au版ニッカンプロ野球

ランキング

吉田1失点 柿木無失点/日本ハム紅白戦詳細

<日本ハム紅白戦:紅組1-5白組>◇16日◇沖縄・国頭

日本ハムが紅白戦。白組先発はドラフト1位吉田輝星投手(18=金足農)、紅組は同5位柿木蓮投手(18=大阪桐蔭)。昨夏甲子園決勝戦の再現となった。吉田は大田に本塁打を被弾するなどプロの洗礼を浴びた。柿木は1回を3者凡退に仕留めた。

チーム
紅組
白組

【紅】柿木、田中豊、西村、石川直、高山、藤岡、鈴木

【白】吉田輝、立田、吉田侑、福田、宮台、白村、田中瑛

1回表

白組先発は吉田輝星

1西川 初球は内角高め直球ストライク。カウント0-2から高め直球で二ゴロ

2大田 カウント1-1からの3球目真ん中高め直球をバックスクリーンへ先制ソロ本塁打

3清宮 初球直球打って二ゴロ

4横尾 フルカウントから高め直球見極め四球

5渡辺 フルカウントからスライダーが外れ四球

6鶴岡 2球目が暴投となり2死二、三塁。2-2から外角低め直球空振り三振

日本ハム紅白戦 紅組対白組 白組先発の日本ハム吉田輝(撮影・江口和貴)

日本ハム紅白戦 紅組対白組 1回表紅組1死、清宮(手前)を二ゴロに仕留める吉田輝(撮影・江口和貴)

日本ハム紅白戦 紅組対白組 1回表紅組1死、大田(手前左)にソロ本塁打を浴びた吉田輝(撮影・江口和貴)

1回裏

紅組先発は柿木

1浅間 カウント1-2から高め直球でバット折って中飛

2松本 1-1から直球打って二ゴロ

3王柏融 1-2から直球打って一ゴロ

日本ハム紅白戦 紅組対白組 紅組先発の日本ハム柿木(撮影・江口和貴)

日本ハム紅白戦 紅組対白組 1回裏終了後、ベンチでタッチをかわす日本ハム柿木(右)と清宮(撮影・江口和貴)

2回表

白組投手は立田

7海老原 右前安打

8中島 中飛

9岸里 中飛

1西川 二ゴロ

2回裏

紅組投手は田中豊

4田中賢 中飛

5石井一 右越えソロ

6谷内 中二塁打

7石川亮 一ゴロで2死三塁

8杉谷 中飛

3回表

白組投手は吉田侑

2大田 中飛

3清宮 カウント3-1から外角高め直球打って左飛

4横尾 死球

5渡辺 中飛

3回裏

紅組投手は西村

9姫野 内角直球空振り三振

1浅間 変化球打って遊飛

2松本 凡退

4回表

白組投手は吉田侑

6鶴岡 一邪飛

7黒羽根 三ゴロ

8中島 二ゴロ

4回裏

紅組投手は西村

3王柏融 内角直球打って中越えソロ

4田中賢 三直

5石井一 外角直球見逃し三振

6谷内 三振

日本ハム紅白戦 4回裏白組無死、本塁打を放つ王柏融(撮影・井上学)

日本ハム紅白戦 紅組対白組 4回裏白組無死、ソロ本塁打を放ちナインとタッチをかわす王(撮影・江口和貴)

5回表

白組投手は福田

9岸里 一ゴロ

1西川 遊ゴロ 

2大田 ボテボテの遊ゴロ

5回裏

紅組投手は石川直

7高浜 右飛 

8杉谷 フォークボール空振り三振

9姫野 中前安打も二盗失敗

6回表

白組投手は宮台

3清宮 内角直球詰まって二ゴロ

4横尾 四球

5渡辺 右前安打

6黒羽根 空振り三振 

7海老原 三振

6回裏

紅組投手は高山

1浅間 四球

2松本 右前安打で無死一、二塁

3森山 遊ゴロ併殺打、2死三塁

4森本  右飛

7回表

白組投手は宮台

8平沼 遊ゴロ 

9岸里 空振り三振

1万波 初球を打ち上げ一飛 

7回裏

紅組投手は藤岡

5石井一 左前安打。一気に二塁へ。タイミングはアウトだったが左翼清宮が悪送球

6郡 見逃し三振 

7高浜 一邪飛 

8杉谷 三ゴロ

8回表

白組投手は白村

2野村 高め直球捉えたが中飛 

3清宮 カウント3-0から高め直球打ったが平凡な右飛

4横尾 四球

5渡辺 空振り三振

8回裏

紅組投手は鈴木

9姫野 内角直球見逃し三振

1浅間 四球

2松本 中飛

3森山 左前安打で2死一、二塁 

4森本 右前適時打

5石井一 中前へ2点適時打

9回表

白組投手は田中瑛

6田宮 三塁ライナー。浅間が横っ跳びで好捕

7海老原 右前安打。2安打目

8平沼 二ゴロ 

9岸里 左飛

9回裏

紅組投手は鈴木

6郡 二塁ライナー

7高浜 見逃し三振

8杉谷 四球

9姫野 右飛で試合終了

チーム集合写真を撮る日本ハムナイン。最後列中央は吉田輝、下から4列目右から3人目は清宮(撮影・江口和貴)

紅白戦開始約3時間前に球場入りする日本ハム柿木(右)と吉田輝(撮影・江口和貴)

紅白戦開始約3時間前に球場入りしファンとタッチをかわす日本ハム吉田輝(左)。右は柿木(撮影・江口和貴)

スタメン

【紅組】

1番中堅・西川遥輝

2番三塁・大田泰示

3番左翼・清宮幸太郎

4番一塁・横尾俊建

5番二塁・渡辺諒

6番指名打者・海老原一佳

7番遊撃・中島卓也

8番捕手・石川亮

9番右翼・岸里亮佑

先発は柿木蓮

【白組】

1番右翼・浅間大基

2番指名打者・田中賢介

3番左翼・王柏融

4番三塁・近藤健介

5番捕手・鶴岡慎也

6番中堅・松本剛

7番遊撃・谷内亮太

8番二塁・石井一成

9番一塁・杉谷拳士

先発は吉田輝星

DeNA5得点でヤクルト倒す/練習試合詳細

<練習試合:ヤクルト3-5DeNA>◇16日◇ANA BALLPARK浦添

ヤクルトとDeNAの練習試合は、7回に3得点するなどしたDeNAが逆転で勝利した。

チーム

【ヤ】高梨、星、近藤、田川、石山、蔵本

【D】阪口、石田、浜口、三上、山崎、古村

試合経過

<1回表>

ヤクルト先発高梨がテンポの良い立ち上がりを見せる。DeNA先頭の桑原を3球三振で打ち取ると、続く神里は三飛。ソトに三遊間を破られ安打を許すが、ロペスを左飛に抑えて無失点。高梨の最速は144キロ。

<1回裏>

“ヤバイよ”塩見の足と“燕のゴジラ”村上の長打力が光る。DeNA阪口の143キロを左前へはじき返すと、続く太田の2球目で二盗を成功。その後、けん制暴投があり、三塁に進む。打者太田は四球で出塁。無死一、三塁から3番村上が144キロ直球をひっぱたき、ライナー性の打球は右翼フェンス上部に直撃する先制の2点適時二塁打。バレンティンは遊ゴロ、荒木は左飛、西浦は四球、広岡は捕邪飛で3アウト、チェンジ。阪口の最速は147キロ、36球。

練習試合ヤクルト対DeNA DeNA先発の阪口(撮影・狩俣裕三)

練習試合ヤクルト対DeNA ヤクルト先発の高梨(撮影・狩俣裕三)

<2回表>

DeNA中井が“移籍1号”を放った。無死走者なしからヤクルト高梨の141キロ直球を左翼ポール際へ運んだ。6番戸柱は右飛。細川は右前へ安打を放ち、1死一塁も、大和が空振り三振で細川が二盗失敗。三振ゲッツーでチェンジ。

<2回裏>

DeNA阪口がストライク先行の投球で抑える。ヤクルト先頭の松本直を見逃し三振、山崎は捕ゴロ、塩見に死球を与えるが、太田を右飛に仕留める。最速は143キロ、10球で2回を終える。

<3回表>

DeNA楠本は左安。続く桑原の打席で、フルカウントからの9球目を高梨が暴投。桑原は四球で一塁出塁も、一塁から一気に三塁を狙った楠本はタッチアウトとなる。1死一塁から神里は四球、ソトは投ゴロ併殺で無得点。

<3回裏>

DeNA投手交代、阪口→石田。二塁ソト→柴田。村上は140キロ直球を打ち中飛。バレンティンは124キロの変化球を左翼線に落とし、激走。全力疾走で二塁にスライディングすると球場内から大きな拍手が起こる。二塁打を放った後、代走渡辺と交代。荒木は右飛、西浦が捕邪飛。石田の最速は140キロ。

<4回表>

ヤクルト投手交代、高梨→星。DeNA4番ロペスは146キロ直球をはじき返して同点の左越えソロ。5番中井は捕邪飛、戸柱は144キロ直球に左飛。細川は132キロ変化球を捉えて左翼手の頭上を越える二塁打。大和は遊ゴロ。星のこの回の最速は146キロ。

<4回裏>

DeNA石田が無安打無失点で抑える。先頭広岡に四球を与えるも、二盗失敗で1死。松本直は右飛、山崎は二ゴロに仕留め、3人でこの回を終わらせた。

練習試合ヤクルト対DeNA 4回表DeNA無死、ソロ本塁打を放つロペス(撮影・狩俣裕三)

<5回表>

DeNA先頭の楠本は右飛。桑原は右中間への左安を放ち、代走の宮本と交代。宮本は直後に二盗を試みるも、捕手松本直に刺されて2死。最後は乙坂が146キロ直球に空振り三振。星の最速は146キロ。

<5回裏>

DeNA投手交代、石田から浜口。守備変更1番中堅宮本、2番右翼乙坂、6番捕手嶺井。4回から三塁柴田、一塁中井、8番二塁知野。先頭のヤクルト塩見は118キロスライダーに空振り三振、太田は141キロ直球を捉えて左安、村上は131キロの落ちるボールに空振り三振。渡辺は遊飛。浜口の最速は142キロ。

練習試合ヤクルト対DeNA 5回裏、DeNA3番手で登板する浜口(撮影・狩俣裕三)

<6回表>

DeNA柴田が初球、144キロ直球をひっぱたき、右翼線への二塁打を放つ。しかし後続はなく、倉本は中飛、中井は見逃し三振、嶺井は中飛で無得点に終わる。

<6回裏>

ヤクルトが勝ち越す。先頭の荒木が左安で出塁し、代走上田と交代。続く西浦は左翼線を襲う適時二塁打。一塁走者上田はスタートを切っており、悠々と生還して勝ち越した。広岡は四球、続く松本直は二ゴロ併殺打で2死三塁。得点を重ねる好機だったが、代打西田は136キロ直球で空振り三振に倒れる。

<7回表>

ヤクルト投手交代、星→近藤。

7番細川 四球

8番知野 遊ゴロ。併殺はならず、1死一塁。

9番代打伊藤光 右安。1死一、三塁。

1番宮本 同点の中前適時打。

2番乙坂 空振り三振。2死一、二塁。

3番柴田 二ゴロ適時失策で勝ち越し。2死一、三塁。

4番倉本 右前適時打。2死一、二塁。

5番中井 投手交代、近藤→田川。中飛。

DeNAが5-3でヤクルトをリード。

<7回裏>

DeNA投手交代、浜口→三上

1番塩見 左安。

2番太田 二ゴロ併殺打。

3番村上 一ゴロ。

<8回表>

ヤクルト投手交代、田川→石山

6番嶺井 三ゴロ

7番細川 空振り三振

8番知野 空振り三振

<8回裏>

DeNA投手交代、三上→山崎

4番渡辺 三塁前にバントを転がし、内野安打

5番上田 左飛

6番代打奥村 遊ゴロ併殺打

<9回表>

ヤクルト投手交代、石山→蔵本

9番伊藤光 中飛

1番宮本 三ゴロ

2番乙坂 遊ゴロ

<9回裏>

DeNA投手交代、山崎→古村

7番広岡 中飛

8番松本直 二塁内野安打

9番西田 左飛

1番塩見 二ゴロ

試合終了

スタメン

【ヤクルト】

1(中)塩見

2(二)太田

3(三)村上

4(指)バレンティン

5(左)荒木

6(遊)西浦

7(一)広岡

8(捕)中村

9(右)山崎

先発P=高梨

その他登板予定投手=星、近藤、石山、蔵本

【DeNA】

1(中)桑原

2(右)神里

3(二)ソト

4(一)ロペス

5(三)中井

6(捕)戸柱

7(左)細川

8(遊)大和

9(指)楠本

先発P=阪口

その他登板予定投手=石田、浜口、三上、山崎、古村

練習試合前、談笑する小川監督(左)とラミレス監督(撮影・狩俣裕三)

練習試合前、ラミレス監督(右から2人目)とハグし再会を喜ぶ青木(右端)。左は小川監督(撮影・狩俣裕三)

丸猛打賞 巨人がサムスンに完勝/練習試合詳細

<練習試合:巨人-韓国サムスン>◇16日◇沖縄・那覇

原巨人が今季初の対外試合となる韓国サムスン戦。丸佳浩外野手は「2番中堅」で先発出場。1回に、右翼線への先制適時二塁打を放つと、2回には右前適時打、3回には左前適時打。丸の3打席連続のタイムリーの活躍などで、巨人がサムスンに11-1と完勝した。

チーム
× 11

【巨】ヤングマン-今村-坂本工

9回

9回表

巨人の投手は鍬原。9回表、3番の左打者を中飛。4番の左打者を見逃しの3球三振。5番の右打者を浅い中飛

巨人対サムスン 巨人4番手で登板した鍬原(撮影・山崎安昭)

8回

8回裏

サムスンの投手はパワー型の右腕。8回裏、7番松原は空振り三振。8番吉川大は四球。9番小林は三ゴロ。二塁アウトだけ。1番田中俊は中前打。力のあるインハイ直球に負けず運んだ。2番亀井は二ゴロ

巨人対韓国サムスン 8回表を3者凡退とし、充実した表情をみせる巨人坂本工(右端)。左端は坂本勇(撮影・林敏行)

7回

7回裏

サムスンはサイドハンドの左腕に交代。7回裏、4番和田は右飛。5番立岡は一ゴロ。6番大城はスライダーを空振り三振

7回表

7回表、坂本工は5番の右打者に左翼席へ飛び込むソロを打たれた。直球が高めに浮いた。6番の左打者を左飛。7番の左打者を二ゴロ。8番の右打者をアウトローいっぱいのスライダーで見逃し三振

6回

6回裏

サムスンは長身右腕に交代。6回裏、1番田中俊は二ゴロ。2番亀井は中飛。3番山本は右飛

6回表

巨人の3番手は坂本工。6回表、2番の右打者を二飛。3番の左打者を遊直。山本が好捕。4番の右打者を二飛

巨人対韓国サムスン 6回裏を3者凡退におさめ、笑顔でベンチへ戻る巨人坂本工(撮影・林敏行)

巨人対韓国サムスン 力投する巨人3番手坂本工(撮影・林敏行)

5回

5回裏

サムスンの3番手はオーソドックスな左腕。5回裏、4番は岡本と交代で一塁に入っていた和田。一ゴロ。5番立岡は二ゴロ。6番ビヤヌエバに代打大城。沖縄出身でスタンドから歓声と指笛。初球の133キロ直球を右中間二塁打。7番は5回の守備から右翼に入っていた松原。遊ゴロ失策で出塁。8番吉川大はストレートの四球。9番炭谷の代打で小林。右飛

5回表

5回表、今村は6番の左打者を一ゴロ。7番の右打者を遊ゴロ。8番の右打者を四球。9番の右打者は中前打。1番の左打者を一ゴロ

巨人対サムスン 5回裏巨人2死、右中間に二塁打を放つ大城(撮影・垰建太)

巨人対韓国サムスン 5回裏巨人2死、大城は右中間二塁打を放つ(撮影・林敏行)

巨人対韓国サムスン 5回裏巨人2死、大城は右中間二塁打を放つ(撮影・林敏行)

4回

4回裏

サムスンの2番手は長身の右腕。4回裏、4番岡本は遊ゴロ。5番ゲレーロは左前打。変化球に崩されず、痛烈なライナーが三塁手のグラブをはじいた。代走立岡が、6番ビヤヌエバの初球に二塁へ走りセーフに。ビヤヌエバは四球。7番陽は右前適時打。ビヤヌエバは三塁へ。8番中島が中前適時打で10-0に。中島の代走に吉川大。9番炭谷はボテボテの投ゴロ。陽が反応よく本塁に突っ込みセーフに。1番吉川尚に代打で田中俊。初球、前にこぼれた投球を吉川大が見逃さず三塁へ。田中俊は四球。2番丸の代打に亀井。捕邪飛。3番坂本勇の代打に山本。浅い左飛

4回表

4回表、3番の左打者は137キロのクロスファイアで見逃しの3球三振。4番の右打者は二ゴロ。5番の右打者は遊ゴロ

巨人対サムスン 4回裏巨人1死一塁、二盗を決める立岡(撮影・垰建太)

巨人対韓国サムスン 4回裏巨人1死一、二塁、中島は中前適時打を放つ(撮影・林敏行)

巨人対サムスン 4回裏巨人1死一、三塁、中前適時打を放つ中島(撮影・垰建太)

巨人対韓国サムスン 4回裏巨人1死一、二塁、中島は中前適時打を放つ(撮影・林敏行)

巨人対サムスン 4回裏巨人1死、ゲレーロは左前打を放つ(撮影・山崎安昭)

巨人対韓国サムスン 4回表を3者凡退におさめ、炭谷(中央)と共に坂本勇(右)を出迎える今村(撮影・林敏行)

3回

3回裏

3回裏、6番ビヤヌエバは一飛。7番陽は左中間最深部へのソロ。8番中島は三直。9番炭谷は四球。1番吉川尚は二塁内野安打ではや猛打賞。2番丸は外寄り変化球に逆らわず、左前適時打。3打席連続のタイムリー。3番坂本勇は左飛

3回表

巨人の2番手は今村。3回表、9番の右打者を137キロのクロスファイアで見逃し三振。1番の左打者は右前打。2番の右打者を二ゴロ併殺打。

巨人対サムスン 3回裏巨人2死一塁、中前安打を放つ吉川尚(撮影・垰建太)

巨人対韓国サムスン 3回裏巨人2死一、二塁、丸は左前適時打を放つ(撮影・林敏行)

巨人対韓国サムスン 3回裏巨人1死、陽は中越え本塁打を放ち、出迎えられる(撮影・林敏行)

巨人対サムスン 3回裏巨人1死、左越えソロ本塁打を放った陽(中央右)は原監督(同左)とタッチを交わす(撮影・垰建太)

巨人対サムスン 3回裏巨人1死、陽は左中間へソロ本塁打を放つ(撮影・山崎安昭)

巨人対サムスン 3回裏巨人1死、左越えソロ本塁打を放つ陽(撮影・垰建太)

巨人対韓国サムスン 力投する巨人2番手今村(撮影・林敏行)

2回

2回裏

2回裏、9番炭谷は中前打。1番吉川尚はインローの変化球をさばいて右前打。炭谷は三塁へ。2番丸は右前適時打。吉川尚は三塁へ。3番坂本勇は深い中犠飛。4番岡本は中飛。5番ゲレーロはフェンスいっぱいの左飛。

2回表

2回表、4番の右打者は右飛。5番の右打者は左前打。6番の左打者は見逃し三振。7番の右打者はカーブを中前打。8番の右打者は三ゴロ。

巨人対韓国サムスン 2回裏巨人無死一、三塁、丸は右前適時打を放ち、鈴木外野守備走塁コーチとグータッチ(撮影・林敏行)

巨人対サムスン 2回裏巨人無死一、三塁、右翼に適時打を放つ丸(撮影・垰建太)

巨人対韓国サムスン 2回裏巨人無死、炭谷は中前打を放ち、鈴木外野守備走塁コーチとグータッチ(撮影・林敏行)

巨人対韓国サムスン 2回裏巨人無死、炭谷は中前打を放つ(撮影・林敏行)

1回

1回裏

サムスンの先発はオーソドックスな右投げ。1回裏、1番吉川尚は右翼フェンス直撃の三塁打。2番丸は初球の真ん中を逃さず、右翼線への先制適時二塁打。3番坂本勇はストレートの四球。4番岡本は一飛。5番ゲレーロは死球。6番ビヤヌエバの4球目に投手が暴投、三塁走者の丸が生還。ビヤヌエバは、平行カウントからの真ん中直球を捉え、左翼をフェンス直撃する2点適時二塁打。7番陽は中飛。8番中島は空振り三振

1回表

巨人先発はヤングマン。相手1番の左打者を二ゴロ。内角143キロでバットを折った。2番の右打者を遊ゴロ。3番の左打者をカーブで二直。

巨人対韓国サムスン 1回裏巨人1死二、三塁、ビヤヌエバは左越え適時二塁打を放つ(撮影・林敏行)

巨人対韓国サムスン 1回裏巨人無死三塁、丸は先制の右越え適時二塁打を放ち、二塁上で笑顔(撮影・林敏行)

巨人対韓国サムスン 1回裏巨人無死三塁、丸は先制の右越え適時二塁打を放つ(撮影・林敏行)

巨人対サムスン 巨人先発のヤングマン(撮影・山崎安昭)

巨人スタメン

1番(二)吉川尚

2番(中)丸

3番(遊)坂本勇

4番(三)岡本

5番(左)ゲレーロ

6番(指)ビヤヌエバ

7番(右)陽

8番(一)中島

9番(捕)炭谷

先発はヤングマン

亀田興毅氏(左)と話す巨人原監督(撮影・林敏行)

巨人対韓国サムスン 1回裏巨人1死満塁、打者ビヤヌエバへの暴投で生還し、原辰徳監督グータッチを交わす三塁走者丸(撮影・林敏行)

ドラ1松本が2回をパーフェクト/西武紅白戦詳細

<西武紅白戦:白組4-0紅組>◇16日◇宮崎・南郷

西武が今季初の紅白戦を行った(8回、特別ルール。午後1時開始)。ドラフト1位の松本航投手(22=日体大)が白組3番手で5回から登板。2回をパーフェクトに抑える好投を見せた。

西武紅白戦 2回無失点の好投を見せたドラフト1位の松本

チーム

【紅】本田、野田、増田、平井、佐野

【白】今井、武隈、松本、斉藤

試合経過

<1回表:投手今井>

1番外崎 右飛

2番源田 遊ゴロ

3番中村 三振

<1回裏:投手本田>

1番金子侑 一ゴロ

2番山野辺 三失

3番森 四球

4番山川 中安

5番栗山 三ゴロ

6番佐藤 左二塁打。2点先制

7番愛斗 左飛

<2回表:投手今井>

4番木村 右安

5番鈴木 二ゴロ

6番駒月 三振

7番金子一 四球

8番中田 四球

1番外崎 右飛

<2回裏・投手本田>

8番山田 一邪飛

1番金子侑 左飛

2番山野辺 左二塁打

3番森 右前打。1点追加

4番山川 右飛

<3回表:投手武隈>

2番源田 遊ゴロ

3番中村 三ゴロ

4番木村 四球

5番鈴木 投ゴロ

<3回裏:投手野田>

5番栗山 遊直

6番佐藤 三ゴロ

7番愛斗 遊ゴロ

<4回表:投手武隈>

6番駒月 三ゴロ

7番金子一 中飛

8番中田 遊直

<4回裏:投手増田>

8番山田 三飛

1番金子侑 二ゴロ

2番山野辺 中飛

<5回表:投手松本>

1番外崎 右飛

2番源田 左飛

3番中村 三振

<5回裏:投手平井>

3番森 左飛

4番山川 中飛

5番栗山 左飛

<6回表:投手松本>

4番木村 遊ゴロ

5番鈴木 遊直

6番駒月 中飛

<6回裏:投手平井>

6番佐藤 左飛

7番愛斗 三ゴロ

8番山田 死球

1番金子侑 四球

2番山野辺 三振

<7回表:投手斉藤>

7番金子一 左飛

8番中田 三ゴロ

1番外崎 遊ゴロ

<7回裏:佐野>

3番森 四球

4番山川 捕飛

5番栗山 左飛

6番佐藤 遊ゴロ

<8回表:投手斉藤>

2番源田 投ゴロ

3番中村 四球

4番木村 中飛

5番鈴木 二ゴロ

<8回裏:投手佐野>

7番愛斗 左安

8番山田 四球

1番金子侑 遊ゴロ。1死一、三塁

2番山野辺 左中間に二塁打。1点追加。1死二、三塁

3番森 四球

4番山川 三振

5番栗山 三振

スタメン

【紅組】

1番二塁 外崎

2番遊撃 源田

3番三塁 中村

4番右翼 木村

5番中堅 鈴木

6番左翼 駒月

7番一塁 金子一

8番捕手 中田

※3番中堅で先発予定だった秋山は発熱のため宿舎で静養

【白組】

1番右翼 金子侑

2番二塁 山野辺

3番捕手 森

4番一塁 山川

5番左翼 栗山

6番三塁 佐藤

7番中堅 愛斗

8番遊撃 山田

阪神上本、ケース打撃で先頭打者アーチ

ケース打撃で初球に先頭打者本塁打を放つ上本(撮影・上田博志)

阪神上本博紀内野手(32)が「先頭打者アーチ」を放った。午後から宜野座球場で行われたケース打撃に先頭で登場。右腕才木が投じた137キロ内角球をフルスイングし、左翼芝生席の後方に突き刺した。

ルーキー最速!渡辺元智氏の孫佳明が対外試合1号

楽天対ロッテ 6回裏楽天1死、右越え本塁打を放つ渡辺佳(撮影・足立雅史)

<練習試合:楽天1-4ロッテ>◇16日◇沖縄・金武

楽天ドラフト6位の渡辺佳明内野手(22=明大)が12球団のルーキー最速で「対外試合1号」をマークした。

「9番二塁」で先発。6回の第2打席、追い込まれてから変化球を3球続けてファウルにして粘り、最後はロッテ田中が投じた138キロのスライダーを右翼席に運んだ。大学時代は練習試合を含めても本塁打ゼロ。「(本塁打は)高校3年の練習試合以来です。インコースのボールに対応して、自分のスイングができました」と喜びがあふれた。

祖父は横浜高前監督の渡辺元智氏。「シーズンで打てた時、ホームランボールを(祖父に)渡したい」と、さらなる活躍を誓った。

楽天渡辺佳は初本塁打のボールを手に笑顔を見せる(撮影・足立雅史)
楽天対ロッテ 6回裏楽天1死、右越えソロ本塁打を放った渡辺佳(手前)は平石監督(後方左)らとタッチを交わす(撮影・滝沢徹郎)

阪神ドラ2小幡が代打でプロ初安打、1打席目は三振

阪神ドラフト2位・小幡竜平内野手(18=延岡学園)が“プロ初安打”を放った。16日の2軍練習試合・西武戦(安芸)の5回無死から代打登場し、1打席目は見逃し三振。

そのまま遊撃守備に入り、7回2死一塁で三遊間に内野安打を転がした。

阪神和田TAがオリックス視察、移籍竹安に熱視線

阪神の和田豊テクニカル・アドバイザー(TA)が、オリックス宮崎キャンプを視察した。

ブルペンでは、西の人的補償でオリックスに移籍した竹安の投球にネット裏から熱視線を送った。和田TAは竹安について「元気そうでよかった。1軍にいてチャンスもあるし、紅白でもいい投球をしているみたいだから、頑張ってほしいね」とエールを送っていた。

阪神岩田2軍戦で2回0封 開幕ローテ争いへ地道に

阪神岩田稔投手が19年2軍初陣となった練習試合・西武戦(安芸)に先発し、2回を無失点に抑えた。

内野陣の2失策がありながら、1安打1四球で大崩れせず。開幕ローテ争いに割って入るため、地道に結果を積み重ねていく。

ロッテ藤原 3打数無安打1四球/練習試合打席詳細

楽天対ロッテ 1回表ロッテ無死、藤原は空振り三振に倒れる(撮影・足立雅史)

<練習試合:楽天1-4ロッテ>◇16日◇金武

ロッテのドラフト1位藤原恭大外野手(18=大阪桐蔭)は「1番中堅」で先発出場。

第1打席は、カウント1-2からの直球を空振り三振だった。

第2打席は、2回2死走者なし、初球を左翼へ打ち上げ、楽天オコエがスライディングキャッチで左飛に倒れた。

第3打席は、3点リードの5回先頭、カウント3-1から四球を選んだ。

6回裏から指名打者に。

第4打席は、7回1死走者なし、カウント2-0から左飛。

藤原は3打数無安打1四球で試合終了。試合は4-1でロッテが勝利した。

楽天対ロッテ 1回表ロッテ無死、藤原は空振り三振に倒れた(撮影・足立雅史)
楽天対ロッテ 2回表ロッテ2死、藤原は左飛を打ち上げる(撮影・滝沢徹郎)
楽天対ロッテ 5回表ロッテ無死、藤原は四球を選びチャンスを広げる(撮影・滝沢徹郎)
楽天対ロッテ 7回表ロッテ1死、藤原は左飛に倒れる。投手楽天渡辺佑(撮影・滝沢徹郎)