au版ニッカンプロ野球

記事検索

プロ野球12球団 戦力外、引退、移籍選手/一覧

今秋、プロ野球12球団で引退、戦力外通告、移籍などで退団する選手は以下の通り。12球団合同トライアウトは11月13日にタマホーム スタジアム筑後で行われ48人が参加した。

(※は育成選手)

西武

菊池雄星投手(27)→ポスティングシステムでマリナーズ移籍

浅村栄斗内野手(28)→FA権行使して楽天移籍

炭谷銀仁朗捕手(31)→FA権行使して巨人移籍

松井稼頭央外野手(42)→現役引退→2軍監督

藤原良平投手(32)→戦力外通告→現役引退→ゼット株式会社

豊田拓矢投手(31)→戦力外通告→就職活動中

高橋朋己投手(29)→戦力外通告→育成契約

福倉健太郎投手(27)→戦力外通告→ビッグモーター

与座海人投手(23)→戦力外通告→育成契約

玉村祐典投手(22)→戦力外通告→合同トライアウト受験→社会人野球・オールフロンティア

藤沢亨明捕手(28)→戦力外通告→合同トライアウト受験→現役続行希望

坂田遼外野手(32)→戦力外通告→現役引退→西武2軍スコアラー

ニール・ワグナー投手(34)→自由契約→米球界復帰希望

ブライアン・ウルフ投手(38)→自由契約→現役引退濃厚

ソフトバンク

本多雄一内野手(33)→現役引退→1軍内野守備走塁コーチ

五十嵐亮太投手(39)→戦力外通告→現役続行希望→ヤクルト復帰

摂津正投手(36)→戦力外通告→現役続行希望→現役引退

寺原隼人投手(35)→戦力外通告→現役続行希望→ヤクルト

笠原大芽投手(23)→戦力外通告→育成契約

小沢怜史投手(20)→戦力外通告→育成契約

張本優大捕手(28)→戦力外通告→育成契約

古沢勝吾内野手(22)→戦力外通告→育成契約

黒瀬健太内野手(21)→戦力外通告→育成契約

茶谷健太内野手(20)→戦力外通告→ロッテと育成契約

吉村裕基外野手(34)→戦力外通告→合同トライアウト受験→海外も視野に現役続行希望

城所龍磨外野手(33)→戦力外通告→合同トライアウト受験→現役引退→球団職員

※伊藤祐介投手(27)→戦力外通告→合同トライアウト受験→打撃投手

※斎藤誠哉投手(22)→戦力外通告→合同トライアウト受験→BC栃木

※児玉龍也投手(24)→戦力外通告→合同トライアウト受験→球団職員

※山下亜文投手(22)→戦力外通告→合同トライアウト受験→巨人と育成契約

※樋越優一捕手(25)→戦力外通告→現役引退→球団職員

※森山孔介内野手(20)→戦力外通告→合同トライアウト受験→現役引退→ソフトバンク本社社員

※松本龍憲内野手(19)→戦力外通告→合同トライアウト受験→BC福井

※幸山一大外野手(22)→戦力外通告→大学進学希望

日本ハム

高梨裕稔投手(27)→2対2の交換トレードでヤクルト移籍

太田賢吾内野手(21)→2対2の交換トレードでヤクルト移籍

石井裕也投手(37)→現役引退→打撃投手

矢野謙次外野手(38)→現役引退→チーム統轄本部特命コーチ

新垣勇人投手(33)→戦力外通告→合同トライアウト受験→現役引退→東芝投手コーチ

高良一輝投手(24)→戦力外通告→合同トライアウト受験→未定

大嶋匠捕手(28)→戦力外通告→現役引退→未定

大累進内野手(28)→戦力外通告→球団職員

森本龍弥内野手(24)→戦力外通告→育成契約

ブランドン・レアード内野手(31)→退団→ロッテ移籍

オズワルド・アルシア外野手(27)→退団→米球界復帰希望

マイケル・トンキン投手(29)→退団→レンジャーズとマイナー契約

オリックス

西勇輝投手(28)→FA宣言し阪神移籍

小谷野栄一内野手(37)→現役引退→楽天1軍打撃コーチ

中島宏之内野手(36)→自由契約→巨人

金子千尋投手(35)→自由契約→日本ハム

佐藤達也投手(32)→戦力外通告→現役引退→球団広報部

大山暁史投手(30)→戦力外通告→打撃投手

塚原頌平投手(26)→戦力外通告→育成契約

佐藤世那投手(21)→戦力外通告→合同トライアウト受験→現役続行希望

戸田亮投手(30)→戦力外通告→現役引退→会社員

縞田拓弥内野手(31)→戦力外通告→球団本部編成部アマチュアスカウトグループ

園部聡内野手(22)→戦力外通告→合同トライアウト受験→社会人野球

坂本一将内野手(27)→戦力外通告→現役引退→会社員

吉田雄人外野手(23)→戦力外通告→現役引退→会社員

本田仁海投手(19)→戦力外通告→育成契約

ドン・ローチ投手(28)→退団→米球界復帰希望

ロッテ

岡田幸文外野手(34)→現役引退→ロッテに籍を置き、BC栃木へコーチとして派遣

大隣憲司投手(33)→現役引退→2軍投手コーチ

根元俊一内野手(35)→現役引退→1軍内野守備走塁コーチ

金沢岳捕手(34)→現役引退→2軍バッテリーコーチ

宮崎敦次投手(25)→戦力外通告→合同トライアウト受験→広島打撃投手

タナー・シェッパーズ投手(31)→退団→米球界復帰希望

エドガー・オルモス投手(28)→退団→米球界復帰希望

マット・ドミンゲス内野手(29))→退団→米球界復帰希望

肘井竜蔵外野手(22)→戦力外通告→現役引退→日本プロ野球選手会事務局

※安江嘉純投手(26)→戦力外通告→会社員

楽天

菊池保則投手(29)→福井優也投手との交換トレードで広島移籍

小山雄輝投手(29)→戦力外通告→現役引退→巨人球団職員

寺岡寛治投手(25)→戦力外通告→育成契約

鶴田圭祐投手(21)→戦力外通告→育成契約

野元浩輝投手(20)→戦力外通告→育成契約

ジョシュ・コラレス投手(28)→戦力外通告→合同トライアウト受験→現役続行希望

細川亨捕手(38)→戦力外通告→現役続行希望→ロッテ

伊志嶺忠捕手(33)→戦力外通告→現役引退→ブルペン捕手

下妻貴寛捕手(24)→戦力外通告→育成契約

吉持亮汰内野手(24)→戦力外通告→育成契約

ジャフェット・アマダー内野手(31)→退団→現役続行希望

聖沢諒外野手(32)→戦力外通告→現役引退→楽天アカデミーコーチ

カルロス・ペゲーロ外野手(31)→退団→米球界復帰希望

オコエ・ディクソン外野手(28)→退団→米球界復帰希望

枡田慎太郎外野手(31)→戦力外通告→合同トライアウト受験→現役引退→未定

ルシアノ・フェルナンド外野手(26)→戦力外通告→育成契約

※横山貴明投手(27)→戦力外通告→合同トライアウト受験→未定

※宮川将投手(27)→戦力外通告→合同トライアウト受験→BC武蔵選手兼任コーチ

※入野貴大投手(29)→戦力外通告→未定

※匠内野手(20)→戦力外通告→未定

※向谷拓巳内野手(21)→戦力外通告→未定

広島

丸佳浩外野手(29)→FA権行使して巨人移籍

福井優也投手(30)→菊池保則投手との交換トレードで楽天移籍

新井貴浩内野手(41)→現役引退→野球評論家

天谷宗一郎外野手(34)→現役引退→中国放送で解説者

ジェイ・ジャクソン投手(31)→退団→現役続行希望

レオネル・カンポス投手(31)→退団→米球界復帰希望

佐藤祥万投手(29)→戦力外通告→一般企業就職

オスカル投手(27)→戦力外通告→合同トライアウト受験→新日鉄住金かずさマジック

辻空投手(24)→戦力外通告→合同トライアウト受験→独立リーグか社会人野球

ブラッド・エルドレッド内野手(38)→退団→現役続行希望

青木陸内野手(20)→戦力外通告→一般企業就職予定

土生翔平外野手(29)→戦力外通告→スコアラー

※ジョアン・タバーレス投手(23)→戦力外通告→BC滋賀

ヤクルト

秋吉亮投手(29)→2対2の交換トレードで日本ハム移籍

谷内亮太内野手(27)→2対2の交換トレードで日本ハム移籍

松岡健一投手(36)→現役引退→2軍投手コーチ

山本哲哉投手(33)→現役引退→ヤクルトスカウト

由規投手(28)→戦力外通告→楽天と育成契約

ジェイソン・ウルキデス投手(36)→自由契約→米球界復帰希望

マット・カラシティー投手(27)→自由契約→カブスとマイナー契約

成瀬善久投手(32)→戦力外通告→合同トライアウト受験→オリックス春季キャンプで入団テスト→オリックス

久古健太郎投手(32)→戦力外通告→合同トライアウト受験→現役引退→未定

古野正人投手(32)→戦力外通告→合同トライアウト受験→現役引退→阪神打撃投手

菊沢竜佑投手(30)→戦力外通告→現役引退→未定

大松尚逸内野手(36)→戦力外通告→海外も視野に現役続行希望

武内晋一内野手(34)→現役引退→球団編成部

鵜久森淳志外野手(31)→戦力外通告→合同トライアウト受験→現役引退→ソニー生命営業職

比屋根渉外野手(31)→戦力外通告→合同トライアウト受験→大和高田クラブ

巨人

長野久義外野手(34)→丸のFA人的補償で広島移籍

内海哲也投手(36)→炭谷のFA人的補償で西武移籍

橋本到外野手(28)→金銭トレードで楽天移籍

上原浩治投手(43)→自由契約→巨人と再契約

杉内俊哉投手(37)→現役引退→ファーム投手コーチ

山口鉄也投手(34)→現役引退→アカデミーコーチ

西村健太朗投手(33)→現役引退→アカデミーコーチ

脇谷亮太内野手(36)→現役引退→スカウト

アルキメデス・カミネロ投手(31)→退団→メッツとマイナー契約

篠原慎平投手(28)→戦力外通告→合同トライアウト受験→現役続行希望

廖任磊投手(25)→戦力外通告→合同トライアウト受験→西武

与那原大剛投手(20)→自由契約→育成契約

河野元貴捕手(27)→戦力外通告→合同トライアウト受験→未定

ケーシー・マギー内野手(36)→退団→未定

寺内崇幸内野手(35)→戦力外通告→現役引退→BC栃木監督

中井大介内野手(28)→戦力外通告→合同トライアウト受験→DeNA

辻東倫内野手(24)→戦力外通告→合同トライアウト受験→アカデミーコーチ

青山誠外野手(26)→戦力外通告→合同トライアウト受験→JX-ENEOS

※成瀬功亮投手(26)→戦力外通告→アカデミーコーチ

※田中大輝投手(26)→戦力外通告→現役引退→未定

※松沢裕介外野手(26)→戦力外通告→合同トライアウト受験→会社員

DeNA

G後藤武敏内野手(38)→現役引退→楽天2軍打撃コーチ

加賀繁投手(33)→現役引退→球団職員

須田幸太投手(32)→戦力外通告→合同トライアウト受験→JFE東日本

ジョー・ウィーランド投手(32)→自由契約→韓国・KIA

福地元春投手(28)→戦力外通告→合同トライアウト受験→BC信濃選手兼任コーチ

野川拓斗投手(27)→戦力外通告→未定

田中浩康内野手(36)→戦力外通告→現役引退→早大野球部コーチ

荒波翔外野手(32)→戦力外通告→海外も視野に現役続行希望

白根尚貴外野手(25)→戦力外通告→現役引退→未定

※亀井塔生捕手(21)→戦力外通告→現役続行希望

※網谷圭将内野手(21)→戦力外通告→ヤマハ

※武白志内野手(20)→戦力外通告→現役引退→未定

中日

岩瀬仁紀投手(43)→現役引退→野球評論家

荒木雅博内野手(41)→現役引退→2軍内野守備走塁コーチ

浅尾拓也投手(33)→現役引退→2軍投手コーチ

野本圭内野手(34)→現役引退→中日編成部スカウト

工藤隆人外野手(37)→現役引退→1軍外野守備走塁コーチ

ディロン・ジー投手(32)→自由契約→現役引退

オネルキ・ガルシア投手(29)→退団→阪神

若松駿太投手(23)→戦力外通告→合同トライアウト受験→BC栃木

谷哲也内野手(33)→戦力外通告→中日サブマネジャー

※山本雅士投手(23)→戦力外通告→合同トライアウト受験→BC富山

※吉田嵩投手(22)→戦力外通告→合同トライアウト受験→社会人野球

※西浜幹紘投手(25)→戦力外通告→教師(アマ指導者)

阪神

竹安大知投手(24)→西のFA人的補償でオリックス移籍

西岡剛内野手(34)→戦力外通告→合同トライアウト受験→現役続行希望

山本翔也投手(29)→戦力外通告→合同トライアウト受験→保険会社就職予定

今成亮太内野手(31)→戦力外通告→合同トライアウト受験→現役引退→アカデミー担当専属コーチ

西田直斗内野手(25)→戦力外通告→合同トライアウト受験→現役引退→未定

小豆畑真也捕手(30)→戦力外通告→ブルペン捕手

緒方凌介外野手(28)→戦力外通告→球団職員(広報部)

マルコス・マテオ投手(34)→自由契約→未定

ディエゴ・モレノ投手(31)→自由契約→米球界復帰希望

ウィリン・ロサリオ内野手(29)→自由契約→ツインズとマイナー契約

関連するニュースを読む

阪神に今必要なのは…引退今成が年賀式で見せたもの

阪神球団の仕事始めであいさつする、球団職員として入団した今成氏(撮影・加藤哉)

<虎だ虎だ虎になれ>

多くの企業同様、阪神球団でも7日に年賀式が行われました。1年の始まりに健闘を誓うこの場。そこでもっとも目立ったのは新しく指揮を執る矢野燿大ではなく、昨季限りで現役引退した今成亮太でした。今月1日付で球団職員となった今成は新任のあいさつを求められると突然「引退会見」を始めました。

甲子園球場に隣接する球団施設での年賀式には報道陣も出席します。それを十分、意識した上で「僕の引退会見にお集まりくださり、ありがとうございます」とぶちかましたのです。

今成といえば、しぶとい打撃技術もそうですが何より有名なのはものまねを始めとするパフォーマンス。秋に行われるファン感謝デーでチームメートをまねする姿は本当に面白かった。昨秋の同イベントではそれもなく、寂しい思いをしたものです。

以前から感じているのですが、阪神にいまひとつ欠けているのは今成のようなサービス精神ではないでしょうか。他球団のファンは、阪神といえばかつての豪放磊落(らいらく)なイメージを持っているかもしれませんが、現状は少し違います。

12球団でもメディアの目にさらされる面では1、2位を争う現実を受け、選手たちはいわゆる「悪目立ち」を避け、おとなしくしがち。ヒーローインタビューでも特別なことを言ったり、笑いを誘ったり、という様子はほとんど見られません。

新監督・矢野はそういう部分を指摘。「コメントでもファンを喜ばせよう」と口にしています。悪ふざけは見苦しいものですが、ファンに見られているということを意識しての言動は、やはり、プロとして重要だと思うのです。

今成は事業本部振興部に所属し、アカデミー担当専属コーチを務めます。簡単に言えば子どもたちに野球を教える立場になるそう。

「自分自身も勉強です。子どもたちには最終的に阪神に入ってもらって、ファン感謝デーでMVPを取ってもらいたい」。抱負も自身の過去を意識してのものでした。さらに「僕自身もまだ(現役の)チャンスがあるんじゃないかと思っている。ここで矢野監督にアピールしたい」とおまけも。もちろん冗談なのですが、こういうことをサラリと言うのが、今成なのです。

プレーで魅了し、コメントで笑わせ、ファンをとりこにする。広島にしろ、西武にしろ、強いチームにはそんなムードが生まれています。どちらが先なのかは分かりませんが、阪神にもそんな状況ができれば浮上も夢ではないと思うのです。(敬称略)【編集委員・高原寿夫】

関連するニュースを読む

阪神球団の今成氏 即席の“引退会見”で笑い誘う

阪神球団の仕事始めで新入団の紹介を行いあいさつする今成(撮影・加藤哉)

昨季限りで現役引退し、1月1日付で阪神の球団職員として入団した今成亮太氏(31)が7日、即席の“引退会見”で笑いを誘った。西宮市内の球団施設で行われた年賀式に出席。「僕の引退会見にお集まりくださりありがとうございます」と笑わせた。

今季からは事業本部振興部に所属し、アカデミー担当専属コーチを務める。「自分自身も勉強です。子どもたちには最終的に阪神タイガースに入ってもらってファン感でMVPを取ってもらいたい。僕自身もまだ(現役復帰の)チャンスがあるんじゃないかと思っているので、矢野監督にアピールしたい」と、また笑わせた。

関連するニュースを読む

48人が参加 プロ野球合同トライアウト/詳細

<12球団合同トライアウト>◇13日◇タマホームスタジアム筑後

12球団合同トライアウトに48人(投手29、野手19)が参加。西岡剛内野手(34=阪神)や成瀬善久投手(33=ヤクルト)らが現役続行目指しプレーした。当初参加予定だった大山暁史投手(30=オリックス)と伊志嶺忠捕手(33=楽天)が参加をとりやめ、新たに吉村裕基外野手(34=ソフトバンク)、城所龍磨外野手(33=ソフトバンク)、山下亜文投手(22=ソフトバンク)の3人が参加した。今年は初めて有料観覧席が設けられ、スタンド(内野のみ)は5536人、ほぼ満員のファンで埋まった。

トライアウトを終え報道陣からインタビューを受ける西岡剛(撮影・梅根麻紀)

トライアウトで打席の順番を待つ西岡剛と城所龍磨(右)(撮影・梅根麻紀)

新垣勇人(33=日本ハム)右腕

国士舘(甲)-横浜商大-東芝→12年ドラフト5位

今季成績=1試合、0勝0敗0S、防御率9・00

通算成績=12試合、1勝3敗0S、防御率7・96

今季推定年俸=820万円

河野(巨人) 四球

城所(ソフトバンク) 139キロ打ち上げ中飛

中井(巨人) 138キロ打って三ゴロ

最速は141キロ

「独特の緊張感だったけど、今まで培ってきたことを出せた。独立よりも社会人からの話を優先したい」

トライアウトには大勢のファンが詰めかけた(撮影・梅根麻紀)

トライアウトで二盗を決める城所龍磨、左は辻東倫(撮影・梅根麻紀)

コラレス(28=楽天)右腕

バレンシア高-カリフォルニア州大ドミンゲスヒルズ校-マリナーズ2A-三菱日立パワーシステムズ横浜-BC富山

今季成績=1軍登板無し

通算成績=1試合、0勝0敗0S、防御率15・00

今季推定年俸=600万円

西岡(阪神) 低め140キロ空振り三振

今成(阪神) 146キロ空振り三振 

青山(巨人) 高め150キロ空振り三振

最速は150キロ

「3つの三振を取れて、とても良かったよ。歓声もうれしかった。一番はNPBで野球を続けたいです。独立リーグでもオファーがあれば。日本でプレーしたい」

宮川将(28=楽天育成)右腕

大体大浪商-大体大→12年育成ドラフト1位

今季成績=1軍登板無し

通算成績=43試合、5勝1敗0S、防御率3・13

今季推定年俸=700万円

森山(ソフトバンク) 128キロ打って三塁ライナー  

菅原(元ロッテ) 129キロ打って三ゴロ

松沢(巨人) 148キロ詰まって遊飛

最速は148キロ

横山貴明(27=楽天育成)右腕

聖光学院(甲)-早大→13年ドラフト6位

今季成績=1軍登板無し

通算成績=30試合、1勝4敗0S、防御率7・05

今季推定年俸=590万円

吉村(ソフトバンク) 低め打ってボテボテの三塁内野安打

藤沢(西武) 136キロ打って右飛

西田(阪神) 144キロ打って右中間二塁打

最速は145キロ

トライアウトの1打席目、中飛に終わる城所龍磨(投手・新垣)(撮影・梅根麻紀)

古野正人(32=ヤクルト)右腕

報徳学園(甲)龍谷大-日産自動車-三菱重工神戸→11年ドラフト6位

今季成績=2試合、1勝1敗0S、防御率5・00

通算成績=62試合、9勝12敗0S、防御率5・30

今季推定年俸=900万円

松本(ソフトバンク) 139キロ打って中飛 

園部(オリックス) 142キロ打って三ゴロ

枡田(楽天) 143キロ打って鮮やかな中前安打

最速は143キロ

「たくさんのプロ野球ファンの中で投げられてよかった。やりきりましたし、悔いはないです」

須田幸太(32=DeNA)右腕

土浦湖北(甲)-早大-JFE東日本→10年ドラフト1位

今季成績=10試合、0勝0敗0S、防御率7・59

通算成績=166試合、16勝19敗1S、防御率4・81

今季推定年俸=3600万円

比屋根(ヤクルト) 139キロ空振り三振 

辻(巨人) 124キロ打って投ゴロ

鵜久森(ヤクルト) 140キロ打って大きな中飛 

最速は140キロ

「いかに8年間やってきたことを出せるかだと思っていた。腕を思い切り振って投げられたので良かった。

お話があればどこでも。(独立も)全部含めてですね」

久古健太郎(32=ヤクルト)左腕

国士舘(甲)-青学大-日産自動車-日本製紙石巻→10年ドラフト5位

今季成績=1軍登板無し

通算成績=228試合、8勝6敗2S、防御率4・20

今季推定年俸=2000万円

高橋(元巨人) 投球中に何らかのアクシデント発生し一度降板。再びマウンドへ。内角130キロ見極め四球

河野(巨人) 132キロ打って三ゴロ

城所(ソフトバンク) 132キロ外角見逃し三振

最速は134キロ

成瀬善久(33=ヤクルト)左腕

横浜(甲)→03年ドラフト6位でロッテ、14年オフFAでヤクルトへ

今季成績=1軍登板無し

通算成績=249試合、96勝77敗0S、防御率3・38。07年に最優秀防御率、最高勝率

今季推定年俸=2000万円

中井(巨人) 128キロ変化球打って右中間二塁打

西岡(阪神) 高め直球打って左中間二塁打

今成(阪神) 120キロ変化球打って二ゴロ

最速は133キロ

「やれることはやりました。西岡さんはストレートで抑えたかった。けど、甘くいって打たれてしまいました。腕を振って投げられて満足。ストレートをまだ投げられるとアピールしたかった」

トライアウトで横山から二塁打を放つ西田(撮影・梅根麻紀)

トライアウトで打者相手に投げる新垣(撮影・梅根麻紀)

トライアウトで成瀬善久から右中間二塁打を放つ中井(撮影・梅根麻紀)

山本翔也(30=阪神)左腕

福井工大福井(甲)-法大-王子→13年ドラフト5位

今季成績=1試合、0勝0敗0S、防御率15・00

通算成績=22試合、1勝0敗0S、防御率6・31

今季推定年俸=900万円

青山(巨人) 四球

森山(ソフトバンク) 131キロ打って二飛

菅原(元ロッテ) 135キロ外角直球見逃し三振

最速は135キロ

福地元春(28=DeNA)左腕

自由ケ丘-九州共立大-三菱日立パワーシステムズ横浜→14年ドラフト4位

今季成績=1軍登板無し

通算成績=19試合、0勝1敗0S、防御率5・64

今季推定年俸=750万円

松沢(巨人) 141キロ打って左飛 

吉村(ソフトバンク) 142キロ打って右飛

藤沢(西武) 138キロ空振り三振

最速は142キロ

トライアウトで打者3人に投げた須田幸太は無安打と好投(撮影・梅根麻紀)

渡辺貴洋(26=元巨人)左腕

鶴岡東-BC新潟→11年育成ドラフト6位で巨人、13年戦力外、BC新潟復帰

今季成績=今季はBC新潟でプレー

通算成績=1軍登板無し

西田(阪神) 126キロのスライダー空振り三振

松本(ソフトバンク) 135キロ見逃し三振

園部(オリックス) 四球

最速は135キロ

乾真大(29=元巨人)左腕

東洋大姫路(甲)-東洋大→10年ドラフト3位で日本ハム、16年途中巨人移籍、17年戦力外

今季成績=BC富山でプレー

通算成績=74試合、1勝2敗0S、防御率5・65

枡田(楽天) 140キロ打って左越え二塁打

比屋根(ヤクルト) 141キロ打ち上げ中飛

辻(巨人) 四球

最速は140キロ

「去年、戦力外になってから1年間、今日を目標にやってきた。いろんなことにチャレンジできた、すごくいい1年でした。持ち球も全部使えましたし、結果に関してはあまりなんとも思いません」

廖任磊(25=巨人)右腕

岡山共生-パイレーツ傘下-開南大→16年ドラフト7位

今季成績=1軍登板無し

通算成績=1軍登板無し

今季推定年俸=720万円

鵜久森(ヤクルト) 初球150キロをファウル。120キロスライダー空振り三振

高橋(元巨人) 2球目に151キロ。148キロ空振り三振

河野(巨人) 152キロ打ち上げ一飛

最速は152キロ

「天気も良かったし、自分の持っているものは出せたかなと思います。力のある真っ直ぐ、変化球で三振を取るところも見せられた。日本でも台湾でもこだわりはない。野球を続けるしかないので、そのための体づくりが第一優先です」

篠原慎平(28=巨人)右腕

川之江-今治精華-四国・愛媛-同香川→14年育成ドラフト1位

今季成績=7試合、0勝0敗0S、防御率6・30

通算成績=30試合、1勝1敗0S、防御率4・34

今季推定年俸=1440万円

城所(ソフトバンク) 初球に151キロ。138キロ変化球外れ四球。二盗成功

中井(巨人) 147キロ外れ四球

西岡(阪神) 147キロ内角低め直球見逃し三振

最速は151キロ

トライアウトを終えた各球団の選手らはスタンドのファンにあいさつ(撮影・梅根麻紀)

玉村祐典(23=西武)右腕

敦賀気比(甲)→14年ドラフト4位

今季成績=1軍登板無し

通算成績=1軍登板無し

今季推定年俸=510万円

今成(阪神) 138キロ打って左飛

青山(巨人) 四球

森山(ソフトバンク) 139キロ打って二飛

最速は140キロ

高良一輝(24=日本ハム)右腕

興南(甲)-九産大→16年ドラフト3位

今季成績=1軍登板無し

通算成績=1軍登板無し

今季推定年俸=840万円

菅原(元ロッテ) 132キロ打って右飛

松沢(巨人) 132キロ打って中前安打

吉村(ソフトバンク) 133キロ高め直球空振り三振

最速は133キロ

若松駿太(23=中日)右腕

祐誠→12年ドラフト7位

今季成績=1軍登板無し

通算成績=56試合、18勝17敗0S、防御率3・40。15年に10勝

今季推定年俸=2500万円

藤沢(西武) 130キロ打ち上げ二飛

西田(阪神) 変化球打って中飛

園部(オリックス) 116キロ打って左飛

最速は130キロ

「一番見せたかったのは真っ直ぐでしたが、ブルペンでバラついていた。変化球は入りましたし、低めにいっていたので良かった。NPBの話がなければ、野球をやれるところでどこでもやりたい。自分が10勝できると思ってなかったですし、次の球団に行って頑張ることが中日への恩返しだと思います」

山本雅士(24=中日育成)右腕

安芸南-四国・徳島→14年ドラフト8位

今季成績=1軍登板無し

通算成績=3試合、0勝0敗0S、防御率10・38

今季推定年俸=450万円

松本(ソフトバンク) 145キロ直球空振り三振

枡田(楽天) 138キロ低め変化球空振り三振

比屋根(ヤクルト) 142キロ直球空振り三振

最速は148キロ

塚田貴之(25=元オリックス)左腕

白鴎大足利-白鴎大→15年育成ドラフト1位、17年戦力外

今季成績=BC福井でプレー

通算成績=1軍登板無し

辻(巨人) 四球

鵜久森(ヤクルト) 四球

高橋(元巨人) 133キロ打って一邪飛

最速は133キロ

宮崎敦次(25=ロッテ)左腕

下関国際-広島国際学院大→14年ドラフト6位

今季成績=1軍登板無し

通算成績=8試合、0勝0敗0S、防御率6・30

今季推定年俸=805万円

河野(巨人) 135キロ打って中飛

城所(ソフトバンク) 138キロ打って中前安打

中井(巨人) 四球

最速は138キロ

トライアウトで打者3人に投げた関啓扶、無安打ながらも2四球(撮影・梅根麻紀)

オスカル(27=広島)左腕

カントリーキッズ高-白鴎大-ホンダ→15年ドラフト6位

今季成績=1軍登板無し

通算成績=25試合、2勝0敗0S、防御率6・29

今季推定年俸900万円

西岡(阪神) 141キロ打って遊ゴロ

今成(阪神) 135キロ打って左飛

青山(巨人) 138キロ打って遊ゴロ

最速は141キロ

児玉龍也(25=ソフトバンク育成)左腕

九州国際大付(甲)-神奈川大→15年育成ドラフト2位

今季成績=1軍登板無し

通算成績=1軍登板無し

今季推定年俸=400万円

森山(ソフトバンク) 117キロ空振り三振

菅原(元ロッテ) 四球 

松沢(巨人) 四球

最速は130キロ

伊藤祐介(28=ソフトバンク育成)左腕

聖和学園-東北学院大→12年ドラフト2位

今季成績=1軍登板無し

通算成績=1軍登板無し

今季推定年俸=800万円

吉村(ソフトバンク) 138キロ打って一ゴロ

藤沢(西武) 134キロ変化球空振り三振

西田(阪神) 137キロ打って遊飛

最速は141キロ

山下亜文(=ソフトバンク)左腕

小松大谷→14年育成ドラフト3位

今季成績=1軍登板無し

通算成績=1軍登板無し

今季推定年俸=270万円

園部(オリックス) 144キロ打ち上げ左飛

松本(ソフトバンク) 142キロ直球空振り三振 

枡田(楽天) 144キロ高め直球空振り三振

最速は147キロ

関啓扶(25=元中日)右腕

菰野→10年ドラフト5位、13年戦力外、中日2軍マネジャー

今季成績=プレーせず

通算成績=1軍登板無し

比屋根(ヤクルト) 123キロ鋭い変化球見逃し三振

辻(巨人) 変化球外れ四球

鵜久森(ヤクルト) 変化球外れ四球

最速は140キロ

トライアウトで打者3人に投げた久古健太郎(撮影・梅根麻紀)

吉田嵩(22=中日育成)右腕

海星-四国・徳島→15年育成ドラフト2位

今季成績=1軍登板無し

通算成績=1軍登板無し

今季推定年俸=300万円

高橋(元巨人) 四球→二盗成功

藤沢(西武) 124キロ変化球空振り三振

青山(巨人) 四球

最速は138キロ

辻空(24=広島)右腕

岐阜城北→12年育成ドラフト1位

今季成績=1軍登板無し

通算成績=1軍登板無し

今季推定年俸=450万円

松本(ソフトバンク) 四球

園部(オリックス) 150キロ打って中飛

辻(巨人) 147キロ打って投ゴロ

最速は150キロ

佐藤世那(21=オリックス)右腕

仙台育英(甲)→15年ドラフト6位

今季成績=1軍登板無し

通算成績=1軍登板無し

今季推定年俸=520万円

森山(ソフトバンク) 141キロ直球外れ四球

河野(巨人) 136キロ打ち上げ三飛

城所(ソフトバンク) 126キロ打って右前安打

最速は141キロ

トライアウトで城所龍磨は中前安打を放つ。投手は宮崎(ロッテ)(撮影・梅根麻紀)

トライアウトで右飛に終わる吉村裕基(投手は福地元春)(撮影・梅根麻紀)

斎藤誠哉(22=ソフトバンク育成)左腕

磐田東→14年育成ドラフト2位

今季成績=1軍登板無し

通算成績=1軍登板無し

今季推定年俸=270万円

高橋(元巨人) 132キロ打って中飛 

中井(巨人) 133キロ打ち上げ二飛

松沢(巨人) 117キロ打ち上げ二飛 

最速は133キロ

河野元貴捕手(27=巨人)

九州国際大付(甲)→09年育成ドラフト2位

今季成績=4試合、1打数無安打

通算成績=11試合、17打数1安打1本塁打3打点、打率5分9厘

今季推定年俸=700万円

第1打席(新垣) 四球

第2打席(久古 132キロ打って三ゴロ

第3打席(廖任磊) 152キロ打ち上げ一飛

第4打席(宮崎) 135キロ打って中飛

第5打席(佐藤) 136キロ打ち上げ三飛

藤沢亨明捕手(28=西武)

上田西-松本大→11年育成ドラフト1位

今季成績=1軍出場無し

通算成績=1軍出場無し

今季推定年俸=500万円

第1打席(横山) 136キロ打って右飛

第2打席(福地) 138キロ空振り三振

第3打席(若松) 130キロ打ち上げ二飛

第4打席(伊藤) 134キロ変化球空振り三振

第5打席(吉田) 124キロ変化球空振り三振

中井大介内野手(28=巨人)

宇治山田商(甲)→07年高校生ドラフト3位

今季成績=70試合、86打数16安打、1本塁打、6打点、打率1割8分6厘

通算成績=345試合、661打数161安打、11本塁打、54打点、打率2割4分4厘

今季推定年俸=2400万円

第1打席(新垣) 138キロ打って三ゴロ

第2打席(成瀬) 128キロ変化球打って右中間二塁打

第3打席(篠原) 147キロ外れ四球

第4打席(宮崎) 四球

第5打席(斎藤) 133キロ打ち上げ二飛

辻東倫内野手(24=巨人)

菰野→12年ドラフト3位

今季成績=8試合、10打数1安打、打率1割

通算成績=43試合、79打数15安打、0本塁打、1打点、打率1割9分

今季推定年俸=960万円

第1打席(須田) 124キロ打って投ゴロ

第2打席(乾) 四球

第3打席(塚田) 四球

第4打席(関) 四球

第5打席(辻) 147キロ打って投ゴロ

西岡剛内野手(34=阪神)

大阪桐蔭(甲)→02年ドラフト1位でロッテ、10年オフにポスティングでツインズへ。13年に阪神移籍

今季成績=25試合、40打数5安打、0本塁打、1打点、打率1割2分5厘

通算成績=1125試合、4140打数1191安打、61本塁打、383打点、196盗塁、打率2割8分8厘。10年に首位打者、最多安打。05、06年に盗塁王。ベストナイン4度、Gグラブ賞3度受賞

今季推定年俸=7500万円

第1打席(コラレス) 低め140キロ空振り三振

第2打席(成瀬) 直球打って左中間二塁打

第3打席(篠原) 147キロ内角低め直球見逃し三振

第4打席(オスカル) 141キロ打って遊ゴロ

トライアウトで城所龍磨は右前安打を放つ。投手は佐藤世那(撮影・梅根麻紀)

今成亮太内野手(31=阪神)

浦和学院(甲)→05年高校生ドラフト4位で日本ハム。12年から阪神

今季成績=1軍出場無し

通算成績=470試合、1039打数275安打、6本塁打、68打点、打率2割6分5厘

今季推定年俸=3000万円

第1打席(コラレス) 146キロ空振り三振

第2打席(成瀬) 120キロ変化球打って二ゴロ

第3打席(玉村) 138キロ打って左飛

第4打席(オスカル) 135キロ打って左飛

西田直斗内野手(25=阪神)

大阪桐蔭(甲)→11年ドラフト3位

今季成績=1軍出場無し

通算成績=1試合、2打数無安打

今季推定年俸=500万円

第1打席(横山) 144キロ打って右中間二塁打

第2打席(渡辺) 126キロのスライダー空振り三振

第3打席(若松) 変化球打って中飛

第4打席(伊藤) 137キロ打って遊飛

森山孔介内野手(20=ソフトバンク育成)

藤沢翔陵→16年育成ドラフト4位

今季成績=1軍出場無し

通算成績=1軍出場無し

今季推定年俸=300万円

第1打席(宮川) 128キロ打って三塁ライナー

第2打席(山本) 131キロ打って二飛

第3打席(渡辺) 135キロ見逃し三振

第4打席(玉村) 139キロ打って二飛

第4打席(児玉) 117キロ空振り三振

第5打席(佐藤) 141キロ直球外れ四球

松本龍憲内野手(19=ソフトバンク)

崇徳→16年育成ドラフト6位

今季成績=1軍出場無し

通算成績=1軍出場無し

今季推定年俸=300万円

第1打席(古野) 139キロ打って中飛

第2打席(山本) 145キロ直球空振り三振

第3打席(山下) 142キロ直球空振り三振

第4打席(辻) 四球

園部聡内野手(23=オリックス)

聖光学院(甲)→13年ドラフト4位

今季成績=1軍出場無し

通算成績=16試合、54打数11安打、1本塁打、6打点、打率2割4厘

今季推定年俸=490万円

第1打席(古野) 142キロ打って三ゴロ

第2打席(渡辺) 四球

第3打席(若松) 116キロ打って左飛

第4打席(山下) 144キロ打ち上げ左飛

第5打席(辻) 150キロ打って中飛

比屋根渉外野手(31=ヤクルト)

沖縄尚学(甲)-城西大-日本製紙石巻→11年ドラフト3位

今季成績=4試合、2打数無安打、1盗塁

通算成績=361試合、685打数162安打、4本塁打、33打点、50盗塁、打率2割3分6厘

今季推定年俸=1500万円

第1打席(須田) 139キロ空振り三振

第2打席(乾) 141キロ打ち上げ中飛

第3打席(山本) 142キロ直球空振り三振

第4打席(関) 123キロ鋭い変化球見逃し三振

鵜久森淳志外野手(31=ヤクルト)

済美(甲)→04年ドラフト8位で日本ハム。15年オフ戦力外、トライアウトを経て16年からヤクルト

今季成績=19試合、17打数5安打、0本塁打、3打点、打率2割9分4厘

通算成績=256試合、481打数111安打、11本塁打、47打点、2割3分1厘

今季推定年俸=1150万円

第1打席(須田) 140キロ打って大きな中飛

第2打席(廖任磊) 初球150キロをファウル。120キロスライダー空振り三振

第3打席(塚田) 四球

第4打席(関) 四球

青山誠外野手(27=巨人)

育英-日大→13年育成ドラフト1位

今季成績=1軍出場無し

通算成績=1軍出場無し

今季推定年俸=420万円

第1打席(コラレス) 高め150キロ空振り三振

第2打席(山本) 四球

第3打席(玉村) 四球

第4打席(オスカル) 138キロ打って遊ゴロ

第5打席(吉田) 四球

松沢裕介外野手(26=巨人育成)

誉-朝日大-四国・香川→16年育成ドラフト8位

今季成績=1軍出場無し

通算成績=1軍出場無し

今季推定年俸=260万円

第1打席(宮川) 148キロ詰まって遊飛

第2打席(福地) 141キロ打て左飛

第3打席(高良) 132キロ打って中前安打

第4打席(児玉) 四球

第5打席(斎藤) 117キロ打ち上げ二飛

高橋洸外野手(25=元巨人)

日本文理(甲)→11年ドラフト5位。17年オフに戦力外

今季成績=社会人野球の深谷組でプレー

通算成績=1軍出場無し

第1打席(久古) 内角130キロ見極め四球

第2打席(廖任磊) 148キロ空振り三振

第3打席(塚田) 133キロ打って一邪飛

第4打席(吉田) 四球→二盗成功

第5打席(斎藤) 132キロ打って中飛

菅原祥太外野手(25=元ロッテ)

駿台学園-日本ウェルネススポーツ大→16年育成ドラフト2位。17年オフ戦力外

今季成績=プエルトリコでプレー

通算成績=1軍出場無し

第1打席(宮川) 129キロ打って三ゴロ

第2打席(山本) 135キロ外角直球見逃し三振

第3打席(高良) 132キロ打って右飛

第4打席(児玉) 四球

枡田慎太郎外野手(31=楽天)

智弁学園→05年高校生ドラフト4位

今季成績=33試合、62打数11安打、3本塁打、13打点、打率1割7分7厘

通算成績=412試合、1093打数269安打、25本塁打、147打点、打率2割4分6厘

今季推定年俸=1900万円

第1打席(古野) 143キロ打って鮮やかな中前安打

第2打席(乾) 140キロ打って左越え二塁打

第3打席(山本) 138キロ低め変化球空振り三振

第4打席(山下) 144キロ高め直球空振り三振

吉村裕基外野手(34=ソフトバンク)

東福岡(甲)→02年ドラフト5位でDeNA。12年オフ、トレードでソフトバンクへ

今季成績=8試合、17打数3安打、2本塁打、2打点、打率1割7分6厘

通算成績=968試合、3001打数759安打、131本塁打、419打点、打率2割5分3厘

今季推定年俸=4000万円

第1打席(横山) 低め打ってボテボテの三塁内野安打

第2打席(福地) 142キロ打って右飛

第3打席(高良) 133キロ高め直球空振り三振

第4打席(伊藤) 138キロ打って一ゴロ

トライアウトで打者3人に投げた須田幸太は無安打と好投(撮影・梅根麻紀)

城所龍磨外野手(33=ソフトバンク)

中京(甲)→03年ドラフト2位

今季成績=41試合、24打数4安打、1本塁打、2打点、3盗塁、打率1割6分7厘

通算成績=716試合、465打数91安打、8本塁打、42打点、65盗塁、打率1割9分6厘

今季推定年俸=4000万円

第1打席(新垣) 139キロ打ち上げ中飛 

第2打席(久古) 132キロ外角見逃し三振

第3打席(篠原) 138キロ変化球外れ四球。二盗成功

第4打席(宮崎) 138キロ打って中前安打

第5打席(佐藤) 126キロ打って右前安打

13日の合同トライアウトで右前安打を放った城所はスタンドのファンから拍手を受けヘルメットをとってあいさつ(撮影・梅根麻紀

合同トライアウト参加選手

【投手】

オスカル(27=広島)

辻  空(24=広島)

成瀬善久(33=ヤクルト)

久古健太郎(32=ヤクルト)

古野正人(32=ヤクルト)

篠原慎平(28=巨人)

廖 任磊(25=巨人)

乾 真大(29=元巨人)

渡辺貴洋(26=元巨人)

須田幸太(32=DeNA)

福地元春(28=DeNA)

山本雅士(24=中日)

若松駿太(23=中日)

吉田 嵩(22=中日)

関 啓扶(25=元中日)

山本翔也(30=阪神)

玉村祐典(23=西武)

伊藤祐介(28=ソフトバンク)

児玉龍也(25=ソフトバンク)

斎藤誠哉(22=ソフトバンク)

山下亜文(22=ソフトバンク)

新垣勇人(33=日本ハム)

高良一輝(24=日本ハム)

佐藤世那(21=オリックス)

塚田貴之(25=元オリックス)

宮崎敦次(25=ロッテ)

宮川 将(28=楽天)

コラレス(28=楽天)

横山貴明(27=楽天)

【捕手】

河野元貴(27=巨人)

藤沢亨明(28=西武)

【内野手】

中井大介(28=巨人)

辻 東倫(24=巨人)

西岡 剛(34=阪神)

今成亮太(31=阪神)

西田直斗(25=阪神)

森山孔介(20=ソフトバンク)

松本龍憲(19=ソフトバンク)

園部 聡(23=オリックス)

【外野手】

比屋根渉(31=ヤクルト)

鵜久森淳志(31=ヤクルト)

青山 誠(27=巨人)

松沢裕介(26=巨人)

高橋 洸(25=元巨人)

菅原祥太(25=元ロッテ)

枡田慎太郎(31=楽天)

吉村裕基(34=ソフトバンク)

城所龍磨(33=ソフトバンク)

トライアウトで成瀬善久から中越え二塁打を放つ西岡剛(撮影・梅根麻紀)

トライアウトで打者相手に投げる成瀬善久(撮影・梅根麻紀)

関連するニュースを読む

今成氏が専属コーチ、タイガースアカデミー拡充計画

14年、タイガースカップを観戦した今成は、中学生選手らにアドバイスをする

阪神が、今年に開校した「タイガースアカデミー」のベースボールスクールを拡充する方向であることが27日、分かった。今季は年齢別に幼児から小学6年生まで4コースに分けたが、さらに上級コースを新設。1日1会場から2会場に増やす方向で調整中だ。この日、今季限りで現役引退した今成亮太氏(31)のアカデミー専属コーチ就任を発表。指導陣を“補強”し、アカデミーを進化させる。

阪神が野球振興活動をさらにバージョンアップする。来季、2年目を迎えるアカデミーのベースボールスクールが倍増プランを検討していることが判明した。球団幹部は「アカデミーも強化しようということ。2年目に入る生徒も出てきます。ただ投げて打つだけじゃなく、もう1つ上のレベルでやらせたいというのもあります」と説明した。

1年目の今年は年齢別に幼児から小学6年生まで4コースに分けていたが、上級者向けのコースを新設する予定だ。1日1会場での開催を2会場に増やす方向で調整中。西宮や芦屋、伊丹、宝塚で行ったが、兵庫県内でさらに開催場所も増やす考えだという。球団幹部も「子どもたちと野球の接点をできるだけ増やしたい。野球の技術だけではなく、礼儀やあいさつなど、人間教育も大事だと考えています」と強調した。

今年の生徒数は約500人だったが、来年は1000人規模を目指し、2月ごろから新規募集を開始する予定だ。球団側も受け入れ態勢の充実を図る。元監督の和田豊球団本部付テクニカルアドバイザー(56)は特別顧問で来季も続投。現役引退した今成亮太氏の専属コーチ就任が発表され、明るいキャラクターでスクール強化に一役買う。柴田講平氏や鶴直人氏が在籍し、元阪神投手の若竹竜士氏も入団。球団広報の元左腕、中村泰広氏が年明けから事業本部振興部課長に人事異動となり、アカデミーの拡大に尽力する。

新体制の矢野阪神は「ファンを喜ばせる」を大目標に掲げる。甲子園をわかせた元選手が少年少女に野球の素晴らしさを伝え、野球人口の裾野拡大を目指す。

◆タイガースアカデミー 野球振興を目的に今年4月に設立された。野球初心者が対象で、ベースボールスクールは幼児(年中~年長)、小学1~2年、同3~4年、同5~6年の4コース。西宮市など阪神間の5会場で月~金曜日に開催。小学2年まではティーボール、3年生以降は軟式球を使用する。球団振興部の柴田講平、鶴直人両氏らがアカデミー担当としてOBコーチを務めた。4月2日の開校初日には、特別顧問の元監督・和田豊球団本部付テクニカルアドバイザー(TA)も参加。アドバイスを送ったり、ノックを打つなど熱心に指導した。

関連するニュースを読む

前阪神の今成氏が球団職員、アカデミー専属コーチ

阪神今成亮太(2016年7月24日撮影)

阪神は27日、今季限りで現役を引退した今成亮太氏(31)が来年の1月1日付で球団職員として入団すると発表した。事業本部振興部に所属し、アカデミー担当専属コーチを務める。

今成氏は10月に戦力外通告を受けてから合同トライアウトを受験。現役続行の道も探ってきたが、現役のユニホームに別れを告げることを選択した。今後については未定だった。

関連するニュースを読む

阪神屈指のエンターテイナー今成が引退 今後は未定

明るいキャラクターで人気者だった今成

前阪神の今成亮太内野手(31)が現役を引退することが18日、分かった。この日、西宮市の阪神球団事務所をスーツ姿で訪れ、関係者にあいさつを行った。10月に戦力外通告を受け、合同トライアウトを受験。現役続行の道も探ってきたが、現役のユニホームに別れを告げることを選択した。阪神ではオフのファン感謝デーではモノマネやカラオケで会場を盛り上げるなど屈指のエンターテイナーとしても存在感を放った。今後については未定だが、誰からも愛されるキャラクターだけに次の舞台でも活躍が期待される。

今成は05年高校生ドラフト4巡目で日本ハムに入団し、12年にトレードで阪神に移籍。捕手から三塁にコンバートされた14年には、自己最多の115試合に出場した。プロ13年間で通算470試合に出場。打率2割6分5厘、6本塁打、68打点の成績を残した。

◆今成亮太(いまなり・りょうた)1987年(昭62)10月6日生まれ、埼玉県出身。浦和学院では捕手で2年夏と3年春に甲子園出場。主将も務めた。父は元阪神スカウトで現日本ハムスカウトの今成泰章氏。178センチ、79キロ。右投げ左打ち。

関連するニュースを読む

阪神戦力外の今成、球団に現役引退の意向伝える

阪神今成亮太(2016年5月13日)

阪神の谷本球団本部長は18日、戦力外となった今成亮太内野手が球団に現役引退の意向を伝えたことを明らかにした。

関連するニュースを読む

阪神西岡ら12球団合同トライアウトに48人参加

合同トライアウトが行われるタマホームスタジアム築後

<12球団合同トライアウト>◇13日◇タマホームスタジアム筑後

12球団合同トライアウトに48人(投手29、野手19)が参加する。

当初参加予定だった大山暁史投手(30=オリックス)と伊志嶺忠捕手(33=楽天)が参加をとりやめ、新たに吉村裕基外野手(34=ソフトバンク)、城所龍磨外野手(33=ソフトバンク)、山下亜文投手(22=ソフトバンク)の3人が参加することになった。テストは午前10時からシートノック、同10時半からシート打撃形式で行われる。今年は初めて有料観覧席が設けられた。

合同トライアウト参加選手は以下の通り。

【投手】

オスカル(27=広島)

辻  空(24=広島)

成瀬善久(33=ヤクルト)

久古健太郎(32=ヤクルト)

古野正人(32=ヤクルト)

篠原慎平(28=巨人)

廖 任磊(25=巨人)

乾 真大(29=元巨人)

渡辺貴洋(26=元巨人)

須田幸太(32=DeNA)

福地元春(28=DeNA)

山本雅士(24=中日)

若松駿太(23=中日)

吉田 嵩(22=中日)

関 啓扶(25=元中日)

山本翔也(30=阪神)

玉村祐典(23=西武)

伊藤祐介(28=ソフトバンク)

児玉龍也(25=ソフトバンク)

斎藤誠哉(22=ソフトバンク)

山下亜文(22=ソフトバンク)

新垣勇人(33=日本ハム)

高良一輝(24=日本ハム)

佐藤世那(21=オリックス)

塚田貴之(25=元オリックス)

宮崎敦次(25=ロッテ)

宮川 将(28=楽天)

コラレス(28=楽天)

横山貴明(27=楽天)

【捕手】

河野元貴(27=巨人)

藤沢亨明(28=西武)

【内野手】

中井大介(28=巨人)

辻 東倫(24=巨人)

西岡 剛(34=阪神)

今成亮太(31=阪神)

西田直斗(25=阪神)

森山孔介(20=ソフトバンク)

松本龍憲(19=ソフトバンク)

園部 聡(23=オリックス)

【外野手】

比屋根渉(31=ヤクルト)

鵜久森淳志(31=ヤクルト)

青山 誠(27=巨人)

松沢裕介(26=巨人)

高橋 洸(25=元巨人)

菅原祥太(25=元ロッテ)

枡田慎太郎(31=楽天)

吉村裕基(34=ソフトバンク)

城所龍磨(33=ソフトバンク)

関連するニュースを読む

阪神西岡、巨人中井ら47人参加 合同トライアウト

西岡剛(2018年10月2日撮影)

日本野球機構(NPB)は8日、12球団合同トライアウト(13日、タマホーム筑後)の参加予定者47人を発表した。

ロッテ、大リーグのツインズ、阪神で活躍した西岡剛内野手(34)、ロッテ時代はエースを務めたヤクルト成瀬善久投手(33)ら実績ある選手も参加する。

西岡は今季、25試合に出場し、40打数5安打1打点0本塁打、打率1割2分5厘だった。通算では1191安打、61本塁打、383打点、196盗塁をマークしている。

成瀬は今季、1軍登板はなかった。17年は12試合で0勝1敗、防御率5・40。ロッテ時代の07年には16勝1敗、防御率1・81で最優秀防御率のタイトルを獲得している。通算では96勝77敗、防御率3・38。

参加予定選手は以下の通り。

◆巨人 中井大介内野手(28)辻東倫内野手(24)乾真大投手(29)青山誠外野手(27)高橋洸外野手(25)渡辺貴洋投手(26)河野元貴捕手(27)松沢裕介(26)廖任磊投手(25)

◆ヤクルト 成瀬善久投手(33)久古健太郎投手(32)鵜久森淳志外野手(31)古野正人投手(32)比屋根渉外野手(31)

◆DeNA 須田幸太投手(32)福地元春投手(28)

◆中日 若松駿太投手(23)山本雅士投手(24)吉田嵩投手(22)関啓扶投手(25=元中日)

◆阪神 西岡剛内野手(34)今成亮太内野手(31)西田直斗内野手(25)山本翔也投手(30)

◆広島 辻空投手(24)仲尾次オスカル投手(27)

◆日本ハム 新垣勇人投手(33)高良一輝投手(24)

◆楽天 枡田慎太郎外野手(31)宮川将投手(28)横山貴明投手(27)コラレス投手(28)伊志嶺忠捕手(33)

◆ロッテ 宮崎敦次投手(25)菅原祥太外野手(25)

◆西武 藤沢亨明捕手(29)玉村祐典投手(23)

◆オリックス佐藤世那投手(21)園部聡内野手(22)大山暁史投手(30)塚田貴之(25)

◆ソフトバンク 児玉龍也投手(25)伊藤祐介投手(28)斎藤誠哉投手(22)森山孔介内野手(20)松本龍憲内野手(19)

関連するニュースを読む

阪神緒方凌介が戦力外 PL学園出身「一区切り」

阪神緒方凌介

PLのOBがまた1人、球界から姿を消す。阪神は30日、緒方凌介外野手(28)に来季の契約を結ばない旨を通達した。緒方はPL学園から東洋大を経て12年ドラフト6位で入団。俊足、強肩、パンチ力のある打撃で期待されたが、ケガに泣かされた現役生活だった。通算51試合に出場し、82打数18安打で打率2割2分、2本塁打、2盗塁。今後については家族や両親と相談するとした上で「膝もこういう状態だし、野球は続けず…。自分のなかでは一区切りかな」と話した。

阪神での現役生活を振り返り、感謝の言葉を並べた。12年夏に右膝前十字靱帯(じんたい)を損傷し、手術を受けていたが指名を受け「ケガをしていた自分を導いてくれた阪神、関係者の方には感謝の気持ちでいっぱいです。どんな状況でも応援してくれたファンの方には感謝の気持ちでいっぱいです」と語った。

14年には「右膝半月板のクリーニング術」を受けた。今季はオープン戦で本塁打を放つなどしたが、1軍出場はなかった。参加していたフェニックス・リーグでは10月15日にスライディングで右膝関節を捻挫して帰阪していた。「ケガに始まってケガで終わる。自分らしいかなと思う。でも(今回は)矢野さんの超積極野球をやった上でのケガ。悔いはないです」とすっきりした表情で語った。

阪神の現役選手でのPL学園OBは福留だけになった。

また阪神は小豆畑真也捕手にも来季の契約を結ばない旨を通達。すでに通達していた西岡剛内野手、山本翔也投手、今成亮太内野手、西田直斗内野手に加え6選手となった。

関連するニュースを読む

阪神小豆畑が戦力外 今後は「ゆっくり決めたい」

阪神小豆畑真也

阪神は30日、小豆畑真也捕手(30)に、来季の契約を結ばない旨を通達した。小豆畑は12年ドラフト4位で西濃運輸から入団。強肩捕手として期待されたが、1軍出場はなかった。「6年間結果を出せず、実績もつくれないなかで面倒を見てもらった球団に感謝しかありません。プロに挑戦する権利をもらって感謝しています」と振り返った。今後については未定としながらも「僕自身野球は変わらず好きですが、実績、年齢、実力を考えても、(現役に)踏み切れない自分もいる。家族も子どももいる。考えてゆっくり決めたい」と語った。

阪神は緒方凌介外野手にも来季の契約を結ばない旨を通達。すでに通達していた西岡剛内野手、山本翔也投手、今成亮太内野手、西田直斗内野手に加え6選手となった。

関連するニュースを読む

阪神が今成、西田に戦力外通告、今成は現役続行希望

阪神今成亮太(左)と西田直斗

阪神は7日、今成亮太内野手(31)と西田直斗内野手(25)に戦力外通告を行った。

今成は05年の高校生ドラフト4巡目で日本ハムに入団。12年に阪神にトレード移籍。14年には自己最多の115試合に出場するなど、通算470試合で打率2割6分5厘、6本塁打、68打点。プレーだけでなくムードメーカーとしてもファンから愛されたが、ここ2年は1軍での出場がなかった。「阪神に来て初ヒットが日本ハム戦。打った瞬間、日本ハムの選手からも拍手があったのもうれしかった」と思い出を振り返った。今後は「まだ野球をやりたいという気持ちがある」とNPBでの現役続行を希望。トライアウト参加も検討する。

西田は11年ドラフト3位で阪神に入団。13年7月28日DeNA戦(甲子園)に初出場するも、プロ7年間で1軍戦出場はこの1試合のみで安打はなかった。16年オフには育成選手となっていたが、17年に再び支配下選手登録を勝ち取った。「悔しいけど、1軍で結果も出せていないし、7年も阪神で野球をさせてもらったことに感謝しないといけない。(今後は)いろんな人に相談しながら決めたい」と話した。

関連するニュースを読む

阪神今成が2軍戦で代打弾 1軍昇格へアピール

阪神今成亮太(2016年5月13日)

<ウエスタン・リーグ:阪神3-5ソフトバンク>◇3日◇鳴尾浜

 阪神今成亮太内野手が代打で4号ソロを放った。

 3点を追う8回2死、森越の代打で登場。ソフトバンク・スアレスの144キロを流し打ち、左翼フェンス上の防球ネットに突き差した。「カウントが有利だったので、甘い球をしっかりスイングしようと思っていた。入るとは思わなかったが、風にもちょっと乗ってくれた」と振り返った。

 7月1日の同オリックス戦(甲子園)以来の1発で、今季初昇格へアピールした。

関連するニュースを読む

阪神ドラ1大山ら/1軍春季キャンプメンバー一覧

大山悠輔(左)と小野泰己(撮影・加藤哉)

 阪神は23日、2月1日から沖縄・宜野座で始まる1軍春季キャンプメンバーを発表した。以下の通り。

 【投手】

 能見篤史(37)、横山雄哉(22)、岩貞祐太(25)、藤浪晋太郎(22)、ロマン・メンデス(26=レッドソックス傘下3A)、岩田稔(33)、藤川球児(36)、歳内宏明(23)、小野泰己(22=富士大)、石崎剛(26)、マルコス・マテオ(32)、高橋聡文(33)、秋山拓巳(25)、山本翔也(28)、青柳晃洋(23)、ランディ・メッセンジャー(35)、松田遼馬(22)、岩崎優(25)、島本浩也(23)

 【捕手】

 坂本誠志郎(23)、梅野隆太郎(25)、岡崎太一(33)、原口文仁(24)

 【内野手】

 上本博紀(30)、鳥谷敬(35)、北條史也(22)、大山悠輔(22=白鴎大)、エリック・キャンベル(29=メッツ)、糸原健斗(24=JX-ENEOS)、今成亮太(29)、荒木郁也(28)、植田海(20)

 【外野手】

 糸井嘉男(35)、福留孝介(39)、高山俊(23)、横田慎太郎(21)、江越大賀(23)、中谷将大(23)、板山祐太郎(22)、俊介(29)

 計40名。

関連するニュースを読む

阪神今成「いいヤツなので」退団ゴメスの活躍願う

クリスマスイベントでファンとふれあう今成亮太(撮影・河南真一)

 阪神今成亮太内野手(29)が25日、大阪市内のホテルで催された球団ファンクラブのクリスマスプレミアムパーティーに参加し、今季限りで退団したゴメスとの健闘を誓った。助っ人が在籍した3年間はウマが合い、ともに盛り上げ役になった。ゴメスが本塁打を打てば、2人でビートたけしの持ちネタ「コマネチ」をまねたパフォーマンス「コカンセツ」を披露して場内を盛り上げていた。それだけに「寂しいですね。ゴメスは他のチームに行っても、やれると思う。いいヤツなので」としんみりした表情で言う。

 球場を盛り上げたパフォーマンスも“封印”する可能性が出てきた。「ゴメス以外はないと思う。僕のなかでは特別ですね」。新外国人キャンベルとは、もちろん面識もなく、ライバルでもある。それだけに、ユーモアあふれる笑いはお預けになりそうだ。ゴメスにはロッテが新外国人候補にリストアップしている。「お互い野球をやるし、頑張っていきたい」ときっぱり言い切った。

関連するニュースを読む

阪神今成&梅野、高山の球団記録は「顔が黒い」

クリスマスイベントに参加の今成亮太(右)と梅野隆太郎(撮影・河南真一)

 阪神今成亮太内野手(29)と梅野隆太郎捕手(25)が大阪市内で行われたファンクラブ向けのクリスマスパーティーに参加した。

 クイズゲームで「高山選手の球団記録を3つ挙げよ」の問題に対し今成は「安打数、顔が織田裕二に似ている、顔が黒くなっている」と珍解答をし、集まったファンから笑いを取った。

関連するニュースを読む

阪神は55人 17年度保留選手名簿/一覧

 阪神の2017年度契約保留選手名簿掲載選手は以下の通り。計人。

【投手=27人】

榎田大樹

能見篤史

横山雄哉

安藤優也

岩貞祐太

藤川球児

藤浪晋太郎

岩田稔

歳内宏明

秋山拓巳

石崎剛

高宮和也

マテオ

高橋聡文

竹安大知

守屋功輝

山本翔也

金田和之

青柳晃洋

メッセンジャー

松田遼馬

望月惇志

桑原謙太朗

岩崎優

島本浩也

伊藤和雄

田面巧二郎

【捕手=6人】

坂本誠志郎

小宮山慎二

梅野隆太郎

小豆畑真也

岡崎太一

原口文仁

【内野手=10人】

鳥谷敬

北條史也

上本博紀

西岡剛

新井良太

森越祐人

今成亮太

陽川尚将

荒木郁也

植田海

【外野手=12人】

大和

福留孝介

高山俊

横田慎太郎

江越大賀

伊藤隼太

中谷将大

板山祐太郎

緒方凌介

俊介

狩野恵輔

糸井嘉男

関連するニュースを読む

桧山進次郎氏トークショー ゲストは阪神狩野&今成

 阪神で一時代を築いた桧山進次郎氏(47=日刊スポーツ評論家)が、11月23日に京都市下京区の京都東急ホテルでトークショーを開催する。

 「桧山進次郎のヒノキガタリ3」と題し、阪神から狩野恵輔外野手(33)と今成亮太内野手(29)がゲスト出演。午後5時30分開演のテーブルビュッフェ&フリードリンク形式で、参加費は1人2万7800円(税金、サービス料込み、小学生以上同額)。2点ほどのお土産特典が付く。申し込みは、「桧山進次郎オフィシャルサイト 桧舞台」で受け付ける。締め切りは11月11日の入金確認分まで。

関連するニュースを読む

日本ハム斎藤、谷口らが登録/7日プロ野球公示

 9月7日のプロ野球の出場選手登録および登録抹消は以下の通り。

【セ・リーグ】

<登録>

 ヤクルト 久古健太郎投手

 阪神 荒木郁也内野手

<抹消>

 ヤクルト 由規投手

 阪神 今成亮太内野手

 ※再登録は9月17日以降

【パ・リーグ】

<登録>

 日本ハム 斎藤佑樹投手

 日本ハム 吉川光夫投手

 日本ハム 谷口雄也外野手

 オリックス 岩崎恭平内野手

<抹消>

 オリックス 山崎福也投手

 ※再登録は9月17日以降

関連するニュースを読む

阪神上本、楽天今江ら1軍登録/3日プロ野球公示

 7月3日のプロ野球の出場選手登録および登録抹消は以下の通り。

 【セ・リーグ】

 DeNAはロペス内野手を出場選手登録、柳田殖生内野手を抹消

 中日は福谷浩司投手を出場選手登録、小熊凌祐投手を抹消

 阪神は上本博紀内野手を出場選手登録、今成亮太内野手を抹消

 【パ・リーグ】

 オリックスは塚原頌平投手、園部聡内野手、岩﨑恭平内野手を出場選手登録、佐藤達也投手、モレル内野手、中村一生外野手を抹消

 楽天は今江敏晃内野手を出場選手登録、武藤好貴投手を抹消

 ※再登録は7月13日以降。

関連するニュースを読む

阪神今成がパパに「かわいい」第1子長女誕生

阪神今成亮太内野手

 阪神今成亮太内野手(28)が3日、パパになった。

 同日午後、夫人が埼玉県内の病院で、第1子となる長女を出産した。体重3136グラムで母子ともに健康。

 「まだ会ってないですね。メールで(長女の)写真をもらいました。かわいいですね」と第1子の誕生を喜んだ。

関連するニュースを読む

阪神高山3回左翼線にポトリ追加点「結果的にいい」

阪神対西武 3回裏阪神無死一、二塁、高山俊は左前適時安打を放つ(撮影・奥田泰也)

<日本生命セパ交流戦:阪神5-1西武>◇4日◇甲子園

 阪神ドラフト1位高山俊外野手(23)が追加点をたたき出した。2点リードの3回無死一、二塁、多和田のスライダーを左翼線に落とした。「いい当たりではなかったですが、結果的にいいところに落ちてくれてよかったです」。

 さらに1死一、二塁からは今成亮太内野手(28)が左中間適時二塁打を放ち、リードは4点に。「打ったのはスライダー。逆方向だったので捕られるかもしれないという思いもあったのですが、予想以上に打球が伸びてくれました。チャンスでしたし、ランナーをかえすバッティングができて良かったです」と振り返った。

関連するニュースを読む

阪神今成3年ぶり1軍マスク 超勝負手も実らず

10回裏、ビシエドにサヨナラ2点本塁打を許す投手福原-捕手今成の阪神バッテリー

<中日4-2阪神>◇17日◇ナゴヤドーム

 執念采配は実らなかった。1点差を追いついた9回裏、代打で出場していた今成亮太内野手(28)が3年ぶりに1軍公式戦でマスクをかぶった。途中出場した岡崎にベンチは代打福留を送る攻め采配。控え捕手がおらず、経験のある今成がスクランブル発進した。延長10回、サヨナラ本塁打をマスク越しに見届けた。

 三塁側ベンチの金本監督は心おきなく采配した。1点を追う土壇場の9回表。2死一塁で代打今成が右前打でつないで一、三塁の同点機を築くと、指揮官に迷いはなかった。最後の捕手岡崎に代打福留を起用。なりふり構わないタクトで同点に追いついた。指揮官は戦況を先読みしていた。岡崎を代えたことで、ベンチに捕手は誰もいないが思い切った策に打って出た。

 9回裏の守備に入る前、ナゴヤドームに「キャッチャー今成」のコールが響き渡ると虎党がどよめく。内野手が防具をつけてマスクをかぶる。マウンドで高宮とサインを打ち合わせる。指揮官は「今成も『十分いける』と言うし、思い切って攻めないと」と説明。その言葉通りに急造捕手がスクランブル発進で奮闘した。同点にこぎつける攻撃に貢献した今成は塁上で代打福留が告げられているのを見て、自らの役割を察していた。

 「捕手がいない状態だったので、自分が行くと思った。昨日もキャッチャーがあと1人だったので、ブルペンに入っていました。捕る分には問題ありません」

 05年の日本ハム入団時は捕手で、12年4月に阪神へ移籍した際もマスクをかぶり、36試合に守備出場していた。守備力を買われて、15年に捕手から内野手に登録変更されていた。捕手で起用されるのは13年7月13日DeNA戦以来、3年ぶりだったが、金本監督は就任直後の昨年10月から捕手起用プランを温めていた。昨秋キャンプから練習を再開し、今春キャンプではブルペンで投手の球も捕った。開幕前の実戦出場はなく、ぶっつけ本番だったが、頭はフル回転だ。

 9回は無失点も延長10回無死一塁で難敵ビシエドを迎えた。ベンチを見つつリード。初球で内角を突くなど配球に苦心し、ファウルがのど元を直撃してマスクははじき飛ばされた。だが、最後は外角直球を打たれ、右翼ポール直撃のサヨナラ弾を浴びた。奮戦は報われず、今成は「こういうサヨナラ負けで責任を感じている。次はしっかりしたい」と唇をかんだ。悔しい黒星がついたが、内外野守れるユーティリティーぶりに、また新たなオプションが加わった。【酒井俊作】

 ▼今成は浦和学院から05年高校生ドラフト4巡目で日本ハムに捕手として入団。阪神に移籍した12年までは捕手一本。13年には3試合マスクをかぶり、一塁で4試合、外野で54試合守った。14年は三塁や外野が大半で、昨季は内野手登録となって守備は二塁2、三塁85、外野1試合だった。

関連するニュースを読む

阪神今成が3年ぶりマスク ベンチ入り捕手使い切る

9回裏中日1死、捕手で出場した今成は大島が三振に倒れボールを三塁へ送球する(撮影・加藤哉)

<中日4-2阪神>◇17日◇ナゴヤドーム

 阪神今成亮太内野手(28)が13年7月13日DeNA戦以来、3年ぶりのマスクを被った。1点追う9回に代打で途中出場すると右前打で2死一、三塁とチャンスを広げベンチ入り最後の捕手だった岡崎に打順が回った。ここで金本監督は代打福留を選択。この時点で出場できる捕手登録の選手はいなくなった。

 福留がタイムリーを放ち、同点に追いついて9回裏の守備が発生。ここで現在は内野手登録の今成がプロテクターを着用し、緊急マスクの準備をした。

 この回から、マウンドに上がった高宮と入念にサインを確認。ブランクを感じさせないキャッチングでもり立て3者凡退に抑えた。

関連するニュースを読む

阪神今成3回適時打 二塁走者鳥谷のスタートに感謝

阪神対広島 3回裏阪神2死一、二塁、今成亮太は中前適時打(撮影・河南真一)

<阪神-広島>◇10日◇甲子園

 阪神今成亮太内野手(28)が同点打を放った。1点差に迫った直後の3回2死一、二塁。低めのボール球シュートをミートして、二遊間を破った。二塁走者鳥谷が抜群のスタートを切ってホーム生還。

 「チャンスだったので初球から思い切っていこうと決めていました。シングルヒットでしたけど、トリさんがいいスタートを切ってくれたので打点付きのヒットになりました」と先輩に感謝した。

関連するニュースを読む

オコエら1軍/12球団開幕出場選手登録一覧

 25日に開幕するプロ野球12球団の開幕1軍登録メンバーが23日、発表された。

ソフトバンク

【投手】

森福允彦

武田翔太

森唯斗

飯田優也

バンデンハーク

摂津正

五十嵐亮太

柳瀬明宏

嘉弥真新也

サファテ

バリオス

【捕手】

髙谷裕亮

斐紹

鶴岡慎也

【内野手】

髙田知季

今宮健太

松田宣浩

川島慶三

明石健志

本多雄一

カニザレス

【外野手】

内川聖一

吉村裕基

中村晃

柳田悠岐

城所龍磨

長谷川勇也

福田秀平

日本ハム

【投手】

大谷翔平

加藤貴之

メンドーサ

増井浩俊

藤岡好明

井口和朋

鍵谷陽平

高梨裕稔

谷元圭介

マーティン

【捕手】

近藤健介

大野奨太

市川友也

大嶋匠

石川亮

【内野手】

杉谷拳士

田中賢介

飯山裕志

レアード

中田翔

西川遥輝

中島卓也

横尾俊建

【外野手】

陽岱鋼

石川慎吾

谷口雄也

ロッテ

【投手】

大嶺祐太

石川歩

大谷智久

涌井秀章

藤岡貴裕

内竜也

松永昂大

西野勇士

南昌輝

益田直也

スタンリッジ

阿部和成

【捕手】

吉田裕太

田村龍弘

江村直也

【内野手】

髙浜卓也

井口資仁

鈴木大地

中村奨吾

三木亮

井上晴哉

細谷圭

【外野手】

清田育宏

荻野貴司

伊志嶺翔大

デスパイネ

角中勝也

岡田幸文

西武

【投手】

郭俊麟

増田達至

菊池雄星

十亀剣

岡本洋介

牧田和久

髙橋朋己

バンヘッケン

武隈祥太

C.C.リー

【捕手】

森友哉

炭谷銀仁朗

岡田雅利

上本達之

【内野手】

水口大地

鬼﨑裕司

渡辺直人

浅村栄斗

山川穂高

外崎修汰

中村剛也

メヒア

【外野手】

栗山巧

秋山翔吾

熊代聖人

田代将太郎

坂田遼

オリックス

【投手】

佐藤達也

平野佳寿

岸田護

金子千尋

小松聖

ディクソン

コーディエ

塚原頌平

赤間謙

大山暁史

【捕手】

伊藤光

山崎勝己

【内野手】

中島宏之

原拓也

モレル

小谷野栄一

縞田拓弥

西野真弘

鈴木昂平

【外野手】

糸井嘉男

駿太

宮﨑祐樹

ボグセビック

吉田正尚

小田裕也

T-岡田

楽天

【投手】

松井裕樹

塩見貴洋

則本昂大

釜田佳直

石橋良太

青山浩二

リズ

加藤正志

横山貴明

福山博之

【捕手】

嶋基宏

伊志嶺忠

【内野手】

阿部俊人

後藤光尊

茂木栄五郎

藤田一也

今江敏晃

銀次

ウィーラー

哲朗

【外野手】

ゴームズ

松井稼頭央

オコエ瑠偉

聖沢諒

福田将儀

岡島豪郎

枡田慎太郎

ヤクルト

【投手】

ペレス

秋吉亮

杉浦稔大

石川雅規

久古健太郎

小川泰弘

古野正人

ルーキ

オンドルセク

徳山武陽

【捕手】

西田明央

中村悠平

【内野手】

山田哲人

大引啓次

西浦直亨

川端慎吾

田中浩康

森岡良介

荒木貴裕

畠山和洋

今浪隆博

【外野手】

比屋根渉

雄平

坂口智隆

上田剛史

鵜久森淳志

巨人

【投手】

沢村拓一

菅野智之

マシソン

田原誠次

今村信貴

山口鉄也

ポレダ

戸根千明

高木勇人

土田瑞起

【捕手】

小林誠司

加藤健

河野元貴

【内野手】

坂本勇人

片岡治大

クルーズ

村田修一

中井大介

吉川大幾

ギャレット

【外野手】

長野久義

亀井善行

鈴木尚広

重信慎之介

大田泰示

堂上剛裕

立岡宗一郎

阪神

【投手】

榎田大樹

能見篤史

藤川球児

歳内宏明

福原忍

高宮和也

マテオ

髙橋聡文

鶴直人

メッセンジャー

【捕手】

梅野隆太郎

岡﨑太一

【内野手】

鳥谷敬

北條史也

上本博紀

ゴメス

西岡剛

ヘイグ

今成亮太

荒木郁也

【外野手】

大和

福留孝介

髙山俊

横田慎太郎

江越大賀

緒方凌介

狩野恵輔

広島

【投手】

福井優也

黒田博樹

今村猛

野村祐輔

中﨑翔太

江草仁貴

中田廉

ジョンソン

小野淳平

仲尾次オスカル

ジャクソン

【捕手】

会沢翼

石原慶幸

磯村嘉孝

【内野手】

田中広輔

小窪哲也

ルナ

新井貴浩

菊池涼介

庄司隼人

エルドレッド

安部友裕

西川龍馬

【外野手】

丸佳浩

下水流昂

野間峻祥

松山竜平

天谷宗一郎

中日

【投手】

田島慎二

又吉克樹

岡田俊哉

大野雄大

福谷浩司

山井大介

福敬登

小川龍也

ジョーダン

【捕手】

桂依央利

杉山翔大

武山真吾

【内野手】

エルナンデス

荒木雅博

高橋周平

遠藤一星

亀沢恭平

堂上直倫

【外野手】

藤井淳志

平田良介

大島洋平

井領雅貴

ナニータ

工藤隆人

ビシエド

赤坂和幸

DeNA

【投手】

井納翔一

山﨑康晃

須田幸太

久保康友

福地元春

三上朋也

田中健二朗

小杉陽太

長田秀一郎

【捕手】

黒羽根利規

戸柱恭孝

髙城俊人

【内野手】

ロペス

倉本寿彦

白崎浩之

柴田竜拓

柳田殖生

山下幸輝

飛雄馬

宮﨑敏郎

ロマック

【外野手】

荒波翔

筒香嘉智

桑原将志

下園辰哉

松本啓二朗

関連するニュースを読む

阪神 開幕1軍登録選手一覧

 阪神の開幕1軍登録選手。

【投手】

榎田大樹

能見篤史

藤川球児

歳内宏明

福原忍

高宮和也

マテオ

髙橋聡文

鶴直人

メッセンジャー

【捕手】

梅野隆太郎

岡﨑太一

【内野手】

鳥谷敬

北條史也

上本博紀

ゴメス

西岡剛

ヘイグ

今成亮太

荒木郁也

【外野手】

大和

福留孝介

髙山俊

横田慎太郎

江越大賀

緒方凌介

狩野恵輔

関連するニュースを読む

阪神ヘイグがオープン戦初安打、痛烈ライナーで左前

阪神対DeNA 2回裏阪神無死一塁、ヘイグは左線安打を放つ(撮影・加藤哉)

<オープン戦:阪神5-2DeNA>◇10日◇甲子園

 阪神の新外国人マット・ヘイグ内野手(30=ブルージェイズ)が5番三塁で先発出場。2回の第1打席にオープン戦初安打を放った。

 無死一塁でDeNA先発三嶋のスライダーを遊撃手の頭上を抜ける痛烈なライナーで左前へと運んだ。3回2死一、三塁で回った第2打席は遊ゴロに倒れ、5回の守備で今成亮太内野手(28)と代わり、ベンチに退いた。

関連するニュースを読む

阪神今成が1発、楽天塩見の外角直球を左翼席へ

阪神対楽天 4回裏阪神無死、今成は左越えソロ本塁打を放ちベンチ前でガッツポーズする(撮影・加藤哉)

<練習試合:阪神2-6楽天>◇20日◇沖縄・宜野座

 阪神今成亮太内野手(28)がアーチを掛けた。

 楽天との練習試合に3番三塁で出場。先頭で迎えた4回に、楽天塩見の外角直球を左翼芝生席まで運んだ。

関連するニュースを読む