au版ニッカンプロ野球

記事検索

桧山進次郎氏、下柳剛氏ら阪神OBが大学生指導

大学生野手に指導する桧山進次郎氏(左から2人目)(撮影・堀まどか)

元プロ野球選手が大学生を指導する「冬季特別トレーニング西日本2019」が8日、兵庫・西宮市の甲子園球場で行われ、桧山進次郎氏(49=日刊スポーツ評論家)や下柳剛氏(50)中田良弘氏(59)ら阪神OBが講師役を務めた。

打撃指導を行った桧山氏は「どう話せば相手に伝わりやすくなるかを考えて指導しました。参加したみんなから、野球が好き、という気持ちが伝わってきてうれしかった」と笑顔。京大・脇悠大外野手(1年=膳所)から質問も受け「最初に手を上げるのは勇気がいるけれど、しっかり考えた内容のある質問でした」と振り返った。脇も「緊張しましたが、今聞かなければあとで後悔する、と思ってお聞きしました」と、互いにとって有意義な時間だったことを明かした。

今秋ドラフト候補の近大・村西良太(3年=津名)や奈良学園大・菅田大介(3年=京都共栄学園)ら投手陣は、中田氏や下柳氏らの指導を受けた。187センチの長身を誇る菅田は「下柳さんから、その体をしっかり使って投げるように、と教えていただいた。1打席目から相手打者に圧を与えられる投球をしていきたい」と語った。今回は関西を中心に、西日本各地の33大学から84人の大学生が集まった。

元阪神下柳剛氏らから指導を受けた今秋ドラフト候補の近大・村西(左)奈良学園大・菅田(撮影・堀まどか)

関連するニュースを読む

元阪神、楽天の上園啓史氏がBC参入の滋賀監督就任

阪神時代の上園啓史氏

 阪神で07年の新人王に輝き、今季はオランダリーグでプレーしていた前楽天の上園啓史氏(32)が、来年から独立リーグのBCリーグに新規参入する滋賀の監督に就任することが17日、明らかになった。

 野球への情熱は人一倍、強い。昨オフ、楽天を戦力外になり、12月下旬にオーストラリアのウインターリーグでプレーしたのを最後に1度は現役引退を決意していた。だが、夢を断ちがたく、今年は指導者を目指して選手兼任の立場でヨーロッパへ。日本より歴史が古いオランダリーグのオースターハウト・ツインズでプレー。同僚や学生らに緻密な日本の野球を教えるなど国際経験を育んできた。

 阪神OBでは元監督の藤田平氏がBCリーグ福井や関西独立リーグ紀州の監督に就いたほか、中田良弘氏が関西独立リーグ神戸を率いた。また、今季まで吉竹春樹氏が福井の監督を務めたほか、今オフに阪神2軍育成コーチに転身した藤井彰人氏も福井で指導者修業していた。プロ野球振興に一役買うOBの1人として上園氏もその列に加わる。

 新球団の滋賀は、3月に栃木とともに準加盟球団として認められていた。かつて同じ関西の阪神で活躍し、32歳とフレッシュな上園氏に白羽の矢を立て、監督就任を要請していた。同リーグは来年から10球団で覇権を競う。滋賀では初めてのプロ野球チーム。その歴史的な1歩を刻む新生滋賀を率い、新たなチャレンジに臨む。

関連するニュースを読む

阪神金田35戦目で「酷」な無敗ストップ

4回表ヤクルト1死二、三塁、ユウイチに中前2点打を浴びる金田(撮影・田崎高広)

<阪神1-4ヤクルト>◇30日◇甲子園

 打たれた瞬間、阪神金田和之投手(23)は打球を追い、天を仰いだ。1点リードの4回。1死から連続長短打で1死二、三塁を背負った。打席にはユウイチ。初球の直球でストライクをとったが、2球目の直球は捕手梅野のミットより内側に入った。左中間にはじき返され、2者が生還。逆転を許した。

 「カウントにも余裕があったので、もっと余裕を持っていけばよかった。なんとか粘りたかった」

 試合を作ったが、リズムを呼び込むことは出来なかった。ボール先行の苦しい投球で、独特の速いテンポにも狂いが生じた。先頭打者に3度も出塁を許し、3者凡退は5回の1度だけだった。それでも失点は4回だけで、5回6安打2失点。和田監督も「よく役割を果たした。中継ぎをやってからだから、これ以上求めるのは酷」と評価した。

 これでプロに入って初めて黒星がついた。味方打線に元気はなく、中継ぎ陣も失点した。登板前までデビューから34試合無敗。開幕から5勝を挙げており、10年能見以来の開幕6連勝、右腕に限れば85年中田良弘以来、29年ぶりの快挙さえ視界に入っていた。中西投手コーチをして「持っているね。勝ち運というかな」と言わしめるラッキーボーイ的存在だった。だが粘りながらも初黒星。自己評価も驚くほど低かった。

 「先頭を出してリズムが作れなかった。試合を通して変化球が浮いてしまった。そこは反省です。技術、力不足でした」

 3日前の27日巨人戦(東京ドーム)でも同点の9回に登板し1回無失点で勝ち星を手にしていた。完全な先発調整に切り替えたのは28日からだった。簡単ではない調整にも、言い訳はなかった。今後は休養を挟んで、再び中継ぎ要員としてスタンバイする。また一から無敗記録を作ってくれるはずだ。【池本泰尚】

関連するニュースを読む