au版ニッカンプロ野球

記事検索

2年目阪神馬場が2ケタ勝利目標に新フォーム挑戦

練習を終え引き揚げる阪神馬場(撮影・清水貴仁)

阪神17年ドラフト1位で宮城・塩釜市出身の馬場皐輔投手(23=仙台育英-仙台大)が、プロ2年目の決意を明かした。12日の沖縄・宜野座キャンプは、ブルペン投球などでアピール。昨季に実力不足を痛感した最速155キロの直球の速さや力強さを導くため、新フォームにも挑戦中だ。背番号18の責任も背負い、2ケタ勝利を目標に掲げた。

   ◇   ◇   ◇

馬場が180センチ、90キロの恵まれた体から、ゆっくりとした投球フォームで直球を低めに集めた。軟らかい上半身に加え、マウンドの黒土が飛び散るほどの力強い下半身。「プロを1年間経験して分かったことがあります。ストレートが一流じゃないと、一流の投手にはなれない。一流の投手じゃないと一流の打者は抑えられない」。“飛躍の流儀”が明確となり、成長と結果の2つを追い求める。

体を大きく使い、リリースポイントを最大限前に徹底する新フォームを体に染み込ませている。「まだ結果を出していないから正しい保証はない」と慎重な姿勢を貫くが、直球の質を上げ、変化球の曲がりを理想に近づけるのが1つの答え。現段階では直球の軌道を1つにこだわる。「細かいコースは気にしないで、打者の膝のラインに強く」。前で強く腕を振り続けている。

昨季は1軍で2試合に登板し、0勝1敗。2軍での登板を含め奪三振はイニング数より多くても、四死球でリズムを崩す場面も目立った。「去年は何も知らない感じで進んでいって、プロの怖さもあった。マウンドで『どうしよう、どうしよう』って気持ちもあった。今年は逃げ腰になったら面白くない。ワクワク感もありますよ。常にポジティブ」。精神面の強さは増している。

7日の紅白戦初登板では、2回2安打無失点と結果も出た。「プロ初勝利が目標ではない。今年は2ケタを目指したい。最低でも5勝。先発にもこだわっていきたい」。スライダーやフォークなど多彩な変化球に頼った自称変化球投手から、剛速球投手への意識改革。まずは開幕ローテ奪取で、一流への扉を開く。【鎌田直秀】

投内連係プレーの練習をする阪神馬場(中央)。中央右は斎藤友貴哉(撮影・上田博志)

関連するニュースを読む

仙台大が春季キャンプへ 神宮出場狙う創部50周年

仙台大の投手陣。後列左から稲毛田、宇田川、大関、小林の最速145キロ超カルテットと捕手の村井主将は創部50周年の神宮出場に闘志を燃やす

創部50周年の節目の年に4年ぶり3度目の神宮出場を狙う仙台大(仙台6大学)が10日から3月1日まで、広島・呉市で春季キャンプを行う。

20日間のキャンプには、入学前の新1年生11人を含む計43人(投手18人、野手25人)を抜てき。開幕ベンチ入りに直結する3月の遠征メンバーを27人に絞り込む。春秋を通じて昨季、5年ぶりにリーグ優勝を逃した森本吉謙監督(44)は「(創部50周年でも)特別な年はない。常に平常心で毎年100%の力を出し切る。キャンプは実力勝負」とチーム内競争に期待する。

昨秋後、野手陣は1年秋からレギュラーだった辻本勇樹捕手や打撃2冠(打点、本塁打)の鳥井凌外野手ら4年生の主力6人が引退。打順もがらりと入れ替る中、いずれも最速145キロ超の4投手が主戦の座を争う。右腕では最速149キロの稲毛田渉(3年=帝京)と同152キロの宇田川優希(2年=八潮南)、左腕では同147キロの大関友久(3年=土浦湖北)と同149キロの小林快(3年=佐野日大)だ。いずれもプロ志望で、特に3年生トリオは「実績を残してアピールしたい」と、進路を懸けて大学最後の1年に挑む。

一方、リーグ経験者不在の捕手陣も正捕手の座を争う。新主将も務める村井良彦捕手(3年=社)は「去年は個の力が強いチームでしたが、今年は根の部分を大事にして戦いたい」とチーム一丸を強調する。森本監督は「ディフェンス重視は変わらない。(背番号)18番だけは私が決める。(不動だった)4年生がいなくなった分、レギュラーは白紙。逆に誰が出てくるか楽しみ」と新戦力の台頭を待ち望んだ。【佐々木雄高】

仙台大の最速149キロ左腕・小林
仙台大の最速149キロ右腕・稲毛田

関連するニュースを読む

DeNA熊原「結構ハマった」新球武器に背水4年目

黙々とダッシュするDeNA熊原(撮影・鈴木正章)

DeNA熊原健人投手(25)が、新球シュートを武器に背水の4年目に挑む! 15日、ベイスターズ球場で入念にキャッチボールを繰り返し「キャンプから競争が始まる。1軍定着という目標を今度こそ達成できるようにしたい」と、冷静に意気込みを示した。

仙台大から15年ドラフト2位で入団した、本格派右腕。先発ローテ入りを期待された昨季は開幕直前に2軍落ちし、初めて1軍登板なしに終わった。状況打破のために選んだのが新球の習得だ。持ち球はカーブとシンカーで「直球に近いスピードでストライクの取れる変化球が欲しかった」。昨秋のみやざきフェニックス・リーグ開幕3日前に大家2軍投手コーチからシュートの教えを受け、実戦で試した。「真っすぐと思って振ると凡打になる。結構ハマっていました」と、さっそく手応えを得た。

同期1位入団の今永には実績で後れを取り、17年1位の東ら大卒投手が結果を残す状況に「今年ダメなら危ないと思っているので」と危機感を漂わせる。退寮し背水の覚悟で臨む熊原が、シュートを武器に飛躍を目指す。【鈴木正章】

肩や肘の高さを確認しながらキャッチボールを行うDeNA熊原(撮影・鈴木正章)

関連するニュースを読む

イースタン選抜が2年連続V/アジア冬季L決勝詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇16日◇3位決定戦、決勝◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ最終日。13時からの3位決定戦は社会人選抜が韓国選抜に勝利。19時からのイースタン選抜-台湾選抜の決勝戦はイースタンが1-0で勝利し、2年連続2度目の優勝を飾った。

MVPには決勝戦で先発し、8回無失点10奪三振の快投を見せた、楽天池田隆英投手が輝いた。

決勝:イースタン選抜-台湾選抜

チーム
台 湾
イ選抜

【イ】池田(楽天)梅野(ヤクルト)

【試合経過】

台湾は1回表、先頭打者が出塁も無得点

イースタンは1回裏、3者凡退

台湾は2回表、3者凡退

イースタンは2回裏、3者凡退

台湾は3回表、1死から莊が二塁打で出塁。李は右飛も右翼・和田(ロッテ)の悪送球で2死三塁。その後一、三塁とするも無得点

イースタンは3回裏、岩見(楽天)が左安打で出塁。四球、湯浅(巨人)の左安打で1死満塁。宮本(ヤクルト)の一ゴロの間に先制

台湾は4回表、3者凡退

イースタンは4回裏、3者凡退

台湾は5回表、3者凡退

イースタンは5回裏、1死二塁を作るも追加点ならず

台湾は6回表、2死三塁を作るも無得点

イースタンは6回裏、3者凡退

台湾は7回表、3者凡退

イースタンは7回裏、2死から岩見が中安打で出塁も、後続が倒れ無得点

台湾は8回表、3者凡退。先発池田(楽天)はここまで被安打2奪三振10無失点の快投

イースタンは8回裏、2死から宮本が右中間へ三塁打を放ちチャンスメイク。塩見(ヤクルト)は遊ゴロでリクエスト検証も、覆らず無得点

台湾は9回表、3者凡退。2番手梅野(ヤクルト)が試合を締めた

【イースタン選抜スタメン】

1(遊)湯浅=巨

2(二)宮本=ヤ

3(中)塩見=ヤ

4(一)村上=ヤ

5(三)安田=ロ

6(捕)松本=ヤ

7(指)岩見=楽

8(左)加藤=巨

9(右)和田=ロ

先発P池田=楽

3位決定戦:社会人選抜8-3韓国選抜

チーム
韓 国
社会人

【社】山田(西部ガス=5回無失点)中内(王子)阿部翔(日本生命)立野(東海理化)

【試合経過】

社会人は1回裏、1死満塁から森下(日立製作所)の押し出し四球、松本(ホンダ鈴鹿)の適時二塁打などで4点を先制

社会人は4回裏、北村(トヨタ自動車)の適時打で1点追加

社会人は6回裏、1死一、二塁から北村の2点二塁打で7-1

社会人は8回裏、佐藤竜(ホンダ)の適時二塁打で8-3

【社会人選抜選抜スタメン】

1(右)佐藤竜=ホンダ

2(遊)小深田=大阪ガス

3(捕)辻野=ホンダ

4(一)喜納=NTT東日本

5(三)森下=日立製作所

6(指)松本=ホンダ鈴鹿

7(中)佐藤旭=東芝

8(左)皆川=日本生命

9(二)北村=トヨタ自動車

先発P山田=西部ガス

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

笠井 駿(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

決勝はイ選抜-台湾選抜に/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇15日◇プレーオフ◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

15日はプレーオフ。13時からのレギュラーシーズン2位の社会人選抜が同3位の台湾選抜は3-3で引き分け。19時から同1位のイースタン選抜が同4位の韓国選抜と対戦し、11-5でイースタン選抜が勝った。

あす16日は13時から社会人選抜と韓国選抜の3位決定戦、19時からイースタン選抜と台湾選抜の決勝戦が行われる。

19時:イースタン選抜11-5韓国選抜

チーム
韓 国
イ選抜11

【イ】星(ヤクルト)渡辺佑樹(楽)田村伊知郎(西)中塚駿太(西)

【本】岩見(楽)

【試合経過】

韓国は1回表、2死一、三塁から無得点

イ選抜は1回裏、2死二塁から村上の打球が相手の失策を誘い先制

韓国は2回表、1死満塁から左適時打で2-1と逆転

イ選抜は2回裏、2死一塁から無得点

韓国は3回表、3者凡退

イ選抜は3回裏、無死満塁から塩見が中犠飛で2-2の同点、投手暴投で3-2と逆転、1死一、三塁から安田が中適時打で4-2、さらに1死満塁として岩見の満塁本塁打で8-2

韓国は4回表、1死からソロ本塁打で8-3、1死一、三塁から左適時打で8-4

イ選抜は4回裏、無死一、二塁から村上が左適時二塁打で9-4、無死二、三塁から安田の二ゴロで10-4、2死三塁から岩見の中適時打で11-4

韓国は5回表、走者出すも無得点

イ選抜は5回裏、湯浅が四球で出塁するも無得点

6回表、イ選抜は星→渡辺佑樹に投手交代。韓国は無得点

イ選抜は6回裏、無得点

7回表、イ選抜は渡辺佑樹→田村伊知郎に投手交代。韓国は無得点

イ選抜は7回裏、無得点

韓国は8回表、2死からソロ本塁打で11-5

イ選抜は8回裏、走者出るも無得点

9回表、イ選抜は田村伊知郎→中塚駿太に投手交代。韓国は3者凡退で試合終了

【イースタン選抜スタメン】

1(二)湯浅=巨

2(中)加藤=巨

3(右)塩見=ヤ

4(一)村上=ヤ

5(三)安田=ロ

6(遊)北村=巨

7(左)岩見=楽

8(捕)岸田=巨

9(指)斎藤=西

先発P星=ヤクルト

13時:社会人選抜3-3台湾選抜

チーム
台 湾
社会人

【社】温水(大阪ガス)高橋(日本生命)阿部翔(日本生命)嘉陽(トヨタ自動車)

【本】喜納(NTT東日本)

【試合経過】

台湾は1回表、3者凡退

社会人は1回裏、佐藤竜が左前安打。送って1死二塁。しかし3、4番が凡退し先制ならず

台湾は2回表、3安打集め2点を先制

社会人は3回裏、皆川が右二塁打。1死後北村の左前適時打で1点返す

社会人は4回裏、2死から松本が四球。佐藤旭の内野安打で一、二塁。皆川の中前適時打で2-2同点

台湾は8回表、無死一、三塁からスクイズで3-2と勝ち越し

社会人は8回裏、4番喜納が右越えソロを放ち3-3同点

社会人は9回裏、2死一、三塁としたが代打木南は三振に倒れ試合終了。3-3で引き分け

【社会人選抜スタメン】

1(右)佐藤竜=ホンダ

2(二)北村=トヨタ自動車

3(三)森下=日立製作所

4(一)喜納=NTT東日本

5(捕)渡辺=JR東日本

6(遊)小深田=大阪ガス

7(指)松本桃=ホンダ鈴鹿

8(中)佐藤旭=東芝

9(左)皆川=日本生命

先発P温水=大阪ガス

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

笠井 駿(巨人)

泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

イ選抜が韓国選抜に勝利/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇14日◇プレーオフ◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

14日はプレーオフ。13時からレギュラーシーズン2位の社会人選抜が同3位の台湾選抜と対戦し、5-6で敗れた。19時から同1位のイースタン選抜が同4位の韓国選抜と対戦し11-2で勝利した。

19時:イースタン選抜-韓国選抜

チーム
韓 国
イ選抜×11

【イ】本田(西武)森(ロッテ)

【試合経過】

韓国は1回表、3者凡退

イースタンは1回裏、無死一、二塁から3番塩見の3ランで先制

韓国は2回表、3者凡退

イースタンは2回裏、3者凡退

韓国は3回表、四球で出塁も無得点

イースタンは3回裏、無死満塁から4番村上の押し出し四球などで3点追加

韓国は4回表、安打で出塁も無得点

イースタンは4回裏、1番湯浅が安打で出塁も無得点

韓国は5回表、1死二、三塁から1点を返す

イースタンは5回裏、村上が安打で出塁も無得点

韓国は6回表、3者凡退

イースタンは6回裏、3者凡退

韓国は7回表、3者凡退

イースタンは7回裏、1死から代打岩見が四球で出塁も無得点

韓国は8回表、3者凡退

イースタンは8回裏、安田の二塁打と北村の安打で無死一、三塁とし、代打岸田の中前適時打で1点を追加、続く笠井の一ゴロでも1点を追加

2死後、一、三塁から2番岩見の3ランでこの回5点を追加

イースタンは9回表から森遼大朗(ロッテ)が登板

韓国は9回表、3連打で満塁とし、遊ゴロ併殺崩れの間に1点を追加も反撃はここまで。

11-2でイースタン選抜が勝利した。

【イースタン選抜スタメン】

1(遊)湯浅(巨人)

2(二)宮本(ヤクルト)

3(中)塩見(ヤクルト)

4(三)村上(ヤクルト)

5(指)安田(ロッテ)

6(一)北村(巨人)

7(捕)松本(ヤクルト)

8(左)笠井(巨人)

9(右)和田(ロッテ)

先発P本田=西武

13時:社会人選抜5-6台湾選抜

チーム
台 湾
社会人

【社】河野(JFE西日本)阿部翔(日本生命)高橋拓(日本生命)嘉陽(トヨタ自動車)

【試合経過】

1回は台湾、社会人ともに3者凡退

2回裏、社会人は1死から渡辺が二塁打も無得点

社会人先発の左腕河野は3回まで台湾打線をパーフェクト

社会人は3回裏、1死満塁も無得点

台湾は4回表、先頭打者が初安打となる右前安打を放つも盗塁失敗などで無得点

社会人は4回裏、先頭の渡辺が二塁打。その後1死三塁から森下の中前適時打でまず1点。2死後辻野の適時打で2-0

台湾は5回表、2安打に暴投、四球で2死満塁としたが無得点

社会人は5回裏、佐藤竜、喜納の安打などで2死満塁まで攻めるも無得点

台湾は6回表、先頭打者の二塁打を口火に犠飛、適時打で2-2同点

社会人は6回裏、1死一塁から北村の適時二塁打で3-2と勝ち越し

台湾は7回表、3者凡退

社会人は7回裏、1死一、三塁とするも無得点

台湾は8回表、2死二、三塁と攻める。社会人は阿部翔→高橋拓巳に投手交代も、台湾は左適時打で3-4と逆転

社会人は8回裏、無死一塁から北村が一直で併殺、無得点

台湾は9回表、投手交代した嘉陽を攻め、適時三塁打2本で2点追加し3-6

社会人は9回裏、2死二、三塁とし8番代打松本桃太郎が左適時打で2点返し5-6、佐藤旭が死球で出塁し2死一、二塁。台湾は投手交代。辻野は左飛に倒れゲームセット

【社会人選抜スタメン】

1(指)辻野=ホンダ

2(二)北村=トヨタ自動車

3(右)佐藤竜=ホンダ

4(一)喜納=NTT東日本

5(捕)渡辺=JR東日本

6(遊)小深田=大阪ガス

7(三)森下=日立製作所

8(左)皆川=日本生命

9(中)佐藤旭=東芝

先発P河野=JFE西日本

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

笠井 駿(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

ウエスタン選抜PO進出逃す/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇13日◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

13日はレギュラーシーズン最終日。13時からの社会人選抜-台湾選抜は社会人が11-0で完勝、19時からのウエスタン選抜-韓国選抜は韓国が勝利。これでウエスタンはプレーオフ進出を逃した。これで14日のプレーオフ第1試合は13時からレギュラーシーズン2位社会人選抜-同3位台湾選抜、第2試合は19時から同1位イースタン選抜-同4位韓国選抜の組み合わせが決定した。

19時:ウエスタン選抜0-3韓国選抜

チーム
ウ選抜
韓 国

【ウ】椎野(ソフトバンク)石井(阪神)田村(DeNA)榊原(オリックス)渡辺(ソフトバンク)

【試合経過】

ウエスタンは1回表、2死から谷川原(ソフトバンク)が中安打で出塁も、宮本(DeNA)は三振で無得点

韓国は1回裏、2死から左安打と遊内野安打で一、二塁も無得点

ウエスタンは2回表、3者凡退

韓国は2回裏、3者凡退

ウエスタンは3回表、3者凡退

韓国は3回裏、3者凡退

ウエスタンは4回表、1死から谷川原が四球で出塁も、後続が倒れ無得点

韓国は4回裏、2本の安打と四球で無死満塁も、2者連続三振と右飛で先制ならず。椎野が気迫の投球を見せた

ウエスタンは5回表、3者凡退

韓国は5回裏、2死三塁の好機も無得点。椎野は5回9奪三振の好投

ウエスタンは6回表、先頭の狩野(DeNA)が中安打で出塁も、後続が倒れ無得点

韓国は6回裏、無死満塁から李の適時打で2点先制

ウエスタンは7回表、増田(ソフトバンク)、山本(DeNA)の連打で2死一、三塁の好機も無得点

韓国は7回裏、3者凡退

ウエスタンは8回表、狩野が安打で出塁も無得点

韓国は8回裏、この回から登板の4番手榊原(オリックス)から2死二、三塁とし金の適時内野安打で1点追加

ウエスタンは9回表、2死から途中出場の高松(中日)が中安打で出塁も、無得点で試合終了

【ウエスタン選抜スタメン】

1(二)三森=ソ

2(右)田城=ソ

3(一)谷川原=ソ

4(中)宮本=De

5(左)大本=ソ

6(三)増田=ソ

7(指)山本=De

8(捕)稲富=オ

9(遊)狩野=De

先発P椎野=ソ

13時:社会人選抜11-0台湾選抜

チーム
社会人11
台 湾

【社】山田(西部ガス)

【本】渡辺(JR東日本)、佐藤竜(ホンダ)

【試合経過】

社会人は1回表、佐藤竜(ホンダ)が四球。1死後森下(日立製作所)の右二塁打で二、三塁。喜納(NTT東日本)の右犠飛でまず1点。さらに渡辺(JR東日本)の適時三塁打で2点目

社会人は2回表、1死満塁から北村(トヨタ自動車)の犠飛で3-0

社会人は3回表、渡辺の左越えソロ本塁打で4-0

社会人先発山田は3回まで台湾打線をパーフェクトに抑えた

台湾は4回裏、1死から初安打が出たが無得点

社会人は5回表、1死一、三塁から松本(ホンダ鈴鹿)の犠飛で5-0。さらに佐藤旭(東芝)の適時打、押し出し四球で2点を加え7-0

台湾は6回裏、2死から2本目の安打が出たが無得点

社会人は7回表、2死から佐藤竜のソロ本塁打で8-0

社会人は9回表、無死一塁から皆川(日本生命)の中二塁打で9-0、佐藤旭の犠飛で10-02死一、二塁から喜納の中安打で11-0

台湾は9回裏、2死から出塁するも無得点でゲームセット

【社会人選抜スタメン】

1(右)佐藤竜(ホンダ)

2(二)北村(トヨタ自動車)

3(三)森下(日立製作所)

4(一)喜納(NTT東日本)

5(捕)渡辺(JR東日本)

6(遊)小深田(大阪ガス)

7(指)松本(ホンダ鈴鹿)

8(左)皆川(日本生命)

9(中)佐藤旭(東芝)

先発P山田(西部ガス)

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

笠井 駿(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

ウ選抜がイ選抜に勝利/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇12日◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

12日13時からの社会人選抜-韓国選抜は、6-5で社会人選抜が勝利した。19時からはウエスタン選抜がイースタン選抜に3-1で勝利した。

19時:イースタン選抜3-1ウエスタン選抜

チーム
イ選抜
ウ選抜

【イ】橋本(巨人)中塚(西武)

【ウ】浜地(阪神)石川(中日)K-鈴木(オリックス)山本(中日)

【試合経過】

イースタンは1回表、3者凡退

ウエスタンは1回裏、伊藤(中日)が振逃、2番田城(ソフトバンク)の四球で一、二塁。2死後、5番大本(ソフトバンク)が右翼線に2点適時二塁打を放ち、2点を先制

イースタンは2回表、1死から6番塩見(ヤクルト)が右越え三塁打でチャンスメイク。その後一、三塁とし7番加藤(巨人)の併殺崩れの間に1点

ウエスタンは3回裏、3者凡退

イースタンは3回表、3者凡退

ウエスタンは3回裏、1番伊藤が左翼線二塁打で出塁。その後2死三塁となり4番藤谷(阪神)は空振り三振で無得点

イースタンは4回表、2死一、二塁の好機を作るも無得点

ウエスタンは4回裏、3者凡退

イースタンは5回表、3者凡退

ウエスタンは5回裏、1死二塁の好機を作るも無得点

イースタンは6回表、先頭の代打村上(ヤクルト)が四球で出塁も、後続が倒れ無得点。この回からウエスタン2番手石川(中日)が登板

ウエスタンは6回裏、3番増田(ソフトバンク)、藤谷の連打で一、三塁。続く大本の併殺の間に3-1とした。その後2死満塁するも9番高松(中日)は空振り三振

イースタンは7回表、敵失で2死二塁を作るも無得点。

ウエスタンは7回裏、3者凡退

イースタンは8回表、2死一塁も無得点

ウエスタンは8回裏、6番狩野(DeNA)、途中出場の佐野(オリックス)の安打で2死二、三塁も無得点

イースタンは9回表、加藤が四球で出塁も無得点で試合終了

【イースタン選抜スタメン】

1(右)和田=ロ

2(二)宮本=ヤ

3(三)安田=ロ

4(一)岩見=楽

5(指)塩見=ヤ

6(捕)岸田=巨

7(左)加藤=巨

8(中)笠井=巨

9(遊)湯浅=巨

先発P橋本=巨

【ウエスタン選抜スタメン】

1(中)伊藤=中

2(右)田城=ソ

3(一)増田=ソ

4(三)藤谷=神

5(左)大本=ソ

6(遊)狩野=De

7(指)稲富=オ

8(捕)長坂=神

9(二)高松=中

先発P浜地=神

13時:社会人選抜6-5韓国選抜

チーム
韓 国
社会人

【社】温水(大阪ガス)阿部翔太(日本生命)高橋(日本生命)嘉陽(トヨタ自動車)

【試合経過】

韓国は1回表、先頭打者が四球も併殺などで無得点

社会人は1回裏、3者凡退

韓国は2回表、内野安打と四球で無死一、二塁も無得点

社会人は2回裏、1死二塁から小深田の適時打で1点先制

韓国は3回表、先頭打者が二塁打も後続倒れ無得点

社会人は3回裏、四球の走者を出したが二盗失敗などで無得点

韓国は4回表、3者凡退

社会人は4回裏、先頭の森下が二塁打。小深田の内野安打で無死一、二塁。木南が送って1死二、三塁。皆川の犠飛でまず1点、佐藤旭の適時打でもう1点を加え3-0

韓国は5回表、3安打集め1点返す

社会人は5回裏、2死二塁から森下の適時二塁打で4-1。さらに木南にも適時打が出て5-1

韓国は6回表、3者凡退

社会人は6回裏、無死二塁から北村の適時打で1点追加

韓国は7回表、2死満塁からDH李が満塁本塁打

社会人は7回裏、1死から佐藤旭が三塁打を放つも無得点

韓国は8回表、3者凡退

社会人は8回裏、1死から喜納が安打で出塁も無得点

韓国は9回表、四球で出塁も無得点で試合終了

【社会人選抜スタメン】

1(指)辻野(ホンダ)

2(二)北村(トヨタ自動車)

3(右)佐藤竜(ホンダ)

4(一)喜納(NTT東日本)

5(三)森下(日立製作所)

6(遊)小深田(大阪ガス)

7(捕)木南(日本通運)

8(左)皆川(日本生命)

9(中)佐藤旭(東芝)

先発P=温水(大阪ガス)

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

笠井 駿(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

イ選抜の首位通過が確定/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇11日◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

11日13時からのウエスタン選抜-社会人選抜は0-4で社会人が勝利。19時からはイースタン選抜-台湾選抜は8-4でイースタンが快勝。これでイースタン選抜のレギュラーシーズン首位通過が確定した。

19時:イースタン選抜8-4台湾選抜

チーム
台 湾
イ選抜

【イ】田村(西武)渡辺(楽天)大江(巨人)本田(西武)梅野(ヤクルト)

【試合経過】

イースタン選抜は1回裏、2番加藤(巨人)が二塁打。3番塩見(ヤクルト)が先制の2点本塁打

イースタン選抜は2回裏、8番松本(ヤクルト)が投手の足を直撃する強襲ヒットで出塁も無得点

台湾選抜は4回表、1死一、三塁から5番廖の左前適時打で1点差。続く6番張も適時二塁打を放ち同点。さらに二、三塁から7番林の右犠飛で逆転した

イースタン選抜は4回裏、2死一、三塁でチャンス作るも6番北村(巨人)が凡退

台湾選抜は5回表、無死一、三塁の好機を作る。ここでイースタン選抜は田村(西武)から渡辺(楽天)に交代。その後2死一、三塁から重盗を仕掛け、捕手松本(ヤクルト)の走塁妨害を誘い4-2とした

イースタン選抜は5回裏、9番和田(ロッテ)がフェンス直撃の三塁打で出塁。続く1番湯浅(巨人)の犠飛で1点を返す

イースタン選抜は6回裏、5番村上が左越え三塁打で出塁。続く北村が右中間に打球を打ち上げるも右翼手が落球し同点。その後1死一、三塁から和田の右犠飛で4-5とした

台湾選抜は7回表、3者凡退。この回からイースタン選抜3番手で大江(巨人)が登板

イースタン選抜は8回裏、1死二、三塁から7番岩見(楽天)が右翼線に適時二塁打、送球間に二塁走者も生還し4-7。2死後、和田がしぶとく中前に落とし4-8とした

台湾選抜は9回表、走者を出すも得点には及ばず。4番手梅野(ヤクルト)が試合を締め、イースタン選抜のレギュラーシーズン首位通過を確定させた

【イースタン選抜スタメン】

1(二)湯浅=巨

2(右)加藤=巨

3(中)塩見=ヤ

4(一)安田=ロ

5(三)村上=ヤ

6(遊)北村=巨

7(指)岩見=楽

8(捕)松本=ヤ

9(左)和田=ロ

先発P=田村(西)

13時:ウエスタン選抜0-4社会人選抜

チーム
社会人
ウ選抜

【ウ】田浦(ソフトバンク)山本(中日)田村(DeNA)

【社】山田(西部ガス)高橋(日本生命)嘉陽(トヨタ自動車)

【試合経過】

社会人選抜は1回表、5番渡辺(JR東日本)の適時打で1点先制

社会人選抜は7回表、2死三塁から9番佐藤旭(東芝)の適時二塁打で追加点。0-2

社会人選抜は8回表、2死満塁から途中出場の小深田(大阪ガス)の打球が敵失を誘い2者生還。0-4

ウエスタン選抜は9回裏、3者凡退で試合終了。社会人選抜3番手の嘉陽(トヨタ自動車)が試合を締めた

【ウエスタン選抜スタメン】

1(左)田城=ソ

2(一)谷川原=ソ

3(遊)三森=ソ

4(右)宮本=De

5(指)大本=ソ

6(三)増田=ソ

7(捕)山本祐=De

8(中)西浦=オ

9(二)高松=中

先発P=田浦(ソ)

【社会人選抜スタメン】

1(右)佐藤竜(ホンダ)

2(二)北村(トヨタ自動車)

3(三)森下(日立製作所)

4(一)喜納(NTT東日本)

5(捕)渡辺(JR東日本)

6(指)松本(ホンダ鈴鹿)

7(遊)田場(沖縄電力)

8(左)皆川(日本生命)

9(中)佐藤旭(東芝)

先発P=山田(西部ガス)

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

社会人選抜がイ選抜に勝利/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇10日◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

10日はイースタン選抜と社会人選抜が対戦し0-1で社会人が勝利した。

13時:イースタン選抜0-1社会人選抜

チーム
イ選抜
社会人

【イ】西口(楽天)大江(巨人)中塚(西武)

【社】河野(JFE西日本)阿部翔(日本生命)嘉陽(トヨタ自動車)

【試合経過】

社会人選抜は8回裏、2番北村(トヨタ自動車)が四球で出塁。けん制悪送球で二進し、3番佐藤竜(ホンダ)は左前安打で無死一、三塁。4番喜納(NTT東日本)が左犠飛を放ち先制

イースタン選抜は9回表、5番安田(ロッテ)が安打で出塁も後続が倒れ試合終了

【イースタン選抜スタメン】

1(中)和田=ロ

2(右)塩見=ヤ

3(一)村上=ヤ

4(左)岩見=楽

5(三)安田=ロ

6(遊)湯浅=巨

7(指)加藤=巨

8(二)宮本=ヤ

9(捕)斎藤=西

先発P=西口(楽)

【社会人選抜スタメン】

1(指)辻野(ホンダ)

2(二)北村(トヨタ自動車)

3(右)佐藤竜(ホンダ)

4(一)喜納(NTT東日本)

5(三)森下(日立製作所)

6(遊)田場(沖縄電力)

7(左)皆川(日本生命)

8(捕)木南(日本通運)

9(中)佐藤旭(東芝)

先発P=河野(JFE西日本)

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

イ選抜が韓国選抜に完勝/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇9日◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

13時からのウエスタン選抜-台湾選抜は5-8で台湾の勝利、19時からのイースタン選抜-韓国選抜はイースタンが8-0で完勝した。

19時:イースタン選抜8-0韓国選抜

チーム
イ選抜
韓 国

【イ】池田(楽天)森(ロッテ)

【本】塩見(ヤクルト)

【試合経過】

イ選抜は1回表、2番塩見(ヤクルト)の本塁打で先制

イ選抜は2回表、5番安田(ロッテ)の四球などで2死満塁を作るも1番和田(ロッテ)が中飛で無得点

イ選抜は4回表、6番松本(ヤクルト)の左前安打、7番山田(楽天)の二塁打で無死二、三塁。8番宮本(ヤクルト)の左飛で三塁走者の松本が生還を狙うもタッチアウト。9番湯浅は左飛で追加点ならず

イ選抜は5回表、和田が四球で出塁。塩見は左安打で続き、盗塁も決め無死二、三塁。3番加藤(巨人)は四球で満塁。4番村上(ヤクルト)は二ゴロも二塁手の悪送球で三者生還。0-4さらに1死二塁から、松本の中前適時打で追加点

イ選抜は6回表、無死一、二塁から塩見の左前適時打で0-6その後1死二、三塁から村上の中犠飛で0-7とした

韓国選抜は7回裏、3者凡退。先発池田(楽天)は7回無失点、10奪三振の好投

韓国選抜は8回裏、2死から3番宋が四球で出塁も無得点。この回からイースタン選抜2番手で森(ロッテ)が登板

イ選抜は9回表、2死二塁から宮本の打球が敵失を誘い、二塁走者が生還。0-8とした

韓国選抜は9回裏、2死一、二塁から9番崔が左前安打。二塁走者が本塁を狙うも、途中出場の岩見(楽天)が好返球をみせ試合終了

【イースタン選抜スタメン】

1(右)和田=ロ

2(左)塩見=ヤ

3(中)加藤=巨

4(三)村上=ヤ

5(指)安田=ロ

6(捕)松本=ヤ

7(一)山田=楽

8(二)宮本=ヤ

9(遊)湯浅=巨

先発P池田(楽天)

13時:ウエスタン選抜5-8台湾選抜

チーム
ウ選抜
台 湾

【ウ】榊原(オリックス)山本(中日)

【本】宮本2号(DeNA)

【試合経過】

ウエスタンは1回表、3者凡退

ウエスタン先発榊原は1回裏、2安打許すも無失点

ウエスタンは2回表、4番宮本が安打で出塁もけん制死などで無得点

ウエスタン先発の榊原は2回裏、3者凡退に抑える

ウエスタンは3回表、3者凡退

ウエスタン先発榊原は3回裏、1死三塁のピンチしのぎ無失点

ウエスタンは4回表、1死一、二塁から大本の中前適時打、山本の右前適時打、藤谷の犠飛で3点先制

台湾は4回裏、無死二、三塁から范の適時打でまず1点。さらに楊の2点適時打で同点。暴投で4-3と逆転。李の適時打で1点を加え5-3。ウエスタン榊原打たれる

ウエスタンは5回表、3者凡退

台湾は5回裏、岳の本塁打で6-3

ウエスタンは6回表、2死から大本が二塁打も無得点

ウエスタンは6回裏から山本が登板。1死から連続二塁打で1失点。さらに失策も絡み3-8に

ウエスタンは7回表、藤谷、狩野の連打で無死一、三塁。高松の二ゴロの間に1点返し4-8

ウエスタンは7回表、宮本の2号ソロで5-8

ウエスタンは9回表、2死から代打田城が中前安打も代打谷川原は三ゴロに倒れ試合終了

【ウエスタン選抜スタメン】

1(二)高松=中

2(中)佐野=オ

3(一)百瀬=De

4(右)宮本=De

5(左)大本=ソ

6(指)山本=De

7(捕)稲富=オ

8(三)藤谷=神

9(遊)狩野=De

先発P榊原=オ

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

ウ選抜、韓国選抜と引き分け/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇8日◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

13時からの台湾選抜と対戦した社会人選抜は1-4で敗れた。19時からのウエスタン選抜は韓国選抜と引き分けた。

19時:ウエスタン選抜8-8韓国選抜

チーム
韓 国
ウ選抜

【ウ】石井(神)石川(中)渡辺(ソ)田浦(ソ)

【試合経過】

韓国選抜は2回、1死二、三塁から金虎伶の2点適時打で先制

ウエスタン選抜は2回、2死一、二塁から百瀬の3点本塁打で逆転

ウエスタン選抜は3回、2死二塁から谷川原が適時打で追加点

ウエスタン選抜は5回、2死一、二塁から田城が適時打

ウエスタン選抜は7回、1死二塁から百瀬が適時打

韓国選抜は8回、無死一、三塁から柳丞鉉の2点適時打などで同点

【ウエスタン選抜スタメン】

1(左)佐野=オ

2(中)西浦=オ

3(二)三森=ソ

4(三)枡田=ソ

5(一)谷川原=ソ

6(指)大本=ソ

7(捕)長坂=神

8(遊)百瀬=De

9(右)田城=ソ

先発P石井(神)

13時:社会人選抜1-4台湾選抜

チーム
台 湾
社会人

【社】阿部良(日本通運)高橋(日本生命)立野(東海理化)中内(王子)

【試合経過】

台湾は1回表、3者凡退

社会人は1回裏、1死二、三塁も4番喜納が三振、5番佐藤竜も凡退し先制ならず

社会人は2回裏、3四球で2死満塁も無得点

社会人は4回裏、3者凡退。ここまでまだ無安打

社会人は5回裏、2四球をもらうも無得点。依然無安打

社会人は6回裏、先頭の佐藤竜がチーム初安打となる右越え三塁打も無得点

社会人は7回裏、2死一、二塁から佐藤竜の適時打で1-0

台湾は8回表、1死一、二塁から張の適時打で1-1同点。その後二、三塁から岳の適時打で3-1と逆転。さらに暴投で1点を加え4-1

社会人は9回裏、無得点に終わり試合終了。通算成績は4勝6敗2分けで5位

【社会人選抜スタメン】

1(二)下川=NTT東日本

2(三)田場=沖縄電力

3(捕)渡辺=JR東日本

4(一)喜納=NTT東日本

5(中)佐藤竜=ホンダ

6(右)皆川=日本生命

7(指)木南=日本通運

8(左)松本桃=ホンダ鈴鹿

9(遊)石川=東京ガス

先発P阿部良(日本通運)

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

イ選抜が台湾選抜に勝利/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇7日◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

13時からのウエスタン選抜-社会人選抜はウエスタンの勝利、19時からのイースタン抜-台湾選抜はイースタンの勝利。

19時:イースタン選抜7-5台湾選抜

チーム
イ選抜
台 湾

【イ】渡辺(楽)西口(楽)大江(巨)中塚(西)梅野(ヤ)

【試合経過】

イースタンは1回、無死満塁から4番岩見の犠飛で先制。2死一、三塁から6番北村、7番岸田の連続適時打で追加点

イースタンは2回、2死二塁から3番安田が適時打

台湾選抜は3回、莊駿凱の適時打などで4点返す

イースタンは4回、2死二塁から2番塩見が適時打

台湾選抜は5回、2死二、三塁から暴投で1点返す

イースタンは8回、2死二塁から2番塩見が適時打

【イースタン選抜スタメン】

1(右)加藤=巨

2(中)塩見=ヤ

3(一)安田=ロ

4(左)岩見=楽

5(指)村上=ヤ

6(三)北村=巨

7(捕)岸田=巨

8(二)宮本=ヤ

9(遊)湯浅=巨

先発P渡辺=楽

13時:ウエスタン選抜2-1社会人選抜

チーム
ウ選抜
社会人

【ウ】椎野(ソ)山本(中)田村(De)

【社】阿部翔(日本生命)嘉陽(トヨタ)

【試合経過】

ウエスタンは1回表、3者三振

社会人は1回裏、無死一、三塁も無得点

社会人先発阿部翔は4回まで1安打無失点5K

ウエスタン先発椎野は4回まで2安打無失点5K

ウエスタンは5回表、1死満塁から藤谷の犠飛で1点先制

社会人は7回裏、2死二塁から森下の中前適時打で1-1同点

ウエスタンは8回表、1死三塁から代打三森の適時打で2-1と勝ち越し

社会人は9回裏、無死一、二塁を生かせず試合終了

【ウエスタン選抜スタメン】

1(二)高松=中

2(中)佐野=オ

3(左)田城=ソ

4(指)宮本=De

5(一)増田=ソ

6(捕)山本=De

7(右)伊藤=中

8(三)藤谷=神

9(遊)狩野=De

先発P椎野=ソ

【社会人選抜スタメン】

1(二)下川=NTT東日本

2(中)佐藤旭=東芝

3(左)皆川=日本生命

4(一)喜納=NTT東日本

5(捕)渡辺=JR東日本

6(指)松本桃=ホンダ鈴鹿

7(右)佐藤竜=ホンダ

8(三)森下=日立製作所

9(遊)石川=東京ガス

先発P阿部翔=日本生命

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

イ選抜が社会人選抜破る/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇6日◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

イースタン選抜-社会人選抜はイースタンがヤクルト勢、西武勢の活躍で7-4で勝利した。

イースタン選抜7-4社会人選抜

チーム
社会人
イ選抜

【イ】本田(西)田村(西)中塚(西)森(ロ)

【社】立野(東海理化)中内(王子)河野(JFE西日本)

【本】村上(ヤ)佐藤竜(ホンダ)塩見(ヤ)

【試合経過】

社会人は1回表、2死から3番辻野(ホンダ)が中前安打。暴投で二進も4番喜納(NTT東日本)は左飛で無得点

イースタンは1回裏、1死一塁から3番村上の右越え4号2ランで先制

社会人は2回表、7番佐藤竜(ホンダ)の中越えソロで1-2

イースタンは3回裏、2番塩見の右越えソロで3-1

イースタンは4回裏、2死一、二塁から9番宮本の適時二塁打で2点を加え5-1

イースタン先発の本田は6回を5安打1失点6Kで降板

イースタンは7回裏、2死一、二塁から4番岩見の適時二塁打で2点を加え7-1

社会人は9回表、1死一、二塁から8番松本(ホンダ鈴鹿)の適時三塁打で2点。2死後1番下川(NTT東日本)の適時打で4-7としたが反撃もここまで。首位のイースタン選抜が勝利した

【イースタン選抜スタメン】

1(中)和田=ロ

2(右)塩見=ヤ

3(三)村上=ヤ

4(一)岩見=楽

5(遊)北村=巨

6(左)山田=楽

7(指)斉藤=西

8(捕)松本=ヤ

9(二)宮本=ヤ

先発P本田=西

【社会人選抜スタメン】

1(二)下川=NTT東日本

2(中)佐藤旭=東芝

3(捕)辻野=ホンダ

4(一)喜納=NTT東日本

5(三)森下=日立製作所

6(左)皆川=日本生命

7(右)佐藤竜=ホンダ

8(指)松本=ホンダ鈴鹿

9(遊)石川=東京ガス

先発P立野=東海理化

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

社会人選抜が韓国選抜に大勝/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇5日◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

13時からのイースタン選抜-ウエスタン選抜は3-1でイースタンが勝利。19時からの社会人選抜-韓国選抜は11-4で社会人が勝利した。

19時:社会人選抜11-4韓国選抜

チーム
社会人11
韓 国

【社】河野(NTT西日本)阿部良(日本通運)嘉陽(トヨタ自動車)

【本】佐藤竜(ホンダ)

【試合経過】

社会人選抜は1回表、1番下川(NTT東日本)が安打で出塁。その後、2死一、二塁とするも5番森下(日立製作所)が倒れ無得点

社会人選抜は2回表、1死一、二塁から9番石川(東京ガス)の適時打で先制。続く1番下川も適時打を放ち0-2。投手暴投で0-3。4番喜納(NTT東日本)の適時二塁打で4点目

韓国選抜は4回裏、2死二塁から5番宋の適時二塁打で1-4

社会人選抜は5回表、2死二塁から9番石川の適時二塁打で1点を追加

社会人選抜は6回表、4番喜納が左三塁打で出塁。5番森下の適時打で1-6

韓国選抜は6回裏、1死一、三塁から代打金の打球が野選を誘い2-6。5番宋が2打席連続となる適時打を放ち3-6。ここで社会人選抜は阿部良(日本通運)にスイッチ。後続を打ち取り追加点は許さず

社会人選抜は8回表、2死から連続四球で一、二塁とし、7番佐藤竜(ホンダ)が左中間へ3点本塁打。3-9

社会人選抜は9回表、1死二塁から2番佐藤旭(東芝)の中適時三塁打で3-10。なおも1死三塁から3番辻野(ホンダ)の打球が失策を誘い3-11

韓国選抜は9回裏、3者凡退で試合終了。社会人選抜3番手嘉陽(トヨタ自動車)が最後を締めた

【社会人選抜スタメン】

1(二)下川(NTT東日本)

2(中)佐藤旭(東芝)

3(捕)辻野(ホンダ)

4(一)喜納(NTT東日本)

5(三)森下(日立製作所)

6(左)皆川(日本生命)

7(右)佐藤竜(ホンダ)

8(指)松本(ホンダ鈴鹿)

9(遊)石川(東京ガス)

先発P=河野(JFE西日本)

13時:イースタン選抜3-1ウエスタン選抜

チーム
ウ選抜
イ選抜

【イ】橋本(巨)森(ロ)大江(巨)

【ウ】K-鈴木(オ)渡辺(ソ)

【本】和田(ロ)

【試合経過】

ウエスタンは1回表、2死から3番三森が内野安打も無得点

イースタンは1回裏、1番和田(ロッテ)が右三塁打。2番湯浅(巨人)は死球で無死一、三塁。3番塩見(ヤクルト)の遊ゴロ併殺打の間に和田が生還し1点先制

ウエスタンは3回表、2死満塁とするも5番狩野(DeNA)は二ゴロで無得点

イースタンは4回裏、1死一、三塁から一塁走者の村上(ヤクルト)が二盗。アウトのタイミングだったが遊撃手がタッチにいった際にグラブをはじかれボールが飛び出す間に三塁走者が生還。2-0

ウエスタンは5回表、無死一、二塁生かせず無得点

ウエスタンは6回表、1死三塁から7番藤谷(阪神)の二ゴロ(二塁手エラー)で1点返す

イースタンは6回裏、和田の1号ソロで3-1

ウエスタンは7回表、2走者を出したがいずれも二盗を岸田(巨人)に阻止されるなどで無得点

イースタンは9回表、ウエスタン3番手梅野(ヤクルト)の無失点で締め3-1で勝利。7勝3敗で首位に浮上

オリックスのK-鈴木

【イースタン選抜スタメン】

1(右)和田(ロ)

2(遊)湯浅(巨)

3(中)塩見(ヤ)

4(三)村上(ヤ)

5(一)安田(ロ)

6(左)加藤(巨)

7(指)山田(楽)

8(二)宮本(ヤ)

9(捕)斎藤(西)

先発P=橋本(巨)

【ウエスタン選抜スタメン】

1(右)佐野(オ)

2(中)西浦(オ)

3(一)三森(ソ)

4(左)谷川原(ソ)

5(遊)狩野(De)

6(二)百瀬(De)

7(三)藤谷(神)

8(指)大本(ソ)

9(捕)稲富(オ)

先発P=K鈴木(オ)

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

社会人選抜が韓国選抜に快勝/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇4日◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

13時からのウエスタン選抜-韓国選抜は、3-5で韓国選抜が勝利。19時からの社会人選抜-台湾選抜は8-3で社会人選抜が快勝した。

19時:社会人選抜8-3台湾選抜

チーム
社会人
台 湾

【社】阿部翔(日本生命)中内(王子)嘉陽(トヨタ自動車)

【試合経過】

社会人選抜は4回表、1死二、三塁から5番森下(日立製作所)が適時内野安打を放ち先制。続く6番皆川(日本生命)の犠飛で0-2。その後2死二、三塁とし8番松本(ホンダ鈴鹿)の2点適時三塁打で0-4とした

台湾選抜は4回裏、2死一、二塁から6番岳が適時打を放ち1-4

社会人選抜は5回表、無死一、三塁から3番辻野(ホンダ)の2点適時三塁打で1-6。再度一、三塁とし、5番森下の併殺崩れ間に1点

台湾選抜は6回裏、2死一塁から5番張の適時二塁打で1点返す

台湾選抜は7回裏、2死一塁から1番陳が適時三塁打を放ち3-7

台湾選抜は8回裏、3者凡退。この回から社会人選抜2番手で中内(王子)が登板

社会人選抜は9回表、2死二塁から5番森下の適時二塁打で3-8

台湾選抜は9回裏、この回登板の社会人選抜3番手嘉陽(トヨタ自動車)が3者凡退に抑え試合終了

【社会人選抜スタメン】

1(二)下川(NTT東日本)

2(中)佐藤旭(東芝)

3(捕)辻野(ホンダ)

4(一)嘉納(NTT東日本)

5(三)森下(日立製作所)

6(左)皆川(日本生命)

7(右)佐藤竜(ホンダ)

8(指)松本(ホンダ鈴鹿)

9(遊)石川(東京ガス)

先発P=阿部翔(日本生命)

13時:ウエスタン選抜3-5韓国選抜

チーム
韓 国
ウ選抜

【ウ】浜地(神)渡辺(ソ)田浦(ソ)田村(De)

【本】百瀬(De)

【試合経過】

韓国選抜は2回表、7番金亨俊が浜地(神)を強襲するタイムリーで2点先制

ウエスタン選抜は2回裏、2死一、三塁から8番百瀬(DeNA)が3ランを放ち逆転

韓国選抜は3回表、1死二塁から3番李の中前適時打で3-3

韓国選抜は9回表、代打の崔が四球で出塁。投手田村(DeNA)の牽制悪送球で無死三塁。8番金の適時二塁打で3-4。その後1死三塁とし、1番柳の左犠飛で3-5とした

ウエスタン選抜は9回裏、3者凡退で試合終了

阪神浜地真澄

【ウエスタン選抜スタメン】

1(一)高松=中

2(右)佐野=オ

3(二)三森=ソ

4(三)増田=ソ

5(左)田城=ソ

6(指)稲富=オ

7(中)伊藤=中

8(遊)百瀬=De

9(捕)長坂=神

先発P=浜地(神)

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

イ選抜、ウ選抜ともに敗戦/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇3日◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

3日13時からのウエスタン選抜-台湾選抜は0-9で台湾選抜が勝利した。19時からのイースタン選抜-韓国選抜は6-8の乱打戦を韓国選抜が制した。

19時:イースタン選抜6-8韓国選抜

チーム
韓 国
イ選抜

【イ】星(ヤ)田村(西)中塚(西)

【試合経過】

韓国選抜は1回表、1死満塁から投手星(ヤクルト)の暴投で先制。二、三塁から5番高の内野ゴロの間に1点を追加し0-2

イースタン選抜は1回裏、和田(ロッテ)が右安打で出塁。2番湯浅(巨人)の打席で二盗成功し、さらに捕手からの送球がそれ三塁に進塁。1死後、3番安田(ロッテ)が左犠飛を放ち1-2

韓国選抜は2回表、7番呉の中越え本塁打で1-3

イースタン選抜は5回裏、2死二、三塁から2番湯浅の2点適時打で同点。その後、湯浅が二盗を成功させ3番安田の左適時打で逆転。4-3

韓国選抜は6回表、1死から5番高が出塁も後続が倒れ無得点。この回からイースタン選抜2番手で田村(西武)が登板

韓国選抜は7回表、2死満塁から4番宋が2点適時打を放ち逆転。さらに5番高も適時打を放ち4-6

イースタン選抜は7回裏、2死二塁から2番湯浅の適時打で5-6

韓国選抜は8回表、走者を出すも無得点。この回からイースタン選抜3番手で中塚(西武)が登板

韓国選抜は9回表、無死二、三塁から4番宋が2点適時打を放ち5-8

イースタン選抜は9回裏、2死一、三塁から2番湯浅が一塁線を破る適時二塁打で6-8。湯浅はこの試合3本目の適時打。なおも二、三塁と一打同点の場面を作るも、途中出場の村上(ヤクルト)が投ゴロに倒れ試合終了

【イースタン選抜スタメン】

1(中)和田=ロ

2(二)湯浅=巨

3(三)安田=ロ

4(一)岩見=楽

5(左)山田=楽

6(指)松本=ヤ

7(捕)斎藤=西

8(右)加藤=巨

9(遊)北村=巨

先発P=星(ヤ)

13時:ウエスタン選抜0-9台湾選抜

チーム
ウ選抜
台 湾

【ウ】榊原(オ)石井(神)

【試合経過】

台湾選抜は1回裏、1死二、三塁から投手榊原(オリックス)の暴投で1点先制、さらに2死一、三塁から6番范の2点中適時二塁打で3-0

台湾選抜は3回裏、1死一、二塁から5番廖の右適時打で4-0、6番范の左適時二塁打で5-0、さらに1死二、三塁から7番岳の左犠飛で6-0

台湾選抜は5回裏、3者凡退。この回からウエスタン選抜2番手で石井(阪神)が登板

台湾選抜は6回裏、2本の安打と四球で無死満塁とし、9番李の犠飛で7-0

台湾選抜は8回裏、無死二、三塁から9番李の打球が失策を誘い追加点。さらに一、三塁から1番陳が左適時打を放ち9-0

ウエスタン選抜は9回表、途中出場の田城(ソフトバンク)が安打で出塁も、後続が倒れ試合終了

【ウエスタン選抜スタメン】

1(中)佐野=オ

2(二)高松=中

3(一)増田=ソ

4(右)宮本=De

5(遊)狩野=De

6(左)伊藤=中

7(捕)谷川原=ソ

8(指)大本=ソ

9(三)藤谷=神

先発P 榊原=オ

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

社会人選抜がウ選抜に快勝/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇2日◇台湾

イースタン選抜-台湾選抜は、イースタン選抜の安田尚憲内野手(ロッテ)のサヨナラ打で逆転勝ちした。ウエスタン選抜-社会人選抜は2-5で社会人選抜が勝利。韓国選抜戦で17奪三振を記録した先発の小島康明(きらやか銀行)が8回2失点9奪三振の好投を見せた。

アジア・ウインターリーグには日本からイースタン選抜、ウエスタン選抜、社会人選抜の3チーム、さらに台湾選抜、韓国選抜を加えた計5チームが参戦。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

19時:ウエスタン選抜2-5社会人選抜

チーム
ウ選抜
社会人

【ウ】石川(中)山本(中)田村(De)

【社】小島(きらやか銀行)嘉陽(トヨタ自動車)

【試合経過】

社会人選抜は2回無死満塁から7番龍(三菱日立パワーシステムズ)の適時打で先制。暴投で1点を追加しなおも2死から9番石川(東京ガス)の2点適時打でこの回4点を奪った。

ウエスタン選抜は3回1死三塁から1番田城(ソフトバンク)の内野ゴロの間に1点。

ウエスタン選抜は7回1死から6番長坂(阪神)の中前安打で出塁。代走高松(中日)が二盗に成功。2死から8番百瀬(DeNA)の適時打で2点差と詰め寄った。

社会人選抜は7回、ウエスタン選抜2番手の山本(中日)を攻め1死一、三塁から3番佐藤拓(JR東日本)の左犠飛で5-2と突き放した。

【ウエスタン選抜スタメン】

1(左)田城=ソ

2(三)谷川原=ソ

3(二)三森=ソ

4(右)大本=ソ

5(捕)山本=De

6(一)長坂=神

7(中)伊藤=中

8(遊)百瀬=De

9(指)佐野=オ

先発P=石川(中)

【社会人選抜スタメン】

1(二)下川=NTT東日本

2(中)佐藤旭=東芝

3(左)佐藤拓=JR東日本

4(一)丸子=JR東日本

5(捕)辻野=ホンダ

6(三)森下=日立製作所

7(右)龍=三菱日立パワーシステムズ

8(指)茶谷=鷺宮製作所

9(遊)石川=東京ガス

先発P=小島(きらやか銀行)

13時:イースタン選抜7-6台湾選抜

チーム
台 湾
イ選抜2×

【イ】西口(楽)橋本(巨)渡辺(楽)

【試合経過】

イースタン選抜は1回無死一、三塁から3番愛斗(西武)の2点適時打で先制

台湾選抜は4回無死一、三塁から4番張の犠飛で1点差と詰め寄った

イースタン選抜は5回二死三塁から3番愛斗の本塁打で4-1とし、二死二塁から5番村上(ヤクルト)の適時打で5-1

台湾選抜は6回2死から3番陳子豪の右本塁打で5-2

台湾選抜は7回投手橋本(巨人)の暴投で5-3

台湾選抜は9回遊ゴロの間に1点を返し5-4。さらに2死一、二塁から1番陳文杰の右安打で5-5の同点、さらに投手渡辺の暴投で6-5と逆転した

イースタン選抜は9回1死二、三塁から二ゴロ間に加点し6-64番安田(ロッテ)が投手強襲のサヨナラ内野安打で勝利

【イースタン選抜スタメン】

1(遊)北村=巨

2(二)宮本=ヤ

3(左)愛斗=西

4(三)安田=ロ

5(一)村上=ヤ

6(指)岩見=楽

7(捕)松本=ヤ

8(中)加藤=巨

9(右)和田=ロ

先発P=西口(楽)

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

イ選抜が社会人選抜に勝利/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇1日◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

1日は13時からイースタン選抜と社会人選抜が対戦。同点の8回に代打岩見の勝ち越しソロ本塁打でイースタン・リーグ選抜が勝利した。

19時:台湾選抜2-3韓国選抜

チーム
台 湾
韓 国×

13時:イースタン選抜3-2社会人選抜

チーム
社会人
イ選抜

【イ】池田(楽)森(ロッテ)中塚(西)梅野(ヤ)

【社】阿部良(日本通運)高橋(日本生命)

【本】岩見(8回に阿部良から)

【試合経過】

社会人は1回表、1死二、三塁から暴投で1点先制

イースタンは1回裏、2死から3番塩見が二塁打も4番村上は中飛で無得点

イースタンは2回裏、2死一、三塁から9番北村の適時打で1-1同点

イースタンは5回裏、1死三塁から1番宮本の適時二塁打で2-1と勝ち越し

社会人は6回表、1死一、二塁から5番森下の適時打で2-2同点

イースタンは8回裏、1死から代打岩見のソロ本塁打で3-2と勝ち越し

【イースタン選抜スタメン】

1(二)宮本=ヤ

2(遊)湯浅=巨

3(中)塩見=ヤ

4(三)村上=ヤ

5(捕)岸田=巨

6(右)加藤=巨

7(指)山田=楽

8(左)和田=ロ

9(一)北村=巨

先発P=池田(楽)

【社会人選抜スタメン】

1(二)下川(NTT東日本)

2(中)佐藤旭(東芝)

3(右)佐藤拓(JR東日本)

4(一)丸子(JR東日本)

5(三)森下(日立製作所)

6(左)龍(三菱日立パワーシステムズ)

7(捕)木南(日本通運)

8(遊)石川(東京ガス)

9(指)大保(JR東日本東北)

先発P=阿部良(日本通運)

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

イ選抜は勝利、ウ選抜敗れる/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇30日◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

30日13時からのイースタン選抜-韓国選抜は、村上(ヤクルト)の満塁本塁打などでイースタン選抜が勝利した。19時からのウエスタン選抜-台湾選抜は、台湾の2本塁打などでウエスタン選抜が敗れた。

19時:ウエスタン選抜1-5台湾選抜

チーム
台 湾
ウ選抜

【ウ】椎野(ソ)、山本拓実(中)、田村丈(De)、田浦文丸(ソ)

【試合経過】

ウエスタンは1回裏、2死三塁から4番宮本の適時二塁打で先制

台湾は4回表に8番陳晨威、1番陳文杰の2ラン2本で4得点し逆転

台湾は8回にも1点を追加

【ウエスタン選抜スタメン】

1(中)西浦=オ

2(左)伊藤=中

3(三)増田=ソ

4(右)宮本=De

5(一)狩野=De

6(捕)稲富=オ

7(指)藤谷=神

8(遊)百瀬=De

9(二)高松=中

先発P=椎野(ソ)

13時:イースタン選抜8-4韓国選抜

チーム
イ選抜
韓 国

【イ】大江(巨)田村(西)渡辺(楽)梅野(ヤ)

【本】村上3号(ヤ=満塁)

【試合経過】

イースタンは1回表、1死三塁から3番安田の犠飛で先制

韓国は1回裏、3番李聖圭の2ランで逆転

韓国は6回裏、無死一、三塁から5番高の適時打で3-1

イースタンは7回表、1死満塁から1番塩見の適時打で2-3。さらに代打村上が右越えに3号満塁本塁打を放ち6-3と逆転

イースタンは9回表、2死一、三塁から3番安田の適時二塁打で2点追加

【イースタン選抜スタメン】

1(左)塩見=ヤ

2(二)湯浅=巨

3(三)安田=ロ

4(中)愛斗=西

5(指)岸田=巨

6(遊)北村=巨

7(一)岩見=楽

8(捕)松本=ヤ

9(右)加藤=巨

先発P=大江(巨)

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

ウ選抜がイ選抜に完封勝ち/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇29日◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

13時からの社会人選抜-韓国選抜は引き分け。19時からのイースタン選抜-ウエスタン選抜はウエスタン選抜が勝利した。

19時:イースタン選抜-ウエスタン選抜

チーム
ウ選抜
イ選抜

【ウ】K-鈴木(オ)田村(De)渡辺(ソ)

【イ】本田(西)森(ロ)中塚(西)

【試合経過】

ウエスタンは1回表、3者凡退

イースタンは1回裏、2死走者なしから、3番村上が中越え二塁打で出塁。4番安田、5番塩見が連続四球で満塁。6番北村は三ゴロで無得点

ウエスタンは2回表、4番宮本、6番田城の安打などで無死満塁。1死後、8番長坂の内野ゴロの間に先制

イースタンは2回裏、3者凡退

ウエスタンは3回表、1番三森が中前安打で出塁。2番谷川原は適時二塁打を放ち追加点。2-0

イースタンは3回裏、3者凡退。村上の第2打席は空振り三振

ウエスタンは4回表、2死から長坂が出塁も、後続が倒れ無得点

イースタンは4回裏、3者凡退。安田の第2打席は遊飛

ウエスタンは5回表、1番三森が中前安打で出塁も、後続が倒れ無得点

イースタンは5回裏、3者凡退

ウエスタンは6回表、6番田城が右中間へ二塁打を放つも無得点。イースタン先発の本田は6回まで6安打2失点、5奪三振

イースタンは6回裏、2番和田が四球で出塁も無得点。村上、安田の第3打席はともに三振

ウエスタンは7回表、3者凡退。この回から森がイースタン2番手で登板

イースタンは7回裏、3者凡退。ウエスタン先発のK-鈴木は7回まで2安打無失点、5奪三振

ウエスタンは8回表、5番山本が中前安打、代走高松が二盗を決めるも無得点

イースタンは8回裏、3者凡退。この回から田村がウエスタン2番手で登板

ウエスタンは9回表、2死から代打大本が中越え二塁打で出塁も、後続が倒れ無得点。このから中塚がイースタン3番手で登板

イースタンは9回裏、3者凡退で試合終了。村上の第4打席は遊飛、安田は三振

【イースタン選抜スタメン】

1(左)加藤=巨

2(中)和田=ロ

3(三)村上=ヤ

4(指)安田=ロ

5(右)塩見=ヤ

6(遊)北村=巨

7(一)山田=楽

8(捕)斎藤=西

9(二)湯浅=巨

先発P=本田(西)

【ウエスタン選抜スタメン】

1(二)三森=ソ

2(一)谷川原=ソ

3(右)伊藤=中

4(左)宮本=De

5(指)山本=De

6(中)田城=ソ

7(三)藤谷=神

8(捕)長坂=神

9(遊)狩野=De

先発P=K-鈴木(オ)

13時:社会人選抜5-5韓国選抜

チーム
韓 国
社会人

【社】河野(JFE西日本)阿部翔(日本生命)嘉陽(トヨタ自動車)

【本】石川(東京ガス)

【試合経過】

韓国は1回表、1死三塁から犠飛で1点先制

社会人は1回裏、1死から佐藤旭が四球も無得点

社会人は2回裏、2死満塁から押し出し四球、佐藤旭の2点適時打で3-1と逆転

社会人は4回裏、石川のソロで4-1。さらに佐藤旭の適時打で1点加え5-1

社会人先発の河野は5回まで1安打1失点、9奪三振

社会人先発の河野は7回まで2安打1失点、13奪三振で降板

韓国は8回表、2死無走者から4安打、暴投などで4点奪い5-5同点

社会人は9回裏、3者凡退で無得点。5-5で引き分け

【社会人選抜スタメン】

1(二)下川(NTT東日本)

2(中)佐藤旭(東芝)

3(右)佐藤拓(JR東日本)

4(一)丸子(JR東日本)

5(三)森下(日立製作所)

6(左)龍(三菱日立パワーシステムズ)

7(捕)木南(日本通運)

8(遊)石川(東京ガス)

9(指)茶谷(鷺宮製作所)

先発P=河野(JFE西日本)

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

ウエスタン選抜は引き分ける/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇28日◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

14時からの社会人選抜-台湾選抜は2-4で社会人選抜が敗れた。台湾選抜は4連勝。19時からのウエスタン選抜-韓国選抜は4-4の引き分けに終わった。

19時:ウエスタン選抜4-4韓国選抜

チーム
ウ選抜
韓 国

【ウ】浜地(神)田浦(ソ)渡辺(ソ)山本(中)

【試合経過】

ウ選抜は1回表、西浦、谷川原の連続安打で無死一、三塁とするも後続が倒れ無得点。

韓国選抜は3回裏、1死一、二塁から1番打者の適時打で先制。

韓国選抜は4回裏、1死三塁から6番打者が適時打を放ち追加点。0-2。

ウ選抜は5回表、無死満塁から3番宮本、4番大本の連続適時打で逆転。4-2。

韓国選抜は6回裏、3者凡退。この回から田浦が2番手で登板。

韓国選抜は7回裏、1死から8番打者が安打で出塁するも、後続が倒れ無得点。この回から渡辺が3番手で登板。

ウ選抜は8回表、2死三塁の好機を作るも、7番長坂が三振に倒れ無得点。

韓国選抜は8回裏、2死三塁の好機を作るも無得点。この回から山本が4番手で登板。

韓国選抜は9回裏、2死二塁から9番打者が適時打を放ち1点差。さらに1番打者が四球でつなぎ一、二塁。2番打者に適時打が生まれ4-4の同点。3番打者は三振に倒れ試合終了。試合は引き分けに終わった。

【ウエスタン選抜スタメン】

1(中)西浦=オ

2(三)谷川原=ソ

3(右)宮本=De

4(左)大本=ソ

5(一)増田=ソ

6(捕)稲富=オ

7(指)長坂=神

8(二)百瀬=De

9(遊)高松=中

先発P=浜地(神)

14時:社会人選抜2-4台湾選抜

チーム
台 湾
社会人

【社】嘉陽(トヨタ自動車)高橋(日本生命)阿部(日本生命)

【社会人選抜スタメン】

1(二)下川(NTT東日本)

2(中)佐藤旭(東芝)

3(右)佐藤拓(JR東日本)

4(一)丸子(JR東日本)

5(三)森下(日立製作所)

6(左)龍(三菱日立パワーシステムズ)

7(捕)木南(日本通運)

8(遊)石川(東京ガス)

9(指)大保(JR東日本東北)

先発P=嘉陽(トヨタ自動車)

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

イ選抜は大敗…4連勝逃す/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇27日◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

13時からのウエスタン選抜-社会人選抜は9-9の引き分け。社会人が一時、5点差を付けるもウエスタン選抜が残り3イニングで追い付いた。19時からはイースタン選抜-台湾選抜が対戦し1-12でイースタン選抜が敗れ、開幕4連勝を逃した。

19時:イースタン選抜1-12台湾選抜

チーム
イ選抜
台 湾12

【イ】橋本(巨)田村(西)渡辺(楽)梅野(ヤ)

【試合経過】

台湾選抜は1回裏、無死一、三塁から3番打者の内野ゴロの間に1点を先制。その後2本の適時打で0-3とした。

台湾選抜は3回裏、無死三塁から2番打者の犠飛で1点を追加。

台湾選抜は5回裏、二死から4番打者の本塁打で1点を追加。5-0。

台湾選抜は6回裏、この回から登板のイースタン選抜2番手田村から1死満塁の好機を作り、1番打者が2点適時打を放ち0-7。その後3本の適時打などでこの回一挙7得点とし、0-12とした。

イ選抜は7回表、2死二、三塁の好機を作るも、7番岩見が三振に倒れ無得点。

台湾選抜は7回裏、3者凡退。この回から渡辺が3番手で登板。

イ選抜は8回表、代打湯浅が失策で出塁。1死後、1番塩見が安打を放ち一、三塁。2番北村の内野ゴロの間に1点を返し1-12。

台湾選抜は8回裏、3者凡退。この回から梅野が4番手で登板。

イ選抜は9回表、3者凡退に倒れ試合終了。

【イースタン選抜スタメン】

1(中)塩見=ヤ

2(遊)北村=巨

3(指)村上=ヤ

4(三)安田=ロ

5(右)愛斗=西

6(捕)岸田=巨

7(一)岩見=楽

8(左)山田=楽

9(二)宮本=ヤ

先発P=橋本(巨)

13時:ウエスタン選抜9-9社会人選抜

チーム
社会人
ウ選抜

【ウ】石井(神)榊原(オ)

【社】阿部(日本通運)河野(JFE西日本)中内(王子)

【本】宮本(ウ=De)

阪神石井将希

【試合経過】

社会人選抜は1回表、5番森下(日立製作所)6番辻野(ホンダ)の連続タイムリーで2点先制

社会人選抜は3回表、6番辻野(ホンダ)の犠飛で3点目

社会人選抜は4回表、2番佐藤旭(東芝)が2点タイムリー

ウエスタン選抜は5回まで社会人選抜の阿部(日本通運)に1安打に抑えられた。

ウエスタン選抜は阪神石井が5回9安打5失点で降板。オリックス榊原が2番手登板。

社会人選抜の阿部(日本通運)は6回まで1安打無失点の力投。

ウエスタン選抜は7回裏、代打の宮本(DeNA)が2ラン

社会人選抜は8回表、9番石川(東京ガス)がタイムリー

社会人選抜は河野(JFE西日本)が3番手登板

ウエスタン選抜は8回裏、DeNA狩野、オリックス西浦のタイムリーで1点差に

社会人選抜は9回表、7番茶谷(鷺宮製作所)、9番石川(東京ガス)のタイムリーなどで3点を追加

ウエスタン選抜は9回裏、中日高松の適時内野安打で1点。さらにソフトバンク増田のタイムリーで1点を返すと、オリックス稲富が2点タイムリーを放ち同点に追い付いた。

試合は同点で終了

【社会人選抜スタメン】

1(二)下川(NTT東日本)

2(中)佐藤旭(東芝)

3(右)佐藤拓(JR東日本)

4(一)丸子(JR東日本)

5(三)森下(日立製作所)

6(捕)辻野(ホンダ)

7(左)茶谷(鷺宮製作所)

8(指)龍(三菱日立パワーシステムズ)

9(遊)石川(東京ガス)

先発P=阿部(日本通運)

【ウエスタン選抜スタメン】

1(二)三森=ソ

2(中)佐野=オ

3(左)伊藤=中

4(指)谷川原=ソ

5(捕)山本=D

6(右)田城=ソ

7(遊)百瀬=D

8(三)藤谷=神

9(一)狩野=D

先発P=石井(神)

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

社会人選抜・小島17K完投/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇26日◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

13時からのイースタン選抜とウエスタン選抜は3-1でイースタンが勝ち開幕3連勝とした。19時からの社会人選抜と韓国選抜は4-2で社会人選抜が勝利。先発の小島康明(きらやか銀行)が9者連続を含む17奪三振、2失点完投勝利を挙げた。

19時:社会人選抜4-2韓国選抜

チーム
社会人
韓 国

【社】小島(きらやか銀行)

【試合経過】

社会人選抜は1回表、2死二塁から4番丸子(JR東日本)の一塁適時内野安打で先制。

社会人選抜は4回表、2本の安打と四球で1死満塁とし、8番石川(東京ガス)の打席でバッテリーエラーの間に1点を追加。2-0。

韓国選抜は4回裏、1死一塁から3番打者が左翼へ2点本塁打を放ち同点に追いつく。

社会人選抜は5回表、2死から3番佐藤拓(JR東日本)の二塁打、4番丸子の四球で一、二塁とするも後続が倒れ無得点。

韓国選抜は6回裏、3者凡退。社会人選抜先発の小島(きらやか銀行)は4回途中から7者連続奪三振。

社会人選抜は7回表、先頭の下川(NTT東日本)が安打で出塁。2番佐藤旭(東芝)は犠打を試み、相手守備の失策も絡み無死二、三塁とする。3番佐藤拓が犠飛を放ち1点勝ち越し。さらに4番丸子が中前適時打を放ち、4-2とした。

韓国選抜は6回裏、3者凡退。小島は先頭打者、次打者も三振に取り9者連続奪三振を記録。10者連続は惜しくも逃す。

社会人選抜は9回表、1死三塁の好機を作るも後続が倒れ無得点。

韓国選抜は9回裏、走者を出すも無得点で試合終了。小島は17奪三振、2失点で完投勝利。

【社会人選抜スタメン】

1(二)下川(NTT東日本)

2(中)佐藤旭(東芝)

3(右)佐藤拓(JR東日本)

4(一)丸子(JR東日本)

5(三)森下(日立製作所)

6(左)龍(三菱日立パワーシステムズ)

7(捕)木南(日本通運)

8(遊)石川(東京ガス)

9(指)茶谷(鷺宮製作所)

先発P=小島(きらやか銀行)

13時:イースタン選抜3-1ウエスタン選抜

チーム
イ選抜
ウ選抜

【イ】星(ヤ)森(ロ)大江(巨)

【ウ】石川(中)田村(De)田浦(ソ)山本(中)

【本】松本(ヤ)

【試合経過】

イースタンは1回表、無得点。3番村上の第1打席は四球、4番安田は中前安打

ウエスタンは1回裏、3者凡退。イ先発の星は直球が走り2K

イースタンは3回表、3者凡退。村上の第2打席は二直。ウ先発石川はスライダーのキレが良くここまで4K

イースタンは4回表、4番安田三振の後、山田が四球。岩見の左二塁打で二、三塁。暴投で1点先制。8番松本の左越え2ランで3-0

イースタンは5回表、3者凡退。村上、安田の第3打席はともに二ゴロ

ウエスタンは5回裏、先頭の5番増田が中前安打。しかし二盗失敗などで無得点。イ先発星は5回まで2安打無失点7K

ウエスタンは8回裏、2死一、二塁も西浦は三邪飛に倒れ無得点

ウエスタンは9回裏、2死二塁から増田の中越え適時二塁打で1点を返したが佐野は遊ゴロに倒れ試合終了。イースタンは開幕3連勝、ウエスタンは2連敗

【イースタン選抜スタメン】

1(中)和田=ロ

2(二)宮本=ヤ

3(三)村上=ヤ

4(指)安田=ロ

5(左)山田=楽

6(一)岩見=楽

7(右)加藤=巨

8(捕)松本=ヤ

9(遊)湯浅=巨

先発P=星(ヤ)

【ウエスタン選抜スタメン】

1(左)西浦=オ

2(指)伊藤=中

3(一)三森=ソ

4(右)大本=ソ

5(三)増田=ソ

6(中)宮本=De

7(捕)稲富=オ

8(二)高松=中

9(遊)狩野=De

先発P=石川(中)

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

楽天今江「則本のバーターだと…」ファンの姿に安心

仙台大で行われた「楽天イーグルス シーズン報告会2018」でファンと記念撮影に応じる楽天今江(最前列左)と則本

楽天今江年晶内野手(35)が25日、自虐ネタでファンの笑いを誘った。

則本、西宮、育成の松本と仙台大で行われた「楽天イーグルス シーズン報告会2018」に参加。トークショーやふれあいイベントなどで約2時間を過ごした。今江は「今日は則本のバーター的な存在だと思ったんですけど、意外に今江のタオルやグッズを持っている人がいたんで、安心しました」と言い、会場を笑いの渦に包んだ。

仙台大で行われた「楽天イーグルス シーズン報告会2018」でファンとのツーショット写真に応じる楽天今江(右)とその様子を伺う則本(左)

関連するニュースを読む

イ選抜が社会人選抜破り連勝/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇25日◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグ。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

イースタン選抜が社会人選抜を5-3で破り開幕2連勝。ヤクルト村上宗隆内野手、ロッテ安田尚憲内野手がアベック弾を放った。

13時:イースタン選抜5-3社会人選抜

チーム
イ選抜
社会人

【イ】西口(楽)渡辺(楽)田村(西)中塚(西)

【社】阿部(日本生命)中内(王子)嘉陽(トヨタ自動車)

【試合経過】

社会人選抜は5回裏、1死一塁から9番木南の左越え適時二塁打で1点を先制

イースタンは6回表、3番村上の右越え2ランで逆転

イースタンは8回表、3番村上、4番安田の連続ソロで4-1

社会人選抜は8回裏、森下の適時打などで2点を返し3-4

イースタン選抜は9回表、村上の適時打で5-3

【イースタン選抜スタメン】

1(二)湯浅=巨

2(左)愛斗=西

3(一)村上=ヤ

4(三)安田=ロ

5(遊)北村=巨

6(右)塩見=ヤ

7(指)山田=楽

8(捕)斎藤=西

9(中)加藤=巨

先発P=西口(楽)

【社会人選抜スタメン】

1(二)下川(NTT東日本)

2(中)佐藤旭(東芝)

3(右)佐藤拓(JR東日本)

4(一)丸子(JR東日本)

5(三)森下(日立製作所)

6(左)龍(三菱日立パワーシステムズ)

7(指)茶谷(鷺宮製作所)

8(遊)石川(東京ガス)

9(捕)木南(日本通運)

先発P=阿部(日本生命)

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

イ選抜が韓国に逆転勝利ほか/アジア冬季リーグ詳細

<アジア・ウインターリーグ>◇24日◇台湾

期待の若手が腕を磨くアジア・ウインターリーグが開幕。日本からはイースタン・リーグ選抜、ウエスタン・リーグ選抜、社会人選抜が参加。ウ選抜は台湾と対戦し、1点リードの8回に逆転弾を許して負けた。イ選抜は韓国と対戦し勝利。

他に台湾選抜、韓国選抜の計5チームが出場。12月13日までレギュラーシーズン、同14日からプレーオフ、同16日に優勝決定戦が行われる。

19時:イースタン選抜6-3韓国選抜

チーム
韓 国
イ選抜×

【イ】池田(楽)森(ロ)大江(巨)梅野(ヤ)

【イースタン選抜スタメン】

1(中)塩見=ヤ

2(二)宮本=ヤ

3(右)愛斗=西

4(三)村上=ヤ

5(一)安田=ロ

6(遊)北村=巨

7(指)岩見=楽

8(捕)岸田=巨

9(左)和田=ロ

先発=池田=楽

13時:ウエスタン選抜2-3台湾選抜

チーム
台 湾
ウ選抜

【ウ】椎野(ソ)田浦(ソ)山本拓(中)田村丈(D)渡辺雄大(ソ)

【ウエスタン選抜スタメン】

1(中)西浦=オ

2(右)佐野=オ

3(二)三森=ソ

4(一)増田=ソ

5(三)藤谷=神

6(指)山本祐=D

7(捕)長坂=神

8(左)田城=ソ

9(遊)百瀬=D

先発=椎野=ソ

日本参加メンバー

NPBウエスタン選抜

【監督】

関川浩一(ソフトバンク)

【コーチ】

安藤優也(阪神)

入来祐作(ソフトバンク)

斎藤俊雄(オリックス)

辻竜太郎(オリックス)

永池恭男(DeNA)

英  智(中日)

山川周一(ソフトバンク)

【投手】

浜地真澄(阪神)

石井将希(阪神)

椎野 新(ソフトバンク)

田浦文丸(ソフトバンク)

渡辺雄大(ソフトバンク)

K-鈴木(オリックス)

榊原 翼(オリックス)

石川 翔(中日)

山本拓実(中日)

田村 丈(DeNA)

【捕手】

長坂拳弥(阪神)

谷川原健太(ソフトバンク)

稲富宏樹(オリックス)

山本祐大(DeNA)

【内野手】

増田 珠(ソフトバンク)

三森大貴(ソフトバンク)

高松 渡(中日)

狩野行寿(DeNA)

百瀬大騎(DeNA)

【外野手】

藤谷洸介(阪神)

大本将吾(ソフトバンク)

田城飛翔(ソフトバンク)

西浦颯大(オリックス)

佐野皓大(オリックス)

伊藤康祐(中日)

宮本秀明(DeNA)

NPBイースタン選抜

【監督】

高田 誠(巨人)

【コーチ】

小野晋吾(ロッテ)

小山伸一郎(楽天)

星 孝典(西武)

北川博敏(ヤクルト)

片岡治大(巨人)

松本哲也(巨人)

会田有志(巨人)

【投手】

大江竜聖(巨人)

橋本篤郎(巨人)

星 知弥(ヤクルト)

梅野雄吾(ヤクルト)

森遼大朗(ロッテ)

池田隆英(楽天)

渡辺佑樹(楽天)

西口直人(楽天)

中塚駿太(西武)

田村伊知郎(西武)

本田圭佑(西武)

【捕手】

岸田行倫(巨人)

松本直樹(ヤクルト)

斎藤誠人(西武)

【内野手】

北村拓己(巨人)

湯浅 大(巨人)

宮本 丈(ヤクルト)

村上宗隆(ヤクルト)

安田尚憲(ロッテ)

岩見雅紀(楽天)

山田大樹(楽天)

【外野手】

加藤脩平(巨人)

塩見泰隆(ヤクルト)

和田康士朗(ロッテ)

愛  斗(西武)

社会人選抜

【監督】

石井章夫(東京ガス)

【投手】

温水賀一(大阪ガス=九産大)

小島康明(きらやか銀行=東農大)

阿部良亮(日本通運=東洋大)

中内洸太(王子=関学大)

嘉陽宗一郎(トヨタ自動車=亜大)

立野和明(東海理化=中部大一高)

阿部翔太(日本生命=成美大)

山田義貴(西部ガス=亜大)

河野竜生(JFE西日本=鳴門高)

高橋拓巳(日本生命=桐蔭横浜大)

【捕手】

渡辺和哉(JR東日本=専大)

木南 了(日本通運=帝京大)

辻野雄大(ホンダ=白鴎大)

【内野手】

丸子達也(JR東日本=早大)

田場亮平(沖縄電力=前原高)

喜納淳弥(NTT東日本=桐蔭横浜大)

大保優真(JR東日本東北=星槎道都大)

下川知弥(NTT東日本=駒大)

森下翔平(日立製作所=東海大)

石川裕也(東京ガス=日大国際関係学部)

小深田大翔(大阪ガス=近大)

北村祥治(トヨタ自動車=亜大)

【外野手】

佐藤竜彦(ホンダ=立大)

佐藤拓也(JR東日本=立大)

茶谷良太(鷺宮製作所=東洋大)

龍幸之介(三菱日立パワーシステムズ=白鴎大)

松本桃太郎(ホンダ鈴鹿=仙台大)

皆川 仁(日本生命=立正大)

佐藤 旭(東芝=慶大)

関連するニュースを読む

ホンダ鈴鹿・松本桃太郎が指名漏れ乗り越え快勝貢献

<社会人野球日本選手権:ホンダ鈴鹿10-1沖縄電力>◇3日◇1回戦◇京セラドーム大阪

ホンダ鈴鹿(三重)が沖縄電力(沖縄)に勝利し、1回戦を突破した。

1点を追う4回1死二塁から3番DHの松本桃太郎内野手(23=仙台大)が、同点の右前適時打。松本桃は5回にも5点目を奪う中堅への適時二塁打を放つなど快勝に貢献した。

先月行われたドラフト会議。ホンダ鈴鹿からは松本桃に加え、平尾奎太投手(24=同大)滝中瞭太投手(23=龍谷大)柘植世那捕手(21=高崎健康福祉大高崎)の4人がドラフト有力候補に挙げられながら、全員指名漏れという結果に終わった。その日の夜、松本桃は平尾ら同期7人と食事に出掛け、夜遅くまで語り合ったという。「ショックが大きかった。寝られなかったですし、声をかけてもらって気持ちの整理がついた」。あらためて同期のありがたみも感じ、気持ちを切り替えた。

「活躍して取らなかったことを後悔させてやる、という強い気持ちを持っています。指名されるのであれば、上位に食い込んでいける選手にならないと駄目だよね、というのは言っています」と松本桃。8日の次戦は、阪神ドラフト1位の近本光司外野手(23=関学大)のいる大阪ガス戦。ホンダ鈴鹿の4人は来年のドラフトを目指して、この大会をアピールの場にする。

関連するニュースを読む

“隠し玉”は桃太郎、振る力に話題性も/サブロー氏

松本桃太郎

<編成部長サブロー氏>

今夏の高校野球100回大会で日刊スポーツ「編成部長」を務めた前ロッテ・サブロー氏(42)の“隠し玉”は、桃太郎だ。

25日のプロ野球ドラフト会議で指名を待つホンダ鈴鹿の松本桃太郎内野手(23=仙台大)は、仙台大時代に仙台6大学リーグ歴代最多安打を25年ぶりに更新する通算120安打をマークした。大学時代は指名漏れしたが、ホンダ鈴鹿では侍ジャパンの社会人代表にも選出されるなど、持ち味の打撃力を磨いてきた。

右投げ左打ちの三塁手。サブロー氏は「いいバッターがほしい球団にお薦め。試合でもフルスイングできる、強く振る力がある。打率を残せて、本塁打も打てる中距離ヒッター。楽天の茂木選手のようなタイプ」と期待する。登録名はもちろん「桃太郎」を推薦。「プロで活躍すれば人気が出そう」と話題性も十分だ。

同じホンダ鈴鹿の柘植世那捕手(21=高崎健康福祉大高崎)もお薦め候補としてリストアップ。高校時代は主将として甲子園出場。「今年はキャッチャーの候補が少ないから、順位を上げて指名する球団が出てくるかもしれない。キャッチャーらしいキャッチャー。捕ってからのスローイングが速い。二塁送球は安定して1・9秒ぐらいをマークする」と高評価する。

高校生では、大阪桐蔭・根尾、藤原、金足農(秋田)吉田らだけではなく、日大鶴ケ丘(西東京)勝又温史投手(3年)を「外れ1位」または「外れ外れ1位」の候補に挙げる。今夏の西東京大会を視察した際は、ダイヤモンドバックス平野に似た投球フォームから150キロ以上をマークした投球に加え、4番を任される打撃面でも強く振る力を高評価していた。

「身体能力、体のバネは、プロに入って鍛えれば大化けする可能性がある」と魅力を感じている。

今夏の高校野球100回大会の優勝投手、大阪桐蔭・柿木蓮投手(3年)、高い身体能力が魅力の横浜(神奈川)万波中正外野手(3年)らの将来性にも期待している。

関連するニュースを読む

東北福祉大70度目Vドラフト候補不在も鉄の結束力

リーグ通算70度目の優勝を成し遂げ、指で7を示す東北福祉大ナイン(撮影・高橋洋平)

<仙台6大学野球:東北福祉大7-0仙台大>◇最終節第2日◇21日◇東北福祉大野球場

今夏の全日本大学選手権で優勝した東北福祉大が仙台大を7-0の7回コールドで下し、10勝1敗の勝ち点5で2季連続70度目の優勝を果たした。6-0の7回裏2死から1番吉田隼外野手(4年=国士舘)が左前打で出塁。二盗を決めると相手捕手の悪送球も重なって一気にホームへ生還し、試合を決めた。27、28日に福島・ヨーク開成山スタジアムで行われる明治神宮大会東北地区代表決定戦で優勝し、3年ぶりの本大会出場を決める。

全日本MVP男の1番吉田が1人で試合を決めた。7回裏2死から左前打で出塁。続く2番の2球目に50メートル6秒0の快足を飛ばす。相手捕手が二塁悪送球をする間に一気に本塁へ生還し、完全優勝を決めた。「2年から試合に出してもらっていたのに、今までタイトルとは縁がなかった。何か取りたいと思っていた」。この日、2盗塁を加算し、初の盗塁王(12個)が当確。打撃タイトルとは無縁だった男が喜びを爆発させた。

例年と違ってドラフトにかかるプロ注目の選手はいないが、結束力でリーグ連覇を果たした。秋開幕後、調子の上がらなかった主将の古川澄也外野手(4年=花咲徳栄)が先発から外れることが多くなった。だがベンチで下を向くことなく、代わりに出場した後輩たちに「僕が腐ってても、チームはまとまらない。とにかく声を出さないと」とハッパを掛け続けていた。

その姿を見た4年生が燃えた。副主将の吉田は「主将の人柄。試合に出なくても、チームの一体感をつくりだしてくれた。めっちゃ感謝している」と古川をたたえ、「自分はプレーで引っ張る」と切り込み隊長として打撃と足でチームをけん引した。目指すは同校初となる連続の全国優勝だ。27日の決定戦初戦はリーグ新記録の10連覇を達成した富士大(北東北)と激突する。吉田は「自分たちが伝説の世代になる。その力もまとまりも、今のチームにはある」と一枚岩を強調。神宮大会優勝まであと5試合。「鉄の結束力」で走りきる。【高橋洋平】

関連するニュースを読む