au版ニッカンプロ野球

ランキング

巨人ドラ1高橋先発、丸2番/練習試合速報中

<練習試合:巨人-韓国・KIA>◇20日◇沖縄セルラー那覇

巨人と韓国・KIAが練習試合。

巨人は、ドラフト1位ルーキーの高橋優貴投手(22=八戸学院大)が対外試合デビュー。2回までパーフェクトに抑えたが、3回1死から4連打され2失点。

丸は2番右翼で出場。第1打席は中前打、第2打席は二塁ゴロ、第3打席は左飛。

チーム
巨 人30001 4
KIA0021 3

【巨人】高橋、ヤングマン

試合経過

5回表 巨人 2番丸は左飛。3番田中俊は右翼線三塁打。4番岡本は三遊間を破る勝ち越し適時打。5番ゲレーロは右飛。6番ビヤヌエバは三ゴロ。

4回裏 KIA 巨人は2番手ヤングマンが登板。5番の右打者は中飛。6番の右打者はフルカウントから四球。7番の右打者は遊ゴロ。走者はスタートを切り、2死二塁。8番の右打者は左中間を深々と破る同点適時三塁打。9番の左打者は投ゴロ。

4回表 巨人 KIAの3番手は昨季までDeNAに所属したウィーランド。7番陽は三塁ゴロ。8番中島は146キロの内角直球を左前打。9番小林は右飛。1番吉川尚は遊ゴロ。

KIA対巨人 4回表巨人1死、中島は左前打を放つ(撮影・山崎安昭)

3回裏 KIA 7番の右打者はフルカウントから中飛。8番の右打者は1ボールから140キロの直球を右翼フェンス直撃二塁打。高橋は初安打を浴びる。9番の左打者の打席で2-2から捕手の小林がスライダーを後逸して2死三塁。9番は127キロのスライダーを右翼線に運ぶ適時三塁打で1点を返した。1番の右打者は前進守備の一塁線を破る右前適時打。2番の左打者は二塁内野安打。高橋は4連打を浴び、宮本投手総合コーチがマウンドへ。3番の右打者は遊ゴロ。4番の左打者は右飛。高橋は3回4安打2失点。

巨人対KIA 3回裏KIA1死一塁、マウンドで高橋(右)は小林(左)と宮本コーチと言葉を交わす(撮影・垰建太)

巨人対KIA 3回裏を終え審判に笑顔で抗議する原監督(撮影・垰建太)

3回表 巨人 坂本勇は三塁への内野安打で出塁。代走田中俊。4番岡本は中飛。5番ゲレーロは死球。6番ビヤヌエバは左飛。7番陽の打席で2ストライクから重盗を仕掛けるも田中俊が三塁タッチアウト。

2回裏 KIA 4番の左打者は143キロの直球で二ゴロ。5番の右打者は1ボール2ストライクから、外角低めへの124キロのスクリューで空振り三振。6番の右打者は空振り三振。2者連続三振で、2回までパーフェクト投球。

KIA対巨人 2回裏KIAの攻撃を封じた高橋(右から4人目)は菅野(同2人目)らに声をかけられ笑顔(撮影・山崎安昭)

2回表 巨人 移籍後初めて三塁で先発した8番中島は右飛。9番小林は投ゴロ。1番吉川尚は二塁正面へのゴロが失策となり出塁。3番丸は二塁ゴロ。

1回裏 KIA 巨人先発はルーキー左腕の高橋。1番の右打者への初球は145キロをマーク。3ボールとなったが連続ストライクでフルカウントとして中飛。2番の左打者は145キロの直球で中飛。3番の右打者は二飛。

巨人対KIA 巨人先発の高橋(撮影・垰建太)

巨人対KIA 1回を無失点に抑えた巨人先発の高橋(左)は小林とタッチを交わす(撮影・垰建太)

1回表 巨人 KIA先発は新外国人右腕のターナー。1番吉川尚は中飛。2番丸は150キロの直球に反応し、中前にチーム初安打を放った。3番坂本勇は空振り三振。4番岡本の4球目に捕逸で丸が一気に三塁へ。岡本は150キロの直球を打って三塁内野安打。三塁手の一塁悪送球で先制した。5番ゲレーロは左前打。6番ビヤヌエバはスライダーを捉え、左中間を破る2点適時二塁打。

KIA対巨人 1回表巨人1死、丸は中前打を放つ(撮影・山崎安昭)

KIA対巨人 1回表巨人2死一、二塁、ビヤヌエバは左中間へ2点適時二塁打を放つ(撮影・山崎安昭)

スタメン

【巨人】

1(二)吉川尚

2(右)丸

3(遊)坂本勇

4(指)岡本

5(左)ゲレーロ

6(一)ビヤヌエバ

7(中)陽

8(三)中島

9(捕)小林

先発投手=高橋

巨人対KIA 両チームスタメン(撮影・垰建太)

DeNA筒香、第1打席左飛 第2打席死球で交代

練習試合DeNA対ロッテ 1回裏DeNA2死一塁、右飛に打ち取られる筒香。投手二木(撮影・狩俣裕三)

<練習試合:DeNA-ロッテ>◇20日◇アトムホームスタジアム宜野湾

DeNA筒香嘉智外野手(27)が、今季初の対外試合に出場した。「4番左翼」で先発。

第1打席は0-0の1回2死一塁。フルカウントからロッテ先発二木の外角直球を捉えたが、左飛に終わった。

第2打席は2点リードの3回1死一塁。投手は引き続き二木。1ストライクからの2球目、内角への厳しい直球が右太ももを直撃し、死球で出塁。代走細川と交代し、ベンチに下がった。

ロッテ藤原 第1打席は三ゴロ、第2打席は三振

練習試合DeNA対ロッテ 1回表ロッテ1死、三ゴロに打ち取られる藤原。投手上茶谷(撮影・狩俣裕三)

<練習試合:DeNA-ロッテ>◇20日◇アトムホームスタジアム宜野湾

DeNAとロッテが練習試合。注目のロッテ・ドラフト1位の藤原恭大外野手(18=大阪桐蔭)は「2番中堅」で先発出場した。

第1打席は1回表1死走者なし。投手上茶谷。カウント1-2から内角球に詰まって三ゴロ。

第2打席は4回表無死一塁。投手は大貫。2ストライクから変化球を空振り三振。

練習試合DeNA対ロッテ 3回表ロッテ無死一塁、空振り三振に倒れる藤原。投手大貫(撮影・狩俣裕三)

DeNA1位上茶谷デビュー 2回無安打無失点1K

DeNA対ロッテ 力投するDeNA先発上茶谷(撮影・林敏行)

<練習試合:DeNA-ロッテ>◇20日◇アトムホームスタジアム宜野湾

DeNAドラフト1位上茶谷大河投手(22=東洋大)が、ロッテとの練習試合に先発し、実戦デビューを果たした。

初回、先頭の加藤を高め直球で三飛。次打者のドラフト1位ルーキーの藤原は、内角直球で詰まらせ、三ゴロ。中村は遊ゴロに打ち取り、3者凡退で1回を切り上げた。

0-0の2回、4番井上に対しては3球三振。続くバルガスは、中堅桑原の好補で中飛。安田は左飛。

初実戦は2回20球を投げ、無安打無失点1三振。完璧に近い内容でマウンドを降りた。

浅村3番 清宮6番 楽天-日本ハム戦スタメン

楽天対日本ハム 日本ハム先発の斎藤(撮影・足立雅史)

<練習試合:楽天-日本ハム>◇20日◇沖縄・金武

スタメンが発表され、西武からFA移籍後初の実戦となる楽天浅村栄斗内野手(28)が「3番二塁」で名前を連ねた。日本ハム清宮幸太郎内野手(19)は「6番一塁」に入った。

楽天の先発マウンドは実戦初登板となるドラフト4位の弓削隼人投手(24=SUBARU)。日本ハムは斎藤佑樹投手(30)が先発する。

両チームのスタメンは以下の通り。

【楽天】

1番(中)田中

2番(右)島内

3番(二)浅村

4番(左)ブラッシュ

5番(三)ウィーラー

6番(一)銀次

7番(遊)藤田

8番(捕)堀内

9番(指)渡辺直

先発は弓削

【日本ハム】

1番(中)西川

2番(右)大田

3番(左)王柏融

4番(三)近藤

5番(指)横尾

6番(一)清宮

7番(二)杉谷

8番(捕)黒羽根

9番(遊)谷内(ヤクルト)

先発は斎藤

日本ハム斎藤佑樹が好投 3回無安打無失点3奪三振

楽天対日本ハム 日本ハム先発の斎藤(撮影・足立雅史)

<練習試合:楽天-日本ハム>◇20日◇沖縄・金武

日本ハム斎藤佑樹投手(30)が今キャンプ2度目の先発マウンドに上がった。3回無安打無失点、1四球3奪三振、41球で降板。最後の打者を空振り三振に仕留めると、楽天のキャンプ地ながら大きな拍手が起きた。

前回は米アリゾナキャンプ中の11日(日本時間12日)に韓国NC戦(スコッツデール)に先発し、2回無安打無失点だった。

<1回>

1番田中 フルカウントから変化球で空振り三振。

2番島内 1ボールから2球目を打たせて左飛。

3番浅村 移籍後初打席となった浅村をファウル、見逃しで追い込み、最後は空振りを奪って3球三振に仕留めた。初回は11球。

<2回>

4番ブラッシュ 四球を与えて、今春の実戦で初の走者を背負う。無死一塁。

5番 ウィーラー 2ストライクからの3球目、外角への直球系を打たせて遊直。1死一塁。

6番銀次 カウント2-2からの5球目、外角への変化球を打たせて遊撃への併殺打。2回は13球。

<3回>

7番藤田 2-2からの5球目を打たせて二ゴロ。

8番堀内 2-1からの4球目を打たせて二ゴロ。

9番渡辺直 2-2からの7球目、外角への変化球で空振り三振。3回は17球。

巨人高橋3回2失点 2回まで完全も3回に4連打

巨人対KIA 巨人先発の高橋(撮影・垰建太)

<練習試合:巨人-韓国・KIA>◇20日◇沖縄セルラー那覇

巨人ドラフト1位の高橋優貴投手(22=八戸学院大)が対外試合デビュー戦で先発し、予定の3回を49球4安打2失点で投げ終えた。

スムーズに立ち上がった。3点を先制してもらってマウンドに上がった初回は直球とスライダーを組み合わせ、全てフライアウトで3者凡退。続く2回は、1死からいずれも右打者へのスクリューで2者連続の空振り三振。この回も3人で抑えた。

だが、3回1死から8番の右打者に外角の140キロ直球を右翼フェンス直撃の二塁打とされると、9、1、2番に3連打を浴び、2点を失った。1点差まで詰め寄られたが、後続を守備妨害と右飛に抑えてマウンドを降りた。

巨人対KIA 1回を無失点に抑えた巨人先発の高橋(左)は小林とタッチを交わす(撮影・垰建太)

「近本2番の方がしっくり来る」/矢野監督

雨の中でもファンサービスする矢野監督(撮影・上山淳一)

<練習試合:阪神-KIA>◇19日◇沖縄・かりゆしホテルズボールパーク宜野座

阪神大山が4番候補にリストアップされた。19日のKIA戦に4番三塁で出場。降雨ノーゲームで打席はなかったが、矢野燿大監督は「4番とかエースとかって打てないときに『コイツでいいや』と思える、思われるっていうのが俺はすごいことだと思う。そういうふうな人を4番にしたい」と構想を語った。

その他の一問一答は以下の通り。

-4番は日本人がいい

外国人は日本のプロ野球でウエートを占める部分が大きいけど毎年、そこにウエートがかかりすぎて、そこでチームがちょっと揺れる。そういう形よりは、日本人の中心選手が安定してくれば、チームとしても安定する。

-今日の1、2番は楽しみだが期待する部分は

思い切りもいいしね。近本も1番もいいなと思っているけど、あれだけの足があるのは俺のなかでは2番が面白い。木浪の2番もなくはないけど、俺のなかで近本2番の方がしっくり来る感じ。

-高山は実戦で結果が出ずに苦しんでいる

本人もいろいろ試しながらやっている。気持ちの部分で、結果が出なかったら(気持ちが)下がったりしそうだけど、あんまりそういうのも見えない。気持ちはすごく前に向いている。去年の苦しい時期から(高山)俊も成長してきているんじゃないかな。

楽天浅村、第1打席は日本ハム斎藤に3球三振

楽天対日本ハム 1回裏楽天2死、空振り三振に倒れる浅村(撮影・足立雅史)

<練習試合:楽天-日本ハム>◇20日◇沖縄・金武

西武からFA移籍後初の実戦となる楽天浅村栄斗内野手(28)が「3番二塁」でスタメンに入った

第1打席から日本ハム斎藤の初球直球に反応してファウル。2球目の変化球を見逃し、最後は変化球を空振りして3球三振となった。

楽天対日本ハム 日本ハム先発の斎藤(撮影・足立雅史)

西武高橋が連続151キロ オフに体重増量で土台

150キロ台を連発する西武高橋(撮影・栗田成芳)

<練習試合:西武-台湾・統一>◇20日◇高知・春野

西武高橋光成投手(22)が、堂々たる投球を披露した。チーム初対外試合で先発。148キロの直球で攻め、左飛で1人打ち取ると、2番打者へ初球から2球続けて151キロをマーク。カットボールを左前安打にされたが、走者を出しても球威は衰えない。初球フォークでファウルを誘い、150キロの直球を見せると、再び148キロの直球で併殺に打ち取った。

春季キャンプは2軍暮らしが続いていたが、昨季痛めた右肩の調子も良く、“開幕投手”に抜てき。オフは、マリナーズ菊池雄星と自主トレをともにし、公称90キロの体重を105キロまで増量し、身長190センチの体を操れる土台をつくりあげていた。「試合の中でアピールして開幕ローテを狙っていきたい」と意気込んでいた通りの立ち上がりを見せた。