球に空振り三振

<8回表:投手蔵本>

田川に代わり投手蔵本

2番 遊ゴロ

3番 左安

4番 ボークで1死二塁。その後、右越え二塁打で追加点。0-3

5番 二ゴロ。2死三塁

6番 左飛

※蔵本の最速は144キロ

<8回裏>

6番松本直 中安

7番広岡 左中間へ二塁打

8番西田 二飛

9番代打上田 遊飛

1番塩見 バットを1度も振らず四球

2番渡辺(4年目、専大松戸出身) 140キロの直球を振り抜き、左中間へ逆転満塁本塁打。4-3

3番吉田 左邪飛

<9回表:投手梅野>

蔵本に代わって投手梅野

7番 空振り三振

8番 146キロの直球で見逃し三振

9番 左安

1番 四球

2番 148キロの直球で空振り三振

※梅野の最速は150キロ

<9回裏>

4番村上 左安

5番宮本 左飛

6番松本直 初球をたたいて、左越え適時二塁打。5-3

7番広岡 遊ゴロ

8番代打中村 左安

9番上田 一飛

※試合終了

練習試合ヤクルト対KIA ヤクルト5番手で登板する梅野(撮影・狩俣裕三)

練習試合ヤクルト対KIA 8回裏ヤクルト2死満塁、満塁本塁打を放ち、ベンチに迎えられる渡辺(撮影・狩俣裕三)

練習試合ヤクルト対KIA 8回裏ヤクルト2死満塁、満塁本塁打を放つ渡辺(撮影・狩俣裕三)

練習試合ヤクルト対KIA ヤクルト4番手で登板する蔵本(撮影・狩俣裕三)

練習試合ヤクルト対KIA ヤクルト3番手で登板する田川(撮影・狩俣裕三)

練習試合ヤクルト対KIA ヤクルト2番手で登板する大下(撮影・狩俣裕三)

練習試合ヤクルト対KIA 1回裏ヤクルト無死一塁、二盗を決める塩見(右)(撮影・狩俣裕三)

練習試合ヤクルト対KIA ヤクルト先発の寺島(撮影・狩俣裕三)

ヤクルトスタメン

1番(中)塩見

2番(二)太田

3番(遊)西浦

4番(三)村上

5番(指)荒木

6番(左)奥村

7番(一)広岡

8番(捕)西田

9番(右)山崎

先発投手=寺島

関連するニュースを読む

清宮が藤浪撃ち/阪神-日本ハム練習試合詳細

<練習試合:阪神4-4日本ハム>◇17日◇沖縄・宜野座

阪神と日本ハムが練習試合。阪神先発の藤浪は3回を投げ7安打2失点。日本ハム清宮に適時打を浴びた。

チーム

【神】藤浪、小野、岩貞、島本、斎藤、守屋

【日】有原、バーベイト、ロドリゲス、ハンコック、上原、玉井

【本】上本、中谷(神)大田(日)

試合経過

先発は阪神が藤浪、日本ハムが有原

1回表日本ハム 浅間はフォークボール空振り三振。石井は詰まりながらも二塁内野安打。西川は151キロ打って三ゴロ。2死二塁。王柏融はストレートの四球。清宮は初球151キロ打ち上げ左飛。藤浪の最速は154キロ

1回裏阪神 1番上本が初球151キロ直球捉え中越えへ先頭打者弾。近本は見逃し三振。鳥谷は一ゴロ。大山は右飛

2回表日本ハム 森山は直球って中前安打。育成ルーキー海老原はフォーク空振り三振。石川はスライダー空振り三振。平沼は左中間へ安打。二塁を狙ったがタッチアウト

2回裏阪神 日本ハム投手は新外国人右腕バーベイト。中谷は右飛。板山は二ゴロ。高山は134キロ変化球空振り三振

3回表日本ハム 浅間は直球って左中間二塁打。石井は二ゴロで1死三塁。西川は直球打って左中間へ適時二塁打。1-1同点。王柏融は真ん中直球打って右前安打。一、三塁。清宮は直球打って中前へ勝ち越し適時打。2-1。森山は中飛。海老原も中飛

3回裏阪神 梅野は捕ゴロ。江越は中前安打し二盗成功。上本は二飛。近本は一ゴロ

4回表日本ハム 阪神投手は小野。石川、平沼は三ゴロ。浅間は安打で出て二盗成功。石井は四球。西川は二ゴロ

4回裏阪神 日本ハム投手はロドリゲス。鳥谷は遊撃内野安打。大山は三ゴロで1死一塁。中谷は変化球捉え左翼へ逆転2ラン。3-2。板山は二ゴロ。高山は一ゴロ

5回表日本ハム 王柏融は左二塁打。清宮は右前適時打を放ち3-3同点。森山の時に阪神小野に何らかのアクシデントが発生し岩貞が登板。森山は三振。海老原は死球。石川は四球で満塁。代打谷内は遊ゴロ併殺打で同点止まり

5回裏阪神 岡崎は二飛。江越は遊ゴロ失策。糸原、近本は外野フライに倒れ無得点

6回表日本ハム 阪神投手は島本。浅間は中前安打し二盗成功。渡辺は三振。松本も三振。けん制悪送球で2死三塁。横尾は投ゴロで無得点

6回裏阪神 日本ハム投手は新外国人右腕のハンコック。北條が中前安打。ドラフト3位ルーキーの木浪が右翼線へ二塁打し無死二、三塁。中谷は147キロ直球空振り三振。板山は四球で満塁。高山の時にハンコックがボークを犯し4-3と勝ち越し。高山は三振。坂本は一邪飛

7回表日本ハム 阪神投手はドラフト4位の斎藤。清宮は直球打って投ゴロ。大田は初球145キロ内角高め直球を打って左翼へ特大の同点ソロ。4-4。海老原は直球空振り三振。黒羽根は右飛

7回裏阪神 日本ハム投手は上原。江越は変化球空振り三振。糸原は左飛。島田は二直

8回表日本ハム 阪神投手は守屋。谷内は二ゴロ。浅間は一ゴロ。渡辺は右飛。江越がスーパーダイビングキャッチ

8回裏阪神 北條は遊撃内野安打。木浪は遊ゴロ併殺打。植田は中飛

9回表日本ハム 松本は一ゴロ。横尾はスライダー空振り三振。清宮は初球133キロ変化球打って捕邪飛

9回裏阪神 日本ハム投手は玉井。板山は三振。高山は左飛。長坂は一邪飛で試合終了。4-4で引き分け

8回表日本ハム2死、江越大賀(右から2人目)は渡辺諒の右への打球をスーパーダイビングキャッチし、ベンチの出迎えに笑顔(撮影・上山淳一)

8回表、斎藤友貴哉に代わって守屋功輝が登板する(撮影・上山淳一)

7回裏、ハンコックに代わって上原健太が登板する(撮影・上山淳一)

阪神対日本ハム 7回表、本塁打を放ちナインに出迎えられる大田(撮影・黒川智章)

7回表日本ハム1死、左越えに同点ソロ本塁打を放つ大田泰示(撮影・上田博志)

7回から島本浩也に代わって斎藤友貴哉が登板する(撮影・上山淳一)

6回裏阪神無死一塁、木浪聖也は右に二塁打を放つ(撮影・上山淳一)

6回裏、ロドリゲスに代わってハンコックが登板する(撮影・上山淳一)

6回から岩貞祐太に代わって島本浩也が登板する(撮影・上山淳一)

5回表日本ハム無死一塁、アクシデント降板の小野泰己に代わって岩貞祐太が登板する(撮影・上山淳一)

5回表日本ハム無死一塁、小野泰己(左から2人目)森山恵佑の時、アクシデントで降板する(撮影・上山淳一)

5回表日本ハム無死二塁、清宮幸太郎は右前適時打を放つ(撮影・上山淳一)

4回裏阪神1死一塁、中谷将大は左越え2点本塁打を放つ(撮影・上山淳一)

4回裏阪神無死、鳥谷敬は遊内野安打を放つ(撮影・上山淳一)

3回表日本ハム2死一、三塁、清宮幸太郎は中前適時打を放つ(撮影・上山淳一)

 3回表日本ハム1死三塁、西川遥輝は左中間適時二塁打を放つ(撮影・上山淳一)

3回表日本ハム無死、浅間は左中間二塁打を放つ(撮影・上山淳一)

日本ハム2回から2番手で登板するバーベイト(撮影・上山淳一)

1回裏阪神無死、上本博紀は中越え本塁打を放ちナインとハイタッチ(撮影・上山淳一)

1回裏阪神無死、上本博紀は中越え本塁打を放つ(撮影・上山淳一)

阪神対日本ハム 1回裏阪神無死、初球先頭打者本塁打を放つ阪神上本博紀(撮影・上田博志)

阪神対日本ハム 1回裏阪神無死、初球先頭打者本塁打を放つ阪神上本博紀(撮影・上田博志)

日本ハム先発の有原航平(撮影・上山淳一)

1回表日本ハム2死一、二塁、清宮幸太郎は左飛に倒れる(撮影・上山淳一)

阪神先発の藤浪晋太郎(撮影・上山淳一)

スタメン

【阪神】

1(二)上本

2(左)近本

3(遊)鳥谷

4(三)大山

5(指)中谷

6(一)板山

7(右)高山

8(捕)梅野

9(中)江越

先発P=藤浪

【日本ハム】

【日本ハム】

1(三)浅間

2(二)石井一

3(中)西川

4(指)王柏融

5(一)清宮

6(右)森山

7(左)海老原

8(捕)石川亮

9(遊)平沼

先発P=有原

侍ジャパン・稲葉篤紀監督(左)にあいさつする清宮幸太郎(撮影・上田博志)=2019年2月17日、かりゆしホテルズボールパーク宜野座

関連するニュースを読む

中飛-ニゴ-右前打-空三振/ロッテ藤原の打撃速報

練習試合楽天対ロッテ 6回表ロッテ1死、右前打を放つ藤原(撮影・井上学)

<練習試合:楽天6-3ロッテ>◇17日◇沖縄・金武

ロッテのドラフト1位藤原恭大外野手(18=大阪桐蔭)は「9番中堅」で先発出場した。

第1打席は2回表1死一、二塁、2ボールからセンターやや右への大きな飛球を放つもアウト。相手投手は浜矢。

第2打席は4回先頭。相手投手は石橋。カウント2ー2から二ゴロに倒れた。

第3打席は6回1死走者なし。投手石橋のカウント1ー2から、セカンドのグラブの下を抜ける右前打を放った。

第4打席は9回先頭。投手高梨。フルカウントから空振り三振。

楽天対ロッテ 6回表ロッテ1死、右前打を放つ藤原(撮影・足立雅史)
楽天対ロッテ 4回表ロッテ無死、藤原は二ゴロに倒れる(撮影・足立雅史)
練習試合楽天対ロッテ 2回表ロッテ1死一、二塁、右飛に終わる藤原(撮影・井上学)

関連するニュースを読む

阪神4位斎藤、初対外試合で大田泰示にプロ洗礼被弾

7回から島本に代わって斎藤が登板する(撮影・上山淳一)

<練習試合:阪神4-4日本ハム>◇17日◇沖縄・宜野座

阪神ドラフト4位の斎藤友貴哉投手(24=ホンダ)がプロの洗礼を浴びた。

7回に登板。1死後、大田に速球を完璧に仕留められ、左翼に特大アーチを許してしまった。プロ初実戦だった11日の紅白戦は2回無失点デビューを飾ったが、この日はほろ苦い対外試合になった。

関連するニュースを読む

3戦2発!楽天オコエが左翼後方ネットへ覚醒ソロ 

練習試合楽天対ロッテ 7回裏楽天無死、左越え本塁打を放つオコエ(撮影・井上学)

<練習試合:楽天6-3ロッテ>◇17日◇沖縄・金武

楽天オコエ瑠偉外野手(21)が実戦3試合目で14日の阪神戦に続く2本目となる1発を放った。

代走から左翼に入り、7回の第2打席、ロッテ西野から左翼席後方のネットまで届かせる豪快なソロ本塁打。チームではドラフト1位辰己涼介外野手(22=立命大)、4番候補の新外国人、ジャバリ・ブラッシュ外野手(29=エンゼルス)に続く、この日3本目のアーチとなった。

練習試合楽天対ロッテ 7回裏楽天無死、左越え本塁打を放ちナインの出迎えを受けるオコエ(中央)(撮影・井上学)

関連するニュースを読む

阪神藤浪3回暗転7安打2失点 清宮に勝ち越し許す

阪神対日本ハム 3回表日本ハム1死一、三塁、日本ハム清宮に中前勝ち越し適時打を浴びる阪神藤浪(撮影・上田博志)

<練習試合:阪神4-4日本ハム>◇17日◇沖縄・宜野座

阪神先発の藤浪晋太郎投手が日本ハム打線の猛打を食らった。

2回までは無失点。暗転したのは3回だ。1死三塁で西川に左越え適時二塁打を許すと、台湾球界の英雄王柏融に右前へクリーンヒットを浴びた。1死一、三塁。清宮との対戦は難なく追い込んだ後、3度ファウルで粘られた末に外角速球を完璧に仕留められ、痛烈なゴロは中前へ。勝ち越しタイムリーを痛打された。

この日は3回を7安打2失点。速球を狙い打ちされ、打者に強振される被安打が多かった。

阪神対日本ハム 阪神先発の藤浪晋太郎(撮影・上山淳一)

関連するニュースを読む

阪神小野にアクシデント発生か 顔をしかめ途中降板

5回表日本ハム無死一塁、小野泰己(左から2人目)は森山恵佑の時、アクシデントで降板する(撮影・上山淳一)

<練習試合:阪神4-4日本ハム>◇17日◇沖縄・宜野座

阪神小野泰己投手にアクシデントが発生した。4回から2番手で登板。2イニング目の5回無死一塁で森山への4球目を投げ終えたところで捕手の岡崎がマウンドに駆け寄り、福原投手コーチも向かい、そのまま降板した。

投球で着地直後、わずかに顔をしかめるシーンもあり、何らかの異変が生じたとみられる。小野は開幕ローテーション候補だが、この日は予定の3イニングを投げられなかった。

4回表、小野泰己が2番手で登板する(撮影・上山淳一)

関連するニュースを読む

DeNA中井が古巣巨人戦で2安打1打点/詳細

<練習試合:巨人1-3DeNA>◇17日◇沖縄・那覇

巨人とDeNAが練習試合。DeNAが巨人を戦力外となった中井大介内野手の2安打1打点の活躍などで3-1で勝った。

チーム

【巨】メルセデス(2回)田口(4回)桜井(1回1/3)大江(1回2/3)

【D】飯塚(3回)今永(2回)京山(3回)笠井

【本】ソト

試合経過

1回表 1番神里は中飛。2番桑原は投ゴロ。3番ソトは左飛。巨人先発メルセデスは、ボールが低めに集まっている

1回裏 1番吉川尚は中前打。2番丸は平凡な左飛も、細川が落球。吉川尚は三塁へ。3番坂本勇は遊ゴロ併殺打。この間に1点先制。4番岡本は二飛。巨人ベンチはよく声が出ている

2回表 4番ロペスは二ゴロ。5番中井は低めスライダーをミートし左前打。6番細川は空振り三振。7番伊藤光は空振り三振。メルセデスは、ベース板付近でボールがよく動いている

2回裏 5番ゲレーロは見逃しの3球三振。6番ビヤヌエバは中飛。7番陽は空振り三振。飯塚は変化球の精度が高い

3回表 巨人の2番手は田口。8番大河は中飛。9番乙坂は二塁内野安打。吉川尚が一、二塁間の当たりを好捕も、一瞬ボールを握り直した。1番神里の2球目に乙坂が盗塁を企画もアウト。神里は二ゴロ

3回裏 8番亀井は145キロ直球を一ゴロ。9番大城は147キロ直球を一ゴロ。1番吉川尚は中前打で連日のマルチ安打。2番丸は四球。3番坂本勇は144キロ中飛。2段モーションの飯塚は直球に力がある

4回表 2番桑原は四球。3番ソトは右中間最深部へ2ラン。外角133キロ直球を豪快に運んだ。4番ロペスは遊ゴロも、坂本勇が失策。代走飛雄馬。5番中井は深い左飛。6番細川は空振り三振。7番伊藤光は遊直

4回裏 DeNA2番手は今永。4番岡本は中飛。5番ゲレーロは四球。6番ビヤヌエバは二飛。7番陽は空振り三振。今永は140キロ台中盤の直球に伸びがある

5回表 8番大河は空振り三振。9番乙坂は一ゴロ。1番神里は左飛

5回裏 8番亀井は深い右飛。9番大城は捕邪飛。1番吉川尚は一ゴロ

6回表 2番桑原は浅い中飛。3番ソトに代わったドラフト2位伊藤裕季也内野手(22=立正大)は右前打。低めの変化球にアジャスト。4番飛雄馬は見逃し三振。5番中井は右中間を深々と破る適時二塁打。134キロの外角直球を力強くたたいた。6番細川は二ゴロ

6回裏 DeNAの3番手は京山。2番丸は空振り三振。縦割れのチェンジアップ。3番坂本勇は遊ゴロ。4番岡本は遊ゴロ

7回表 イニング間、京山に空振り三振した丸がベンチでメモを取る姿が。巨人の3番手は桜井。伊藤光に代わって捕手に入った7番嶺井はカーブを空振り三振。8番大河は右飛。9番の代打戸柱は左飛

7回裏 5番ゲレーロは深い中飛。6番は一塁に入っていた中島。二ゴロ。7番は丸に代わって中堅に入っていた立岡。二ゴロ

8回表 右翼に入っていた1番楠本は空振り三振。139キロのつり球。大江に投手交代。中堅に入っていた2番宮本は空振り三振。121キロのスライダー。3番伊藤は空振り三振。直球を見せた後の118キロ

8回裏 左翼に入っていた8番和田は二ゴロ。一、二塁間の強い当たりを伊藤が好捕。捕手に入っていた9番の小林は中前打。二塁に入っていた1番の田中俊は空振り三振。遊撃に入っていた2番の山本は右前打。右翼に入っていた3番の松原は右飛

9回表 4番飛雄馬は投ゴロ。5番は三塁に入っていた知野直人内野手(20=BC新潟)。空振り三振。6番細川は投ゴロ

9回裏 DeNAの4番手は笠井。三塁に回っていた4番岡本が遊ゴロ失策で出塁。5番ゲレーロに代打炭谷。三ゴロで二塁アウト。6番中島は二飛。7番立岡は右前打。8番和田は投ゴロで試合終了

巨人対DeNA 6回表DeNA2死一塁、中井は右中間に適時二塁打を放つ(撮影・林敏行)

巨人対DeNA 6回表DeNA2死一塁、右中間に適時二塁打を放つ中井(撮影・垰建太)

巨人対DeNA 4回からDeNA2番手で登板し力投する今永(撮影・垰建太)

巨人対DeNA 4回表DeNA無死一塁、ソトは逆転の中越え2点本塁打を放つ(撮影・林敏行)

巨人対DeNA 力投する巨人2番手の田口(撮影・林敏行)

巨人対DeNA 1回裏巨人無死一塁、丸の飛球を落とす細川(撮影・垰建太)

巨人対DeNA 2回表DeNA1死、中井は左前打を放つ(撮影・林敏行)

巨人対DeNA 1回裏巨人無死、吉川尚は中前打を放つ。投手飯塚(撮影・山崎安昭)

巨人対DeNA 力投するDeNA先発飯塚(撮影・林敏行)

巨人対DeNA 力投する巨人先発メルセデス(撮影・林敏行)

スタメン

【巨人】

1(二)吉川尚

2(中)丸

3(遊)坂本勇

4(一)岡本

5(指)ゲレーロ

6(三)ビヤヌエバ

7(右)陽岱鋼

8(左)亀井

9(捕)大城

先発P=メルセデス

【DeNA】

1(右)神里

2(中)桑原

3(二)ソト

4(一)ロペス

5(三)中井

6(左)細川

7(捕)伊藤光

8(遊)大河

9(指)乙坂

先発P=飯塚

アップする巨人丸(撮影・林敏行)

巨人キャンプに訪れた谷繁氏(左)は原監督(中央)と談笑する。右は高橋氏(撮影・垰建太)

関連するニュースを読む

楽天ドラ1辰己、実戦初安打はロッテ有吉から本塁打

楽天対ロッテ 2回裏楽天無死二塁、辰己は勝ち越しとなる左越え2点本塁打を放つ(撮影・滝沢徹郎)

<練習試合:楽天6-3ロッテ>◇17日◇沖縄・金武

楽天ドラフト1位の辰己涼介外野手(22=立命大)が実戦初安打を本塁打で飾った。

「7番中堅」で先発して2回無死二塁で迎えた第1打席、上空はほぼ無風状態の中で、ロッテ有吉の外角高め139キロの直球を逆方向となる左翼席に放り込んだ。

3回の第2打席は空振り三振に倒れたが、6回の第3打席では代わったばかりの関谷の初球を鮮やかに中前打。マルチ安打を記録した。

ここまでの実戦2試合で7打数無安打だったが、期待のドラ1が片りんをのぞかせた。

関連するニュースを読む

阪神中谷が逆転2ラン、レギュラーへ長打力アピール

阪神対日本ハム 4回裏阪神1死一塁、左越えに逆転2点本塁打を放つ中谷将大(撮影・上田博志)

<練習試合:阪神4-4日本ハム>◇17日◇沖縄・宜野座

阪神中谷将大外野手がレギュラー争いで猛アピールだ。1点を追う4回1死一塁。日本ハム・ロドリゲスの初球外角スライダーをとらえると、打球は高々と舞い、左翼芝生席に吸い込まれた。逆転2ランを放ち、悠然とダイヤモンドを1周した。

7日の紅白戦でも本塁打を放っており、持ち前の長打力を見せつけた。この日は指名打者での先発出場だが、外野の一角を狙う有力候補だ。

阪神対日本ハム 4回裏阪神1死一塁、左越えに逆転2点本塁打を放ち江越大賀(中央)にアゴタッチする中谷将大(撮影・上田博志)

関連するニュースを読む

楽天ブラッシュ“来日初アーチ”持ち前のパワー炸裂

楽天対ロッテ 3回裏楽天1死、左越え本塁打を放ち笑顔を見せるブラッシュ(撮影・足立雅史)

<練習試合:楽天6-3ロッテ>◇17日◇沖縄・金武

楽天の新外国人、ジャバリ・ブラッシュ外野手(29=エンゼルス)に“来日初アーチ”が飛び出した。

「4番一塁」で先発し、第2打席でロッテ有吉の初球を粉砕。左翼を守る菅野が1歩も動けない強烈な弾道で左翼席にたたき込んだ。

愛称は「JB(ジャバリ・ブラッシュ)」。バットのヘッドを投手側に傾け、両足をピッタリ閉じた状態から左足を上げて力強く踏み込む打撃フォームが特徴的な4番候補が、持ち前のパワーを見せつけた。

楽天対ロッテ 3回裏楽天1死、ブラッシュは左越えソロ本塁打を放つ(撮影・滝沢徹郎)
練習試合楽天対ロッテ 3回裏楽天1死、左越え本塁打を放つブラッシュ(撮影・井上学)

関連するニュースを読む

ヤクルト・バレンティン、豪快に今季初本塁打

練習試合ヤクルト対中日 1回裏ヤクルト2死一塁、2点本塁打を放つバレンティン。投手福谷(撮影・狩俣裕三)

<練習試合:ヤクルト-中日>◇17日◇ANA BALLPARK浦添

ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手が今季初本塁打を放った。

4番指名打者で練習試合に2試合連続スタメン出場。0-0で迎えた1回2死一塁、カウント2-1から中日先発福谷の145キロ直球を左中間に豪快に運んだ。先制の2ランとなり、チームメートとハイタッチをかわした。

関連するニュースを読む

与田監督、松坂キャンプ離脱「早く治る方向の決断」

練習試合前に談笑するヤクルト小川監督(左)と中日与田監督(撮影・保坂恭子)

中日与田剛監督(53)が17日、ベテラン松坂の沖縄キャンプ離脱に初めて言及した。ヤクルトとの練習試合(浦添)前に報道陣に対応。右肩炎症のため、この日に沖縄を離れ、名古屋に向かった右腕について「チームにとって痛いことは当たり前。こういう形で1日でも早く治る方向の決断です」と話した。

松坂は、キャンプ序盤でファンと接触して右肩を痛め、炎症のためノースロー調整を余儀なくされた。セカンドオピニオンを受けるため13日に沖縄を離れ、診察と治療を受け、16日に沖縄入り。同日夜に与田監督ら首脳陣と約1時間話し合い、17日にキャンプ離脱が決まった。今後は名古屋市内でチームドクターの診察を受け、リハビリメニューを作成し、ナゴヤ球場を中心にリハビリを続ける。

今回のキャンプ離脱で2月はノースロー調整が濃厚で、開幕1軍が絶望的。与田監督は「我々がいくら願ったって治るまではできるわけがない」と、完治まで静観する姿勢を見せた。

関連するニュースを読む

阪神上本鮮やか先頭打者弾、日本ハム有原の初球強振

阪神対日本ハム 1回裏阪神無死、初球先頭打者本塁打を放つ阪神上本博紀(撮影・上田博志)

<練習試合:阪神4-4日本ハム>◇17日◇沖縄・宜野座

阪神上本博紀内野手が鮮やかな初回先頭打者本塁打を放った。

日本ハム先発有原の初球を完璧にとらえた。145キロ外角速球を強振すると打球はバックスクリーン左にスタンドイン。

16日のケース打撃でもアーチを架けており“2日連続本塁打”だ。糸原らと二塁の定位置を競うなか、強烈にアピールした。

阪神対日本ハム 1回裏阪神無死、阪神上本博紀は左越え本塁打を放ちナインとハイタッチ(撮影・上山淳一)
阪神対日本ハム 1回裏阪神無死、初球先頭打者本塁打を放つ阪神上本博紀(撮影・上田博志)

関連するニュースを読む

阪神藤浪が日本ハム清宮と対決 力で押し込み左飛

阪神対日本ハム 阪神先発の藤浪晋太郎(撮影・上山淳一)

<練習試合:阪神4-4日本ハム>◇17日◇沖縄・宜野座

阪神藤浪晋太郎投手が先発し、プロ2年目の日本ハム清宮幸太郎内野手と対決した。

1回2死一、二塁。初球の151キロ外角速球をスイングされたが、力で押し込み、左飛に抑えた。1イニング目は無失点だ。

阪神対日本ハム 1回表日本ハム2死一、二塁、清宮幸太郎は左飛に倒れる(撮影・上山淳一)

関連するニュースを読む

巨人メルセデス2回0封「いい投球できてきている」

巨人対DeNA 巨人先発のメルセデス(撮影・垰建太)

<練習試合:巨人1-3DeNA>◇17日◇沖縄・那覇

巨人先発のクリストファー・クリソストモ・メルセデス投手(24)が2回1安打無失点に抑えた。

最速145キロながらストライク先行で攻めきり、2三振を奪った。11日の紅白戦での2回無失点に続いての好投に「前回よりも変化球もコースに投げきれていたし、実戦を重ねる度に、いい投球ができてきている。次の登板は長いイニングを投げることになると思うから、さらに良い投球ができるように準備する」と振り返り、最後は日本語で「アリガト!」と締めた。

巨人対DeNA 巨人先発のメルセデス(撮影・垰建太)

関連するニュースを読む

西武内海、山野辺から空振り「よっしゃ!」とガッツ

キャンプ2度目の打撃投手を務めた西武内海(撮影・鈴木正章)

西武内海哲也投手(36)がキャンプ2度目の打撃投手を務め、順調な仕上がりを披露した。

宮崎キャンプ最終クール第3日となる17日、紅白戦を前に登板。鈴木将平外野手、ドラフト3位山野辺翔内野手(24=三菱自動車岡崎)を相手に、スライダー、チェンジアップを交え34球。安打性の当たりを4本に抑えた。

マウンドに上がって33球目。山野辺から得意のチェンジアップで空振りを奪うと「よっしゃ!」と大きな声を出してガッツポーズ。最後の34球目には伸びのある直球を投げ込み、周囲から「ナイスボール!」の掛け声が飛んだ。

ベテラン左腕は「来るボールが分かっていて空振りがとれるのはうれしい」と笑顔。「ちょっと力みもあったけど変化球も投げられたし、順調に来ていると思う。今までと変わりないキャンプが送れていると思います」と満足げな表情で話した。

関連するニュースを読む

広島小園が再合流 高校卒業式参加しリフレッシュ

コザしんきんスタジアムに到着した広島小園(撮影・前田充)

広島小園海斗内野手(18=報徳学園)が17日、沖縄キャンプに再合流した。高校の卒業式に参加するため、日南キャンプ打ち上げ後に離脱していた。

シート打撃ではいきなり安打を放った。藤井皓にカウント1-2と追い込まれながら、4球目を右前へクリーンヒット。盗塁も決め、守備でも好守を連発するなど、ブランクを感じさせなかった。

コザしんきんスタジアムに到着した広島小園(撮影・前田充)

関連するニュースを読む

藤浪先発 阪神-日本ハム練習試合スタメン一覧

阪神藤浪

<練習試合:阪神-日本ハム>◇17日◇沖縄・宜野座

阪神-日本ハムの練習試合。先発は阪神が藤浪晋太郎、日本ハムが有原航平。

スタメンは以下の通り。

【日本ハム】

1(三)浅間

2(二)石井

3(中)西川

4(指)王柏融

5(一)清宮

6(右)森山

7(左)海老原

8(捕)石川亮

9(遊)平沼

(投)有原

【阪神】

1(二)上本

2(左)近本

3(遊)鳥谷

4(三)大山

5(D)中谷

6(一)板山

7(右)高山

8(捕)梅野

9(中)江越

(投)藤浪

関連するニュースを読む

藤原9番、辰己7番/楽天-ロッテ練習試合スタメン

ロッテ藤原

<練習試合:楽天-ロッテ>◇17日◇沖縄・金武

練習試合、楽天-ロッテ戦のスタメンが発表され、ロッテドラフト1位の藤原恭大外野手(18=大阪桐蔭)は「9番中堅」楽天ドラフト1位の辰己涼介外野手(22=立命大)は「7番中堅」で名前を連ねた。楽天はドラフト2位の太田光捕手(22=大商大)が「8番捕手」で実戦デビューとなる。

両チームのスタメンは以下の通り。

【楽天】

1番(右)田中

2番(遊)藤田

3番(左)島内

4番(一)ブラッシュ(エンゼルス)

5番(指)ウィーラー

6番(三)内田

7番(中)辰己

8番(捕)太田

9番(二)村林

先発は浜矢

【ロッテ】

1番(右)岡

2番(左)菅野

3番(二)中村奨

4番(一)井上

5番(指)バルガス(ツインズ3A)

6番(三)安田

7番(遊)平沢

8番(捕)吉田

9番(中)藤原

先発は有吉

関連するニュースを読む

丸は今日も2番 DeNA中井は5番/スタメン一覧

16日の巨人対サムスン 3回裏巨人2死一、二塁、丸は左前に適時打を放つ(撮影・山崎安昭)

<練習試合:巨人-DeNA>◇17日◇沖縄・那覇

巨人とDeNAが練習試合。打線好調の両軍。12時30分開始。スタメンは以下の通り。

【DeNA:先攻】

1番(右)神里

2番(中)桑原

3番(二)ソト

4番(一)ロペス

5番(三)中井

6番(左)細川

7番(捕)伊藤光

8番(遊)大河

9番(指)乙坂

先発は飯塚

【巨人:後攻】

1番(二)吉川尚

2番(中)丸

3番(遊)坂本勇

4番(一)岡本

5番(指)ゲレーロ

6番(三)ビヤヌエバ

7番(右)陽

8番(左)亀井

9番(捕)大城

先発はメルセデス

16日の練習試合ヤクルト対DeNA 2回表DeNA無死、ソロ本塁打を放った中井(右)は笑顔で生還する(撮影・狩俣裕三)

関連するニュースを読む

楽天福井 体調不良で先発見送り 25日広島戦へ

楽天福井(2月3日撮影)

<練習試合:楽天-ロッテ>◇17日◇沖縄・金武

楽天福井優也投手(31)が体調不良で先発を見送った。

広島からトレード移籍で加入し、新天地初登板を予定していたが、試合前に伊藤1軍投手チーフコーチが「体調の問題でキャンセルになりました」と説明。代わって浜矢が先発する。

伊藤コーチは福井について「肩肘は問題ない」とも話し、25日に行われる古巣広島との練習試合(コザ)で登板する見通しを示した。

関連するニュースを読む

オリックス西村監督地元から「大束かんしょ」など

オリックス西村徳文監督(59)の出身地、宮崎・串間市の特産品贈呈式が17日、宮崎春季キャンプが行われている清武で行われた。選手会長の若月、主将の福田も参加。串間市の串間俊也副市長らからJA串間市大束産の「大束かんしょ」「せとか」「金柑たまたまエクセレント」が贈呈された。

関連するニュースを読む

ヤクルト先発は石川 中日との練習試合スタメン

ヤクルト石川雅規

<練習試合:ヤクルト-中日>◇17日◇ANA BALLPARK浦添

ヤクルトが17日、中日との練習試合のスタメンを発表。

1番(左)塩見

2番(二)宮本

3番(遊)西浦

4番(指)バレンティン

5番(三)村上

6番(一)広岡

7番(右)奥村

8番(捕)松本直

9番(中)上田

先発は石川

関連するニュースを読む

張本氏 松坂離脱に「元々悪かったんじゃないの」

張本勲氏(2017年1月14日撮影)

張本勲氏が17日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」に出演。ファンとの接触による右肩炎症でキャンプを離脱した中日松坂大輔投手についてコメントした。

「元々(右肩が)悪かったんじゃないの。本当にグッと引っ張られて悪いの(痛み)が出たんだと思う。握手や引っ張られたくらいじゃ悪くならない。悪くなるようじゃダメでしょう。心配だけど早く治してほしい」と話した。

ゲスト出演した阪神の掛布雅之オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA)は「今、各球団、ファンサービスにものすごく力を入れている。ただ選手の本当のファンサービスっていうのはグラウンドで見せることですから。ファンの方には良い距離を持って選手の練習を見てもらいたいって感じがします」とコメントした。

関連するニュースを読む

先発は多和田とドラ6森脇/西武紅白戦スタメン

西武多和田

西武は17日、今季2度目の紅白戦を行う(8回特別ルール、午後1時開始予定)。

白組先発は昨季最多勝の多和田真三郎投手。紅組はドラフト6位森脇亮介投手(26=セガサミー)。スタメンは以下の通り。

▼紅組

1番 外崎

2番 源田

3番 木村

4番 中村

5番 鈴木

6番 駒月

7番 金子一

8番 中田

▼白組

1番 金子侑

2番 山野辺

3番 森

4番 山川

5番 栗山

6番 佐藤

7番 愛斗

8番 山田

西武ドラフト6位の森脇(2018年11月20日撮影)

関連するニュースを読む

張本氏「今、何本打っても意味がない」掛布氏も同意

張本勲氏(2017年1月14日撮影)

張本勲氏が17日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」に出演。プロ野球キャンプの紅白戦や練習試合で結果を出している新人、新外国人、新戦力選手についてコメントした。

張本氏は「今、何本打っても意味がない。気分は良いわね。結果が良いから。バッターの方ができあがりが早い。8-2でバッターの方が早いから。なんぼでも打てますよ」と話した。

ゲスト出演した阪神の掛布雅之オーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザー(SEA)は11日の紅白戦であいさつ代わりの来日1号を放った阪神の新外国人ジェフリー・マルテ内野手についてコメントした。

「特に阪神の新外国人は、期待はしているんですけど、昨年のロサリオ(開幕前絶好調も1年で退団)の一件がありますので、今、打つ打たないっていうのは、張本さんが言うように意味がありません。矢野監督は大山の状態がすごく良いので新外国人は6番ぐらいでスタートさせて、良い形が出てから4番というようなことを考えていると言ってましたので」と話していた。

関連するニュースを読む

広島に神石牛35キロの差し入れ

広島・神石高原町(じんせきこうげんちょう)と同町の生産者組合から17日、広島の沖縄キャンプに神石牛35キロとトマトが差し入れられた。

関連するニュースを読む

西武秋山翔吾、咽頭炎による発熱で3日連続休養

西武秋山(19年1月29日撮影)

西武は17日、南郷春季キャンプ(A班)に参加している秋山翔吾外野手(30)が、咽頭炎による発熱のため、練習に参加せず宿舎で静養すると発表した。

15日から3日連続の休養となる。辻監督は「元気だけど無理しても仕方ない。高知から徐々にやってくれれば」と話している。

関連するニュースを読む

日本ハム近藤が膝痛で紅白戦欠場「大したことない」

14日、室内練習場で打撃練習する日本ハム近藤(撮影・黒川智章)

日本ハム白組の4番で16日の紅白戦に出場予定だった近藤が、左ひざ付近に軽い痛みを訴えたため、急きょ欠場した。

近藤は「大したことはないですよ」と笑顔。栗山監督も「疲労があるんだと思う」と説明した。今日17日の阪神戦(宜野座)には、もともと出場が予定されておらず、体の状態を見ながら沖縄・名護に残留して調整を行う。

関連するニュースを読む

阪神ジョンソンが打者5人斬り 持ち味存分に発揮

シート打撃で好投したピアース・ジョンソン(撮影・上山淳一)

阪神の新守護神候補、ピアース・ジョンソン投手(27=ジャイアンツ)がケース打撃に登板し、打者5人を無安打に抑えた。実戦形式は初めてで、ドラフト3位の木浪聖也内野手(24=ホンダ)から、自身最大の武器というカーブで空振り三振を奪った。「ああいうボールを投げられたらなと思っている」と、持ち味を披露した。

全25球中、半分以上の13球が変化球。カーブの他は「打者に対して久しぶりに投げた」というチェンジアップ、カットボール。この日の直球は最速149キロ。多彩な変化球で打者をほんろうし「速球もそうだが、変化球が自分の武器だと思っているので、使い分けられて気持ちがいい」と話す。

クイック投球は他球団の目を引いた。DeNA東野スコアラーが「入り際、ターンが速かった」と言えば、広島田中スコアラーも「しっかり出来るという印象」と明かした。まだ本気のけん制動作ではなかったものの、クイックモーションの最速タイムが1・15秒を計測する場面もあった。走者を置いても不安はなさそうだ。

矢野監督は「もっともっとベース上の球というのは、まっすぐも変化球も多分、強くなってくると思う。球の質、キレが持ち味なので」と期待を込めた。新戦力は及第点がつく投球内容を見せた。【堀まどか】

中日井本スコアラー(ジョンソンについて)「データを見てもまっすぐと変化球をうまく使い分けてくる。クイック自体も遅くない」

巨人田中スコアラー(ジョンソンについて)「この時期の(最速)149キロは順調だと思う。まだ投げていない球種もあると思う。試合で見ていきたい」

シート打撃で好投したピアース・ジョンソン(撮影・上山淳一)

関連するニュースを読む