au版ニッカンプロ野球

ランキング

ロッテ、6併殺喫するも西武破る/練習試合詳細

西武対ロッテ 力投する西武先発の本田(撮影・河野匠)

<練習試合:西武2-4ロッテ>◇23日◇高知春野総合運動公園野球場

西武とロッテが練習試合。ロッテのドラフト1位藤原恭大外野手(18=大阪桐蔭)は2番中堅で先発出場。1打数1安打2四球だった。試合はロッテが初回から6回まで6イニング連続で併殺を喫したが4-2で勝った。

<1回表:投手本田>

1番岡 130キロ変化球を打って三ゴロ

2番藤原 四球

3番中村 一塁走者藤原がスタート。ランエンドヒットで、141キロ直球をとらえ右中間を破る先制適時二塁打

4番井上 142キロ直球を右前へはじき返す適時打

5番安田 四球

6番清田 141キロ直球を打ち、二塁併殺。チェンジ

<1回裏:投手石川>

1番金子侑 137キロ直球を遊ゴロ

2番源田 140キロ直球を遊ゴロ

3番秋山 145キロ直球に左飛。3者凡退

<2回表>

7番鈴木 右翼線三塁打

8番田村 左犠飛で1点を追加

9番平沢 四球

1番岡 ストレートの四球

2番藤原 四球

3番中村 三塁への併殺打。チェンジ。スコア3ー0

<2回裏>

投手交代石川→松永

4番山川 二ゴロ

5番森 144キロ直球に三邪飛

6番外崎 145キロ直球をはじき返し、中安

7番栗山 四球

8番中村 143キロ直球に詰まり、左飛

<3回表>

投手交代本田→佐野

4番井上 左安

5番安田 中安

6番清田 見逃し三振

7番鈴木 144キロ直球に詰まり、二塁併殺打。ロッテは3イニング連続で併殺を記録

<3回裏>

投手交代松永→益田

9番愛斗 二ゴロ

1番金子侑 快足飛ばし、二塁内野安打

2番源田 左飛

3番秋山 中堅手の頭を越える適時二塁打

4番山川 四球

5番森 二遊間を破り、中前適時打。二塁走者秋山は生還も、三塁を狙った一塁走者の山川は中堅からの返球に刺され、アウト。スコア3-2。チェンジ。

<4回表>

8番田村 二ゴロ

9番平沢 四球

1番岡 遊撃への併殺打。ロッテは4イニング連続で併殺を記録

<4回裏>

投手交代益田→田中靖

6番外崎 三ゴロ

7番栗山 左飛

8番中村 141キロ直球に見逃し三振

<5回表>

投手交代佐野→田村、守備交代中村→佐藤(8番三塁)

2番藤原 右安

3番中村 遊撃への併殺打。ロッテは5イニング連続での併殺

4番代打バルガス 142キロ低め直球をとらえ、中堅へのソロ。推定飛距離125メートル弾でリードを広げる。

5番安田 146キロ直球に見逃し三振。スコア4-2

<5回裏>

投手交代田中靖→唐川

9番愛斗 右邪飛

1番金子侑 遊撃へのゴロを遊撃手平沢が後逸し、出塁。1度エラーのランプがともるが、チーム安打数に加算されたため、中安。

2番源田 一塁走者金子侑がけん制で飛び出し、アウト。その後、142キロ直球に見逃し三振。チェンジ

<6回表>

守備交代源田→山田(2番遊撃)秋山→山野辺(3番二塁)外崎(二塁→右翼)愛斗(右翼→中堅)

6番清田 一塁失策で出塁

7番鈴木 中飛

8番田村 三塁併殺打。球場ざわつく。6回まで全てのイニングで併殺を記録。

<6回裏>

投手交代唐川→西野、守備交代藤原→加藤(2番右翼)岡(右翼→中堅)

3番山野辺 空振り三振

4番山川 遊ゴロ

5番森 四球

6番外崎 空振り三振

<7回表>

投手交代田村→野田

9番平沢 一直

1番岡 空振り三振

2番加藤 四球

3番代打三木 三塁内野安打

4番バルガス 136キロ直球を捉え中堅への大飛球も中飛。この回でついに連続の併殺が途切れる。

<7回裏>

投手交代西野→種市

7番栗山 145キロ直球をはじき返し左翼ポール際への大飛球。フェンス直撃の二塁打で出塁。その後、代走鈴木が送られる。

8番佐藤 中飛

9番愛斗 三ゴロ

1番金子侑 二ゴロ

<8回表>

投手交代野田→武隈

5番安田 二ゴロ

6番清田 左安

7番鈴木 中飛

8番吉田 空振り三振(7回裏の守備で田村と交代)

<8回裏>

2番山田 144キロ直球とらえ、左翼手の頭上を越える二塁打

3番山野辺 146キロ直球に二飛

4番呉 135キロ変化球に二ゴロ

5番中田 一ゴロ。種市は150キロを計測。

<9回表>

投手交代武隈→平井

9番代打高浜 二ゴロ

1番代打宗接 144キロ直球がズバッと決まり見逃し三振

2番加藤 中飛

<9回裏>

守備交代→宗接(一塁)高浜(左翼)加藤(右翼→中堅)安田(一塁→三塁)清田(左翼→右翼)

6番代打駒月 空振り三振

7番鈴木 遊ゴロ

8番佐藤 三ゴロ。ゲームセット。4-2でロッテの勝利。

【西武スタメン】

1番左翼 金子侑

2番遊撃 源田

3番中堅 秋山

4番一塁 山川

5番捕手 森

6番二塁 外崎

7番DH 栗山

8番三塁 中村

9番右翼 愛斗

先発投手 本田

【ロッテスタメン】

1番右翼 岡

2番中堅 藤原

3番二塁 中村

4番DH 井上

5番一塁 安田

6番左翼 清田

7番三塁 鈴木

8番捕手 田村

9番遊撃 平沢

先発投手 石川

楽天が巨人に快勝、DeNA3発/OP戦スコア詳細

プロ野球オープン戦が開幕。23日は沖縄で3試合。イニングスコアと写真で速報。楽天、ヤクルト、DeNAが勝った。

巨人3-6楽天

チーム

【巨】菅野、野上、今村、坂本工、吉川光、 鍬原

【楽】森、石橋、浜矢、宋

【本】ブラッシュ、田中(楽)陽岱鋼(巨)

巨人対楽天 6回裏巨人1死、右越え本塁打を放ち手をたたく陽岱鋼(撮影・足立雅史)

巨人対楽天 5回裏巨人1死、右前打を放つ丸(撮影・足立雅史)

巨人対楽天 3回表楽天無死、田中は中越えソロ本塁打を放つ。投手野上(撮影・山崎安昭)

巨人対楽天 苦しい投球にマウンドで汗を拭う巨人先発の菅野(撮影・足立雅史)

巨人対楽天 2回表楽天無死、左中間にソロ本塁打を放ちバットを投げるブラッシュ(撮影・垰建太)

巨人対楽天 楽天先発の森(撮影・垰建太)

巨人対楽天 巨人先発の菅野(撮影・垰建太)

始球式を行う江宏傑(撮影・垰建太)

ヤクルト8-3阪神

チーム

【ヤ】ブキャナン、高梨、近藤、石山、大下

【神】才木、飯田、伊藤、馬場

【本】広岡、荒木(ヤ)高山(神)

7回裏ヤクルト1死一塁、代打荒木は左越え2点本塁打を放つ(撮影・加藤哉)

ヤクルト対阪神 4回表阪神1死一塁、マルテは三振に倒れ渋い表情でベンチに引き揚げる(撮影・上山淳一)

ヤクルト対阪神 4回裏ヤクルト無死二塁、2点本塁打を放つ広岡(撮影・狩俣裕三)

ヤクルト対阪神 3回表から登板する高梨(撮影・狩俣裕三)

ヤクルト対阪神 阪神先発の才木浩人(撮影・上山淳一)

ヤクルト対阪神 2回裏ヤクルト無死、左前打を放つ雄平(撮影・狩俣裕三)

ヤクルト対阪神 1回表阪神無死一、二塁、先制適時打を放つナバーロ(撮影・狩俣裕三)

ヤクルト対阪神 1回表阪神無死一塁、中前打を放つ糸原(撮影・狩俣裕三)

ヤクルト対阪神 ヤクルト先発ブキャナン(撮影・狩俣裕三)

ヤクルト対阪神 試合前の円陣でナバーロが声出しし、笑顔を見せる矢野監督(左から3人目)(撮影・狩俣裕三)

中日4-8DeNA

チーム

【中】吉見、笠原、ロメロ、山井、ロドリゲス

【D】バリオス、エスコバー、パットン、三上、飯塚、国吉

【本】ソト、伊藤光、神里(D)福田(中)

中日対DeNA 4回表DeNA無死一、二塁、伊藤光は左越え3点本塁打を放つ(撮影・前岡正明)

中日対DeNA 3回表DeNA2死、ソトは左越え本塁打を放つ(撮影・前岡正明)

中日対DeNA DeNA先発のバリオス(撮影・前岡正明)

中日対DeNA 中日先発の吉見(撮影・前岡正明)

中日対DeNA 試合前に話す中日与田監督(左)とDeNAラミレス監督(撮影・前岡正明)

ヤクルト広岡が135m弾 代打で阪神才木撃ち

4回裏ヤクルト無死二塁、代打広岡は中越え2点本塁打を放つ(撮影・加藤哉)

<オープン戦:ヤクルト8-3阪神>◇23日◇ANA BALLPARK浦添

ヤクルト広岡大志内野手が、バックスクリーン下の看板を直撃する2ランを放った。

3-2で迎えた4回無死二塁、カウント3-1から阪神先発才木の5球目、140キロ直球をとらえ、推定135メートル弾。代打で見事に結果を出し、阪神を突き放す2ランとなった。

4回裏ヤクルト無死二塁、広岡大志(中央)は中越え本塁打を放ち小川淳司監督らの出迎えを受ける(撮影・上山淳一)

阪神高山がバックスクリーン弾、外野争いへアピール

8回表阪神無死、高山は中越えソロ本塁打を放つ(撮影・加藤哉)

<オープン戦:ヤクルト8-3阪神>◇23日◇ANA BALLPARK浦添

阪神高山俊外野手(25)が、初球をバックスクリーンへたたきこんだ。

先頭打者で迎えた8回。大下の初球の141キロ直球をとらえると、中堅のど真ん中に運んだ。2-8から反撃のソロ本塁打。ドラフト1位の近本も加わり激しい外野争いへ、アピールの一撃になった。

ヤクルト対阪神 8回表阪神無死、ソロ本塁打を放った高山(手前)を笑顔で迎える矢野監督(撮影・狩俣裕三)

野手転向日本ハム白村「必死に」打撃練で安打性7本

日本ハム吉村GM(左)が見つめる中、打撃練習する日本ハム白村(撮影・江口和貴)

19日に野手転向した日本ハム白村明弘が、2軍の沖縄・国頭キャンプ最終日に屋外デビューを果たした。

フリー打撃でマシン、打撃投手を相手に54スイング。安打性の当たりは7本ほどだった。

「そんな甘くない。でも(打てて)気持ちよかった。1日でも早く、他の野手の人たちと同じ動きができるように、必死にやるだけ」と気持ちを高めた。

手締めし握手をかわす日本ハム白村(左)と吉田輝(撮影・江口和貴)

阪神才木4回6失点「いい方向いかない」2ラン被弾

4回裏ヤクルト無死一塁、才木は広岡(手前)に中越え本塁打を被弾(撮影・上山淳一)

<オープン戦:ヤクルト8-3阪神>◇23日◇ANA BALLPARK浦添

オープン戦開幕投手を任せられた阪神才木浩人投手(20)が、4回9安打6失点で降板した。

毎回先頭打者に安打を許し、4回には無死一塁から代打広岡にバックスクリーンへ2ランを浴びた。直球はこの日最速145キロを出したが、追い込んでからボールが続く場面もあり、球数は5回で合計97球。「先頭を出してしまうと流れがいい方向にいかないので、先頭をしっかり取るということをやっていきたい」と次回登板へ向けて反省を口にした。

ヤクルト対阪神 阪神先発の才木(撮影・狩俣裕三)

元DeNA荒波メキシカンL目指すと現地メディア

DeNA時代の荒波翔

昨年10月にDeNAを戦力外となった荒波翔外野手(33)が、メキシカンリーグ移籍を目指すと現地メディアが報じた。メキシコの野球専門メディア「プロ・ベイスボール」によると、荒波は昨季10度目のリーグ優勝を果たしたモンテレイ・サルタンズに24日に合流する見込み。4月4日に開幕する同リーグの今季選手登録枠入りをかけ、キャンプに参加する模様だ。

荒波は横浜高-東海大-トヨタ自動車を経て11年にDeNA入り。8年間で通算打率2割6分1厘、10本塁打、96打点、62盗塁をマークし、12年から2年連続でゴールデンググラブ賞を受賞。昨年12月に自由契約となり、現役続行を模索していた。

西武内海、強打者想定で投球調整 最後は「清宮!」

ブルペンで力投する西武内海(撮影・河野匠)

オープン戦開幕投手が決まっている西武内海哲也投手(36)が、パ・リーグオールスターと“対戦”した。

23日、高知・春野春季2次キャンプでブルペン投球。途中から打席に立たせて投げ始めると、ソフトバンク内川、柳田、楽天浅村の名前を挙げながら、強打者を想定した。最後は「左誰がいるかな? 清宮? 清宮!」と、侍ジャパン入りした若き侍を指名。追い込んだ4球目、内角低めに直球が決まり「よっしゃ!」と三振に仕留めた。

116球で終えた内海は清宮との対戦を振り返り「たぶん、初球でホームランにされてましたわ」と下方修正して? 気を引き締めなおした。ここ3日で288球。3月2日のオープン戦広島戦(佐賀)で先発の予定で、リーグ屈指の打者たちとの対戦で調整を進めた。

ブルペンで力投する西武内海(撮影・河野匠)

ロッテ新外国人バルガス豪快1発に「ゴリラポーズ」

<練習試合:西武-ロッテ>◇23日◇高知春野総合運動公園野球場

ロッテ新外国人のケニス・バルガス内野手(28)が豪快な1発を放った。

1点リードの5回2死走者なし、西武田村の142キロ低め直球をすくい上げた。打球はバックスクリーン方向へと一直線。直撃とはならなかったが、距離122メートルの中堅フェンスを越えるソロは芝生席で弾んだ。ダイヤモンドを1周した後はベンチで出迎えられ、「ゴリラポーズ」を決めた。

6イニング連続併殺の珍事 西武-ロッテ練習試合

西武対ロッテ 4回表ロッテ1死一塁、岡の遊ゴロで源田からの送球を一塁転送する外崎。走者平沢(撮影・河野匠)

<練習試合:西武-ロッテ>◇23日◇高知・春野総合運動公園野球場

春の珍事が起こった。西武が23日、ロッテと練習試合で対戦した。場所は高知・春野球場。2点を失った1回。1死一、二塁で迎えたロッテ清田の打席から始まった。先発本田圭佑投手が、二ゴロに打ち取り併殺。そこから6イニング連続で併殺が生まれた。

先発は一塁山川穂高、二塁外崎修汰、三塁中村剛也、遊撃源田壮亮。6回の守備から、遊撃に山田遥風、二塁に山野辺翔(24=三菱自動車岡崎)が入っても続き、二ゴロ2回、三ゴロ2回、遊ゴロ2回成功。走者を許しながらも、ピンチを防ぎ接戦に持ち込んだ。

西武対ロッテ 試合後のミーティングで険しい表情を見せる西武辻監督(後方)(撮影・河野匠)
西武対ロッテ 5回表ロッテ無死一塁、併殺打に倒れる中村。一塁手山川(撮影・河野匠)
西武対ロッテ 6回表ロッテ1死一塁、併殺打に倒れる田村(撮影・河野匠)